乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

新垣隆氏の証人出廷ある? 佐村河内氏JASRAC訴訟の行方

2016-10-12 15:02:40 | 裁判(最高裁・高裁・地裁・簡易裁)

新垣隆氏の証人出廷ある? 佐村河内氏JASRAC訴訟の行方

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:新垣隆氏の証人出廷ある? 佐村河内氏JASRAC訴訟の行方

 耳が不自由で「現代のベートーベン」と呼ばれたものの後にゴーストライター問題が発覚した佐村河内守氏(53)。その佐村河内氏が楽曲使用料が分配されていないとして日本音楽著作権協会(JASRAC)に約700万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日に東京地裁で開かれた。

新垣氏はトバッチリ?(左は佐村河内氏)/(C)日刊ゲンダイ

      新垣氏はトバッチリ?(左は佐村河内氏)/(C)日刊ゲンダイ

 裁判はゴーストの新垣隆氏(46)が作曲した曲を自らの作品として発表していた佐村河内氏が、JASRACを提訴。JASRACは問題の発覚後、佐村河内氏の約100曲について契約を解除していたが、佐村河内氏側は「新垣さんから著作権の譲渡を受けた」などとして、JASRACに契約解除までの楽曲使用料の支払いを求めている。

 裁判でJASRAC側は「佐村河内氏は楽曲を自分が作曲したとして届け出ている。もともとの作曲者が誰で、いつ著作権が譲渡されたのかをはっきりすべきだ」として争う姿勢。著作権の取得時期が不明確であるとして、新垣氏の証人出廷を求めた。

 新垣隆氏は6日放送の、「ノンストップ!」(フジテレビ系)の電話取材に「著作権の印税とかに関する権利は私は一切関わっていない」と語っていたが、裁判はとんだとばっちりのようだ。それもそのはず。新垣氏は週刊文春でゴーストを告発し、堂々と謝罪会見を行った後、独特のキャラクターで大ブレーク。今や多忙な日々を送っているからだ。

 「バラエティーで芸人なみにイジられる“汚れ仕事”もオファーがあれば断らない姿勢で瞬く間にお茶の間に受け入れられた。音楽性の高さは証明済みなので、最近はCMでピアノを弾いたりアイドルのプロデュースなども手がけている。11月にはクラシックの世界的名門レーベル『Decca』から新作交響曲『連祷-Litany-』をリリースし、世界配信も決まっています」(音楽関係者)

 佐村河内氏に密着したドキュメンタリー映画「FAKE」が今年6月に公開されたが、新垣氏は取材には応じることなく、作品中の事実誤認についてだけ公式サイト上で淡々と反論。新垣さんが裁判に証人出廷となれば話題にはなるだろうが、会見で佐村河内氏との関係にピリオドを打っただけに、もう一切関わり合いたくないのが本音だろう。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 芸能 【エンタメニュース】  2016年10月12日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療用防護服で談合容疑 丸... | トップ | 余罪10件? 列車内“女性スニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。