乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京五輪】:ボート会場 小池氏発言が波紋 「埼玉県辞退」、知事は否定 

2016-10-15 21:02:40 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京五輪】:ボート会場 小池氏発言が波紋 「埼玉県辞退」、知事は否定 ■組織委「不透明」と批判

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京五輪】:ボート会場 小池氏発言が波紋 「埼玉県辞退」、知事は否定

 ■組織委「不透明」と批判

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場「海の森水上競技場」(東京臨海部)の見直し論議のなか、小池百合子都知事の14日の発言が関係者に波紋を広げた。

 小池知事は記者会見で、埼玉県戸田市の彩湖をボート・カヌー会場とする案が都の五輪調査チームの報告書にあることについて「上田清司埼玉県知事から『埼玉はすでに主要な競技が来るので十分です』との話をもらっている」と発言。同県が辞退したという趣旨の説明をした。

 これを聞いた上田知事は報道陣に「公式非公式を問わず、(都側から)開催の申し入れもないのに辞退のしようもない。とんでもない話」と不快感を示した。「彩湖に来ることは大歓迎。戸田市や関係者は熱く要請している」と述べた。

 大会組織委員会は同日談話を出し、「(小池知事は競技会場を)『最終決定していない』といいながら、水面下で他県の知事と話し合うのは極めて不透明」と批判。「(18日の)国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長来日までに、混乱した事態を収拾してほしい」とした。

 一方、五輪調査チームは14日、日本ボート協会からヒアリング。協会は現行計画通り海の森水上競技場の整備を求めた。都は宮城県登米市のボート場などへの会場変更を検討している。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題・東京2020年オリンピック・パラリンピック大会】  2016年10月15日  03:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京五輪】:五輪ボート会... | トップ | 【東京都】:小池知事、宮城... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。