乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【出光】:昭和シェルの合併延期 創業家へ説得継続

2016-10-13 15:15:45 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【出光】:昭和シェルの合併延期 創業家へ説得継続

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【出光】:昭和シェルの合併延期 創業家へ説得継続

 出光興産と昭和シェル石油が、来年四月に予定していた合併時期を未定とし、事実上の延期を決めたことが十三日、分かった。出光は、合併に反対している創業家の説得を優先するが、合併にこぎ着けることができるかは不透明な情勢だ。同日午後にも発表する。

 出光は十~十一月に、英オランダのロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェルの株式を計画通り取得する見通しだが、合併議案を諮るため年内に開く予定の臨時株主総会は、開催を見送る方向だ。

 両社の合併問題を巡っては、今年六月に出光創業家が反対を表明。その後、創業者長男の出光昭介名誉会長が昭和シェル株式の約0・1%に当たる四十万株を取得するなど、合併を阻止する対抗策を講じていた。昭介氏が代表を務め、出光の大株主である出光美術館など二つの公益財団法人も合併に反対することを決めていた。

 経営側は創業家に協議を申し入れていたが、創業家は七月の会談を最後に申し入れを拒み、話し合いはストップしていた。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 経済 【企業・産業】  2016年10月13日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭で手軽に「仮想現実」体... | トップ | 【小池都政】:都庁に「職員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。