乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【直撃インタビュー】:存在感増す露の実態 小泉悠氏「プーチンに・・・

2017-09-04 07:15:50 | 【外交・ロシア・天然資源・北方領土問題】

【注目の人 直撃インタビュー】:存在感増す露の実態 小泉悠氏「プーチンに対外戦略なし」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【注目の人 直撃インタビュー】:存在感増す露の実態 小泉悠氏「プーチンに対外戦略なし」

 ◆臆病なロシアの世界観は陰謀論的

 国際社会でロシアのプーチン大統領の存在感が増している。2014年に旧ソ連のウクライナと軍事衝突し、クリミア併合で欧米と断絶。G8から追放を食らったが、米国のトランプ大統領が抱えるロシアゲートや、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮をめぐる対応で表舞台に躍り出た。米ロ関係はどうなるのか。対外戦略をどう描いているのか。安倍政権が前のめりの北方領土返還交渉はどこに向かうのか。新鋭のロシア軍事・安全保障の専門家である小泉悠氏に聞いた。

ロシアは勢力圏への侵入者をモグラ叩きのように潰しているだけ(C)日刊ゲンダイ

   ロシアは勢力圏への侵入者をモグラ叩きのように潰しているだけ(C)日刊ゲンダイ

 ■FBI捜索を受けたロシア重用のトランプ選対本部長

  ――ロシアゲートでトランプ米大統領が追い詰められています。昨年の米大統領選で陣営がロシアと共謀したなどの疑いで、元FBI長官のモラー特別検察官が捜査を進めています。

 今回に限らず、ロシアが米大統領選に介入していたのは確かでしょうし、驚きはありません。ロシアはレバレッジを利かせる力が弱い国ですから。

 ――それはどういう意味ですか?

 対外的な影響力行使でいえば、政治的発言力や経済力はさほどありません。だから、軍事力あるいは謀略を駆使し、エネルギー供給を交渉材料に利用する。強いからではなく、ほかに方法がないからなんです。外国の選挙への干渉では、ウクライナのようにロシアから離反してNATO(北大西洋条約機構)に加盟しそうな旧ソ連諸国には露骨に介入してきました。04年と10年のウクライナ大統領選では、人的にも資金的にも親ロ派候補を大々的に支援した。ヤヌコビッチ前大統領の顧問だった米国人のポール・マナフォート氏はトランプ陣営で選対本部長を務め、7月下旬にFBIの家宅捜索を受けました。ロシアゲートのド真ん中にいる人物と言っていいでしょう。

  ――ロシアが重用する選挙参謀を陣営に迎え入れた時点で怪しいですね。クリミア併合で欧米を中心とした対ロ経済制裁を発動され、米ロ関係は冷え切っている。ロシアが米大統領選に関与する目的は何なのでしょう。

  望ましい米ロ関係について、ロシアは短期目標と中長期目標を持っていると思います。短期目標はトランプ氏のもと、石油ビジネスでロシアと関わりが深いエクソンモービル元CEOのティラーソン国務長官が外交を担う。米国の制裁解除に道筋ができると期待したのでしょう。米国やEUなどによる対ロ制裁は3段階あり、ロシアが頭を抱えるのは14年7月に発動された第3段階制裁です。ロシア領域内の深海、北極海、シェール田における原油開発プロジェクトへの資金や技術供与を禁じた。ロシアが主力エネルギー源とする西シベリアはすでにピークアウト。狙い撃ちにされた新エネルギー源の採掘は、ロシア単独では資金面でも技術面でも難しく、解除させなければロシア経済はガタガタになります。

  ――国家の趨勢がかかる。

 状況はさらに悪化しています。今月、米国で成立した制裁強化法は大統領の一存による制裁解除を不可能にした。適用範囲も広がり、ロシア領域外の新規プロジェクトも、制裁対象法人などが33%以上出資する案件に米国企業は参画できません。ロシアには大打撃です。

 ――中長期目標も望み薄でしょうか。

 ロシアの狙いは相互不干渉でしょう。プーチン氏はロシアが勢力圏とみなす旧ソ連諸国に対する米国の民主化支援に不満を募らせている。親ロシアの権威主義的指導者が引きずり降ろされ、民主的体制に移行し、EUやNATOへ流れ込む。ロシア周辺の勢力圏が切り崩され、NATOが国境に迫る。それが侵略に映る。アラブの春の波及でリビアのカダフィ体制が崩壊し、シリアのアサド政権も倒れそうなのも同じ文脈です。選挙期間中のトランプ氏の発言を額面通りに受け取れば、民主的価値にも欧州防衛にも関心がない。都合のいい大統領になると踏んだのだと思います。

  ――ロシアは拡大しているのではなく、押し返しているだけだと?

 アチコチに介入するプーチン氏の戦略についてよく聞かれますが、彼らから見れば勢力圏への侵入者をモグラ叩きのように潰しているだけ。戦略はないと思います。アフガニスタンやリビアへの介入も弥縫策。ロシアは臆病で陰謀論的な世界観で物事を見ているんです。ロシアに拡張する国力はない。IMFの調査ではGDPは世界12位。豪州や韓国と同水準です。世界最大の領土を統治し、世界2位の核戦力を保持して楽なわけがない。中国のような札束外交はできない、ソ連時代のイデオロギー的優位性もない、ソフトパワーも乏しい。だからこそ、ロシア語を話す旧ソ連諸国は失いたくない勢力圏なのです。

四半世紀に及ぶプーチン体制が確実視(C)AP

       四半世紀に及ぶプーチン体制が確実視(C)AP

 ◆北朝鮮のミサイルエンジンは間違いなく旧ソ連由来

  ――北朝鮮危機をめぐっては、ICBM(大陸間弾道ミサイル)にウクライナ製ロケットエンジンが流用されたとされ、旧ソ連諸国との軍事的接点が注目されています。

 ロシアも旧ソ連諸国も国家として軍事援助はしていないでしょう。ロシアは北朝鮮が06年と09年に核実験を実施後、厳しい武器禁輸措置を取った。プーチン氏は00年にロシア指導者として初めて訪朝し、軍事技術協力協定を締結しましたが、わずかな武器売却で終わっている。北朝鮮がカネを払えないからです。旧ソ連諸国の対応も同様です。

  ――北朝鮮はウクライナの技術をどうやって入手したんでしょうか。

 エンジンが旧ソ連由来なのは明らかです。昨年8回行った発射実験でことごとく失敗した中距離弾道ミサイル「ムスダン」が積むエンジン「4D10」は、旧ソ連のイサーエフ設計局製のコピーあるいは改良型でしょう。成功を重ねる中距離弾道ミサイル「火星12」やICBM「火星14」のエンジン「RD250」は、ロシア企業「エネルゴマシュ」が設計し、ウクライナ企業「ユージュマシュ」が最終組み立てを手掛けた。企業関係者を抱き込んで技術資料を入手したり、技術者を招聘して製造したと考えられます。93年にモスクワでマケーエフ設計局のロケット技術者が北朝鮮に向けて大量出国しようとして拘束された事件があり、ユージュマシュにしても11年に北朝鮮通商代表部の職員が技術者に接触。治安当局に拘束され、スパイ容疑で12年に有罪判決を受けています。

 ――ロシアは中国と協調し、対北圧力に消極的です。

 北朝鮮が韓国に対して軍事的優位に立つことをロシアは望んでいません。北朝鮮の核武装は東アジアにおける米国の軍事プレゼンス強化を招きますから。緩衝地帯の北朝鮮は現状維持、弱いままが望ましい。もっとも、ミサイル防衛への反応は西側との関係悪化で接近している中国向けのリップサービスでしょう。韓国にTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)を配備されてもロシアの核抑止に影響はありません。

 ■対中接近で北方領土交渉に揺さぶり

  ――安倍政権は北方領土返還交渉の一環として共同経済活動を進めています。一方でロシアは北方領土で軍備拡張、色丹島を経済特区に指定した。プーチン氏の思惑は?

 ロシアにも日本同様に食い逃げ警戒論があるんです。領土問題の解決で経済協力がストップするのを恐れている。極東経済はとりわけ悪いので、日本の協力を切実に欲している。ロシアのベストは返還なしの経済協力。だから、実効支配を最大限に生かして日本を揺さぶる。安倍政権の接近は対中牽制だと見抜いています。ロシアが中国に近づくそぶりを見せるだけで日本が焦ると分かっている。ロシアの海空軍が尖閣諸島周辺をうろつくのもそのためです。

 ――実際、動揺が走ります。

 よく精査すべきです。北方領土に地対艦ミサイルを配備していますが、黒海から北極海を抜けて極東に至るすべての沿岸部で同様のミサイル防衛網を築いている。軍事的要請による行動です。過剰反応はロシアの思うツボ。ただ、6月にプーチン氏は在韓米軍のTHAAD配備に言及し、米国のミサイル防衛網拡大の対抗措置として「北方領土は極めて便利な場所だ」と言い始めた。地対艦ミサイルに交渉価値を見いだしています。

  ――安倍首相は「われわれの世代で終止符を」と力んでいます。

 昨年の来日前、プーチン氏は日本メディアの取材に「中国との国境問題解決に40年かかった」という趣旨の発言をした。そこから中ロは戦略的パートナーシップを強め、上海協力機構(SCO)に発展させた。時間もレベルも君たち日本とは全然違う、というメッセージです。「経済協力は雰囲気づくりだ」とも言っている。日ソ共同宣言は4島引き渡しには言及しているが、主権や形態について触れていないと屁理屈もこねていますし、厳しいでしょう。 (聞き手=本紙・坂本千晶)

 ▽こいずみ・ゆう 

 1982年、千葉県出身。早大社会科学部卒、早大大学院政治学研究科修了。政治学修士。民間企業勤務後、外務省専門分析員やロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO RAN)の客員研究員などを経て、公益財団法人未来工学研究所の特別研究員。著書に「軍事大国ロシア」「プーチンの国家戦略」など。

  元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月04日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【国連】:4日に安保理緊急会合 北朝鮮核実験強く非難へ

2017-09-04 07:09:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【国連】:4日に安保理緊急会合 北朝鮮核実験強く非難へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【国連】:4日に安保理緊急会合 北朝鮮核実験強く非難へ

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会は3日、緊急会合を4日午前10時(日本時間同日午後11時)に開催することを決めた。北朝鮮の核問題で安保理会合の開催を要請することが多い日米韓の3カ国に英国とフランスも加わり、5カ国で異例の公開会合の開催を要請した。米国連代表部が明らかにした。

 ニューヨークの国連本部(AP=共同)

         ニューヨークの国連本部(AP=共同)

 日米などは公開会合の場で、北朝鮮の核・ミサイル開発をやめさせるためには、新たな制裁決議などさらなる圧力が必要だと訴える狙いがある。安保理は、核実験がこれまでの制裁決議に明確に違反するとして、強く非難する声明の発表を検討する見通し。

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 国際 【北米・国連・アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  07:09:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声、2年連続6回目

2017-09-04 07:01:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声、2年連続6回目

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声、2年連続6回目 

 【ソウル=境田未緒】朝鮮中央テレビによると、北朝鮮の核兵器研究所は三日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に装着する水素爆弾の実験を三日正午(日本時間同午後零時半)に行い、「完全に成功した」と発表した。北朝鮮の核実験は六回目で、金正恩(キムジョンウン)政権下では昨年九月に続き四回目。爆発規模は過去最大とみられる。先月二十九日には日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、国連安全保障理事会が北朝鮮を強く非難する議長声明を全会一致で採択したばかり。北朝鮮は、国際社会の警告を無視して実験を強行した。

写真

 韓国軍などは、三日午後零時二十九分に核実験施設のある北朝鮮の咸鏡北道豊渓里(ハムギョンプクドプンゲリ)で人工地震が発生したとしており、韓国の気象庁によると、マグニチュード(M)は推定5・7。前回核実験の際の5・0に比べエネルギーは五~六倍の大きさになるという。

 水素の同位体やリチウムを核融合させる水爆は、ウランやプルトニウムの核分裂による原爆よりはるかに大きな爆発力があり、開発には技術力が必要。北朝鮮は四回目の核実験実施時に「水爆実験を成功させた」と主張したが、爆発規模が小さかったため米韓などで懐疑的な見方が多かった。今回の実験を巡っても関係国が解析を急いでいる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は三日、核実験に先立って、電子機器をまひさせる電磁パルス(EMP)攻撃の可能な多機能弾頭を開発したと報じていた。

 豊渓里の核実験施設で核実験の準備が完了したとの観測が流れていたうえ、先月末に米韓定例合同指揮所演習が終了したため、北朝鮮が今月九日の建国記念日を前に新たな挑発行為を行うのではないかと、日米韓などは警戒を強めていた。

 ◆米朝駆け引き危険水域

 核・弾道ミサイル問題を巡り米国と危うい駆け引きを繰り広げる北朝鮮が、六度目の核実験を行った。七月に二度、大陸間弾道ミサイルを発射して二カ月もたたないうちの超強硬措置。軍事的手段も排除しない姿勢を示す米国の激しい怒りを招くのは必至だ。北東アジアの安全保障は、かつてなく危機の度合いを高めている。

 北朝鮮は発足五年余りの金正恩政権の下で、核実験を四回実施した。この二年間では三回と、異例に速いペース。核兵器の小型化を推進し、国際社会からの孤立をものともせず、発射実験も繰り返す。八月には日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、その威力を誇示してみせた。

 北朝鮮には、三十代前半の若い独裁者に、暴走の自制を忠告できる人物はいない。粛清を恐れ、正恩氏に追従するばかりだ。北朝鮮メディアは「核兵器を思い通りに生産できるようになった」と、大量破壊兵器をもてあそぶ正恩氏の歓喜を伝える。

 これに対し「全ての選択肢が卓上にある」と述べ、予測不能な側面もあるトランプ米大統領の出方も、われわれの不安を増幅させる。米朝双方が互いの対応を見誤って、不測の事態を引き起こす可能性さえ、現実味を帯びつつある。 (中国総局・城内康伸)

 ◆「今までない圧力を」日米首脳 石油禁輸も視野

 安倍晋三首相は三日夜、北朝鮮の六回目の核実験を受け、トランプ米大統領と電話協議した。両首脳は国際社会が北朝鮮に対し「これまでにない強い圧力」をかけなければならないとの認識で一致した。首相が記者団に明らかにした。

 日米首脳は「北朝鮮の暴挙を見過ごすことはできない」と確認。圧力強化策として国連安全保障理事会での石油禁輸を含む追加制裁決議採択を目指している。

 首相は続いてロシアのプーチン大統領と電話で協議し、安保理の追加制裁決議採択に協力を要請した。首相は協議後、「北朝鮮による暴挙が深刻な脅威であるとの現状認識を完全に共有した」と記者団に語った。

 首相はこれに先立つ三日夕、北朝鮮の核実験は「断じて容認できない」と記者団に表明。国際圧力強化に向け、中ロ両国への働きかけを強める考えを示した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は臨時の記者会見で、追加制裁決議について「原油・石油製品の取引規制も選択肢になる」と明言した。(東京新聞)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  07:01:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【民進党】:幹事長に山尾氏 代表代行は枝野、大島氏

2017-09-04 06:15:55 | 政党・地域政党・政治団体他

【民進党】:幹事長に山尾氏 代表代行は枝野、大島氏

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【民進党】:幹事長に山尾氏 代表代行は枝野、大島氏

 民進党の前原誠司代表は三日、新執行部人事に関し、幹事長に山尾志桜里前政調会長(43)の起用を内定した。代表代行は二人体制とし、代表選を争った枝野幸男元官房長官(53)と、前原陣営の選対本部長を務めた大島敦元総務副大臣(60)を充てる。関係者が明らかにした。当選二回の山尾氏を抜てきして清新さのアピールを狙うとともに、代表選後の党内結束に配慮した。

山尾志桜里氏

写真

 政調会長には階猛元政調会長代理(50)、国対委員長には松野頼久元官房副長官(56)、選対委員長には長妻昭元厚生労働相(57)をそれぞれ起用する。前原氏は五日に両院議員総会を開き、こうした主要人事を正式決定する方針だ。

 山尾氏は衆院愛知7区選出。検事出身で論戦力に定評がある。前原氏のグループに所属しており、昨年三月の民進党結党時に当時の岡田克也代表から政調会長に起用された。子どもが保育園に入れないと憤った匿名ブログを国会で取り上げ、安倍政権を厳しく追及し、知名度を上げた。

 枝野氏と長妻氏は党内でリベラル系として知られ、代表選で長妻氏は枝野陣営の選対本部長を務めた。長妻氏は「消えた年金」問題を追及し、民主党政権樹立の原動力になったことで知られる。両氏を要職に配置し保守とリベラルの党内バランスを重視した格好だ。

 大島氏は大畠章宏元国土交通相のグループに所属し、昨年と今年の代表選で前原陣営の選対本部長を務めた。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・民進党】  2017年09月04日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声明、2年連続6回目

2017-09-04 06:15:52 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声明、2年連続6回目

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:最大核実験 「水爆 ICBM用」成功声明、2年連続6回目

 【ソウル=境田未緒】朝鮮中央テレビによると、北朝鮮の核兵器研究所は三日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に装着する水素爆弾の実験を三日正午(日本時間同午後零時半)に行い、「完全に成功した」と発表した。北朝鮮の核実験は六回目で、金正恩(キムジョンウン)政権下では昨年九月に続き四回目。爆発規模は過去最大とみられる。先月二十九日には日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、国連安全保障理事会が北朝鮮を強く非難する議長声明を全会一致で採択したばかり。北朝鮮は、国際社会の警告を無視して実験を強行した。

写真

 韓国軍などは、三日午後零時二十九分に核実験施設のある北朝鮮の咸鏡北道豊渓里(ハムギョンプクドプンゲリ)で人工地震が発生したとしており、韓国の気象庁によると、マグニチュード(M)は推定5・7。前回核実験の際の5・0に比べエネルギーは五~六倍の大きさになるという。

 水素の同位体やリチウムを核融合させる水爆は、ウランやプルトニウムの核分裂による原爆よりはるかに大きな爆発力があり、開発には技術力が必要。北朝鮮は四回目の核実験実施時に「水爆実験を成功させた」と主張したが、爆発規模が小さかったため米韓などで懐疑的な見方が多かった。今回の実験を巡っても関係国が解析を急いでいる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は三日、核実験に先立って、電子機器をまひさせる電磁パルス(EMP)攻撃の可能な多機能弾頭を開発したと報じていた。

 豊渓里の核実験施設で核実験の準備が完了したとの観測が流れていたうえ、先月末に米韓定例合同指揮所演習が終了したため、北朝鮮が今月九日の建国記念日を前に新たな挑発行為を行うのではないかと、日米韓などは警戒を強めていた。

写真

 ◆米朝駆け引き危険水域

 核・弾道ミサイル問題を巡り米国と危うい駆け引きを繰り広げる北朝鮮が、六度目の核実験を行った。七月に二度、大陸間弾道ミサイルを発射して二カ月もたたないうちの超強硬措置。軍事的手段も排除しない姿勢を示す米国の激しい怒りを招くのは必至だ。北東アジアの安全保障は、かつてなく危機の度合いを高めている。

 北朝鮮は発足五年余りの金正恩政権の下で、核実験を四回実施した。この二年間では三回と、異例に速いペース。核兵器の小型化を推進し、国際社会からの孤立をものともせず、発射実験も繰り返す。八月には日本上空を通過する弾道ミサイルを発射し、その威力を誇示してみせた。

 北朝鮮には、三十代前半の若い独裁者に、暴走の自制を忠告できる人物はいない。粛清を恐れ、正恩氏に追従するばかりだ。北朝鮮メディアは「核兵器を思い通りに生産できるようになった」と、大量破壊兵器をもてあそぶ正恩氏の歓喜を伝える。

 これに対し「全ての選択肢が卓上にある」と述べ、予測不能な側面もあるトランプ米大統領の出方も、われわれの不安を増幅させる。米朝双方が互いの対応を見誤って、不測の事態を引き起こす可能性さえ、現実味を帯びつつある。 (中国総局・城内康伸)

 ◆「今までない圧力を」日米首脳 石油禁輸も視野

 安倍晋三首相は三日夜、北朝鮮の六回目の核実験を受け、トランプ米大統領と電話協議した。両首脳は国際社会が北朝鮮に対し「これまでにない強い圧力」をかけなければならないとの認識で一致した。首相が記者団に明らかにした。

 日米首脳は「北朝鮮の暴挙を見過ごすことはできない」と確認。圧力強化策として国連安全保障理事会での石油禁輸を含む追加制裁決議採択を目指している。

 首相は続いてロシアのプーチン大統領と電話で協議し、安保理の追加制裁決議採択に協力を要請した。首相は協議後、「北朝鮮による暴挙が深刻な脅威であるとの現状認識を完全に共有した」と記者団に語った。

 首相はこれに先立つ三日夕、北朝鮮の核実験は「断じて容認できない」と記者団に表明。国際圧力強化に向け、中ロ両国への働きかけを強める考えを示した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は臨時の記者会見で、追加制裁決議について「原油・石油製品の取引規制も選択肢になる」と明言した。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  06:15:00   これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:核技術 急速に進歩、「電磁波攻撃も可能」

2017-09-04 06:15:49 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:核技術 急速に進歩、「電磁波攻撃も可能」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:核技術 急速に進歩、「電磁波攻撃も可能」

 北朝鮮が水爆と主張する核実験は昨年一月以来、二回目。急速に技術の進歩を遂げており、最大で原爆の三千倍以上の威力があるとされる水爆の再実験を経て、最終目標の米本土に到達する核・ミサイルの完成にまた一歩、近づいた。

写真

 史上最大とされる旧ソ連の水爆実験の爆発威力は、広島に投下された原爆の三千倍以上。韓国気象庁は今回の威力が、北朝鮮による過去最大の核実験とされた昨年九月の十キロトン(TNT火薬換算)を大幅に上回る五十キロトン(同)程度と推定する。小野寺五典(いつのり)防衛相は「七十キロトンになると考えられる」と述べた。朝鮮中央通信は「攻撃対象によって、威力を数十キロトン級から数百キロトン級まで任意に調整できる」と誇示した。

 日米韓の分析では、北朝鮮はプルトニウム型、ウラン型を合わせて十数個の核爆弾を保有する。韓国国防省は、さらに八個以上の核爆弾を製造可能な兵器用プルトニウム約五十キロを保有していると推計。また韓国専門家の間では、北朝鮮が既に弾道ミサイルに搭載可能な核弾頭の小型化を達成したとの指摘もある。

 見逃せないのは、朝鮮中央通信が三日、今回の「水爆」について「高い空で爆発させ、広い地域に超強力なEMP(電磁パルス)攻撃さえ加えられる弾頭」と明らかにしたことだ。

 EMP攻撃は、強烈な核爆発で電磁パルスを発生させ、コンピューターなどの情報・通信機器を機能不全に陥れて、都市のインフラ機能やレーダーなどの防衛網を混乱させる。北朝鮮による開発の可能性はこれまでも指摘されていたが、同国メディアが言及したのは今回が初めてだ。

 日米韓は、弾道ミサイルを米本土まで飛ばせる高出力のエンジン開発には成功したと分析。大気圏再突入の技術の確立には「少なくとも一~二年かかる」(韓国国防省次官)との分析が有力だが、時間的問題にすぎない。 (北京・城内康伸、ソウル・上野実輝彦)

 ◆電磁波攻撃技術 ロシアから流出か

 朝鮮中央通信が三日、新たに開発したと報じた多機能弾頭によって可能とされる電磁パルス(EMP)攻撃は約二十年前から米国で、北朝鮮による甚大な脅威として警戒されてきた。

 二〇〇四年には、米議会が設置したEMP攻撃に関する委員会に対し、ロシア軍高官二人が、ロシアのEMP兵器の技術が予期せぬ方法で北朝鮮へ流出したと証言。

 翌年の米上院公聴会などで「米社会に破滅的な結末をもたらしかねない数少ない脅威の一つ」として、対策が話し合われていた。

 EMPの脅威については既に、米国が一九四五年に世界で初めて核実験を行った当時から、想定されていたとされる。

 兵器として使用された場合は、高高度での核爆発により大気中に電磁波が発生し、大規模停電などにより広範囲で都市機能が破壊される恐れがある。

 このため米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮専門サイト「38ノース」も今年六月に、北朝鮮によるEMP攻撃の可能性をあらためて警告するリポートを発表している。 (嶋田昭浩)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  06:15:00   これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【米国】:国際社会 強い非難、軍事行動検討へ本腰

2017-09-04 06:15:46 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【米国】:国際社会 強い非難、軍事行動検討へ本腰

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【米国】:国際社会 強い非難、軍事行動検討へ本腰

 米国のトランプ政権は、北朝鮮が三日に強行した六回目の核実験を受け、軍事的な選択肢の検討を本格化させる構えだ。ただ軍事行動に踏み切れば北朝鮮の反撃を招き、同盟国の日本や韓国に多大な被害が及びかねない。 (ワシントン・後藤孝好、石川智規)

 「米国にとって非常に敵対的で危険だ。北朝鮮はならず者国家で、中国にとって重大な脅威でやっかいなものになった」。トランプ米大統領は三日、ツイッターで怒りをにじませた。

 トランプ氏は「あらゆる選択肢を排除しない」と、これまで軍事行動もいとわない方針を表明してきた。

 今後、米軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港とする原子力空母「ロナルド・レーガン」やB1戦略爆撃機を朝鮮半島周辺に派遣し、陸軍部隊を韓国に展開することが想定される。八月の米韓演習も、先制攻撃を含むとされる「作戦計画5015」に基づいて実施された。

 選択肢の一つは、ミサイル発射場や核施設に絞った限定攻撃で、近海に展開する駆逐艦から巡航ミサイル「トマホーク」を撃ち込み、戦略爆撃機B1からの空爆で軍事拠点のみ破壊。米専門家は地下の核施設に「バンカーバスター(地中貫通弾)」など超強力兵器を使う可能性も指摘する。

 報復や反撃の被害を最小限に抑えるため、あらゆる軍事施設を一斉攻撃する選択肢もある。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長ら北朝鮮要人を暗殺する秘密作戦もささやかれる。

 一方、経済制裁で締め上げる「平和的な圧力」(ティラーソン国務長官)により、核・ミサイル開発の断念に追い込もうとしてきた米政権で、マティス国防長官は「何であれ戦争は悲劇をもたらす」と指摘。実際、軍事対応に頼るのではなく、北朝鮮側が求めてきた「核保有国」としての地位を認めたうえで、使用禁止などを交渉すべきだとする意見が出始めている。

 ◆日本外交手詰まり感

 日本政府が北朝鮮に対する圧力強化に向け国際包囲網づくりを進める中、六度目の核実験が行われた。日本は引き続き制裁強化を目指すが、国際社会の警告を無視し続ける北朝鮮を止める有効策になるかどうかは見通せず、日本外交に手詰まり感が募りつつある。

 安倍晋三首相は三日朝と夜、北朝鮮の核実験の前後にトランプ米大統領と電話で二回協議し、北朝鮮に対する圧力強化を確認した。両氏の電話協議は、八月二十九日に北朝鮮の弾道ミサイルが北海道上空を通過してから計四回に上る。異例のペースは日米同盟の強固さを誇示し、北朝鮮に政策転換を促す狙いがある。

 首相は三日夜、トランプ氏に続きロシアのプーチン大統領と電話協議。二十九日以降、外国首脳との電話協議は、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領、オーストラリアのターンブル首相とも行った。来日したメイ英首相とも意見交換した。河野太郎外相もこの間、中国、ロシア、韓国の外相と電話協議した。

 こうした外交努力は、国連安全保障理事会の制裁強化決議に向けた協議を加速させるためだ。安保理決議による制裁は二〇〇六年以降、段階的に強化され、日米両国などは独自の制裁も重ねている。

 だが北朝鮮が屈する気配はない。背景には制裁の抜け穴となっている国の存在が指摘される。その間、北朝鮮は弾道ミサイル発射を繰り返し核弾頭小型化の技術も獲得しつつあるとみられる。首相は三日発表の声明で「重大かつ差し迫った新たな段階の脅威だ」と危機感を示した。 (篠ケ瀬祐司)

  元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【北米・トランプ政権、アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  06:15:00   これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:核実験実施に 対話も模索する中ロ

2017-09-04 06:15:43 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:核実験実施に 対話も模索する中ロ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:核実験実施に 対話も模索する中ロ

 北朝鮮の核実験実施に対し、後ろ盾である中国とロシアの対応が注目されるなか、三日に中国福建省アモイで会談した中ロ首脳は、朝鮮半島の非核化の目標を堅持し、新たな状況に対応するため緊密に連携していくことで一致した。中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席とロシアのプーチン大統領の会談内容として新華社電が伝えた。

 会談に先立ち中ロ両国の外務省はそれぞれ、北朝鮮の核実験を厳しく非難する一方、関係国に自制と対話を促す声明を発表。両首脳はこうした方針に沿った連携を確認したとみられる。

 中国外務省は声明で、北朝鮮の核実験に対し「断固たる反対と強い非難を表明する」とし、「国際社会の反対を顧みず、また核実験を実施した」と批判。「朝鮮半島の非核化へ向けた国際社会の固い意志を北朝鮮が正視し、情勢を悪化させる誤った行動を停止し、対話による解決の軌道に戻る」よう強く求めた。

 一方、ロイター通信などによると、ロシア外務省も核実験について「国連安全保障理事会の決議や国際法を軽蔑するものであり、最大限の非難に値する」との声明を発表。

 そのうえで、関係国による対話こそが朝鮮半島情勢を解決する唯一の道だと呼び掛けた。(北京・安藤淳)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【ロシア・アジア・中国、朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  06:15:00   これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北方領土】:日ロ共同経済活動 ロシア法が前提

2017-09-04 06:15:40 | 【外交・ロシア・天然資源・北方領土問題】

【北方領土】:日ロ共同経済活動 ロシア法が前提

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北方領土】:日ロ共同経済活動 ロシア法が前提

 ロシア極東ウラジオストクで七日に日ロ首脳会談が行われるのを前に、テーマとなる北方領土での共同経済活動協議に関するロシアの事務方トップ、モルグロフ外務次官=写真、ロシア外務省提供=が本紙の書面インタビューに答えた。共同経済活動実現に向け、課題となる法的基盤整備について「(北方領土で)ロシア法が完全に有効な現実がある。そこに矛盾してはいけない」と、ロシアの法律を前提に議論を進める姿勢を示した。 (モスクワ支局・栗田晃)

写真

 日本側はロシアの法律の下では北方領土でのロシアの主権を認めることになるため、双方の法的立場を害さない「特別な制度」創設を求めている。共同経済活動の事業案は八月の日ロ外務次官級協議で詰め、首脳会談で協議するとした上で、法的基盤整備は「具体的な事業が定められた後になる」との見解を示した。

 共同経済活動と平和条約締結交渉の関連には「経済協力の強化や共同事業の経験は両国の友好を最大限に高め、平和条約への一歩になる」と説明。一方で平和条約の前提として「第二次大戦の結果を日本が徹底的に受け入れることだ」と、従来通り北方領土のロシア帰属を認めるよう日本側に求めた。

 メドベージェフ首相が八月末、北方領土を経済特区に指定する文書に署名。日本側には共同経済活動との両立や第三国の参入を懸念する声があるが、モルグロフ氏は「特区の目的はビジネスに良好な雰囲気をもたらすこと。ロシア企業家の投資活動を刺激することが当面の狙いだ」と述べた。

 ◆インタビュー要旨

 モルグロフ外務次官の書面インタビューの要旨は以下の通り。

 【共同経済活動の協議進展】交渉に全体的に満足している。段階的なロードマップを含む昨年十二月の日ロ首脳声明を基盤に、相互に利益があり、実用かつ商業的な側面の検討に主な焦点を置いている。

 八月のモスクワでの日ロ外務次官協議では、パイロット(先行)事業の最も早期の開始に対する具体的な話し合いがあった。事業の範囲を決めて日ロ首脳会談で両首脳に報告する。

 【共同経済活動の法的基盤整備】具体的な事業が定められた後で法的基盤も含む条件が検討されると想定している。両国企業のために最も良好な条件をつくり出すことが最重要な課題だ。

 もちろん条件は両国が受け入れられるものになるべきだ。クリール諸島(北方領土と千島列島)でロシアの法律が完全に有効だという現実がある。いかなる将来の合意もロシアの法律と矛盾してはいけない。

 【平和条約】平和条約問題でロシアの姿勢に変わりはない。日本側が第二次大戦の結果を認めるよう徹底的に努力することだ。経済協力の強化、成功した共同事業の経験は二国間の信頼、友好と善隣の雰囲気を最大限に高め、平和条約への道の一歩になると確信している。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【欧州・ロシア・北方領土】  2017年09月04日  06:15:00   これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【米国】:ハリケーン、被害20兆円規模も テキサス州知事が説明

2017-09-04 06:03:30 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り

【米国】:ハリケーン、被害20兆円規模も テキサス州知事が説明

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【米国】:ハリケーン、被害20兆円規模も テキサス州知事が説明

 【ワシントン共同】大型ハリケーン「ハービー」が直撃した米南部テキサス州のアボット知事は3日、被害総額が最大1800億ドル(約20兆円)に達する可能性があると述べ、米史上最悪の自然災害の一つとされる2005年のハリケーン「カトリーナ」を超えるとの見通しを示した。

 大型ハリケーン「ハービー」で被災した家の内部=3日、テキサス州スプリング(AP=共同)

 大型ハリケーン「ハービー」で被災した家の内部=3日、テキサス州スプリング(AP=共同)

 CNNテレビの番組で語った。ロイター通信によると、ハービーによる死者は3日までに47人、家を追われた人は約100万人。今後も被害は増えるとみられる。

 トランプ政権は、被災地支援に当面必要な78億5千万ドルの予算を議会に要請。アボット氏は最終的な被害額は1500億~1800億ドルに上ると説明した。

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 国際 【北米・災害・大型ハリケーン「ハービー」が直撃した米南部テキサス州】  2017年09月04日  06:03:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【トランプ大統領】:北朝鮮取引国と貿易停止も、制裁強化方針

2017-09-04 05:32:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【トランプ大統領】:北朝鮮取引国と貿易停止も、制裁強化方針

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【トランプ大統領】:北朝鮮取引国と貿易停止も、制裁強化方針

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行したことを受けて、「北朝鮮とビジネスをする全ての国との貿易停止を検討している」と自身のツイッターに書き込んだ。北朝鮮を国際的な孤立に追い込むため、経済制裁を一層強化する意向を表明した。

 トランプ米大統領=3日、ワシントン(UPI=共同)

 トランプ米大統領=3日、ワシントン(UPI=共同)

 北朝鮮との取引や労働者受け入れなどを行う国に対し厳格な姿勢で臨む方針を改めて示したもので、中国やロシアなどを念頭に置いているもようだ。国連安全保障理事会での強力な制裁決議採択に向け中ロに圧力をかける狙いもある。安保理は4日午前(日本時間同日夜)に緊急会合を開催する方向で調整に入った。

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 国際 【北米・トランプ政権・アジア・朝鮮半島・北朝鮮、核実験】  2017年09月04日  05:32:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加