乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:昔の町の本屋さん。

2016-10-10 01:30:50 | 社説・解説・コラム

【筆洗】:昔の町の本屋さん。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:昔の町の本屋さん。

 どこの本屋さんも入り口の近くの目立つ場所にそのやや背の高いスタンドを置いていたと覚えがある。色はたぶん黄色。上部に丸いロゴマークが立っていたのではないか。「小学一年生」など、小学館の学年別学習雑誌の専用スタンドである▼子どもの目にはスタンドの周りが光り輝いて見えたものである。はさまった付録ではち切れんばかりの雑誌を押さえ込むようにビニールのひもでくくられていた。月に一度の自分の雑誌。それがどんなに待ち遠しかったことか▼寂しい話題である。「小学二年生」が近く休刊となる。あのスタンドから「小学三年生」から「小学六年生」まで消えてしまっていたが、これに「二年生」も続き、残るのは「一年生」のみとなる▼創刊は一九二五(大正十四)年。わが身を含め九十一年分の小学二年生がお世話になったことになる。幼少期の読書のとば口になったという方もいらっしゃるだろう▼子どもの趣味の変化に伴って、部数が減っていたそうだが、少子化の影響もあったのだろう。時代とはいえ、かつての読者には自分の通った校舎が取り壊される気分である▼表紙は屈託なく笑った子どもの顔だった。畳の上で寝そべって読んだ、「カーブくんドロップくん」(寺田ヒロオ、七一年「小学二年生」連載)が懐かしい分、休刊の背景となった日本の現状が心配である。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2016年10月10日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【私設・論説室から】:静か... | トップ | 【社説】:体育の日に考える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。