乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【ラクダ】:江戸時代風にパレード 名古屋・大須商店街

2016-10-15 22:07:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【ラクダ】:江戸時代風にパレード 名古屋・大須商店街

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ラクダ】:江戸時代風にパレード 名古屋・大須商店街

 江戸時代のラクダブームよ、再び−−。2頭のフタコブラクダが15日、名古屋市中区の大須商店街を練り歩いた。全国の大道芸人が集まる「第39回大須大道町人祭」の企画の一つ。190年前、この地で大人気だった興行にあやかろうと、史料に基づき「再現」したパレードだ。

  190年ぶりにラクダ行列が披露された「大須大道町人祭」=名古屋市中区の大須商店街で2016年10月15日午後0時21分、木葉健二撮影

 日本が鎖国していた1821年、オランダ船がアラビアのヒトコブラクダ2頭を長崎へ運んできた。見せ物として江戸や大阪を巡り、大須でも5年後に展示された。名古屋市博物館の学芸員、武藤真さん(44)によると、「夫婦円満の御利益がある」「病気よけのお守りになる」などと、大勢が見学に訪れた。

 この日の2頭は、滋賀県守山市の堀井動物園から借り受けた。1頭は歩き、1頭は台車に。当時の絵を参考に作った衣装をまとった人や大道芸人とともに、約1キロをゆっくりと進んだ。見物客からは「生で見るのは初めて」などと声が上がり、クラッカーを鳴らすなど盛り上がった。実行委員長の小寺信男さん(80)は「お客さんのにこやかな顔が見られて良かった」と喜んだ。【山本佳孝】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2016年10月15日  22:07:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【仏ニース】:テロから3カ... | トップ | 【北九州PR】:Uターンや... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。