乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【民進党】:前原新代表、思わぬつまずき 「山尾幹事長」案2日で幻

2017-09-05 22:47:30 | 政党・地域政党・政治団体他

【民進党】:前原新代表、思わぬつまずき 「山尾幹事長」案2日で幻

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【民進党】:前原新代表、思わぬつまずき 「山尾幹事長」案2日で幻

 民進党の前原誠司代表は5日、新執行部を発足させた。挙党態勢を築いて再び政権交代可能な政党に立て直す狙いだったが、党運営の要となる幹事長人事を巡り、いったん固めた山尾志桜里元政調会長の起用をわずか2日で撤回する事態に追い込まれた。昨年に続く人事の混乱の中での船出は、党再建に向けた道の険しさを象徴している。

両院議員総会で承認され、手を取り合う前原代表(中)ら民進党の新執行部(5日午後、東京・永田町)

    両院議員総会で承認され、手を取り合う前原代表(中)ら民進党の新執行部(5日午後、東京・永田町) 

 「選挙の顔として山尾さんを幹事長にしたい」。前原氏が温めていた腹案を周辺に漏らしたのは、1日に代表に選出された直後だった。

 前原氏が念頭にあった幹事長候補は2人。本命が検事出身で「若手のホープ」とされる山尾氏。衆院当選2回で43歳。前原氏が率いるグループに所属し、2016年3月から同年9月まで岡田克也代表の下で政調会長を務めた。「保育園落ちた日本死ね」と書かれた匿名ブログを国会で取り上げて知名度を高めた。

 もう一人が大島敦元総務副大臣。昨年と今回の代表選で前原陣営の選挙対策本部長を務めた。昨年に勝利していれば前原代表―大島幹事長だったとされ信頼は厚い。党内の人望や安定感もあるとされるが「党の顔として地味」(中堅議員)だ。

 選挙の顔か、実務型か――。前原氏は「10月22日に衆院選があるかもしれない」と安倍晋三首相が早期に衆院解散に踏み切ることを警戒し、山尾氏の抜てきに傾いた。

 党幹部らへの根回しに動いた2日、前原氏が親しい議員に人事案を伝えると「山尾氏で大丈夫ですか」とたしなめられた。「うーん」と悩みながらも「ちゃんとできるようにします」。側近議員の異論もはねつけた。

 しかし、人事案が表面化した3日から空気は変わった。幹事長は他党との選挙区調整や候補者擁立など難しい実務を担う。国会対応などもあり「山尾に任せられるのか」との声が相次ぐ。「(元公設秘書が不正利用した)ガソリン代の問題が蒸し返される」「プライベートの問題が取り沙汰されている」。懸念材料が次々と浮上した。

 前原氏は4日午後、国会内の自室で大島、山尾両氏と向き合った。「選挙で動いてもらうのはどっちがいいかなあ」。悩んだ末に出した結論は「幹事長は大島さんにお願いします」。選挙を担う代表代行も探ったが要職への起用は断念した。5日、記者団に「山尾さんをという気持ちがあったのは事実。今も気持ちは変わっていない」と無念さをにじませた。

 一連の騒動は前原氏の求心力の低下を招きかねない。政調会長の階猛氏は離党した細野豪志元環境相のグループ幹部。「離党予備軍」が多いとされる同グループからの登用で党の結束を図る狙いを込めた。だが、党刷新のイメージにつながると期待していた議員からは、山尾氏の起用見送りに批判があがった。

 「前原氏は自分で厳しい船出にした」「これで解党が加速する」。代表選前に離党を検討していた「予備軍」の間で再び離党の動きが出始めた。

 代表選の出馬にあたり「信頼性を高め、遠心力を求心力に変えていく」と語っていた前原氏。出足の人事のつまずきをどう挽回し、党勢回復につなげるのか。11年ぶりとなる代表への再登板でその真価が問われる。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・民進党】  2017年09月05日  22:47:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【安倍首相】:独メルケル首相と電話協議 北朝鮮問題で

2017-09-05 21:56:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【安倍首相】:独メルケル首相と電話協議 北朝鮮問題で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【安倍首相】:独メルケル首相と電話協議 北朝鮮問題で

 安倍晋三首相は5日、ドイツのメルケル首相と電話で協議した。6回目の核実験を強行した北朝鮮に対する圧力の強化などを申し合わせるとみられる。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース アジア 【アジアニュース・政策・外交・ドイツ、朝鮮半島・北朝鮮】  2017年09月05日  21:56:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【安倍首相】:6日にロシア訪問 プーチン氏に北朝鮮制裁を要請

2017-09-05 21:53:30 | 【外交・ロシア・天然資源・北方領土問題】

【安倍首相】:6日にロシア訪問 プーチン氏に北朝鮮制裁を要請

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【安倍首相】:6日にロシア訪問 プーチン氏に北朝鮮制裁を要請

 安倍晋三首相は6、7の両日、ロシア・ウラジオストクを訪問する。7日にプーチン大統領と会談し、核実験を強行した北朝鮮に対する制裁措置の履行を要請する。日米両政府は国連安全保障理事会で石油禁輸などを含む追加制裁決議の採択をめざしており、協力を求める。北方四島で実施する共同経済活動を巡り、具体的な事業について合意したい考えだ。

 首相はロシア政府主催の「東方経済フォーラム」に出席。同フォーラムに参加する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも会談し、北朝鮮に強い圧力で臨む方針を確認する。日本の植民地統治下で動員された韓国人の徴用工問題に関して、解決済みとする日本の立場も改めて伝える。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース アジア 【アジアニュース・政策・外交・ロシア、北方領土】  2017年09月05日  21:53:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【東京都】:小池百合子研究(1)ブーム自戒、野望は封印

2017-09-05 21:52:10 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:小池百合子研究(1)ブーム自戒、野望は封印

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:小池百合子研究(1)ブーム自戒、野望は封印

 「私もつらいのよ。このままずっとうまくいくわけじゃない。自民党はそんなにやわじゃない」。7月2日投開票の東京都議選直後。都知事の小池百合子は親しい友人に電話でこぼした。「細川(護熙)さんも鳩山(由紀夫)さんも、橋下(徹)さんも1度は勝った。でも続かなかったでしょ」。小池が率いた地域政党「都民ファーストの会」の圧勝の陰で、小池は慎重だった。

 小池は政治好きな父と、徹底して自立を求める母に育てられた。母からは「百合ちゃんは顔で仕事をするようなことをしちゃダメ。中身で勝負しなさい」と言われたこともある。

 カイロの留学を経て選んだ仕事はアラビア語の通訳。テレビキャスターに転身後、1992年に日本新党から国政に転出した。5つの政党を渡り歩いた政治家人生は25年を数える。

 自身が強みと考えるのは決断力だ。「失敗しても命はとられることはない。『あのとき、ああすればよかった』と後悔するよりは、前に歩みを進めた方がいいというのが私の姿勢」。自著ではこう自己分析している。

 それが表れたのが昨年7月の都知事選だ。

 「安倍政権が続く限り、私はずっと干されたまま」。小池はその頃、周囲にこうこぼしていた。第1次安倍政権で防衛相を突然辞任して以来、安倍とは疎遠だった。2012年の自民党総裁選では、安倍のライバルだった石破茂を応援した。

 「崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」。小池は別の候補を擁立する自民党に反旗を翻し、無所属で都知事選に出馬。小池の決断に元首相の小泉純一郎は「愛嬌(あいきょう)だけでなく度胸もある」とエールを送った。291万票を獲得しての圧勝だった。

 常にサプライズを仕掛ける行動も小池流だ。

 小池は知事就任後、14人もの顧問を任命した。都幹部は「顧問はアイデアを出すが、最後に判断しているのは知事。真の意味のブレーンはいない」と言い切る。

 次の一手をどう打つのか。側近や都民フ幹部にも小池は本音を見せない。周辺は「側近を完全に役割分担して使っている。全体を知るのは小池さんだけだ」と話す。

 小池は国政に再進出するのか。世間の関心がその点に集中する中でも、小池の姿勢は変わらない。都民フ幹部の一人は「国政への考えは正直、聞いたことがない。途中経過を相談されることもなく、いつも結果だけ」と苦笑いする。

 「国政は若狭さんに任せる。私の意を一番分かっているのは若狭さん」。2日、小池は側近の衆院議員、若狭勝と会談し、記者団に語った。若狭が次期衆院選に向けた候補者を養成する政治塾にも、講師として参加する考えを示した。

 若狭は民進党を離党した議員らに「年内にも解散がある。勢いに乗らなければいけない」と、国政新党の早期結成を呼び掛けている。小池は自身がどうするかの言質を与えないまま、期待感をつなぎ留める。

 小池に長く仕えた秘書に聞くと「色々なところに種をまいて、うまくいきそうなところを刈り取るタイプ」と小池を評した。若狭が仕掛ける新党についても同じ見方だ。「若狭氏の新党が成功しそうになれば、国政に戻ってくる」

 小池は知事になり、都議会も押さえた。いまは世論の支持と選挙の強さを見せつけるが、都政の実績は見えない。

 細川、鳩山、橋下の名前を挙げたのはなぜか。次の階段を踏み外せば、せっかく築いた足場が崩れかねない――。小池の頭をそんな不安がよぎったのかもしれない。

 「これまでもずっと『最終的には総理になりたい』と言ってきた。その気持ちは今も変わっていないはずだ」。側近の一人は、小池の最終目標を語る。最近の小池がこうした意欲を示すことはない。国政新党の段階からは、一番高いところを目指す勝負だ。その難しさを熟知するからこそ、今は言葉を封印し、慎重さに徹している。(敬称略)

                                 ◇

 今後の政界のキーパーソン、小池都知事はどんな人物で何を目指すのか。関係者の話を聞いて迫った。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【地方自治・東京都】  2017年09月05日  21:52:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【自民党】:金融調査会長、根本氏が留任

2017-09-05 21:46:30 | 政党・地域政党・政治団体他

【自民党】:金融調査会長、根本氏が留任

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【自民党】:金融調査会長、根本氏が留任

 自民党は5日の総務会で、政務調査会の調査会長、特別委員長人事を報告した。金融調査会長は根本匠氏が留任。税制調査会長は宮沢洋一氏が続投する。司法制度調査会長には松島みどり氏が就く。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・自民党】  2017年09月05日  21:46:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【自民党】:発信力強化に小泉氏活用 幹事長会見で前さばき

2017-09-05 21:45:30 | 政党・地域政党・政治団体他

【自民党】:発信力強化に小泉氏活用 幹事長会見で前さばき

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【自民党】:発信力強化に小泉氏活用 幹事長会見で前さばき

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が5日、二階俊博幹事長の定例記者会見に同席し、直前に開かれた党役員会での幹部発言を報道陣に紹介した。従来は二階氏が幹部の発言紹介や質疑まで1人で担っていたが、高い知名度をもつ小泉氏に前さばきを任せて党の露出を高める狙いがある。

 小泉氏は8月3日の内閣改造・党役員人事で筆頭副幹事長に就任。選挙対策やメディア対応など「党の顔」としての役割が期待されており、幹事長会見の運用変更もその一環とみられる。5日の会見では終始、緊張した面持ちだったが、党幹部は「慣れてくれば小泉氏らしい知識やユーモアを交えて発信してくれるのではないか」と語る。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・自民党】  2017年09月05日  21:45:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【安倍首相】:「国民的な疑念招いた」 加計学園問題で

2017-09-05 21:00:30 | 【国家戦略特区・地域限定で規制を緩和】:

【安倍首相】:「国民的な疑念招いた」 加計学園問題で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【安倍首相】:「国民的な疑念招いた」 加計学園問題で

 政府は5日、国家戦略特区諮問会議を開いた。出席した議長の安倍晋三首相は、加計学園による獣医学部新設問題を念頭に「省庁間で『言った、言わない』の水掛け論に陥り、国民的な疑念を招く結果となった」と述べた。有識者議員から事業認定の透明性を高める対策案が提示され、首相は早期の具体化を指示した。

 国家戦略特区諮問会議であいさつする安倍首相=5日夕、首相官邸

 国家戦略特区諮問会議であいさつする安倍首相=5日夕、首相官邸

 また出席した小池百合子東京都知事は、2020年の東京五輪に合わせ、外国人旅行者の入国査証(ビザ)の発給要件を緩和し、滞在期間を拡大するよう提案。兵庫県養父市の広瀬栄市長もテレビ会議システムを通じ、養父市で実施されている企業による農地取得の特例を全国展開するよう要望した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政策・国家戦略特区諮問会議】  2017年09月05日  21:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日航機】:トラブル、滑走路に粉々部品 鳥衝突は否定

2017-09-05 20:15:30 | 事故・災害

【日航機】:トラブル、滑走路に粉々部品 鳥衝突は否定

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【日航機】:トラブル、滑走路に粉々部品 鳥衝突は否定

 羽田発ニューヨーク行き日航機のエンジンから離陸直後に炎が出たトラブルで、国土交通省は5日、エンジン後部にあるタービンの金属製の羽根が複数箇所で欠けていたと明らかにした。

左エンジンの出火トラブルで羽田空港に引き返した日航機(5日)=共同

         左エンジンの出火トラブルで羽田空港に引き返した日航機(5日)=共同

 日航は当初、鳥が機体に衝突するバードストライクの可能性を示していたが、エンジン内部に衝突の痕跡がなかったことから、その後に否定した。離陸した滑走路上からは、機体から落下したとみられる粉々の部品が見つかった。日航は何らかのエンジン不具合が起きたとみて原因を詳しく調べている。

日航機から空中で放出される燃料(5日、乗客提供)=共同

          日航機から空中で放出される燃料(5日、乗客提供)=共同

 国交省によると、日航6便ボーイング777は5日午前11時、4本ある滑走路の1つで、ほぼ南北方向に延びるC滑走路を北向きに離陸した。

 この直後、国交省東京空港事務所職員がモニターで左エンジンから炎が出ているのを確認するとともに、滑走路北端に近い芝生から煙が上がっているのを発見。C滑走路を閉鎖し、点検に向かった事務所職員が部品を見つけた。滑走路は午後1時前に運用を再開した。

 日航によると、機体は安全に着陸できるよう房総半島沖を旋回中に、両翼の燃料タンクから余分な燃料を放出した上で羽田に引き返して正午すぎ、緊急着陸した。乗客にけがはなく、大半が別の機体に乗り換え、5日中に羽田を出発した。

 米国での学会に向かうため搭乗していた熊本大准教授の小林牧子さん(43)は「離陸直後に『エンジントラブルが発生したため、引き返します』とアナウンスがあった。乗務員はぴりぴりしていたが、乗客は落ち着いていた。まさか出火していたとは思わなかった」と振り返った。

 空港に近い野球場にいた千葉県茂原市の八代美紀さんは「バーンという連続した大きな音が聞こえて飛行機を見ると、左側のエンジンからオレンジ色の火が出ていたのでびっくりした。低い高度で急旋回し、落ちないかと心配した」と話した。〔共同〕

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 社会 【事故・災害】  2017年09月05日  20:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【民進党】:山尾氏の起用見送り 新執行部が発足

2017-09-05 17:59:30 | 政党・地域政党・政治団体他

【民進党】:山尾氏の起用見送り 新執行部が発足

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【民進党】:山尾氏の起用見送り 新執行部が発足

 民進党は5日の両院議員総会で主要な役員人事を承認し、前原誠司代表率いる新執行部が発足した。幹事長には大島敦元総務副大臣を充て、代表代行に代表選を争った枝野幸男元幹事長を起用した。当初、幹事長や代表代行で起用する方針だった山尾志桜里元政調会長の人事案の提示は党内の反発を受け断念した。目玉人事の撤回で前原氏は出だしからつまずいた格好だ。

両院議員総会で承認され、手を取り合う前原代表(中)ら民進党の新執行部(5日午後、東京・永田町)

 両院議員総会で承認され、手を取り合う前原代表(中)ら民進党の新執行部(5日午後、東京・永田町)

 政調会長には衆院当選4回で50歳の階猛元総務政務官を起用。選挙対策委員長には枝野氏を支持した長妻昭元厚生労働相が就任した。国会対策委員長には旧維新の党出身の松野頼久元官房副長官が就いた。前原氏を支持したグループの議員に加え枝野氏を支持した陣営からも起用し、挙党態勢づくりをめざす。

 前原氏は当初、衆院当選2回で若手のホープとされる山尾氏を幹事長に抜てきし、清新さをアピールする考えだった。だが山尾氏の実務面での経験不足への懸念が広がり、衆院当選6回で代表代行に内定していた大島氏を充てる方針に転じた。前原氏はその後も山尾氏を代表代行で処遇する意向を固めたが、党内の反対論が強く主要ポストでの起用自体を断念した。

 前原氏は両院議員総会の冒頭で「人事のことでご心配をおかけしていることをおわびしたい」と陳謝した。党の要である幹事長人事の変更で、前原新執行部は出足から混乱を印象付けた。党内からは「1度固まった人事を覆すのは、党への打撃が計り知れない」との懸念が広がっている。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・民進党】  2017年09月05日  17:59:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【習近平「アジア皇帝」への野望】:19回共産党大会 「習王体制」を・・・

2017-09-05 15:26:00 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

【習近平「アジア皇帝」への野望】:19回共産党大会 「習王体制」を実現できず乱世が到来する

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【習近平「アジア皇帝」への野望】:19回共産党大会 「習王体制」を実現できず乱世が到来する

 中国に乱世がやってくる――。

 10月18日から第19回中国共産党大会を開催することが、先週中国で発表された。

 5年前の第18回大会で、8779万人の共産党員のトップに立った習近平総書記は、“盟友”王岐山中央規律検査委員会書記と二人三脚で、100万人…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

近藤大介
 近藤大介 「週刊現代」編集次長

 1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【二極化・格差社会の真相】:「個人情報ビジネス」を推進する・・・

2017-09-05 15:25:50 | 【個人情報不正取得、不正競争防止法違反】

【二極化・格差社会の真相】:「個人情報ビジネス」を推進する国策の先に何があるのか

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【二極化・格差社会の真相】:「個人情報ビジネス」を推進する国策の先に何があるのか

 個人の健康状態や購買履歴をまとめてIT企業などに預け、民間のビジネスに開放する仕組みが構築される。この計画を打ち出した総務省は、2020年までに情報を運用できる企業の認定制度を設けたい意向という。


 日本経済新聞が8月28日付朝刊の1面トップで報じた。名付けて「情報信託」。認定企業は得られた個人情報をどこに売ろうと勝手なので、「簡易型」とも呼ばれる。すでに内閣府のIT戦略本部が公表済みの「情報銀行」(厳格型=個人情報の提供先を当人が選択する)との2本立てで、政府は個人情報の“利活用”を一気に推進する方針だ。

 実現すれば、私たちの毎日は、凄まじいストレスにさいなまれることになるだろう。ありがちな情報漏洩をうんぬんしたいのではない。いや、それはそれで従来にも増して悪質な業者への流出を恐れなければならなくなるにせよ、そもそも個人情報は勝手に売買されるのが当たり前になる国策なのだから、“漏洩”という考え方自体が、もはや成立しなくなるのだ。そうではなく、欲しくもない商品をいつの間にか売りつけられたり、自分の生活が思いもよらぬ方向に誘導されていく危険が大きい。


   個人情報は勝手に売買され、絶えず官民一体で監視され続ける(C)共同通信社

 情報信託の基調にあるのは、個人をビジネスの資源とのみ見なす発想だ。人格とか人権といった概念が入り込む余地はない。だから利活用に供する個人情報の収集には、どんな卑劣も許されてしまう。

 政府には、“マイナンバー”カードを中心に、会社員の社員証や健康保険証、「スイカ」のような交通系カードなど、あらゆるカード類の機能を1枚のICカードに格納する「ワンカード化」構想がある。これらや各人が積極的に発信するSNSの内容、スマホのGPS位置情報、また監視カメラ網や近い将来の顔認証、音声認証のデータ、共謀罪の新設に先立ち拡大された通信傍受法(盗聴法)による通話記録等々も、いずれは軒並み、有象無象の金儲けに“利活用”される時代がやってくる。個々のデータを名寄せし、総合するのは、もちろん“マイナンバー”こと国民総背番号制度だ。

 私たちは絶えず官民一体で監視され続けることになる。安倍政権が完成を急ぐ戦時体制と、この“システム”とが出合う時、どんな事態が訪れるのか、読者には今度こそ、深く深く考えていただけることを願ってやまない。自分がやりたいことも、欲しいものも自分で決める。政府や企業に勝手に捕捉・把握され、選別されて、操られるだけの世の中なんて真っ平だ。

 斎藤貴男

 斎藤貴男 ジャーナリスト

 1958年生まれ早大商卒業、英国・バーミンガム大学大学院修了(国際学MA)。『日本工業新聞』入社後、『プレジデント』編集部、『週刊文春』の記者を経て独立。弱者の視点に立ち、権力者の横暴を徹底的に批判する著作を出し続けている。消費税の逆進性を指摘する著作も多数。「機会不平等」「安心のファシズム」「戦争のできる国へ 安倍政権の正体」「ちゃんとわかる消費税」など。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【小林節が斬る!】:打倒自公政権で証明済み 共産党抜き野党共闘は・・・

2017-09-05 15:25:40 | 政党・地域政党・政治団体他

【ここがおかしい 小林節が斬る!】:打倒自公政権で証明済み 共産党抜き野党共闘はあり得ない

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ここがおかしい 小林節が斬る!】:打倒自公政権で証明済み 共産党抜き野党共闘はあり得ない

 民進党の新(?)代表が決まった。誰に決まっても同じだと思うが、これで、次の総選挙に向けた「野党共闘」の議論と駆け引きがまた始まることになる。

小林節氏(C)日刊ゲンダイ



 所与の条件として、小選挙区を中心とした現行の選挙制度の下である限り、本気で自公政権を倒そうとするならば、…詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

小林節
 小林 節 慶応大名誉教授

 1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【億万長者続出 ビットコイン完全ガイド】:これだけあるリスク…1137ドル・・・

2017-09-05 15:25:30 | 金融・財政ニュース

【億万長者続出 ビットコイン完全ガイド】:これだけあるリスク…1137ドルから86%も急落した過去

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【億万長者続出 ビットコイン完全ガイド】:これだけあるリスク…1137ドルから86%も急落した過去 

 「ビットコインを買って大もうけした」という話は、都市伝説ではない。

 4カ月で約2倍、1カ月だけを見ても約70%上昇しているのである。9月1日には、最高値の1ビットコイン当たり53万円を超え、まだ右肩上がりを続けている。

マウントゴックス元社長の初公判は今年7月に始まったばかり(C)日刊ゲンダイ

 1カ月で約70%上がるというこ…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:軍事衝突か核容認か 打つ手なし安倍政権では“悪夢の結末”

2017-09-05 15:25:20 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:軍事衝突か核容認か 打つ手なし安倍政権では“悪夢の結末”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:軍事衝突か核容認か 打つ手なし安倍政権では“悪夢の結末”

 6回目の核実験を強行した北朝鮮をめぐって4日、日米韓英仏の要請で国連安保理の緊急会合が開かれた。

ますますヒートアップ(右は空爆を示唆したマティス国防長官)/(C)AP

 生命線である石油禁輸と、外貨獲得手段の繊維製品の輸出制限や出稼ぎ労働者受け入れ禁止などが話し合われた。

 核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対する圧力を強め、さらに厳しい経済制裁を科そ…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:ゴタゴタ続く前原民進党 内定の山尾幹事長を差し替えへ

2017-09-05 15:25:10 | 政党・地域政党・政治団体他

【政局】:ゴタゴタ続く前原民進党 内定の山尾幹事長を差し替えへ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:ゴタゴタ続く前原民進党 内定の山尾幹事長を差し替えへ

 また人事をめぐるゴタゴタだ。民進党の前原誠司代表が、幹事長に内定していた山尾志桜里前政務調査会長を大島敦元総務副大臣に差し替える検討を始めたことが分かった。山尾氏の幹事長起用に反対する党内世論を受け、撤回を余儀なくされたとみられる。

党内世論を受け山尾氏(左)の幹事長起用を撤回/(C)日刊ゲンダイ

      党内世論を受け山尾氏(左)の幹事長起用を撤回/(C)日刊ゲンダイ

 前原代表は代表選を終えた2日、新執行部の骨格人事を決定。当選2回の山尾氏を幹事長に抜擢したのは、検事出身で、国会質疑で閣僚らに舌鋒鋭く迫る姿を評価したことや、党の刷新感を打ち出す狙いがあった。

 党内からは「政治経験が少ない山尾氏に党務を仕切れるのか」といった不満の声が出たらしいが、首相経験のある前幹事長の野田氏は党を仕切れたのか? まとめられなかったからこそ、都議選で大惨敗を喫したのではないのか。民進党って、ホント、何もわかっていない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月05日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加