乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:<夢で会うふるさとの人みな若く>。風天の俳優、渥美清さん。

2017-11-18 06:10:20 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【筆洗】:<夢で会うふるさとの人みな若く>。俳号・風天の俳優、渥美清さん。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:<夢で会うふるさとの人みな若く>。俳号・風天の俳優、渥美清さん。

 バス停でごろ寝する旅路の寅さんがそのまま詠みそうな句である▼<みな若く>なのは、家族や友が若く元気だったころへの郷愁か。夢から目が覚めた時、懐かしき「再会」にほほ笑みながらちょっと涙ぐんでいる寅さんの顔が浮かんでくる▼自分と一つ違いのその人が、少女だったころの写真を見る。この人はどんな<ふるさとの人>の夢を見ているのだろうか。そう想像すれば、胸が痛い。横田めぐみさんである。一九七七(昭和五十二)年十一月十五日、北朝鮮に拉致されてから、四十年となった。夢でしか会えない、ふるさとの人の顔が時間の経過とともに薄くなっていないことを祈るしかない▼めぐみさんの帰りを待つ、ご両親はどんなめぐみさんの夢を見ているか。残念ながら、夢の中のめぐみさんは少女のままで年を取っていないかもしれぬ。それは幸せの若さではなく、残酷な若さである▼連れ去られた十三歳のまま。ジュリーやピンクレディーの曲が街角に流れていた、あの年からずっと時間が止まっている。何もなければ語らい、ほほ笑み合うはずだった親子の四十年が奪われ、なおも奪われ続けようとしている▼「めぐみちゃんとわかる間に一時間でもいいから会いたい」。母親の早紀江さんの記者会見の言葉。会わせたい。一刻も早く。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年11月16日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【産経抄】:拉致問題を動かすテコとなるだろうか。

2017-11-18 05:03:45 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【産経抄】:拉致問題を動かすテコとなるだろうか。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【産経抄】:拉致問題を動かすテコとなるだろうか。

 米国は来週初めにも、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかの決定を発表する。指定国への経済援助は禁止され、金融制裁などが科されるため、国際金融機関から北への融資も滞る。ただでさえ、国連安全保障理事会や各国独自の制裁を受けている北は、いよいよ窮地に陥る。

 ▼平成14年9月の小泉純一郎首相による初訪朝時に、金正日総書記が拉致を認めたときは、テロ支援国家指定が継続中だった。この年1月、ブッシュ米大統領が北を「悪の枢軸」と呼び、武力行使の標的候補の一つに特定していた。

 ▼今回、北が再指定されれば、状況は15年前と似てくる。圧力にあえぎ、追い詰められた北が、再び日本との関係改善に活路を求めてくる可能性もあるだろう。その意味でも、トランプ米大統領が今月6日、拉致被害者家族らと膝詰めで面会した事実は大きい。

 ▼「金正恩朝鮮労働党委員長がもし拉致被害者を返すとなったら、多くの特別なことの始まりになる」。トランプ氏は同日の安倍晋三首相との共同記者会見で、こう示唆した。金体制が自ら拉致被害者を返したら、「大変に大きなシグナル」だとも強調している。

 ▼トランプ氏は安倍首相と何度も北問題にどう対応するか協議しており、その中には当然、拉致問題も含まれる。それを踏まえた上でのこの発言は、八方ふさがり状態にある北にとり、状況打開の大きなヒントになったのではないか。

 ▼もちろん、現在の北情勢は予断を許さず、事態を楽観はできない。ただ、わずか13歳だった横田めぐみさんが拉致されて40年がたつ不条理と、肉親の苦悩を思うと、一刻も早い問題解決を祈るのみである。日本外交の底力を見せてほしい。

 元稿:産経新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム  【産経抄】  2017年11月18日  05:04:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【主張】:拉致40年 母の悲痛な思いに応えよ

2017-11-18 05:03:10 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【主張】:拉致40年 母の悲痛な思いに応えよ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【主張】:拉致40年 母の悲痛な思いに応えよ

 新潟の中学1年生、13歳だった横田めぐみさんは、クラブ活動を終えての下校途中、工作員に拉致され、北朝鮮に連れ去られた。昭和52年11月15日のことだった。あれから、40年がたつ。

 両親は長く悲しく怒りの日々を送ってきた。14日は父、滋さんの85歳の誕生日でもあった。40年前の拉致前日も、家族で父の誕生日を祝っていた。誰もその後の悲痛な歳月を想像することなどできなかった。

 拉致被害者横田めぐみさんの写真展を訪れ、記者の質問に答える母の早紀江さん=7日午前、東京・新宿駅「メトロプロムナード」

  拉致被害者横田めぐみさんの写真展を訪れ、記者の質問に答える母の早紀江さん=7日午前、東京・新宿駅「メトロプロムナード」

 母の早紀江さんは本紙に連載中の「めぐみへの手紙」に14日、こう記していた。「拉致を解決できないのは国の恥です」

 国には、この母の思いに応える責務がある。何が何でも被害者を取り戻さなくてはならない。

 平成14年、当時の小泉純一郎首相が訪朝し、金正日国防委員長が初めて日本人の拉致を認めて謝罪した。蓮池薫さんら5人の拉致被害者が帰国したが、めぐみさんら8人は一方的に「死亡」と伝えられた。早紀江さんらは信じなかった。送りつけられた「遺骨」は鑑定の結果、別人のものだった。あれから、15年がたつ。

 26年にはストックホルム合意で北朝鮮は拉致被害者らの再調査を約束したが、あれから3年を過ぎても事態は何ら進展していない。その都度、家族らは失望、絶望の淵に追い込まれてきた。

 いずれも、例えようのない残酷な年月である。

 めぐみさんの両親のみならず、肉親の帰りを待つ家族の高齢化が進んでいる。拉致被害者自身も同様である。

 北朝鮮をめぐる情勢は緊迫している。核実験、ミサイル発射を繰り返して国際社会を恫喝(どうかつ)し、緊張を高めている。

 北朝鮮に対する最大限の圧力強化を求めてアジア各国を歴訪したトランプ米大統領は、最初の訪問国日本で早紀江さんら拉致被害者の家族と面会し、「安倍晋三首相とともに、母国に戻れるよう尽力したい」と述べた。

 米大統領の理解と援護は心強くありがたいが、これをどう拉致問題の解決に結びつけるかは、日本政府の取り組みにかかっている。拉致被害者全員の帰国を実現するには、日本自身が主体的に動くほかない。

 拉致問題の解決なしには国の未来を描けないのだと、北朝鮮に分からせなくてはならない。

 元稿:産経新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム  【主張】  2017年11月15日 05:03:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【主張】:日米の北包囲網 変わらぬ危機に向き合え

2017-11-18 05:03:05 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【主張】:日米の北包囲網 変わらぬ危機に向き合え

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【主張】:日米の北包囲網 変わらぬ危機に向き合え

 東アジア、東南アジアを舞台にした一連の首脳会合が終了した。主役は10日間にわたりアジアを歴訪したトランプ米大統領である。

 安倍晋三首相との連携により、北朝鮮への圧力の継続について理解と支持は広がった。

 だが、違法かつ無謀な核・ミサイル開発を阻止する効果的な手立てを見いだしたわけではない。危機的状況に変わりがないことを、直視しなければならない。

安倍首相(左)と、トランプ大統領

               安倍首相(左)と、トランプ大統領

 北朝鮮に核・ミサイル戦力の放棄を迫るための国際環境の整備が、トランプ氏と安倍首相の最も重要な仕事だった。

 北朝鮮は過去、対話の試みを時間稼ぎに利用して核開発を進めてきた。両首脳がこのことを重ねて説き、「対話より圧力」と訴えたのは極めて妥当といえる。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の関連会合では、北朝鮮の化学兵器も議論の対象となった。今年2月、マレーシアの空港で起きた金正男氏暗殺事件で、猛毒の神経剤VXが使われたことを受けてのことである。

 事件は、北朝鮮の脅威が東南アジアにも及んでいることを示している。ASEAN各国は、国連安全保障理事会の制裁決議を厳格に履行するなど、対北圧力の一端を担う必要がある。

 トランプ氏は軍事力行使が選択肢の一つであることを繰り返し明言した。米軍は日本海で空母3隻による演習を実施した。

 問題は、中国がトランプ氏を迎えてなお、対話による解決という従来の立場に固執し、圧力の強化とは逆行する姿勢を示したことだ。ロシアも中露首脳会談などで同様の立場を確認している。

 もう一つの懸念は、韓国の文在寅政権がいまだに北朝鮮に対して融和的な姿勢を見せていることである。米韓首脳会談で「最大限の圧力」を確認したとはいえ、「事前同意なしの軍事行動はない」という発言もみられる。

 北朝鮮は9月中旬から核実験、ミサイル発射を行っていない。対話を模索している可能性も指摘されるが、意図は不明だ。さらなる圧力で非核化を図るため、米国はテロ支援国家への再指定を急いでもらいたい。

 日本は外交努力を尽くす一方、有事への備えも欠かせない。在韓邦人保護、武装難民への対処など現実の課題に向き合うときだ。

 元稿:産経新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム  【主張】  2017年11月15日 05:02:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【トランプ大統領】:気まぐれか 「金正恩と友達に」ツイートの真意

2017-11-15 07:16:00 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【トランプ大統領】:気まぐれか 「金正恩と友達に」ツイートの真意

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【トランプ大統領】:気まぐれか 「金正恩と友達に」ツイートの真意

 「彼(金正恩)と友達になるため努力しよう。いつか実現するだろう!」

 アジアを歴訪中のトランプ米大統領が12日に、滞在先のベトナムで、ツイッター上にこうつぶやいたことで関心が寄せられている。

 ベトナム首相との共同記者会見で“つぶやき”の真意を問われたトランプは「人生では奇妙なことが起こる。もし実現すれば、北朝鮮にとっても世界にとっても良いことだ」と答えたという。

トモダチになる?(C)AP

             トモダチになる?(C)AP

 発言を真に受ければ米朝間の緊張緩和・対話路線を示唆したことになる。この「友達宣言」を一概に否定できないのは、米朝間で緊張緩和の兆しがあるからだ。

 「先月、米国のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表は、北朝鮮が核・ミサイル実験を『60日間行わないこと』を条件に米朝対話に応じる姿勢を見せました。事実、北朝鮮は最後のミサイル発射(9月15日)から今日で60日目。対話に向けた動きが急浮上するかもしれません。さらに、トランプ大統領は、北朝鮮を挑発し、危機をあおる必要がなくなった可能性があります。トランプ大統領は日中韓を訪問した際に、各国と軍備などについて数十兆円の『商談』をまとめている。『(金正恩と)友人になる』という発言は、危機をあおって武器を押し売りする『北危機ビジネス』が一段落したということかもしれません」(外交事情通)

 最新号の「週刊現代」(11月25日号)によると、来日したトランプ大統領は5日、安倍首相に「米朝開戦は来年の夏になる」と告げたとされている。やはり、戦争の危機は当面回避されるのか――。国際ジャーナリストの堀田佳男氏が「あくまで推測ですが」と前置きして、こう続ける。

 「ロシアや国連ルートを通じて北朝鮮から対話の打診があったとすれば、『友達になる努力をしよう』と言ったとしても不思議ではありません。ただ、今回の『つぶやき』の裏に深い意味があるかは疑問です。2016年の米大統領選の時、トランプ大統領は『金正恩と友達になれるかもしれない』と言いながら、いざ大統領になると、『対北圧力・制裁』一辺倒です。彼はビジネスマンなので、中長期を見据えた戦略的な外交政策を持っていないのでしょう」

 自由気ままなトランプだけに、いつ豹変してもおかしくない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年11月15日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【特集・北朝鮮】:板門店で北兵士亡命…銃撃受け負傷、韓国保護

2017-11-14 01:43:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【特集・北朝鮮】:板門店で北兵士亡命…銃撃受け負傷、韓国保護

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・北朝鮮】:板門店で北兵士亡命…銃撃受け負傷、韓国保護

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国軍合同参謀本部によると、13日午後、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮軍の男性兵士1人が境界線を越えて韓国側に亡命した。

13日、ソウル郊外の病院で、韓国に亡命した北朝鮮軍兵士とみられる負傷者の治療に当たる医療関係者ら=AFP時事

  13日、ソウル郊外の病院で、韓国に亡命した北朝鮮軍兵士とみられる負傷者の治療に当たる医療関係者ら=AFP時事

 兵士は北朝鮮側から銃撃を受けて負傷しており、病院に搬送されて治療を受けている。

 韓国軍関係者によると、兵士は境界線から韓国側に約50メートル入った地点で、肩やひじにケガを負った状態で倒れているのが見つかり、韓国側が保護した。南北間で交戦はなかったが、兵士の発見直前、北朝鮮側で数発の銃声が確認されたという。

 軍事停戦委員会の会議室など重要施設が集まる板門店は、境界線を挟んで南北400メートル、東西800メートルに及ぶ「共同警備区域」(JSA)となっている。板門店に配属されている北朝鮮側の兵士は育ちが良く、忠誠心の高い人物が選抜されており、韓国側に亡命するのは珍しい。聯合ニュースによると、過去には、1998年2月と2007年9月に軍将校や兵士が亡命した例がある。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮】  2017年11月14日  01:43:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【特集・北朝鮮】:北の核「重大な懸念」…ASEAN議長声明案に

2017-11-14 01:39:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【特集・北朝鮮】:北の核「重大な懸念」…ASEAN議長声明案に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・北朝鮮】:北の核「重大な懸念」…ASEAN議長声明案に 

 【マニラ=一言剛之、大重真弓】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議が13日、フィリピンの首都マニラで始まった。

 同日のASEAN首脳会議の議長声明案には、北朝鮮を巡り、「核・化学兵器、弾道ミサイル技術を含む大量破壊兵器の開発進展」に「重大な懸念を表明する」との文言が盛り込まれた。

ASEAN関連首脳会議開会式で、記念撮影に臨む各国首脳ら(13日、マニラで)=代表撮影

   ASEAN関連首脳会議開会式で、記念撮影に臨む各国首脳ら(13日、マニラで)=代表撮影

 日米中露など18か国が参加する14日の東アジア首脳会議(EAS)で、各国が北朝鮮への圧力強化で一致できるかが焦点となる。

 読売新聞が入手した11日時点のASEAN首脳会議の議長声明案は、北朝鮮による核・ミサイル開発に加え、化学兵器にも言及して脅威の内容を具体的に示した。今年2月にマレーシアの空港で暗殺された北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏に、猛毒の神経剤「VX」が使われたことを受けたものだ。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮】  2017年11月14日  01:39:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【外交】:安倍首相は孤立 米ロが裏で握っていた北対話再開シナリオ

2017-11-12 06:37:00 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【外交】:安倍首相は孤立 米ロが裏で握っていた北対話再開シナリオ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【外交】:安倍首相は孤立 米ロが裏で握っていた北対話再開シナリオ

 潮目が一気に変わるのか。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮をめぐり、対話再開のアドバルーンが打ち上げられた。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が報じた米国のユン北朝鮮担当特別代表のオフレコ会合での発言で、北朝鮮が核・ミサイル開発を60日間停止すれば、米国は直接対話に向けたシグナルと見なす考えを示したという。北朝鮮は9月15日のミサイル発射以降は武力挑発を控え、沈黙を守っている。

20回目の日ロ首脳会談も成果ゼロ(C)AP

       20回目の日ロ首脳会談も成果ゼロ(C)AP

 「北朝鮮問題のキーパーソンは北朝鮮外務省の崔善姫北米局長、ロシアのブルミストロフ特任大使、ユン代表の3人です。崔局長は9月末にモスクワを長期訪問し、ブルミストロフ大使と核・ミサイル問題への対応を協議している。ベトナムで開催中のAPEC首脳会議は、北朝鮮をのぞく6者協議関係国のトップが顔をそろえています。トランプ大統領はアジア歴訪を終える14日にも、北朝鮮のテロ支援国家再指定について結論を出すとみられている。このタイミングでユン代表の発言が流れたのは、米国が対話再開にかじを切る用意があるとのメッセージです」(外交関係者)

 日米首脳会談で「圧力を最大限まで高めていくことで完全一致した」と高揚した安倍首相は、完全にハシゴを外された。2泊3日のベッタリ接待で空手形をつかまされ、“取引”したのは米国製防衛装備品の大量購入。ビジネスマンのトランプは日本を飛び立った途端にトーンダウンし、韓国では「軍事的行動ではない全ての可能な手段を使ってこの問題を解決する」にとどめ、圧力強化に反対する中国では「経済的な圧力を強めていくことで一致した」と後退した。

 ■プーチンが気にする「平昌五輪」と「大統領選」

 北朝鮮問題のカギを握る米ロ首脳会談は、開催日程をめぐって両国の説明が二転三転。ドタバタで見送られたが、そもそも北寄りのロシアのプーチン大統領は、対話再開に前のめりだという。筑波大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

 「米ロ会談の最重要テーマは対話再開のスケジュールになるとみられていました。その背景にあるのは、プーチン大統領が抱える2つの課題で、来年の韓国・平昌冬季五輪(2月9~25日)への参加の是非と、2度目の2選を目指す翌月の大統領選(3月11日)です」

 ベトナム入り前にシベリアに立ち寄ったプーチンは現地工場を視察。従業員から「五輪参加はどうなるんですか?」と直撃され、「来年の2月だったな」と応じる様子が9日夜のニュース番組で放送された。プーチン政権にとって、それだけ懸案事項だからだ。ロシアはドーピング問題を抱え、五輪参加に黄信号がともる。世界に誇る軍事力とスポーツ大国を国威発揚に利用するプーチンにとって、五輪は大統領選の結果に直結する。

 「五輪を仕切るIOC(国際オリンピック委員会)に最も影響力があるのは米国です。五輪参加が国是のようなロシアからすれば、その見返りに北朝鮮を抑え込むくらいの寝技は造作もない。ロシアも北朝鮮も参加となれば開催国の韓国にも花を持たせられますし、国際社会が案じる米朝軍事衝突も回避できる。平昌五輪のエントリー受け付けは1月29日までですから、ユン代表の言う『60日』とも符合します」(中村逸郎氏)

 モリカケ隠しの「国難突破解散」に血税600億円を注ぎ込んだ安倍首相は許し難いが、こうなってくると小物ぶりが際立つ一方だ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年11月12日  06:35:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:北朝鮮に米中一体で圧力を

2017-11-11 03:30:55 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【社説①】:北朝鮮に米中一体で圧力を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:北朝鮮に米中一体で圧力を

 トランプ米大統領が初めて中国を訪れ、習近平国家主席と会談した。習氏が皇帝の住まいだった紫禁城を自ら案内する厚遇と、超大型商談が目立ったが、肝心の北朝鮮問題での溝は埋まっていない。

 北朝鮮に核放棄を促す手法をめぐってトランプ氏は圧力を重視する。習氏は朝鮮半島の非核化に力を尽くすとしつつも、対話を求める姿勢を崩さず、米国の武力行使もけん制した。共同記者会見では対立の表面化こそ避けたが、問題が先送りされたにすぎない。

 核実験などを繰り返す北朝鮮の姿勢は一線を越えた。中国がもう一段の措置をとらない場合、北朝鮮は核放棄に応じる必要はないという誤った判断をしかねない。米中一体での圧力が今こそ重要だ。

 トランプ訪中で中国側は2500億ドル(約28兆円)の大型商談に応じ、貿易不均衡問題での圧力緩和に成功した。習氏はさらに駒を進め、最近、対米外交で言及を控えていた「新しい形の大国関係」と全く同じ考え方をトランプ氏に提起した。

 「太平洋は両国を受け入れることができるほど十分に大きい」。習氏は共同会見で太平洋を巡る貿易・安全保障の権益を分け合う意味を込めた文言も添えた。トランプ時代の米国が環太平洋経済連携協定(TPP)から退いたのを好機と見て再び攻勢をかけている。

 習氏が「新しい形の大国関係」を提起したのは4年前だ。オバマ前大統領は、そこに米中2国で世界を仕切る「G2」への願望を感じ取る。その強い警戒感は、アジア太平洋に米国が回帰する路線の強化につながった。トランプ氏が今後どんな姿勢を示すのか。それはアジア太平洋、インドを含む経済と安全保障に大きくかかわる。

 残念だったのは中国の人権、民主化問題で突っ込んだやりとりがなかったことだ。中国が唯一、その意見を気にする実力ある国家が米国である。米大統領には、自国のビジネス上の利益追求ばかりではなく、中国が世界と協調する方向へ導いてゆく義務がある。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年11月11日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【深層NEWS】:「北と軍事衝突なら中国に莫大な損害」…石破氏

2017-11-09 23:00:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【深層NEWS】:「北と軍事衝突なら中国に莫大な損害」…石破氏

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【深層NEWS】:「北と軍事衝突なら中国に莫大な損害」…石破氏

 ◆まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

 自民党の石破茂・元防衛相は9日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、トランプ米大統領と中国の習近平(シージンピン)国家主席の会談について、「話ができる関係になった。それが成果と言えば成果だ」と評価した。

 北朝鮮問題への対応については、「仮に軍事衝突になったら中国が被る損害は莫大(ばくだい)だ。そういう懸念を払拭(ふっしょく)する話が本当になされたかは気になる」と述べた。ともに出演した笹川平和財団の渡部恒雄上席研究員は「米中の間では(北朝鮮対応で)かなり距離があった。完全な合意には至らないと思う」と指摘した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・北朝鮮、中国】  2017年11月09日  23:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【特集・北朝鮮】:米空母3隻と自衛隊、日本海で異例の合同演習へ

2017-11-09 21:58:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【特集・北朝鮮】:米空母3隻と自衛隊、日本海で異例の合同演習へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・北朝鮮】:米空母3隻と自衛隊、日本海で異例の合同演習へ

 ◆まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

 【ワシントン=海谷道隆、ソウル=岡部雄二郎】米軍は11日から14日まで、西太平洋で原子力空母3隻による異例の合同演習を実施する。

 米軍関係筋によると、主な演習海域は日本海となる予定で、海上自衛隊や航空自衛隊も参加する。北朝鮮に近い日本海で演習を行うことで、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に最大限の軍事的圧力をかけることを狙う。

 空母3隻が参加して西太平洋で演習を行うのは、2007年に米領グアム沖で実施して以来となる。「ニミッツ」と「ロナルド・レーガン」、「セオドア・ルーズベルト」の3隻が、護衛にあたる駆逐艦などを加えた空母打撃群として演習に臨む。海自護衛艦との連携も確認する。空母3隻は自衛隊とは別に、韓国軍との合同演習も行う見通しだ。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】 2017年11月09日  21:58:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【特集・トランプ大統領】:トランプ氏、北への対応「責任ある国家連携を」

2017-11-09 20:43:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【特集・トランプ大統領】:トランプ氏、北への対応「責任ある国家連携を」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・トランプ大統領】:トランプ氏、北への対応「責任ある国家連携を」

  ◆まとめ読み「緊迫・北朝鮮」はこちら

 【北京=大木聖馬、東慶一郎】トランプ米大統領と習近平(シージンピン)中国国家主席は9日、北京の人民大会堂で会談した。

 両氏は会談後に並んで行った共同記者発表で、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するため、国連安全保障理事会が採択したすべての制裁決議を今後も厳格に履行していくことで一致したと明らかにした。朝鮮半島の完全な非核化を目指す方針も確認した。

9日、北京の人民大会堂で開かれた米中首脳会談に臨むトランプ米大統領(右から2人目)と習近平国家主席(左)=AP

 9日、北京の人民大会堂で開かれた米中首脳会談に臨むトランプ米大統領(右から2人目)と習近平国家主席(左)=AP

共同記者会見で握手を交わすトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(9日、北京の人民大会堂で)=安川純撮影

 共同記者会見で握手を交わすトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(9日、北京の人民大会堂で)=安川純撮影

 トランプ氏は記者発表で、北朝鮮問題への対応について「責任ある国家は連携し、武器供給や経済関係をやめなければならない」と述べ、中国やロシアに一層の圧力強化を呼びかけた。

 習氏は「双方が、引き続き安保理制裁決議を全面的、厳格に履行すると同時に、対話と交渉による解決に尽力する」と述べ、今後の制裁履行を約束すると同時に、米側に対話による解決を呼びかけた。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 国際 【北米・トランプ政権、アジア・中国、北朝鮮】  2017年11月09日  20:43:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【菅官房長官】:拉致問題解決促す狙いも 対北朝鮮制裁で

2017-11-07 19:07:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【菅官房長官】:拉致問題解決促す狙いも 対北朝鮮制裁で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【菅官房長官】:拉致問題解決促す狙いも 対北朝鮮制裁で

 菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で、6日の日米首脳会談を踏まえ、対北朝鮮独自制裁の対象を拡大したことに関し、拉致問題の早期解決を北朝鮮に促す狙いもあるとの認識を示した。「そういうこと(拉致問題解決への決意)が背景にあるのは当然だ」と述べた。

 同時に「より機動的で、より厳しい独自制裁を講じることで圧力を高めていく効果がある」と指摘。国連安全保障理事会の制裁決議に基づく制裁と合わせ「圧力を最大限にまで強め、北朝鮮の政策を変えていく」と強調した。(共同)

  元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政策・外交・朝鮮半島・北朝鮮】  2017年11月07日  19:07:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政府】:拉致被害者の保護、米国に要請 朝鮮半島有事で政府

2017-11-07 18:27:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【政府】:拉致被害者の保護、米国に要請 朝鮮半島有事で政府

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政府】:拉致被害者の保護、米国に要請 朝鮮半島有事で政府

 菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で、朝鮮半島有事が発生した場合、北朝鮮による日本人拉致被害者の保護を米国に要請していることを明らかにした。「拉致被害者の安全が脅かされる事態に至った際の安全確保のための協力を米側に依頼している」と述べた。

 同時に「朝鮮半島有事の際には、同盟国たる米国との協力が特に重要だ」と強調。「日本政府はこれまでも米国に拉致被害者に関する情報提供をしている」と説明した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政策・外交・北朝鮮、北米・トランプ政権】  2017年11月07日  18:27:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政府】:対北制裁を拡大 閣議了解 35団体・個人資産凍結

2017-11-07 15:15:55 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【政府】:対北制裁を拡大 閣議了解 35団体・個人資産凍結

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政府】:対北制裁を拡大 閣議了解 35団体・個人資産凍結

 政府は七日午前の閣議で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への独自制裁強化のため、三十五団体・個人を新たに資産凍結の対象に追加する措置を了解した。安倍晋三首相は六日、トランプ米大統領との首脳会談で独自制裁の対象拡大を表明していた。日米両国は北朝鮮に対する圧力を最大限に高める方針。制裁強化には日米の連携をアピールする狙いがある。

 これにより資産凍結の対象は八十四団体・百八個人に拡大した。菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「北朝鮮は国際社会の度重なる警告を無視し、挑発的な言動を繰り返しており、断じて容認できない。拉致問題でも解決に向けた具体的な動きが示されていない」と追加制裁の必要性を強調した。

 資産凍結の新たな対象は九団体と二十六個人で、団体は全て北朝鮮の銀行。米財務省が九月に独自制裁の対象として指定した団体・個人と同一。これまで政府は(1)核・ミサイル計画(2)石炭を含む鉱物貿易(3)北朝鮮籍労働者の海外派遣-などに関与する者を資産凍結の対象としてきた。

 首相は六日、トランプ氏との会談で、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に政策を変えさせるため、圧力を最大限に高める方針を確認した。会見で菅氏は「トランプ氏訪日を通じ、日米同盟の強固な結束を内外に示すことができた」と評価。

 同時に「北朝鮮問題では、日米韓三カ国が国際社会の取り組みを主導していくことが大事だ」として、韓国の果たす役割についても期待感を示した。

 トランプ氏が求めた防衛装備品の購入については「わが国の防衛を全うするのに不可欠なものだ。米国製品を含め計画的に取得しており、今後も着実に防衛力を整備していきたい」と述べた。小野寺五典防衛相は会見で「日本の安全保障に必要な装備品を整備していく中で、最新鋭の米国製の装備を取得していきたい」と述べた。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【政策・外交・朝鮮半島・北朝鮮】  2017年11月07日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加