乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

最新スマホ“値上げ”、「実質0円」販売禁止の規制も強化 総務省、

2016-11-19 15:08:40 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

最新スマホ“値上げ”、「実質0円」販売禁止の規制も強化 総務省、ガイドライン改正案公表

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:最新スマホ“値上げ”、「実質0円」販売禁止の規制も強化 総務省、ガイドライン改正案公表

 総務省は18日、スマートフォンの過剰な値引き販売の是正などを求めるガイドライン(指針)の改正案を公表した。最新スマホの実質価格を「2年前に発売された同じメーカーの同型機種の下取り価格以上」とし、事実上の値上げを求める。また「実質0円」での販売禁止の規制も強化する。来月19日まで意見募集し、2017年1月上旬に改正する。

 下取り価格以上とする改正は17年6月以降に発売された端末から適用するが、例えば今年9月に売り出された米アップルの「iPhone(アイフォーン)7」で想定すると、大手各社は現在、実質1万円程度で販売しているが、適用後は2万円前後に跳ね上がる計算だ。

 「実質0円」の規制強化では、週末や年末年始など期間限定で代理店に積み増す奨励金による割引を禁止する。17年2月から適用する。また、大手各社が自社回線以外で端末を利用できなくするように設定している「SIMロック」は、購入して約100日たてば解除に応じるよう求める。現在は購入後半年しないと解除できないように設定している。17年8月以降の端末から適用する。

 総務省は今年3月、行き過ぎた値引き販売が通信料金の高止まりや端末を買い替えない長期利用者との間の不公平感につながっているとして、スマホ端末の「実質0円」を禁じる指針を策定した。しかし、不適切な販売は改まらず、4月の行政指導に続き、10月には行政処分を出す事態にまでなり、総務省の有識者会議で対応を検討していた。

 携帯各社は「内容を精査して意見を述べる」などとコメントしている。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 経済・マネー 【経済ニュース】  2016年11月19日  15:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【NHK】:受信料値下げ見... | トップ | 「休眠預金」活用法案 臨時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産業・経済・企業・ビジネスニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。