乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【パイプ落下事故】:鉄板の回収作業中だった 東京・六本木

2016-10-15 21:30:30 | 事故・災害

【パイプ落下事故】:鉄板の回収作業中だった 東京・六本木

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【パイプ落下事故】:鉄板の回収作業中だった 東京・六本木

 東京・六本木のビル工事現場から鉄パイプが落下し、下を歩いていた男性が死亡した事故で、当時は9〜10階付近で足場の鉄板の回収作業中だったことが警視庁麻布署への取材で分かった。ビル前の歩行者用通路は資材を地上に下ろす際に通行止めにしていたが、誘導員は事故時、「下ろしていない」と判断して通行させていたという。同署は15日に現場検証をし、安全管理が適切だったか調べている。

  ビルの10階部分から鉄パイプが落下し、男性が死亡した事故の現場。3階部分に設置された落下物防止のパネルに隙間がある=東京都港区で、深津誠撮影

 また、作業員が「真下の足場の鉄パイプが、気がついたら落ちていった」と同署に説明していることも判明した。垂直方向に立つ鉄パイプの柱に、水平方向などの鉄パイプの両端が固定されている。同署は破損している部分がないかも慎重に確認する。

 同署によると、11階建てビルの外壁に足場が組まれていた。足場の3階には落下物を防ぐパネルが設置されていたが、13日に資材を下ろすため幅約3.6メートルの隙間(すきま)を作った。このため、下の歩道(幅約5メートル)にコーン標識を使って幅約1メートルの歩行者通路を設け、誘導員2人を配置した。

 解体した資材を下ろす際、この通路を通行止めにしていた。だが事故時、誘導員が上を見たところ、作業員が回収した鉄板をひもでくくっている様子が見えたことから、「今は資材を下ろしていない」と判断し、亡くなった新宿区の無職、飯村一彦さん(77)を通行させたという。【深津誠】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故・裁判】  2016年10月15日  21:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【五輪ボート会場】:宮城知... | トップ | 【東京都・豊洲市場】:地下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。