乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【米大統領選】:エネ、金融、医薬…火蓋を切った米大統領選相場“必勝法”

2016-10-13 07:15:30 | 金融・財政ニュース

【米大統領選】:エネ、金融、医薬…火蓋を切った米大統領選相場“必勝法”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【米大統領選】:エネ、金融、医薬…火蓋を切った米大統領選相場“必勝法”

 11日、日経平均は約1カ月ぶりに1万7000円台(終値)を回復した。

 「市場は、ドイツ銀行の破綻危機に怯えていましたが、ここへきて金融関係者の多くは、独メルケル首相が巨大銀行を見捨てるはずはないと判断し始めました。そんな安心感から、相場は上昇傾向に転じています。市場の関心は米大統領選に移っています」(市場関係者)

 野村証券は11日、「第2回目大統領候補者テレビ討論会が終了」というリポートを出した。大和証券も「市場が警戒する“トランプ・リスク”が払拭されたと考えるのはまだ早い」と7日付のリポートで指摘している。

 こうしたなか、米ゴールドマン・サックス(GS)の「大統領選前後の日本株パフォーマンス」というリポートが市場で話題だ。1992年以降は、大統領選から4週間後に、TOPIX(東証1部対象の株価指数)が平均2.2%下落したという。08年はマイナス13.6%、00年はマイナス5.9%を記録している。

 「現在は株価に勢いがあるので、11月8日の大統領選まで上昇傾向は続くでしょう。その後、下落していくということになります。だからTOPIX連動型のETF(上場投資信託)などを今、仕込んで、選挙直前に売却すれば儲かる確率は高まります」(市場関係者)

 ただし、個別銘柄への投資は注意が必要だ。次期大統領が誰になるかで、株価が大きくブレる業界がある。米GSは「エネルギー」「金融」「医薬」はトランプ勝利で株価パフォーマンスが向上すると分析した。裏返せば、クリントンが勝つと、株価下落の危険性に直面しかねない業界だ。

 エネルギー分野だと、クリントンは再生可能エネルギー促進を唱えているため、伝統的なエネルギー産業(石油・石炭など)にはマイナスという理由だ。

 投票日に向け、兜町の思惑は一段と渦巻くことになる。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース ビジネス 【株式・投資ニュース】  2016年10月13日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:①福島原発汚染水 ... | トップ | 自民が狙う年金「強制減額」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。