乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【黒田日銀】:日銀の国債保有、400兆円超す 大量買い入れで

2016-10-16 00:04:50 | 金融・財政ニュース

【黒田日銀】:日銀の国債保有、400兆円超す 大量買い入れで

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【黒田日銀】:日銀の国債保有、400兆円超す 大量買い入れで

 日銀が12日発表した10日時点の営業毎旬報告によると、日銀の国債保有額が初めて400兆円を超えた。2013年4月からの大規模な金融緩和で大量の国債買い入れを進めてきたのが主因だ。日銀は9月に金融政策の軸足を「量」から「金利」に転換したが、日銀による国債購入の限界は近づきつつある。

 日銀は毎月10日、20日、月末時点の日銀の資産や負債および純資産の内訳を公表している。日銀の国債保有額は10日時点で400兆3092億円。内訳は長期国債が344兆3663億円、国庫短期証券は55兆9429億円だった。日銀によると、7日に初めて400兆円を超え、10日時点でもその水準を保った。前回発表(9月30日時点)に比べ約3兆円増えた。

 日銀は13年4月からの「異次元緩和」で国債の買い入れなど市場に出回るお金の「量」を拡大させる目標を掲げてきた。130兆円強だった日銀の国債保有額はこの3年半あまりでおよそ3倍に膨れあがり、国債全体の発行残高に占める割合も足元では3分の1以上。市場では1~2年後には日銀が国債を買えなくなる可能性があるとの指摘が出ている。大量の国債購入を受け長期金利は低下傾向が続き、新発10年物国債の利回りが7月8日には一時、マイナス0.300%まで低下した。

 こうしたなかで日銀は9月21日の金融政策決定会合で政策の軸足を「量」から「金利」に転換した。新たな枠組みの下では長期金利をゼロ%程度に誘導する目標を設定。足元で長期金利はマイナス0.1%からゼロ%程度で推移している。

 元稿:日本経済新聞社 夕刊 主要ニュース 特集 【金融・財政・黒田日銀】  2016年10月12日  15:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日銀の国債保有】:初の400... | トップ | 【BRICS首脳会議】:露... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。