乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

旧民主富山県連の使途不明、6年で4525万円

2016-10-12 07:34:30 | 【政治とカネ、政治資金・政務調査・活動費

旧民主富山県連の使途不明、6年で4525万円

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:旧民主富山県連の使途不明、6年で4525万円 

 旧民主党富山県連で政党交付金の使途が不明になっている問題で、県連が党本部から2010~15年に受け取った約1億5560万円のうち不明になっているのは約4525万円に上ることがわかった。

 民進党本部は、引き続き関与した元議員や使途について調査を進め、刑事告発などについて検討する。

 党本部組織委員長で衆院議員の佐々木隆博氏が11日、富山市内で記者会見し、中間報告として「印刷費名目などで架空請求や水増し請求が行われ、白紙領収書を使用した不正、虚偽報告が行われていた」と明らかにした。

 佐々木氏は、いずれも政務活動費の不正受給で議員辞職した前県連代表で前県議の坂野裕一氏(52)と、元県連代表で前富山市議の高田一郎氏(69)の2人が白紙領収書を使うなどして、架空や水増しの金額を印刷費などとして計上していたと説明した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 政治 【政局・旧民主党富山県連・政党交付金の使途が不明になっている問題】 2016年10月12日  07:34:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【不妊治療】:遺伝上の親3... | トップ | 入院患者負担の居住費、値上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。