乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

浜名湖バラバラ事件が急展開 2遺体と32歳男に怪しい接点

2016-09-17 15:03:10 | 事件・犯罪・疑惑

浜名湖バラバラ事件が急展開 2遺体と32歳男に怪しい接点

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:浜名湖バラバラ事件が急展開 2遺体と32歳男に怪しい接点

 浜名湖の最大水深16.6メートルより闇は深そうだ。8月末に静岡・浜名湖で成人男性の肋骨数本や歯の一部が見つかった事件で、静岡県警は、遺体が近くに 住む無職の須藤敦司さん(63)と断定したが、実はこの事件、7月に起きた「浜名湖バラバラ事件」と関連があるとみられている。

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

         写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 この2つの事件をつなぐのが、すでに別件(窃盗容疑)で逮捕・起訴されているA男(32)だ。7月8日に浜名湖でバラバラ遺体で見つかった北海道美唄市出身の出町優人さん(当時32)は、A男と接点があった。

 「出町さんは7月4日以降に刃物で殺害されたとみられている。その直前まで、職を転々としながら大阪近辺に住んでいたようですが、4日に知り合いの女性へ 『静岡にいる知人に借金を背負わされた』と電話してから、連絡が取れなくなっていました。その知人というのがA男で、出町さんはA男に会うために浜松市を 訪ねていたようなのです」(捜査事情通)

 一方、須藤さんは20年ほど前に購入した浜松市西区の分譲マンションの一室に住んでいたが、なぜか今年1月に所有権がA男に移っている。A男は須藤さんの元同僚という。マンション住民がこう証言する。

「須藤さんは誠実で優しそうなオジサンですが、今年に入ってからパッタリ姿を見かけなくなった。同じ頃に須藤さんの部屋に30代ぐらいの男性が出入りするようになったんです。会えば挨拶する普通の男性に見えましたが……」

 捜査関係者によると、須藤さんは今年1月ごろに殺害、遺棄されたとみられるというから符合する。A男は2月、須藤さんのキャッシュカードを勝手に使い、現金20万円を引き出したり、約450万円を自らの口座に移した窃盗容疑などで7月中旬に静岡県警に逮捕されていた。

 「須藤さんの遺体には、焼かれて焦げたような痕がありました。6月中旬に親族から捜索願が出され、その直後に出町さんが殺されたとみられている。A男は 20代のころに、住居侵入と窃盗の前科がある。そして昨年、宅建の資格を取っています。A男が2人の遺体遺棄事件について何らかの事情を知っているのは、 まず間違いありません」(前出の捜査事情通)

 出町さんのバラバラ事件から2カ月。全容解明まであと一歩のところまできているようだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 事件 【犯罪・疑惑ニュース】  2016年09月17日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐チケット転売で1000万円荒... | トップ | 株式市場が怯える「10月暴落... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

事件・犯罪・疑惑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。