乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【書評】:基地をめぐる法と政治

2016-12-07 08:50:00 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【書評】:基地をめぐる法と政治

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【書評】:基地をめぐる法と政治

 戦後61年、復帰後34年の間、基地があるがゆえに起こり続ける多くの悲劇。米国内で基地の再編縮小が叫ばれているにもかかわらず、沖縄に基地が居座り続ける現実。このテーマを、法学的・政治的視点から多面的に論じる。

 基地があるがゆえに起こった事故を、風化させてはならない…
 戦後61年、復帰後34年の間、基地があるがゆえに起こり続ける多くの悲劇。米国内で基地の再編縮小が叫ばれているにもかかわらず、沖縄に基地が居座り続ける現実。このテーマを、法学的・政治的視点から多面的に論じる。

g0007_基地をめぐる法と政治


 ■沖縄国際大学公開講座委員会刊

 元稿:編集工房 東洋企画 主要ニュース 主要出版物  【担当者:沖縄国際大学公開講座委員会】 2006年08月01日  09:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【安倍政権】:功名心で露に... | トップ | 【著書紹介】:日本はなぜ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。