乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【為替】:東京円25銭安、1ドル=113円24~25銭

2017-11-16 18:27:30 | 金融・財政ニュース

【為替】:東京円25銭安、1ドル=113円24~25銭

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【為替】:東京円25銭安、1ドル=113円24~25銭

 16日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時、前日(午後5時)比25銭円安・ドル高の1ドル=113円24~25銭で大方の取引を終えた。

 対ユーロは、同14銭円高・ユーロ安の1ユーロ=133円30~34銭で大方の取引を終えた。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【金融・財政】  2017年11月16日  18:27:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【熊本県】:観光客、昨年100万人減少…被災影響

2017-11-16 17:47:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【熊本県】:観光客、昨年100万人減少…被災影響

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【熊本県】:観光客、昨年100万人減少…被災影響

 熊本市は2016年の観光統計を公表した。

 市内を訪れた観光客は約460万人と、前年比約100万人(約18%)減少し、9年ぶりに500万人を下回った。熊本地震で多くの観光・宿泊施設が被災したのが要因という。

 内訳は、宿泊客約253万1200人(前年比4・04%減)、日帰り客約206万8800人(同30・33%減)。観光客の減少で観光消費額も前年比79億円減の621億円となった。

 市観光政策課によると、地震で熊本城や市動植物園などが被災し、イベント中止も相次いだ。ただ、宿泊客数は、復興に関わる人の滞在や観光復興キャンペーン「九州ふっこう割」(昨年7~12月)の効果もあり、微減となった。

 同課は「観光客数は回復してきている。熊本城の復旧過程など、今しか見られない熊本をPRしていきたい」としている。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業】  2017年11月16日  17:47:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政府】:訪日の旅に「農泊」体験…シェフと郷土料理も

2017-11-16 17:43:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【政府】:訪日の旅に「農泊」体験…シェフと郷土料理も

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政府】:訪日の旅に「農泊」体験…シェフと郷土料理も

 政府は、訪日外国人をターゲットとした農村滞在型旅行(農泊)の普及に本腰を入れる。

 地元婦人グループ向けの料理教室に腕利きのシェフらを招くなど、新事業への支援に来年度から乗り出す。日本の農村ならではの「おもてなし」の魅力を高め、食と文化に関心が高い外国人観光客をさらに呼び込みたい考えだ。

 旅行者が農家などに泊まって郷土料理を味わったり、地元住民とふれあいながら田植えなどの日本文化を体験したりするのが農泊だ。近年はアジアからの観光客を中心に、農泊を組み込んだ旅行を何度も楽しむリピーターが増えている。

 政府は農泊の推進で地方活性化につなげようと、今年度予算に50億円計上し、観光体験ツアーなどを企画した石川県輪島市など全国約200地域を対象に交付金の支給を決定した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業】  2017年11月16日  17:43:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【岐阜・多治見】:火花の車から女性救出、退避…連係球児に感謝状

2017-11-16 17:37:30 | 事故・災害

【岐阜・多治見】:火花の車から女性救出、退避…連係球児に感謝状

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【岐阜・多治見】:火花の車から女性救出、退避…連係球児に感謝状 

 故障して立ち往生している乗用車から女性を運び出し、迅速に救助活動にあたったとして、多治見署は13日、中京学院大中京高(岐阜県瑞浪市土岐町)の硬式野球部の3年生4人に感謝状を贈った。

 4人は夏の大会まで同部の主力メンバーとして、主将を務めた西脇大富(たいと)さん(18)、副主将だった西川颯真(そうま)さん(17)と饗場丈仁(あいばたけと)さん(18)、捕手だった儀保海星(ぎぼかいせい)さん(18)。

 同署によると、10月24日午後4時半頃、饗場さんと儀保さんは下校途中、国道19号の交差点前で、エンジンルームから火花を出して止まっている軽乗用車を発見した。

 饗場さんが110番するとともに、儀保さんは車に駆け寄り、運転席の女性を救出、安全な場所へと誘導した。

 そこへ通りかかった西脇さんと西川さんが故障した車を20メートルほど押して、路肩まで移動させた。4人の連係により、後続車の追突や車両火災を未然に防ぐことができ、女性もけがなくすんだという。

 同署で倉家伸二署長から感謝状を手渡された4人は「地域に貢献できてうれしい」「連係プレーは2年半、野球部の寮生活で培った絆のたまものです」と喜んでいた。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事故・災害】  2017年11月16日  17:37:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【青森県八戸市】:倉庫にクマ、目が合いシャッターで閉じこめ駆除

2017-11-16 17:35:30 | 事故・災害

【青森県八戸市】:倉庫にクマ、目が合いシャッターで閉じこめ駆除

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【青森県八戸市】:倉庫にクマ、目が合いシャッターで閉じこめ駆除

 青森県八戸市で15日、八戸港にある倉庫にクマが入り込み、約5時間後に駆除された。

 港周辺では、10日に3人がクマに襲われてけがをしており、市などが警戒を強めていた。市は、3人が襲われた現場に倉庫が近く、大きさが同じことなどから、駆除されたのは3人を襲ったクマとみている。

駆除されたクマ(15日、青森県八戸市で)=八戸通運提供

   駆除されたクマ(15日、青森県八戸市で)=八戸通運提供

 15日午前6時半頃、八戸市河原木の八戸通運の倉庫で、同社の社員がクマ1頭が入ってくるのを発見し、入り口のシャッターを下ろして閉じこめた。社員は脱出し、連絡を受けた上司が110番した。約5時間後、地元猟友会メンバーらが倉庫内にいるクマを射殺した。

 市農林畜産課によると、クマは体長約1・6メートルのオス。倉庫は八戸港にあり、付近では10日に男女3人がクマに襲われてけがをしていた。市は、駆除したのはこのクマだとみている。

 警察官や市職員らが駆けつけたが、クマは倉庫の奥に入ったため見えず、倉庫内でドローンを飛ばしても確認できなかった。午前11時30分頃に爆竹を倉庫内に投げ入れたところ、クマが姿を見せたため、同45分頃に窓の外から撃ったという。

 遭遇したクマを倉庫内に閉じこめた八戸通運の男性(52)は、「クマと目が合い、こちらに近づいて来た。クマまでわずか3~4メートルになった時は怖かった」と語った。

 倉庫は高い天井の平屋建てで、身長ほどの大きな製紙ロールが保管されており、木村さんは1人で作業していた。

 フォークリフトをバックさせるため右後方を振り返った瞬間、入り口から黒い大きな生き物が入ってくるのが視界に入った。「大きな犬かな」と思ったがクマで、ジリジリとフォークリフトに近づいてきた。近づいた時にエンジンを吹かすと、驚いて倉庫の奥へ逃げていったという。

 木村さんは「(外に)逃がすとさらに被害が出る」と倉庫のシャッターを下ろし、ドアから脱出した。

 同社の海運営業所長(58)は駆除後、クマが撃たれて倒れていた場所を指さし、「近くに出没していたが、まさかここに入ってくるなんて」と話していた。

 市農林畜産課は10日以降、市の安全・安心情報システムで市民に出没情報のメールを送信してきた。同課の担当者は「駆除まで時間がかかったため、不安を覚えた市民も多かったと思う。対策を考えていきたい」としている。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2017年11月16日  17:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【HUNTER】:福岡・鹿児島 報道出身首長が「BPO」悪用で報道圧力

2017-11-16 08:55:30 | 【国民の知る権利、国の情報公開】:

【HUNTER】:福岡・鹿児島 報道出身首長が「BPO」悪用で報道圧力

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【HUNTER】:福岡・鹿児島 報道出身首長が「BPO」悪用で報道圧力

91b05f379e30189855b71448b89462db0ff1adea-thumb-245xauto-21547.jpg BPO(放送倫理・番組向上機構)は、NHKと民放各局によって設置された第三者機関。問題があると指摘された番組・放送を検証して放送界や特定の局に意見や見解を伝え、一般にも公表することで是正を促す団体である。最近、このBPOを“悪用”する形で、権力側が報道に圧力を加える事例が立て続けに起きた。
 初めは鹿児島で県知事が「BPO」に訴えるぞと記者を脅し、次に政令市福岡が実際にテレビ局の報道番組をBPOに訴えた。
 安倍一強の下、海外からあがる「報道の自由」への懸念。危機的状況は地方も同じだ。都合の悪い事実を隠そうとする権力者たちが、あの手この手で報道に圧力を加え、国民の知る権利を侵害している。
(写真は福岡市役所)

 ■「報道圧力」で隠される高島市政の実態
 福岡市がBPOに審議の申立てを行った番組は、フジテレビが関東地区で7月23日に放送した「ザ・ノンフィクション~エリナの夜明け 屋台女将の700日~」。「名義貸し」が切れた屋台の女将を長期にわたって密着取材することで、高島宗一郎福岡市長の発案で実施された「屋台公募」の問題点に光をあてる内容だったという。

 この番組に敏感に反応したのが福岡市。10日後には「屋台行政に著しい誤解を生じさせ、信頼を失墜させた偏向報道」などとしてBPOに審議を申し立てた。BPO側は審議を行っておらず、事実上門前払いしたものとみられている。新聞報道によれば、BPOがこれまでに審議した26件に、自治体からの申し立ては皆無。異例の事態だったことは明らかだ。ただし、脅しの効果は絶大だったらしく、福岡のフジテレビ系列局はこの番組を放送していない。市側の直接的な圧力に屈したか、市長の意向を“忖度”したかのどちらかだ。“偏向報道”だというわけだ。

 福岡市による報道への圧力は今に始まったことではない。かつては、平の職員でも応じていた取材を、高島体制になってからは課長級以上に限定。取材を受けたら、文書で上に報告することを義務付けるなど徹底した報道規制を行うようになっている。都合の悪い事案について、報道側に文書でのやり取りを強要するようになったのも、ここ数年のことだ。2014年には“保育”に関し、現市政に批判的な記事を書いた朝日新聞の記者に、副市長が「今後の付き合いを考える」といった脅しともとれるメールを送信していたことも分かっている。

 屋台に関する報道には相当ナーバスになっていたようで、今年2月、地元民放局のKBC九州朝日放送が屋台公募における市側の姿勢に批判的なニュースを流した直後に、市政記者クラブ加盟社の記者を一人ずつ呼んで、市側の言い分をきちんと報じるよう圧力をかけていた。BPOにフジテレビの番組を審議するよう申し立てたのは、この延長線上での話とみられる。

 高島市政が歓迎するのは、福岡市が始めた事業を持ち上げるか、市長の活躍ぶりを伝えるニュースだけ。陰の部分に触れられた場合は、なりふり構わずつぶしにかかる。そのため、大半の記者クラブ加盟社は腰が引けており、市民に市政の歪みが伝わっていない。フジテレビが密着した屋台の女将をめぐっては、生活がかかる女将側の訴えを横柄な態度で突っぱねた担当課長が、自分の非を棚に上げ、思わず胸ぐらをつかんだ女将を犯罪者に仕立て上げていた。(参照記事⇒「市民を犯罪者に仕立てる福岡市の理不尽 ~屋台公募の裏で」 )

 ■記者を脅したペテン師知事 
 鹿児島には、職員を使わず自ら記者に脅しをかける恥知らずな首長がいる。「原発止める」で県民を騙し、知事の座を手に入れた三反園訓鹿児島県知事である。気に入らない報道を行ったテレビ局の記者に対し、知事室で「BPO(「放送倫理・番組向上機構」)に訴えるぞ」と脅し、不当な圧力をかけていたことが明らかになっている。定例会見で発言が事実か否かを追及された知事は、「現状の報道をもってBPOに訴えるということはない」という意味不明な文言を繰り返したあげく、最後は「記憶にない」で逃げていた。ペテン師知事が、横暴の牙を剥き出しにした格好だ。

 ■「報道の自由」と「知る権利」の危機 
 タレントアナウンサーと政治記者の違いこそあれ 高島氏と三反園氏はともに報道出身。権力と報道の関係がどうあるべきか、当然知っているはずだ。報道の使命は“権力の監視”。一方、権力側は国民の代理ともいえる報道に対し、真摯に向き合うことが求められる。報道への圧力は、政治や行政の歪みを認めるに等しい愚行なのだが、高島・三反園両氏はそれが理解できていない。

 「BPOに訴えるぞ」と記者を脅した知事に、実際にBPOに審議を申し入れることで地元局に脅しをかけた市長――。安倍政権に倣って報道への圧力を強めるこうした首長が増えれば、この国の「報道の自由」や国民の「知る権利」はますます後退することになる。

  元稿:HUNTER 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2017年11月16日  08:55:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【永田町の裏を読む】:能力も覚悟もないのに戦争を煽る安倍首相の・・・

2017-11-16 06:40:50 | 社説・解説・コラム

【永田町の裏を読む】:能力も覚悟もないのに戦争を煽る安倍首相の幼稚な論理

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【永田町の裏を読む】:能力も覚悟もないのに戦争を煽る安倍首相の幼稚な論理

 トランプ来日に始まる一連の東アジア外交舞台を通じて明らかになったことのひとつは、北朝鮮に対して「対話」という落としどころを用意せずに圧力一本やりで突き進むと主張しているのは、安倍晋三首相ただ一人だということである。中韓露は「戦争はあり得ない。平和的解決を」ということで一致しており、トランプは安倍と「圧力を強める」ことでは一致したが、平和的解決があり得ないとは言っていない。

錯乱外交では…(左から安倍首相、トランプ米大統領、ターンブル豪首相)/(C)AP

  錯乱外交では…(左から安倍首相、トランプ米大統領、ターンブル豪首相)/(C)AP

 そうやって戦争を煽るような勇ましい姿勢をとってはいるものの、自分で戦争を仕掛ける能力も覚悟もなく、米国が戦争をやってくれれば後からついていくという程度である。

 せめて今から準備できることはイザという場合の在韓邦人の退避だが、これとて韓国が日本自衛隊の上陸を認めるわけがないから、ソウルなどから釜山までの陸送は米軍に依頼するということになっている。元外交官に聞くと、「まったくのおとぎ話だ」と笑ってこう言った。

 「もう民間航空機が飛べないような緊迫した事態だから陸送するのだが、その時は在韓米軍は戦闘準備に突入していて、しかも在韓米国人15万人と在韓米軍家族数万人の退避も完了していないかもしれない。4万強の邦人など構っている暇などあるはずがない」

 米国が「よし、米軍が責任を持つ」と約束してくれないので、最近は「米国やオーストラリア、カナダを中心とした有志連合による枠組みで対処を検討」し、その際に軍事作戦とは切り離した人道的措置であることを印象づけるため、「国連決議の採択を求めることも視野に入れている」(10月25日付産経ニュース)という。

 これもまた錯乱的で、有志連合といっても単なる任意の組み合わせでしかなく、それを国連決議をもって正当化しようというのは無理がある。国連ベースで考えるなら、自国民だけ、有志の国だけということではなく、何国人であろうと全部救うということでなければ論理が立たない。

 ところで、在韓外国人で一番数が多いのは中国の何と105万人で、その半分は東北地方出身の朝鮮族。これを退避させるなど不可能だから、中国は絶対に戦争をさせない。以下、米国15万、ベトナム14万、タイ9万などで、こういう人々を差し置いて「邦人だけ優先して助けてくれ」とあちこちにお願いしている日本は、自分のことしか考えない幼児とみなされても仕方がない。

高野孟
 高野 孟 ジャーナリスト

 1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年11月16日  06:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大相撲】:日馬富士暴行 事件のウラに貴乃花親方と協会内“勢力争い”

2017-11-16 06:40:40 | 事件・犯罪・疑惑

【大相撲】:日馬富士暴行 事件のウラに貴乃花親方と協会内“勢力争い”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大相撲】:日馬富士暴行 事件のウラに貴乃花親方と協会内“勢力争い”

 角界を揺るがす大騒動となった。

 14日にスポーツニッポンが報じた、横綱日馬富士(33)のビール瓶殴打事件。先月26日、秋巡業中に行われたモンゴル出身力士たちの飲み会で、貴ノ岩(27)の態度が悪いとして、日馬富士がビール瓶で殴ったという。

 貴ノ岩は11月場所直前に休場届を提出。13日に発表された医師の診断書には、「脳振盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで、全治2週間程度と考えられる」とあり、当時は師匠の貴乃花親方(45=元横綱)も、「本人の体調が悪い」と話すにとどめていた。

ライバル蹴落としに血眼(伊勢ケ浜親方と貴乃花親方)/(C)日刊ゲンダイ

  ライバル蹴落としに血眼(伊勢ケ浜親方と貴乃花親方)/(C)日刊ゲンダイ

 角界では2007年に、時津風部屋で当時の時津風親方(元小結双津竜)や弟子たちが新弟子をビール瓶で殴るなどリンチを加え、暴行死させる事件が起きている。

 にもかかわらず、品格が求められる横綱が酔った勢いとはいえ、硬いビール瓶で力士の頭を殴り、あまつさえ骨折まで負わせたのだ。

 日馬富士は、「貴乃花親方、貴乃花部屋の後援者の皆さま、相撲協会、部屋の親方に大変ご迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と謝罪し、この日から休場を発表。伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)と貴乃花部屋に赴くも、顔を合わせることすらかなわなかった。貴乃花親方は周囲に「許さない。会いたくもない」と話しているそうで、警察に被害届も提出。すでに警察も捜査に動いているという。

 ■貴乃花親方の思惑が関係?

 しかし、この一連の事件には不可解な点も多い。そのひとつが貴ノ岩のケガの症状だ。

 貴ノ岩が日馬富士に殴られたのは先月26日。その後は巡業をこなし、月が替わった去る2日には貴乃花部屋の宿舎がある田川市の二場市長を表敬訪問し、「2ケタ勝利を目指す」と意気込みを語っていた。


 本紙が田川市役所に問い合わせたところ、「貴ノ岩の様子ですか? 特に変わった様子はありませんでした。(報道を受けて)むしろ驚いているほどです」との回答だった。しかも、貴ノ岩は負傷後、巡業先で地元の病院に行っている。骨折して髄液が漏れるほどのケガなら、なぜその時にわからなかったのか。福岡入りしてから数日後に入院したというのも、おかしな話だ。

 ある親方は「来年1月の理事選、その後の理事長選に向けた貴乃花の思惑が関係しているのではないか」と、声を潜めて話す。

 貴乃花親方と伊勢ケ浜親方は現体制の打倒をもくろみ、前回16年の理事選では手を組んだ。

 しかし、結果は無残にも返り討ち。八角理事長(元横綱北勝海)をトップとした強固な体制は崩せなかった。問題はその後だ。

 「2人はあくまで選挙に勝つために手を結んだだけ。もともと年齢も一回り違うし、考え方もまるで異なる。すぐに仲たがいし、今では目も合わせなくなったらしい。来年の選挙では貴乃花一派から新たな理事候補を立て、伊勢ケ浜親方を落選させたいはず。もしそうなら、今回の暴行事件はカモがネギをしょってきたようなもの。普通、休場力士の診断書は場所初日に提出するものだが、貴ノ岩のものはなぜか2日目に出た。あえて発表をずらすことで、メディアに大々的に扱ってもらおうとしたんじゃないか」(前出の親方)

 事が大きくなればなるほど、現体制に与えるダメージも大きくなる。スポーツ庁の鈴木大地長官は「非常に残念。(角界の)古いしきたりが影響しているかなど検証する必要がある」と話している。「クーデターを企んでいる」(前出の親方)ともいわれる貴乃花親方にすれば、「してやったり」ではないか。

 では、そのもくろみ通りに事が運ぶのか。

 「騒動がこうも大きくなれば、伊勢ケ浜親方への処分は避けられない。おそらく理事降格の上、数年の昇格停止が予想される。理事への返り咲きすら不可能でしょう」とは別の親方だが、「だからといって、貴乃花親方の独り勝ちかといえば、そんなことはない」とこう続ける。

 「普通、トラブルがあったら協会に説明するのが筋。それを貴乃花親方は自身が評論家を務めているスポーツ紙が報道するまで当たり障りのないことしか言わず、いきなり警察に被害届まで提出している。これに多くの親方衆が『順序が逆だろう!』と怒っている。巡業中のトラブルだけに、巡業部長としての責任も問われる」

 そもそも、仮に伊勢ケ浜親方を失脚させたとしても、協会の勢力図は変わりようがない。結果としていたずらに騒動を大きくしただけだとすれば、貴乃花親方の責任は重い。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース スポーツ 【格闘技・大相撲】  2017年11月16日  06:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【著者インタビュー】:東京新聞・望月記者が語る「なぜ会見で疑問ぶつけない」

2017-11-16 06:40:30 | 新聞社・マスコミ・雑誌・ミニコミ

【著者インタビュー】:東京新聞・望月記者が語る「なぜ会見で疑問ぶつけない」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【著者インタビュー】:東京新聞・望月記者が語る「なぜ会見で疑問ぶつけない」

 予定調和が恒例の官邸会見で、明瞭な声で質問する女性記者。今年4月以降、一躍有名になった東京新聞の望月衣塑子氏が半生を振り返り、著書「新聞記者」(角川新書)で新聞記者としての矜持と覚悟を書き下ろした。

 ■人格攻撃に近い言葉責めも

 「名前が知られるようになってから、脅迫や弾圧もありました。でも屈したり、口を閉ざすのは納得いきません。誰が見ても『おかしいでしょ?』と思うことを聞いているだけ。逆に、なぜ会見の場で疑問をぶつけないのか。私が聞くのは単純で素朴な疑問なんですよ」

「新聞記者は、質問して記事を書いているだけではダメ」と望月記者/(C)日刊ゲンダイ

  「新聞記者は、質問して記事を書いているだけではダメ」と望月記者/(C)日刊ゲンダイ

 彼女の原動力は、正義感や使命感の前にある、もっと根本的な「違和感」や「疑問」でもあるのだ。支局勤務時代に鍛えられた不屈の記者魂は、日歯連ヤミ献金疑惑事件の報道で開花。東京地検特捜部の事情聴取にも、ひとりで立ち向かった。

 「うちの会社、実は法務部も広報もないんですよ。それでも当時、先輩が『記者としての矜持を貫け』と説いてくれたおかげで、人格攻撃に近い言葉責めにも耐えられました」

 整理部へ異動となり、現場を離れて悶々とした時期もある。事件取材の腕を買われ、他紙から声がかかったことも。東京新聞に残ったのは、今は亡き父の一言、「お父さん、読売だけは嫌なんだよ」が大きいという。

 「父は業界紙の記者でしたが、若い頃、安保闘争に明け暮れ、権力組織が嫌いでした。報道姿勢が政権寄りの読売新聞には距離を置いていましたね。当時、読売は事件に強くて、国税庁や特捜部の事件をやりたかった私は読売に移籍を決心していたんですけどね。もし読売に入っていたら、官邸会見に出て社会部的な追及もできず、この本も出せなかったかもしれません」

 ■「政治や制度を変えられるところまでつなげたい」

 官邸会見は8月半ばから質問が制限されるようになった。それまでのルールが変えられ、今ではほとんど官邸側の広報官が質問を打ち切ってしまうという。おまけに著者が質問しようとすると「臆測で質問しないように」と必ず一言付け加え、印象操作をするようになった。

 「記者の質問に対し答えをはぐらかすことも増えましたけど、逆に自らの首を絞めることになるんじゃないかな。一方、政治部記者の情報源は政治家であり、怒らせたらアウトというのは分かります。でも彼らも政権に対して疑問がいくつもあるはず。逆に、蓮舫さんや稲田朋美さんの記者会見では異常にしつこかったでしょ? なぜ官邸でも同じように聞かないんでしょうね」

 おかしいことはおかしいと声に出し、権力の不正や横暴を追及する姿勢は今後も変わらない。

 「14年に自民党が民放テレビ局に『公平中立、公正を要望する』文書を送って以降、テレビは安倍1強にモノが言えない空気になりました。でも局内には『やっぱりおかしい』と思っている人が確実にいます。そことつながったので、連携しているように見えなくても、みんなでやるぞ、ひとりじゃないぞという気持ちです。日刊ゲンダイさんは言うまでもなくどんどんやってるし(笑い)、ネットへの発信の仕方もうまいので、うちは見習うべきと思っています」

 森友学園・加計学園問題はもちろんのこと、武器輸出問題、性犯罪捜査の問題点など、取材したいテーマは尽きない。

 「伊藤詩織さんが受けた性暴力被害の問題も、フェードアウトしないよう追い続けたい。相手は犯罪行為を全面否定しましたが、浮き彫りになった問題点がたくさんあります。性犯罪捜査の現場は男性ばかりとか、性犯罪被害者の救済制度が整っていないとか。新聞記者は、質問して記事を書いているだけではダメだなと思っています。政治や制度を変えられるところまでつなげたいですね」

  ▽もちづき・いそこ

  1975年、東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞社入社。県警・東京地検特捜部担当で事件を中心に取材。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑を追及、自民党と医療業界の利権構造を暴く。その後、社会部記者として、防衛省の武器輸出などをテーマに取材。「武器輸出と日本企業」「武器輸出大国ニッポンでいいのか」などの著書がある。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年11月16日  06:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京・中野区】:老人ホーム殺害事件 まるで映画「沈黙」に通じる拷問手口

2017-11-16 06:40:00 | 事件・犯罪・疑惑

【東京・中野区】:老人ホーム殺害事件 まるで映画「沈黙」に通じる拷問手口

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京・中野区】:老人ホーム殺害事件 まるで映画「沈黙」に通じる拷問手口

 東京・中野区の有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で83歳の居住者が殺害された事件は猟奇的様相を帯びてきた。犯人が被害者の殺害を楽しんだ可能性があるのだ。

 逮捕された介護士・皆川久容疑者(25)は8月22日午前4時45分ごろ、建物の1階にある浴室で居住者の藤沢皖さんを殺害したとされる。皆川容疑者は当初、藤沢さんが失禁して布団を汚したため、3階の居室から1階の浴室に移動させて入浴させ、その際ナースコールが3回鳴ったためその場を離れたと説明。戻ってきたら藤沢さんがあおむけで溺死していたと証言していたが、14日、殺人容疑で逮捕された。本人は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているという。

送検される皆川容疑者(C)日刊ゲンダイ

      送検される皆川容疑者(C)日刊ゲンダイ

 同ホームを運営する「ニチイケアパレス」は14日、秋山幸男社長と北村俊幸常務が会見を開き、「(皆川容疑者は)非常に真面目でおとなしい職員。欠勤や遅刻もなかった」と話した。浴槽は幅71.6センチ、長さ112センチ、深さ45センチ。皆川容疑者は自分が浴室に戻ったときはお湯が20~25センチの深さで、藤沢さんは鼻から下が水につかり心肺停止状態だったと証言したという。ただし、皆川容疑者と一緒に巡回していた50代のサブリーダーが駆けつけたときはすでに浴槽から引き揚げられ、体にバスタオルが掛けられた状態だった。死亡の現場を見たのは皆川容疑者だけということになる。

 恐ろしいのは殺害方法だ。皆川容疑者は藤沢さんを浴槽に投げ入れてからお湯を張り、「助けることなくずっと見ていた」と供述したという。今年のヒット映画「沈黙―サイレンス―」にはキリスト教徒が海岸の十字架に縛り付けられ、満ち潮によって溺死させられる拷問シーンがあるが、それを彷彿とさせる手口だ。

 「藤沢さんは認知症があったとはいえ、北村氏によると、『はい』『いいえ』の受け答えもでき、周囲とコミュニケーションも取れた。そのため自分が殺害されることを認識できたはずだといいます。ということは藤沢さんはお湯が顔に迫ってくるときに助けを求めた可能性もある。北村氏によると、お湯は10分弱で20~25センチに達するとか。その姿を皆川容疑者がずっと見ていたのだったら、拷問的手法を使った快楽殺人です」(捜査事情通)

 皆川容疑者は身長170センチ、体重は60~70キロ。14年春に帝京平成大を卒業してニチイケアパレスに新卒採用された。面接試験では「介護の仕事をしたい」と語ったという。

 普段は真面目な男が一夜にして残虐性を帯びたことになる。何が狂わせたのか?

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 事件 【犯罪・疑惑ニュース】  2017年11月16日  06:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:①小池代表辞任 希望は「現実路線」を堅持せよ

2017-11-16 06:05:50 | 政党・地域政党・政治団体他

【社説】:①小池代表辞任 希望は「現実路線」を堅持せよ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:①小池代表辞任 希望は「現実路線」を堅持せよ

 衆院比例選で1000万票近くを得た事実は重い。代表が交代しても、保守系野党として、現実的な路線を継続させるのが有権者への責務だ。

 希望の党の小池代表が、辞任した。両院議員総会で、国政は国会議員に任せる考えを示し、自らは顧問などに就任するという。

 小池氏は衆院選後も、「創業者の責任」を強調し、続投する意向を示してきた。唐突さは否めないが、国政と東京都政の「二足のわらじ」に無理があった。都知事に専念し、出直したいのだろう。

 小池氏の後任代表には、玉木雄一郎共同代表が選出された。

 玉木新代表は「バトンをしっかり受け止める」と語った。9条を含む憲法改正論議の推進や安全保障関連法容認という、小池氏が打ち出した党の衆院選公約の踏襲を明言したのは妥当である。

 幹事長に古川元久・元国家戦略相、政調会長に長島昭久・元防衛副大臣を起用し、執行部を保守系で固めた。共同代表選では所属議員53人中39人の支持を得ている。公約をぶれずに推進する基盤は整っているはずだ。

 安倍政権下での改憲反対などを訴えた民進党の「抵抗政党」路線の転換が、結党の原点だった。この認識を忘れてはならない。

 玉木氏は、立憲民主党や民進党との合流や国会での統一会派結成に否定的な考えを示す。まずは衆院選を総括し、地方組織を含めた党組織の整備を地道に進める必要がある。政策の全体像を改めて点検することも欠かせない。

 共同代表選で敗れた大串博志衆院議員らはなお、安保関連法反対などを公然と主張する。衆院選公約に反するのは明らかだ。全議員の投票で路線対立を決着させた以上、玉木氏に従うべきだろう。

 玉木氏が、集団的自衛権の限定行使について「運用によっては憲法違反の恐れを払拭(ふっしょく)できない」と発言したのも気になる。大串氏らへの過剰な配慮ではないか。

 小池氏が「党の方向性は決まっている。しっかり進めてほしい」と注文したのはうなずける。

 小池氏が事実上率いる都民ファーストの会は失速している。葛飾区議選では、4人が落選し、当選が1人にとどまった。

 理解に苦しむのは、「都政に専念すべきだ」と小池氏に求めてきた都議会公明党が一転、連携を見直そうとしていることだ。

 都議会運営が混乱しないようにと、「小池与党」入りしたのではなかったのか。都政の停滞を避けるのも、公明党の責任である。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年11月16日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:②加計文科委審議 疑惑の追及には証拠が必要だ

2017-11-16 06:05:40 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【社説】:②加計文科委審議 疑惑の追及には証拠が必要だ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:②加計文科委審議 疑惑の追及には証拠が必要だ

 疑惑を追及するなら、根拠となる材料が必要である。それが示されなくては、論戦が堂々巡りになるのも無理はない。

 衆院文部科学委員会で加計学園に関する質疑が行われた。衆院選後、この問題についての国会審議は初めてだ。

 林文科相は大学設置・学校法人審議会の答申に基づき、加計学園による岡山理科大獣医学部の新設を14日に認可した。来春、愛媛県今治市に開設される予定だ。

 林氏は委員会で、国家戦略特区の選定や認可を「行政手続きとして決められた手順に従って、適切に進めてきた」と強調した。

 獣医学部新設の特区認定を受けて、設置審では、有識者が専門的、学術的な観点から厳正に認可の妥当性を審議した。公正を期するために、非公開で行われた。

 自民党は委員会で、「認可の判断に首相や文科相の意向は及ぶのか」と質問した。文科省の担当局長は「外部からの意向が及ぶものではない」と断言した。

 文科相が認可を最終判断する際、専門性と独立性が高い設置審の結論を尊重するのは当然である。林氏は「首相から文科省に指示はなかった」とも明言した。

 立憲民主党は「学園の理事長が首相の友人だから、首相や官邸が何らかの肩入れをしたのではないか」と追及した。希望の党も「特区の選定過程に関する疑念は払拭されていない」と主張した。

 「肩入れ」や「疑念」を裏付ける具体的証拠は挙げていない。実のある議論からは程遠かったと言わざるを得ない。

 自民党が「根拠はないが結論ありきの姿勢だ」と野党を批判したのは、うなずける。

 希望の党は「国会審議後に認可を判断すべきだった」とも疑義を呈した。行政手続き上の瑕疵(かし)が存在しない以上、必ずしも国会審議を経る必要はないだろう。

 与野党は、委員会の質問時間の配分を巡って対立した。質問時間は近年、「与党2対野党8」だったが、自民党が議席数に応じた再配分を提起していた。

 結局、「与党1対野党2」で折り合った。与党が「今後の前例としない」と説明し、野党も同意した。今回の委員会審議をみる限り、野党が質問時間を有効に使ったとは到底言えまい。

 国会審議で重要なのは、行政の問題点をきちんとチェックし、法案・予算案について建設的な議論を行うことだ。その前提で、各党が相応の質問時間を確保できるよう、与野党は歩み寄るべきだ。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年11月16日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大相撲】:暴行の日馬富士関聴取へ 鳥取県警、横綱は一時帰京

2017-11-16 05:54:30 | 事件・犯罪・疑惑

【大相撲】:暴行の日馬富士関聴取へ 鳥取県警、横綱は一時帰京

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大相撲】:暴行の日馬富士関聴取へ 鳥取県警、横綱は一時帰京

 大相撲の横綱日馬富士関(33)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が鳥取市内で平幕貴ノ岩関に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警が現場となった飲食店など関係者の事情聴取を始めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。県警は傷害容疑で捜査し、日馬富士関の聴取時期などの検討を進める。

 福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋宿舎に到着し、車から降りる横綱日馬富士関=15日午後10時30分ごろ

 福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋宿舎に到着し、車から降りる横綱日馬富士関=15日午後10時30分ごろ

 日馬富士関は15日、いったん帰京。再び福岡へ戻り、伊勢ケ浜部屋宿舎に入る際に報道陣の問い掛けには無言だった。協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、日馬富士関と貴ノ岩関は九州場所を休場中のため、事情聴取を含め本場所中の捜査協力について「もちろん問題はない」との見解を示した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【大相撲】  2017年11月16日  05:54:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大相撲】:日馬 謎の単独“帰京”、夜福岡Uターン 協会も「分からない」

2017-11-16 05:32:00 | 事件・犯罪・疑惑

【大相撲】:日馬 謎の単独“帰京”、夜福岡Uターン 協会も「分からない」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大相撲】:日馬 謎の単独“帰京”、夜福岡Uターン 協会も「分からない」

 謎の“帰京”だ。10月25日夜に鳥取市内で行われた酒席で平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)にビール瓶などで暴行を加えたとされる横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)が15日、早朝の便で東京へ帰った。しかし、同日夜には福岡へUターン。また、被害届を受理している鳥取県警が傷害罪で捜査することも分かった。

  スポニチ  羽田空港から福岡行きの便に搭乗する日馬富士

        スポニチ  福岡空港に到着し、車に乗り込む日馬富士(左)

 日馬富士の口から直接、暴行の経緯を聞こうと15日朝、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋に集まった約50人の報道陣は肩透かしを食った。関係者によると日馬富士はこの日早朝の便で、福岡空港から1人で東京へ向かった。

 緊急帰京だけではない。夜には羽田空港にマスク姿で現れ、福岡へとんぼ返り。空港では「治療したのか」「家族に会ったか」「部屋に戻るのか」といった報道陣の問い掛けに無言を貫き、午後10時30分ごろ部屋に到着した。角界を揺るがしている人物の不可解な行動は、さらに不信感を呼びそうだ。

 事件が表面化した3日目から休場している日馬富士。治療などで本場所中に休場力士が東京へ戻ること自体は珍しくない。しかし、渦中の横綱が、協会幹部が滞在している福岡を離れるとなると疑問符が付く。春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)は、帰京したことを把握しているとした上で首をかしげた。

 「なぜ帰るのか、分からない。俺が師匠なら帰さない。そばに置いておいた方が、いろいろ聞けるわけだから」

 相撲協会は14日に危機管理委員会の設置を決定。貴ノ岩の師匠、貴乃花親方(元横綱)と日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の双方から説明を受け始めたばかりだ。しかも肝心の日馬富士からは、聴取できていない状況。伊勢ケ浜親方は、九州場所が行われている福岡国際センターで報道陣に対し「私からは何も話すことはない。話せる状況でもない」。幕内後半で審判長を務めた後も「朝、相撲以外のことはしゃべらないと言ったでしょう」と帰京の説明を避けた。関係者によると、協会執行部は15日午後も対応を協議したが、調査に進展はないという。

 一方、貴ノ岩側からの被害届をすでに受理している鳥取県警が、傷害容疑で捜査していることがこの日、分かった。県警は暴行に至った詳しい事実関係を調べ、日馬富士や関係者から事情を聴くとみられる。

 警察、協会双方が全容解明に乗り出そうとしていた矢先の“雲隠れ”。本紙報道でようやく事件が表沙汰になり、角界の隠蔽(いんぺい)体質も指摘されている。協会の調査と、県警の捜査の結果次第では引退もありうる横綱。非常事態で説明責任を欠く師弟の行動に、一層の批判は避けられない。

 ≪「バイキング」出演弁護士が同乗≫

 15日に放送されたフジテレビ「バイキング」で、徳原聖雨弁護士が、この日に緊急帰京した日馬富士と同便の航空機に乗ったことを明かした。徳原弁護士は「福岡から朝一の飛行機で来たんですけど、日馬富士関がお一人でいらっしゃいました」とコメント。おぎやはぎの小木博明が「一人だったの?」と聞くと、「さすがにちょっと聞けなかった」と言い、マスクをしていたため表情も分からなかったという。

 元稿:日刊スポーツ社 主要ニュース スポーツ 【大相撲】  2017年11月16日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大相撲】:貴ノ岩 当初は「転んだ」と報告、日馬も暴行明かさず対応遅れ

2017-11-16 05:31:50 | 事件・犯罪・疑惑

【大相撲】:貴ノ岩 当初は「転んだ」と報告、日馬も暴行明かさず対応遅れ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大相撲】:貴ノ岩 当初は「転んだ」と報告、日馬も暴行明かさず対応遅れ

 ■日馬富士暴行問題

 日馬富士の暴行問題で、ビール瓶などで殴打され、頭部にケガを負った貴ノ岩は師匠の貴乃花親方に対し、10月下旬に暴行を受けた当初、「転んだ」と報告していたことが15日、日本相撲協会理事の話で判明した。

             共同  貴ノ岩

  共同  福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋宿舎に到着し、車から降りる日馬富士

 日馬富士も師匠の伊勢ケ浜親方に暴行の事実を打ち明けておらず、双方の弟子による報告の遅れも協会の鈍い対応に影響を及ぼした可能性がある。2人の師匠が鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)から電話で事情を聴かれたのは3日。協会幹部によると、伊勢ケ浜親方はここで初めて事実を知り、貴乃花親方は「よく分からない」と答えたという。

 貴ノ岩は暴行を受けた後も秋巡業で取組をこなした。その後も巡業に参加し、福岡入り後は稽古場に下りたとの情報もある。

 元稿:日刊スポーツ社 主要ニュース スポーツ 【大相撲】  2017年11月16日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加