乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:中国での民主主義国家樹立を目指した革命家・孫文は、・・・

2016-09-19 01:30:14 | 社説・解説・コラム

【筆洗】:中国での民主主義国家樹立を目指した革命家・孫文は、一九一八年に来日した際、活動を支えてくれた日本の実業家に会って、こう言いつつ蓮(はす)の実を四粒手渡したという

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:中国での民主主義国家樹立を目指した革命家・孫文は、一九一八年に来日した際、活動を支えてくれた日本の実業家に会って、こう言いつつ蓮(はす)の実を四粒手渡したという

 ▼「古来中国では蓮は高潔な君子の交わりを意味します。どうか花を咲かせてください。この実が花を咲かせる頃には、中国の革命も成功し、 東洋の平和が来ると思います」(阪本祐二著『蓮』)▼静かに凜(りん)と咲く蓮の花に託した平和への強い思い。この方の「蓮」の字にも、そういう意味が込められているそうだ。戦中、戦後と激動を続けた台湾の祖母が、平和への願いを託して名付けたという蓮舫さんが、きのう民進党の新代表に選ばれた▼だが、一 度無残に散った政権交代の花の残像がつきまとう。参院選後の世論調査を見ても、「アベノミクスで景気がよくなるとは思えない」という人が56%も占めているのに、政権への支持は高く、民進党への期待の熱は高まらぬ▼話を蓮に戻せば、この植物には不思議な力があるという。開花の時、寒ければ自ら発熱して花の 中の温度を保ち、実が結びやすい環境をつくり出しているというのだ▼そんな自ら熱をつくり出す力を、民進党の「蓮」が発揮できるかどうか。歯切れのよい熱弁も指導者には不可欠だろうが、何より聞きたいのは、「これならば、私たちの生活も温まる」と思わせる筋の通った政策だろう。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2016年09月16日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説①】:相模原事件 警察... | トップ | 【社説】:民進代表に蓮舫氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社説・解説・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。