乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【余録】:「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の…

2016-10-16 03:22:40 | 社説・解説・コラム

【余録】:「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【余録】:「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の…

 「4分33秒」は米国のジョン・ケージ作曲の最も名高い現代音楽である。表題の時間、演奏者が何も演奏しないという作品で、発表当時論争の的になったのはいうまでもない。その前衛音楽の旗手ケージはキノコの研究家としても有名だった▲ニューヨーク菌類学会の最初の会員の一人でもある彼は、来日した折に日本の菌類学者に「キノコ好きの音楽家は珍しい」といわれ、こう答えた。「手元の百科事典を見てください。マッシュルーム(mushroom)とミュージック(music)は隣り合わせです」▲そのケージにして「キノコに詳しいというのは無駄なこと、キノコは人間の知識や分類を裏切りますから」だそうな。そしてふだんは火を通して食べていたキノコを生で食べて中毒になり、12時間も苦しんだ体験を明かしている(飯沢耕太郎(いいざわこうたろう)著「きのこ文学大全」)▲先月の雨の多さのおかげか、この秋はキノコの生育がいいらしい。各地から毒キノコによる中毒のニュースが相次いで伝えられる。ヒラタケと間違えてツキヨタケ、シメジと間違えてクサウラベニタケを食べたケースなどが報じられたが、慣れた人も間違うのである▲色や裂け方による手軽な毒キノコの見分け方はみな迷信という。つまりは素人は手を出さずに観察して楽しむのがいい。一方でキノコ採りに山に入った人の遭難や、クマとの遭遇が多いのもキノコの当たり年のせいか。ことクマのエサのドングリは不作のようである▲「誰が叫ぶ声の木玉(こだま)に鳥鳴きて奥山淋し木の子狩る頃」は正岡子規(まさおかしき)の連作「菌狩(たけがり)」の一首である。深まる秋の山の音とキノコのセッションというべきか。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【余録】  2016年10月16日  03:41:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« {社説①}:ボブ・ディラン氏 ... | トップ | {社説①}:象徴天皇 「国民と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。