乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【衆院選】:1180人が立候補 憲法、消費税で3極論戦

2017-10-10 19:28:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選】:1180人が立候補 憲法、消費税で3極論戦

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選】:1180人が立候補 憲法、消費税で3極論戦

 第48回衆院選は10日公示され、小選挙区と比例代表の全465議席に1180人が立候補した。「安倍1強」と呼ばれる安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営の是非が問われる選挙。憲法改正や消費税を争点に、与党の自民、公明両党に対し、希望の党、日本維新の会のほか、共産、立憲民主、社民各党が挑む3極対立の構図が確定した。与野党8党の党首らは22日の投開票日へ向け、論戦を激化させた。

 衆院選が公示され、候補者らの演説に耳を傾ける有権者ら=10日午後、東京都八王子市

 衆院選が公示され、候補者らの演説に耳を傾ける有権者ら=10日午後、東京都八王子市

 前回衆院選から定数が10削減され、小選挙区は289議席、比例代表は176議席となる。

 午後5時に立候補の届け出が締め切られた。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2017年10月10日  19:28:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2017】:首相、被災地で野党批判 小池、枝野両氏は都内回る

2017-10-10 19:07:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選2017】:首相、被災地で野党批判 小池、枝野両氏は都内回る

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2017】:首相、被災地で野党批判 小池、枝野両氏は都内回る

 衆院選公示を迎えた各党の党首は10日午後も、応援演説で各地を駆け巡り、他党批判を交えながら政策への支持を広げようと多くの聴衆を前に熱弁を振るった。

 自民党総裁の安倍晋三首相は東日本大震災の被災地である岩手、宮城両県に赴いた。JR仙台駅前では「社会保障制度を全世代型に変える大改革を進めていく」と少子高齢化対策に力を注ぐ考えを強調。野党側を「どの党とくっつくかばかり。政策を問わないといけない」と批判した。

 衆院選が公示され、街頭演説の後、集まった人たちとタッチを交わす自民党総裁の安倍首相=10日、福島市

 衆院選が公示され、街頭演説の後、集まった人たちとタッチを交わす自民党総裁の安倍首相=10日、福島市

 希望の党代表の小池百合子東京都知事は都内で遊説。JR八王子駅前では、森友、加計学園問題で「書類はない」「記憶にない」との国会答弁を繰り返した政府・与党側の姿勢にかみつき、「都で情報公開を進めてきたが、国もやるべきだ。今のお友達政権ではそれができない」と訴えた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は仙台市から都内に戻った。JR田町駅前で「憲法を無視する権力に正当性はない。歯止めをかけないといけない」と声を張り上げると、通り掛かりの会社員らが歩みを止め、携帯電話で写真を撮ったりうなずいたりしていた。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2017年10月10日  19:07:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2017】:昭恵夫人、森友に触れず支援訴え 首相に代わり、

2017-10-10 19:05:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選2017】:昭恵夫人、森友に触れず支援訴え 首相に代わり、お膝元山口4区で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2017】:昭恵夫人、森友に触れず支援訴え 首相に代わり、お膝元山口4区で 

 衆院選が公示された10日、安倍晋三首相のお膝元、山口4区の山口県下関市では、首相の代わりに昭恵夫人(55)が集会を回り「厳しい選挙だが、ご理解いただき、当選を果たさせていただきたい」と支援を訴えた。自身も疑惑の目を向けられた森友学園問題には触れなかった

 山口県下関市で街頭演説する安倍昭恵首相夫人=10日午後

 山口県下関市で街頭演説する安倍昭恵首相夫人=10日午後

 下関市豊田町中村の商業施設前には、約100人の支持者が集まった。昭恵夫人は台に上がると「この場に来ることはできないが、地元の皆さまと心は共にある」という首相のメッセージを伝え、「主人は誇りある国にするため精いっぱい頑張ってきた」「立派な票を皆さまの力で取らせていただきたい」と呼び掛けた。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2017年10月10日  19:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2017】:党首討論は目くらまし 大政翼賛会選挙に加担の大マスコミ

2017-10-10 15:27:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選2017】:党首討論は目くらまし 大政翼賛会選挙に加担の大マスコミ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2017】:党首討論は目くらまし 大政翼賛会選挙に加担の大マスコミ

 10日公示された総選挙の結果によって、「戦後日本」が最大の曲がり角に直面するのは間違いない。

 安倍首相と希望の党の小池代表、独裁的なペテン師2人が断罪されない限り、選挙後に現れるのは「自民・公明・希望・維新」による巨大な保守連合であり、安保・外交における「野党」の完全消滅である。つまり、この国の民主主義は瀕死の瀬戸際に立たされているのだが、そんなことを知ってか知らずか、大マスコミは能天気だ。

福島市(安倍首相)、JR池袋駅西口(小池代表)でそれぞれ第一声/(C)日刊ゲンダイ

 福島市(安倍首相)、JR池袋駅西口(小池代表)でそれぞれ第一声/(C)日刊ゲンダイ

 大新聞は9日も、日本記者クラブ主催の党首討論会を詳報。消費増税や原発政策など各党が掲げる公約の比較に明け暮れているが、実にくだらない。この選挙には政策ウンヌン以前の「大謀略」が横たわっている。なぜ、その真相を1行も書かないのか。奇々怪々である。

 テレビ各局がこぞってあおる「安倍VS小池」の構図もデタラメだ。いまだ首相指名候補を明言しない小池の発言のうち最も重要なのは、7日のネット党首討論で飛び出した次の言葉だ。

 「私は安倍政権のもとにおきまして、NSCの設立などに携わり、かつ防衛大臣に任命をしていただきました。外交そして安全保障、そういった点で(安倍政権と)違いはございません」

 この一言で「安倍VS小池」という見立ては誤りだと、小池自らが認めたも同然だ。安倍も希望について、「安全保障の基本的理念は同じ」と語っている。2人は同じ穴のムジナなのだ。高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)が言う。

 「トランプべったりの米国隷従外交と違憲の安保法制を容認する時点で、小池代表の新党結成に『大義』はありません。安倍政権と基本理念が変わらないなら、国政進出は単に『自分が首相になれそう』との理由だけでしょう。しかも希望の勢いに陰りが出て、小池首相誕生の芽がついえると、『最初から出馬しないと言っている。100%ない』と居直る。こんな私欲ムキ出しの代表が率いる政党と理念一致の自民党との“八百長プロレス”を、さもガチンコ対決のように見せかけるメディアの罪は重い。有権者を欺く行為です」

 安倍と小池の党首討論など目くらましだ。メディアがこの体たらくだから、安倍も小池も図に乗る。希望から九州比例単独で出馬する中山成彬・元文科相によると、小池は「選挙はテレビがやってくれるのよ」と軽口を叩いていたという。有権者をナメきった政治家を「劇場型のメディア戦術が巧み」と大マスコミはおだてるのだから、つくづくトチ狂っている。

この民意も届かなくなる(C)日刊ゲンダイ

       この民意も届かなくなる(C)日刊ゲンダイ

 大政翼賛化を止めるチャンスは今しかない

 先月25日に解散を表明した安倍と同じ日に新党の代表に就いた小池。安保外交面は完全一致の両者の“決断”に始まった政界の混乱には、「野党潰し」という謀略の“成果”がみえる。

 民進から希望に移った50人近くの前衆院議員は2年前、国会で安保関連法案の廃止を訴えていた。前原代表は希望への合流を表明した両院議員総会でも、「憲法違反の法律をつくったら国家の土台が崩れる」と断じていた。

 それでも希望は公認申請した民進出身者に、安保法制容認の「踏み絵」を踏ませ、彼らの安保政策の理念は一夜にして覆った。解散した安倍と新党結党の小池の連携により、リベラル勢力は死屍累々。その結果、公示前勢力で実に385人もの前衆院議員が違憲の安保法制容認という恐ろしい事態を生み出した。

 各種の世論調査で安保法への賛否は真っ二つに割れているのに、反対派の前衆院議員は今や2割以下。ウルトラ右翼の田母神俊雄・元空自幕僚長は今月1日、自身のツイッターに〈希望の党が出来て民進党は解散になる。小池さんも前原さんも日本の左翼つぶしに是非とも頑張ってほしい〉とつづったが、現状は彼が望んだ通り。この国の安保問題からリベラル派の影響力は、完全に排除されつつあるのだ。

 これだけ世論とかけ離れた国政の姿に、メディアは静観している場合なのか。政治評論家の森田実氏はこう指摘する。

 「戦後政治は長らく、『日米安保賛成・改憲派』の自民党タカ派、『安保賛成・護憲』の自民党の保守本流、『安保反対・護憲』の革新政党という3グループが、それぞれ約3分の1ずつ議席を分け合ってきました。この“政治の知恵”の均衡により極端な右傾化と左傾化を防いできたのですが、今や自民の保守本流と革新政党は風前のともしびです。その要因は2012年の野田前首相の自爆解散と、今回の前原代表の民進解党という2度の“自殺行為”ですが、この先に訪れるのは日本の安全保障における米軍への絶対従属体制です。多くの国民が今なお改憲や安保法制に反対する中、その声が全く届かなくなる大政翼賛的な国会の出現をメディアは許すのか。無批判でいられる感覚が理解できません」

 巨大な保守連合が誕生すれば、米国から無理難題を押しつけられるのは明白である。

 ■メディアは独裁者2人の恐怖政治を検証しろ

 米国の軍産複合体は以前から、集団的自衛権とともに「全自衛隊基地の米軍使用」や「核兵器の陸上配備」を日本に求めてきた。かつて小池は「核武装も選択肢として検討する余地がある」と発言。彼女の首相指名の“本命”とウワサされる石破元幹事長は、北朝鮮の核ミサイル開発を理由に「非核三原則の見直し」を言及し始めた。

 前出の森田実氏は「北朝鮮危機への対応という名目で、日本が核配備すれば、核大国の中国も黙っていません。日中間で永遠の軍事対立が生じる危機さえはらんでいるのに、メディアは北の脅威をあおるのみ。最悪の結末に加担しています」と嘆いた。

 メディアは、この国が危うい道へと突き進んでしまっていいのか。止められるチャンスは今しかない。極右の巨大与党が誕生すれば、もう後戻りできないのである。

 大マスコミは、約5年に及ぶアベ政治への国民の審判という視点も放棄している。特定秘密保護法、安保法制、共謀罪……。振り返ると安倍政権は国会を軽視し、ひたすら「壊憲」に邁進。反対意見に安倍は耳を傾けず、「レッテル貼りだ」「印象操作だ」とわめき散らしてきた。

 幹部官僚の人事権を内閣人事局に一元化し、政権の意に沿わない官僚を要職から外す。見せしめ人事に霞が関は震え上がり、気づけば国税庁長官に出世した財務省の佐川宣寿氏のような“ヒラメ役人”だらけである。

 もり・かけ疑惑では行政をゆがめて“お友だち”を優遇したのに、そのゆがみを前川喜平・前文科次官が告発しようとすると、事前に「出会い系バー通い」の醜聞をリークするという言論弾圧のおぞましさ。こうしたナチスさながらの暴力政治に加担してきたのもまた、安倍応援団の大マスコミなのだ。前出の五野井郁夫氏はこう言った。

 「金田前法相がデタラメ答弁の限りを尽くし、委員会採決省略の『中間報告』なる禁じ手を使って、安倍政権が共謀罪を成立させたのは今年の通常国会でのこと。あの暴挙から、まだ4カ月しか経っていないのに、メディアは“遠い昔”のような忘却ぶりです。市民社会を萎縮させ、国民監視を強める安倍政権の独裁的な本質が表れているのに、まるで検証しません。小池代表はさらに輪をかけた独裁者気質です。彼女が率いる都民ファーストの内情は議員個人の自由な意見を封殺し、議員同士の飲み会すら反乱抑止のため禁じる。ブラック企業も真っ青の締め付けぶりです。メディアは安倍・小池コンビ民主主義とは程遠い恐怖政治』の実態を掘り下げ、有権者に提示すべきです」

 むろん、今のメディアに謀略選挙の真相究明を期待するだけムダだが、有権者まで今度の選挙の真相を見誤ると、恐ろしい未来が待っている。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【「天下の逆襲」】:自民と希望の党 戦前も「保守2大政党制」で国は破滅した

2017-10-10 15:26:50 | 社説・解説・コラム

【金子勝の「天下の逆襲」】:自民と希望の党 戦前も「保守2大政党制」で国は破滅した

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【金子勝の「天下の逆襲」】:自民と希望の党 戦前も「保守2大政党制」で国は破滅した

 「希望の党」の誕生に対して、「これで日本も政権交代が可能な保守2大政党制になる」と期待する声があった。しかし、保守2大政党制になれば、本当に政策論争が活発になって政権交代が起き、日本の政治がよくなるのだろうか。

 実は、戦前も日本は保守2大政党体制だった。大正デモクラシーによって政党政治が盛んになり、「政友会」と「民政党」との間で頻繁に政権交代が起こった。しかし、その実態は、保守2大政党の間に大きな違いがないために、政策の優劣ではなく、スキャンダル暴露合戦によって政権交代が起きるというものだった。



 その間、治安維持法などによって、左派やリベラル政党が排除されていったために、国民は選択の余地がなくなり、事実上「政友会」か「民政党」のいずれかを選ばざるを得なかった。


   前原代表は民進党を解体し「希望の党」に売り払ってしまった/(C)日刊ゲンダイ

 結局、政党は国民の信頼を失い、政党不信を招き、右翼や軍部の台頭を許すことになった。とりわけ、1927年の金融恐慌と30年の昭和恐慌に対して、政党が解決策を示せなかったことが致命的だった。行き着いた先が、政党政治の崩壊とドロ沼の戦争である。国民の信頼を失った政党は、挙国一致内閣によって連立を組み、その後、大政翼賛会という道をたどる。

 現在の日本の政治状況は、当時と似ている点が多い。「失われた20年」によって日本の経済は衰退しているのに、政治はまったく処方箋を提示できないでいる。「構造改革」「大阪都構想」「アベノミクス」「東京大改革」とポピュリズム政治によって深刻な日本経済の実態を覆い隠そうとしただけだった。

 そうした中で、民進党の前原代表は、「保守2大政党による政権交代が必要だ」「民進党は左に偏り過ぎだ」と民進党を解体し、「希望の党」に売り払ってしまった。

 しかし、このままでは戦前の繰り返しになるのではないか。「自民党」と「希望の党」は、政策の違いがまったくないからだ。違いがないのだから、政策の優劣による政権交代は起きないだろう。ポピュリズムとスキャンダル合戦による政権交代が起きるだけである。

 最後は、政党に対する不信感だけが多くの国民に残ることになるだろう。

金子勝
 金子 勝 慶応義塾大学経済学部教授

 1952年6月、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院 博士課程単位取得修了。 法政大学経済学部教授を経て。2000年10月より現職。TBS「サンデーモーニング」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」などにレギュラー出演中。『資本主義の克服 「共有論」で社会を変える』集英社新書(2015年3月)など著書多数。新聞、雑誌にも多数寄稿している。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2017】:与野党党首が第一声 枝野氏「国民の声に基づいた政治へ」

2017-10-10 15:26:40 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選2017】:与野党党首が第一声 枝野氏「国民の声に基づいた政治へ」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2017】:与野党党首が第一声 枝野氏「国民の声に基づいた政治へ」

 衆院選が公示されたのを受け、与野党の党首が各地で第一声を行った。

 安倍首相が選んだ場所は、東京五輪の野球・ソフトボール会場に選ばれている福島市の県営あづま球場近くの「踊る小馬亭向かい広場」。集まった報道陣らが「なんでこの場所なの?」とクビをかしげる中、「少子化、北朝鮮の脅威にいかに対応するかを決める選挙だ」と声を張り上げた。

立憲民主党・枝野代表は仙台市役所前で第一声(C)日刊ゲンダイ

  立憲民主党・枝野代表は仙台市役所前で第一声(C)日刊ゲンダイ

 一方、希望の小池百合子代表(東京都知事)はJR池袋駅西口で演説。

 「『安倍1強政治』を皆さんの1票で終わらそう。お友達、忖度、そんな政治に信頼が持てるか」などと訴え、立憲民主党の枝野幸男代表は仙台市役所前で、「一握りの人たちが自分のために権力をもてあそぶ、価値観を押しつける、それが政治か。国民に言うことを聞かせる上からの政治を、草の根の国民の声に基づいた政治へ変えていこう」と呼び掛けた。

  元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選】:小池知事のお膝元東京に動乱 希望潰し“音喜多砲”炸裂危機

2017-10-10 15:26:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選】:小池知事のお膝元東京に動乱 希望潰し“音喜多砲”炸裂危機

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選】:小池知事のお膝元東京に動乱 希望潰し“音喜多砲”炸裂危機

 「我々自身がブラックボックスを作っている」――。こう嘆いて小池都知事率いる都議会「都民ファーストの会」を飛び出した音喜多駿都議。10日公示の総選挙では「希望の党」が23人擁立する都内選挙区で、“希望潰し”の爆弾をガンガン投下する気でいるらしい。

 「無所属になった私ですので、特に総選挙で誰かを応援する縛りは生じません」

 音喜多氏はブログでこう宣言した上で、会派にとらわれず、都内で意中の候補者を応援することを明かしている。

上田令子都議(右)と共に都民ファーストの会を離党(C)日刊ゲンダイ

  上田令子都議(右)と共に都民ファーストの会を離党(C)日刊ゲンダイ

 応援手法については、「あくまでご迷惑にならなければ、という範囲で」と慎ましいが、小池知事に反旗を翻した音喜多氏の動向をワイドショーが放っておくはずがない。希望候補の選挙区でマイクを握り締め、小池批判を始めたら格好の「絵」になるのは間違いない。小池演説と激突する事態になれば“祭り状態”だ。

 「音喜多さんが離党会見で『希望の党を応援することができない』と言ったのは、どうしても許せない候補者が複数いるからです。小池知事に対する憎悪も相当なもので、本人は表立って批判をしたくてウズウズしているようです。音喜多さんが街頭で小池批判を展開すれば、多くのメディアが取り上げることは間違いない。希望の党にとっては間違いなくマイナス材料でしょう」(都政関係者)

 音喜多氏本人に確認すると、「どなたをどういった形で応援するかは、慎重に判断しなければならないと思っています」と答えたが、いつ、どこで“爆弾”を炸裂させるのが最も効果的なのかは、本人が一番分かっている。東京選挙区の希望候補戦々恐々に違いない。

 音喜多氏の「ブラックボックス」批判に対し、小池知事は「考え方の相違」なんてはぐらかしていたが、内心は穏やかじゃないだろう。策士策に溺れるというのか、いつまでもサプライズが通用すると思ったら大間違いだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【安倍政権】:談話は形だけ ノーベル平和賞を“無視”した大罪

2017-10-10 15:26:20 | 【ノーベル賞(物理学・科学・生理学・医学

【安倍政権】:談話は形だけ ノーベル平和賞を“無視”した大罪

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【安倍政権】:談話は形だけ ノーベル平和賞を“無視”した大罪

 世界唯一の被爆国である日本の姿勢がこれでいいのか。

 国連の核兵器禁止条約採択に貢献したNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」がノーベル平和賞を受賞。決定から2日たった8日、日本の外務省はようやく「政府のアプローチとは異なるが、核廃絶というゴールは共有」などと、味も素っ気もない談話を発表した。

安倍首相本人からの祝福コメントはなし(C)共同通信社

        安倍首相本人からの祝福コメントはなし(C)共同通信社

 安倍首相は昨年5月、米国のオバマ前大統領と一緒に広島を訪れた際、「核兵器のない世界へ」とエラソーに語っていた。であるならば、今回のICANのノーベル賞受賞には祝福コメントを出すのが当然だろう。ICANには日本人も深く関わっているのだからなおさらだ。それなのに安倍首相は日系英国人のカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞が決定した際は即座にコメントを発表したのに、今回は知らんぷりとはどうかしている。

 2007年に設立されたICANは、各国政府に対して「核兵器禁止条約」の支持を働きかけてきた。7月、国連加盟122カ国地域の賛成で採択されたが、日本は不参加だった。ICANのベアトリス・フィン事務局長は今月6日、共同通信のインタビューで、日本が被爆国であることを念頭に「(衆院選で)核禁止に関する議論が大きな争点となることを期待する」とまで語っていた。

 中国の民主化運動を行ってきた劉暁波氏が10年にノーベル平和賞を受賞した際、中国政府は一切のコメントを控えたが、安倍政権がやっていることは中国政府と同じだ。9日、都内で20人の被爆者らを前にノーベル平和賞受賞の報告集会を行ったICAN・国際運営委員の川崎哲氏はこう言った。

 「日本政府がコメントを出したタイミングなどについては、受賞者側として評価する立場にはありません。しかし、外務省声明には、われわれが各国に呼びかけてきた『核兵器禁止条約』という文言が一言も入っていないことには疑問を感じます。今回の受賞については、国連事務総長も肯定的な談話を発表しています。日本政府も与野党問わず、当問題について闊達な議論を交わしてもらいたいと考えています」

 もはや国辱ともいえる安倍政権を一刻も早く引きずりおろすべきだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【習近平「アジア皇帝」への野望】:中国は「共産党大会」の終了まで・・・

2017-10-10 15:26:10 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

【習近平「アジア皇帝」への野望】:中国は「共産党大会」の終了まで北朝鮮への経済制裁なし

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【習近平「アジア皇帝」への野望】:中国は「共産党大会」の終了まで北朝鮮への経済制裁なし

  いま永田町ではやっているブラックジョークがある。

 <選挙期間中だというのに、安倍首相が執務室にこもりっきりで出て来ない。

習主席はどう出るか(C)AP

 不審に思った秘書官が、そっと執務室のドアを開けたところ、中から神妙な声が聞こえてきた。

 「正恩サマ、正恩サマ、どうか選挙日の前日あ…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

近藤大介
 近藤大介 「週刊現代」編集次長

 1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【山形】希望に救われた加藤鮎子氏

2017-10-10 15:25:50 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【山形】希望に救われた加藤鮎子氏 野党共闘崩れに安堵

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【山形】希望に救われた加藤鮎子氏 野党共闘崩れに安堵

 ◆山形1区

  ○○遠藤  利明 67 自前
    荒井  寛  44 希新
    石川  渉  43 共新

 8選を目指す遠藤は前五輪相で知名度もアップ。安定した戦い。

3区の加藤鮎子衆院議員(C)日刊ゲンダイ

 ▲▲ 鈴木 憲和35自前
 △△ 近藤…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【長野】希望の誓約書に激怒

2017-10-10 15:25:40 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【長野】希望の誓約書に激怒 公認突っぱねた篠原氏が勝つ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【長野】希望の誓約書に激怒 公認突っぱねた篠原氏が勝つ

 長野1区

  △▲ 小松  裕   55 自(前)
  ▲△ 篠原  孝   69 無前
      橋本  将之  37 維新

  希望公認となったものの、無所属で出馬する篠原が3連勝中だ。

1区の篠原孝衆院議員(C)日刊ゲンダイ

 「元農水官僚で、農業王国・長野には欠かせない政治家と有…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【京都】前原民進党代表

2017-10-10 15:25:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【京都】前原民進党代表 小池都知事にハマってさあ大変

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【京都】前原民進党代表 小池都知事にハマってさあ大変

 ◆京都1区

  △△ 伊吹 文明 79 自前
      嶋村 聖子 40 希新
  ▲▲ 穀田 恵二 70 共(前)

 内閣改造の“切り札”として安倍首相が文科相就任を打診したら、三権の長(衆院議長)経験者であることを理由に固辞したと伝えられる伊吹が強い。

2区の前原誠司民進党代表(C)日刊ゲンダイ

 詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【大阪】大阪自民と維新が激突

2017-10-10 15:25:20 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【大阪】大阪自民と維新が激突 佐藤氏は念願の二階派入り

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【大阪】大阪自民と維新が激突 佐藤氏は念願の二階派入り

 ◆大阪11区

 
 ▲   佐藤  ゆかり  56  自前
  ▲▲  平野 博文    68  無(前)
           三和 智之    42  共新
    △△   伊東 信久    53  維(前)

11区の佐藤ゆかり衆院議員(C)日刊ゲンダイ

 選挙区の枚方市・交野市は大阪市のベッドタウン。パナソニックグループ関連企業の就労者も多い。 …

  詳細は、本紙を参照下さい。  

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【東京2区】安倍チルドレンvs立憲

2017-10-10 15:25:10 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【東京2区】安倍チルドレンvs立憲・気骨弁護士の一騎打ち

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アベ自爆総選挙「全289区」当落予想】:【東京2区】安倍チルドレンvs立憲・気骨弁護士の一騎打ち

 ◆東京2区

  辻   清人 38 自前
  鳩山 太郎 43 希新
  松尾 明弘 42 立新

 「あら、痩せた? ステキになったじゃない」

 「太郎、しっかり頑張れよ!」

 連休初日の7日、東京メトロ茗荷谷駅前。乗降客が足早に通り過ぎる中、故鳩山邦夫法相の長男は見知った高齢男女をつかまえては握手を求め、ぎこちない笑顔を振りまいていた。

左から辻清人、鳩山太郎、松尾明弘の3候補(C)日刊ゲンダイ

      左から辻清人、鳩山太郎、松尾明弘の3候補(C)日刊ゲンダイ

 聞けばみな、祖父の故鳩山威一郎元外相時代からの支援者だという。父親と親交が深かった上田清司埼玉県知事や、元秘書で都民ファーストの会の増子博樹都議がマイクを握るも、通行人の反応は鈍い。わずか3分の鳩山の演説中も人の流れは変わらなかった。

 ■お膝元なのに埋没

 野党共闘で共産党が候補者擁立を見送り、現職に新人2人が挑む三つ巴の争いだが、鳩山のマサカの出馬に地元は困惑しきりだ。2003年の都議補選で当選したものの、05年は落選。07年の文京区長選、10年の参院選も敗れ、最近は希望の塾、輝照塾に通っていた。

 「東京2区が属する中央、港、文京、台東区は都議選で7議席中5議席を都ファが占めましたが、一部は民進党の系列。民進公認だった松尾さんと当時から連携していたので、衆院選も支援態勢を取っていた。ところが、都ファの姉妹政党という位置づけで希望の党が立ち上がった。松尾さんが希望入りしなければ候補者を押し付けられるので調整を図ったのですが、最悪の展開になってしまった。太郎さんは人見知りでコミュニケーションが苦手。鳩山家の看板で都議補選に通ったのに、後が続かないのはそのせいなんです」(民進党関係者)

 民進系列議員らが後ろ髪を引かれる松尾は弁護士で、山尾志桜里元政調会長とは東大法学部の同級生。山尾らが進めていた新人発掘のリクルート活動で声を掛けられ、一昨年から出馬準備を進めていたが、小池都知事が仕掛けた民進分裂のあおりをモロに食らった。

 立憲民主党は立ち上がったばかりで、サポートがアテにできず、8日にやっと街宣車が納入された。自分でハンドルを握り、選挙区内を回る。7日も月島にひとりでフラリと現れ、「憲法改正論議は正面から堂々と行うべき。立憲主義の精神が脅かされようとしています」などと訴えた。孤軍奮闘だが、反応は悪くない。若者や子育て世代の夫婦が次々に集まり、握手や撮影を求めていった。

 「松尾さんら東京から立つ立憲民主の新人は、踏み絵を強要する希望に反発し、新党結成を模索したほど気骨があるし、熱意もある。現職の辻さんといい勝負が期待できそう」(都政関係者)

 京大卒、リクルート出身、安倍チルドレンの辻は組織戦を展開。3カ所に事務所を構え、頻繁に選対会議を開き、業界団体を引き締めるが「若造のくせに高飛車」(後援会関係者)との声も聞かれる。7日は林文科相が応援に入り、9日は河野外相や小野寺防衛相と並び、銀座4丁目交差点の大演説会に立った。

 およそ3万票の共産票をバネに、松尾が情勢をひっくり返せるか。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年10月10日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2017】:安倍政治、3極で問う 改憲是非は 「森友・加計」は

2017-10-10 15:15:55 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【衆院選2017】:安倍政治、3極で問う 改憲是非は 「森友・加計」は

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2017】:安倍政治、3極で問う 改憲是非は 「森友・加計」は

 第四十八回衆院選は十日公示され、二十二日の投開票に向けて十二日間の選挙戦が始まった。安倍政権が成立させた安全保障関連法や「共謀罪」法、森友・加計(かけ)問題といった四年十カ月の安倍政治が問われる。改憲や消費税増税の是非も争点だ。定数四百六十五議席に、千百七十二人が立候補を届け出た。各党首は各地で第一声を上げた。選挙戦は「自民、公明の与党」「希望の党、日本維新の会」「共産、立憲民主、社民の三党」による三極構図。与党が過半数を確保して政権を維持するか、改憲勢力が発議に必要な三分の二の議席を得るかどうかが焦点だ。

写真

 安倍晋三首相(自民党総裁)は福島市で「国際社会が連携して北朝鮮に圧力をかけ、政策を変えさせないといけない」と強調。二〇一九年十月の消費税率10%への引き上げに伴う増収分を子育て世代に投資すると訴えた。自民党は自衛隊を明記する改憲を公約に掲げた。

 公明党の山口那津男代表は、北海道岩見沢市で「消費税の使い道を大きく変えてゼロ~五歳児の幼児教育、保育を無償化し、若い世代を応援する」と支持を呼び掛けた。

 希望の党の小池百合子代表は、東京都豊島区で「安倍一強政治をみなさんの一票で終わらせよう」と訴えた。首相の経済政策アベノミクスは成果に乏しいとして「大きな顔をするな」と批判した。自身は衆院選に立候補を届け出ていない。

 日本維新の会の松井一郎代表は、大阪市中央区で「役所のお金の使い方を見直してから増税すべきだ」と身を切る改革を訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は、東京都新宿区で「安倍暴走政治の果てが森友・加計疑惑だ。国政私物化疑惑にまみれた政権を退場に追い込もう」と呼び掛けた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は仙台市青葉区で「上から目線の政治を草の根からの政治に変える」と強調。社民党の吉田忠智党首は、大分県臼杵市で「憲法を生かす政治を前面に戦う」と九条改憲阻止を訴えた。

 日本のこころの中野正志代表は、東京都千代田区で「安倍さんが首相の時に改憲を仕上げたい」と自主憲法制定を主張した。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2017年10月10日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加