乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【韓国】:朴大統領へのトドメか セウォル号沈没当日に美容手術疑惑

2016-11-18 15:04:00 | 【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】

【韓国】:朴大統領へのトドメか セウォル号沈没当日に美容手術疑惑

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【韓国】:朴大統領へのトドメか セウォル号沈没当日に美容手術疑惑

 渦中の韓国・朴槿恵大統領に新疑惑だ。2014年のセウォル号沈没事故。当時、朴大統領の行動が約7時間不明だと指摘されていたが、なんとその間、“美容手術”を受けていたというのだ。韓国のニュース専門局YTNが17日、報じた。

国民の怒りはピークに(C)AP

             国民の怒りはピークに(C)AP

 セウォル号沈没事故では高校生ら304人の若い命が犠牲となった。船長や船員が逃走したり、誤った指示を出し、乗客は避難のタイミングを逃した。政府の対応も後手後手に回り、国民への説明もおざなりだった。落とさなくても済んだはずの若い命。韓国では今でも政府への批判が強い。その事故当日に、最高責任者が美容整形をしていたとしたら、国民の怒りは収まらないだろう。

 美容手術疑惑は、逃げ切りを図ろうとしていた朴大統領にとってトドメとなる可能性が高い。週末の19日(土)に予定されている辞任要求デモは、空前の規模に膨れ上がる可能性が高く、最悪、流血の事態になる懸念もある。コリア・レポート編集長の辺真一氏は言う。

 「19日の抗議デモは、先週末の100万人規模を上回る大規模なものになるでしょう。17日に韓国のセンター試験も終了し、受験から解放された高校生も大勢加わるはずです。崔順実容疑者の娘が特別待遇で名門女子大に合格した疑惑もあって、学生は不満を募らせている。彼らはセウォル号事故で死亡した高校生に対する同情の念も強い。心配なのは、コントロールが利かなくなって、デモ隊が暴徒化することです。青瓦台に押しかけるようなこともあり得ます。それでも大統領を辞任するつもりはない朴大統領は、父親の朴正煕大統領と同じく、国民を抑え込もうとすると思う。しかし、流血なんてことになれば、ますます反発を買ってしまうでしょう」

 朴大統領の事情聴取は来週にずれ込むことになった。国民の怒りがピークの中、19日を迎えることになる。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年11月18日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日本外交と政治の正体】:... | トップ | 【最新国防ファイル】:輸送... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】」カテゴリの最新記事