乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【英首相】:EU離脱で「国民投票受け入れを」 ■議会をけん制

2016-11-06 23:03:50 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【英首相】:EU離脱で「国民投票受け入れを」 ■議会をけん制

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【英首相】:EU離脱で「国民投票受け入れを」

 ■議会をけん制

 【ロンドン=小滝麻理子】英国のメイ首相は6日、「6月の国民投票の結果は明白で正当だ。投票結果を残念に思う議員も、結果を受け入れる必要がある」との声明を発表した。欧州連合(EU)への離脱通知には議会承認が必要だとする高等法院の判決を受け、議会が離脱手続きを妨害することのないよう強くけん制した。2017年3月末までにEUに離脱通知する方針に変更はないと強調した。

 声明では「我々は英国のために最善の結果をもたらすことに集中しなければならない」と指摘。「政府の計画と工程表を守る必要がある。交渉戦略の手の内を明かすことは国益にならない」として、議会が政府の方針を妨げないよう警告した。

 一方、最大野党労働党のコービン党首は6日付の英紙サンデー・ミラーに対し「国民投票結果に異議を申し立てないし、再実施も求めない」と話した。一方で「EU単一市場への残留を求めている」と強調し、議会に対して交渉条件を明らかにするように英政府を追及する考えを示した。

 メイ政権はこれまでEU単一市場の残留よりも移民制限を優先する姿勢を示してきた。ただ英議会では労働党など野党を中心に単一市場残留を求める声も多い。英政府は高等法院の判決を不服だとして最高裁に上訴する方針だが、最高裁で同様の判決が出た場合、交渉条件を巡り議会審議が難航し、来年3月末までの離脱通知が不透明になる恐れがある。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 国際 【欧州・EU・イギリス】  2016年11月06日  23:03:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【欧州委員長】:「英の法律... | トップ | 展示作品燃え5歳男児死亡 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。