乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【サッカー男子】:森保氏が東京五輪監督へ 日本代表

2017-09-24 05:14:30 | 時事ニュース

【サッカー男子】:森保氏が東京五輪監督へ 日本代表

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【サッカー男子】:森保氏が東京五輪監督へ 日本代表

 2020年東京五輪のサッカー男子日本代表監督に、前J1広島監督の森保一氏(49)の就任が最有力となったことが23日、分かった。26日の技術委員会などを経て一本化し、正式に就任要請する見込み。下交渉の段階では就任に前向きな意向を示しているとみられ、早ければ10月の日本サッカー協会理事会で決まる。

 森保一氏

 森保一氏

 森保氏は12年から今年7月まで監督を務めた広島でJ1を3度優勝し、就任1年目の12年と13年には連覇した。現役時代は守備的MFとして日本代表でも活躍した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ】 2017年09月24日  05:14:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【エビアン選手権】:宮里藍8位タイで第1R終了…

2017-09-16 03:50:30 | 時事ニュース

【エビアン選手権】:宮里藍8位タイで第1R終了…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【エビアン選手権】:宮里藍8位タイで第1R終了…

 女子ゴルフの今季メジャー最終戦、エビアン選手権は15日、フランスのエビアン・リゾートGC(6479ヤード、パー71)で悪天候のため前日からやり直しとなった第1ラウンドが行われ、この大会限りで引退する宮里藍は5バーディー、2ボギーの3アンダーで、上原彩子と共に8位につけた。

 野村敏京は2アンダーで16位。

 今年の全米女子オープンを制した朴城●(パクソンヒョン)(韓国)が8アンダーで首位に立った。(●は「火へん」に「玄」)

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・女子ゴルフ】  2017年09月16日  03:50:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【陸上】:桐生選手、9秒台「実感」 山県選手の祝福に感動も

2017-09-10 18:58:30 | 時事ニュース

【陸上】:桐生選手、9秒台「実感」 山県選手の祝福に感動も

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【陸上】:桐生選手、9秒台「実感」 山県選手の祝福に感動も

 陸上の日本学生対校選手権男子100メートルで、日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98をマークした桐生祥秀選手(21)=東洋大=が快挙から一夜明けた10日、福井県営陸上競技場で報道陣の取材に応じ「テレビや新聞の記事を見て(9秒台を)出したんだなという実感が湧いてきた」と改めて喜びを語った。

 笑顔で記者の質問に答える桐生祥秀=福井県営陸上競技場

 笑顔で記者の質問に答える桐生祥秀=福井県営陸上競技場

 携帯電話には400件以上のお祝いの言葉が届き、長年、9秒台一番乗りを争ってきた山県亮太選手(25)=セイコーホールディングス=からも「おめでとう」とメッセージをもらったという。ライバルの祝福に「感動して泣きそうになった」とうれしそうに話した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【陸上競技】  2017年09月10日  18:58:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カーリング】:LS北見が平昌へ 中部電力に3勝1敗で五輪決定

2017-09-10 16:52:30 | 時事ニュース

【カーリング】:LS北見が平昌へ 中部電力に3勝1敗で五輪決定

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【カーリング】:LS北見が平昌へ 中部電力に3勝1敗で五輪決定

 カーリングの平昌冬季五輪女子代表決定戦最終日は10日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで行われ、第4戦で昨年の世界選手権2位のLS北見が今年の日本選手権覇者の中部電力を9―5で退け、通算3勝1敗として初の五輪出場を決めた。

 LS北見―中部電力 第1エンド、ショットを放つLS北見・藤沢。左は吉田夕、右は鈴木=アドヴィックス常呂カーリングホール

 LS北見―中部電力 第1エンド、ショットを放つLS北見・藤沢。左は吉田夕、右は鈴木=アドヴィックス常呂カーリングホール

 LS北見は第1エンドにスキップ藤沢がショットを正確に決めて一挙3点。6―3の第7エンドに不利な先攻で2点スチールに成功して突き放した。中部電力はスキップ松村の第1エンドのミスショットが響き、初の五輪切符を逃した。

 日本は1998年長野五輪以来5大会ぶりに男女とも五輪に出場する。男子代表はSC軽井沢クに決まっている。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【カーリング】  2017年09月10日  16:52:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【野球U―18】:日本、決勝逃し3位決定戦へ 韓国に敗れる

2017-09-10 09:36:30 | 時事ニュース

【野球U―18】:日本、決勝逃し3位決定戦へ 韓国に敗れる

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【野球U―18】:日本、決勝逃し3位決定戦へ 韓国に敗れる

 【サンダーベイ(カナダ)共同】野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は9日、カナダのサンダーベイで2次リーグが行われ、初優勝を目指した日本は韓国に4―6で敗れて決勝進出を逃し、3位決定戦に回ることになった。10日正午(日本時間11日午前1時)から地元カナダと対戦する。

 韓国戦に先発した田浦=9日、サンダーベイ(ゲッティ=共同)

 韓国戦に先発した田浦=9日、サンダーベイ(ゲッティ=共同)

 日本は0―3の二回、失策と西巻の適時打などで追い付いた。しかし、その裏に先発田浦が2点を失い、二回途中5失点で降板。その後は韓国の投手陣に抑えられ、六回に古賀の犠飛で1点を返すにとどまった。

 決勝は4連覇を狙う米国と、2次リーグ2位の韓国が対戦する。

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)】  2017年09月10日  09:36:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【テニス・全米オープン】:女子はスティーブンス初V 米国勢対決制し

2017-09-10 07:31:30 | 時事ニュース

【テニス・全米オープン】:女子はスティーブンス初V 米国勢対決制し

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【テニス・全米オープン】:女子はスティーブンス初V 米国勢対決制し

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第13日は9日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、米国勢対決の女子シングルス決勝は世界ランキング83位のスローン・スティーブンスが第15シードのマディソン・キーズを6―3、6―0で破って四大大会初制覇を果たし、優勝賞金370万ドル(約4億円)を獲得した。

 女子シングルスで優勝したスローン・スティーブンス=9日、ニューヨーク(AP=共同)

 女子シングルスで優勝したスローン・スティーブンス=9日、ニューヨーク(AP=共同)

 24歳のスティーブンスは安定したストロークで流れをつかみ、第1セットの第8ゲームから8ゲームを連取した。22歳のキーズはミスが目立った。

 混合ダブルスはマルチナ・ヒンギス(スイス)ジェイミー・マリー(英国)組が初優勝した。

 元稿:東京新聞社 主要ニュース スポーツ 【テニス・全米オープン】  2017年09月10日  07:31:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【サッカー】:日本、後半失点し最終戦敗れる W杯アジア最終予選

2017-09-06 07:16:30 | 時事ニュース

【サッカー】:日本、後半失点し最終戦敗れる W杯アジア最終予選

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【サッカー】:日本、後半失点し最終戦敗れる W杯アジア最終予選

 【ジッダ(サウジアラビア)=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選は5日、各地で最終戦が行われ、B組1位を確定し既に6大会連続6度目の本大会出場を決めている日本はアウェーでサウジアラビアに0―1で敗れた。

 気温30度超、湿度は80%に迫る過酷な環境で、日本は後半18分に先制を許した。杉本(C大阪)久保(ヘント)らを投入したが追い付けず、無得点での黒星はハリルホジッチ監督就任以降初めて。6勝2分け2敗の勝ち点20で全日程を終えた。

 サウジアラビアは勝ち点19の2位で3大会ぶり5度目のW杯。オーストラリアは得失点差で及ばず3位となり、A組1位のイランと引き分けて3位に入ったシリアとのプレーオフに回る。A組の韓国はウズベキスタンと0―0で引き分け、同組2位で9大会連続10度目の本大会出場となった。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース スポーツ 【サッカー】  2017年09月06日  07:16:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【シンクロ】:日本、銅 東京五輪へ厳しい現実

2017-07-23 06:15:15 | 時事ニュース

【シンクロ】:日本、銅 東京五輪へ厳しい現実

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【シンクロ】:日本、銅 東京五輪へ厳しい現実

 【ブダペスト=共同】水泳の世界選手権第9日は22日、当地で行われ、シンクロナイズドスイミングのフリーコンビネーションで、予選3位の日本(乾、中村、中牧、阿久津、福村、河野、丸茂、小俣、田崎、大沢)は決勝で93・2000点の3位となり、この種目で2大会連続のメダルを獲得した。

シンクロ・フリーコンビネーション決勝での日本のリフト=ブダペストで(共同)

写真

 水球女子で1次リーグC組4位の日本は13~16位決定予備戦でカザフスタンに17-8で勝った。

 23日からは競泳が始まる。

                             ◇

 今大会二つ目のメダルを手にしても喜びはなかった。強豪ロシアが不在だった非五輪種目、フリーコンビネーションで日本はライバルのウクライナに屈した。苦い銅メダル。乾は「負けた悔しさをばねに、次のステップへ頑張るしかない」と懸命に前を向いた。

 テーマは「人魚」。脚を全開にした中村を他の選手が持ち上げ、人魚が泳ぐように上下に揺らすなど、柔軟性を強調したが、歓声はまばら。終盤には動きがずれ、強みの持久力と同調性にも課題を残した。井村ヘッドコーチ(HC)は「完敗。泳ぎきる以前にジャッジも(ウクライナなどを)上と見てしまっている」と悔しがった。

 2020年東京五輪へ向けた最初の世界との戦いで、厳しい現実を突きつけられた。井村HCは「ありとあらゆるところに手を入れて改革する。このままでは絶対に終わらせない」とまなざしを鋭くした。 (共同)

 ◆「シンクロ」→「アーティスティック」に

 【ブダペスト=共同】国際水連は22日、当地で総会を開き、シンクロナイズドスイミングの種目名を「アーティスティック(芸術的な)スイミング」に変更することを決めた。「シンクロ」と親しまれてきた名前が消える。変更時期は未定だが、2020年東京五輪では新たな名称で実施される見通し。

 関係者によると、ソロや混合種目では「シンクロナイズド(同調した)」の表現がそぐわないとの指摘を国際オリンピック委員会(IOC)から受けたという。日本水連の青木剛会長は「早ければ来年度から、国内の各種大会も変更することになるだろう」と述べた。

 シンクロナイズドスイミングは1973年の第1回世界選手権から実施されており、五輪には84年のロサンゼルス大会から採用された。総会では反対意見も出たが、変更を提案した国際水連の執行部が「世界的な普及につながる」と主張。賛成多数で承認された。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・シンクロナイズドスイミングのフリーコンビネーション】  2017年07月23日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大相撲】:碧山、V残った12勝目 195キロ巨体で前へ

2017-07-23 06:15:12 | 時事ニュース

【大相撲】:碧山、V残った12勝目 195キロ巨体で前へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大相撲】:碧山、V残った12勝目 195キロ巨体で前へ 

 ◇大相撲名古屋場所<14日目>

 横綱白鵬が大関豪栄道をはたき込んで1敗の単独トップを堅持し、優勝争いは2敗を守った平幕碧山との2人に絞られた。豪栄道は7勝7敗。

 23日の千秋楽で碧山が小結嘉風に敗れるか、碧山が勝っても白鵬が横綱日馬富士に勝てば白鵬の2場所連続39度目の優勝が決まる。初制覇を目指す碧山が勝ち、白鵬が負けた場合は両者による優勝決定戦が行われる。

豪風(左)を押し出しで下し、12勝目を挙げた碧山

写真

 日馬富士は大関高安をとったりで下して11勝目。高安は6敗目を喫した。元大関の小結琴奨菊は負け越し、平幕への転落が確実となった。十両は朝乃山が3敗で単独首位。

                          ◇

 八角理事長(元横綱北勝海)の言葉がファンの思いを表していた。「優勝争いは碧山がいなかったら、大変だったよ」。白鵬の大記録の陰に隠れ、星の差一つで追ってきた碧山が自身最多の12勝に到達した。

 「喜びはもちろんあるけど、あまり考えないようにしている」。愚直な姿勢は、前に出て攻める相撲に表れている。

 豪風にもろ手で当たり、左右の突きを回転よく浴びせて先手を奪う。左上手を取ると、幕内で3番目に重い195キロの巨体で覆いかぶさるように土俵際に追い詰め、最後も両手で押し出した。「前に出たことしか覚えていない。体重で攻めることができた」。支度部屋で息をつき、納得の表情を浮かべた。

 関脇経験のあるブルガリア出身の31歳は、2015年初場所を最後に三役から遠ざかってきた。今場所の好調は、兄弟子の栃ノ心、栃煌山との毎朝の稽古からくる。実力が張り合う相手と胸を合わせる中で、差し手の方に頭が傾く悪癖を修正。栃ノ心が「動きが速くなった」と言うように、足を前に出し、相手に力を伝える形を磨いた。

 14日目までに栃ノ心が9勝、栃煌山は11勝と3人で高め合って結果を出していることに、師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「稽古ができる体でやったら、あの3人は強いんだよ」と目を細めた。「優勝争いはいい経験になる。もう、タイの用意はできています」と、親方は逆転での優勝を信じた。

 横綱との優勝決定戦に持ち込むには、本割の嘉風戦の勝利が絶対条件。「最後までしっかり集中して頑張ります」。自ら引き延ばした賜杯争いで最後は主役になる覚悟を語った。 (平井良信)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・大相撲】  2017年07月23日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【サッカー】:鹿島、セビリアを撃破 ワールドチャレンジ

2017-07-23 06:15:09 | 時事ニュース

【サッカー】:鹿島、セビリアを撃破 ワールドチャレンジ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【サッカー】:鹿島、セビリアを撃破 ワールドチャレンジ

 国際親善試合、明治安田ワールドチャレンジは22日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで行われ、昨季J1覇者の鹿島はFW鈴木が2ゴールを奪い、スペイン1部リーグの強豪セビリアに2-0で快勝した。

鹿島-セビリア 後半、ヘディングで2点目のゴールを決める鹿島・鈴木(9)=カシマで

写真

 後半から途中出場の鈴木は27分、鋭いドリブル突破で相手守備を崩した安部のパスを蹴り入れて先制。ロスタイムには左CKをヘディングシュートで決めた。

 セビリアは前半にアルゼンチン代表バネガを軸にしたパス回しで主導権を握ったが、選手を大幅に入れ替えた後半に動きの質が落ちた。

 ◆若手の活躍収穫の一つ

 何度もピンチをしのぎながら、勝利を手にした。鹿島は後半に2点をもぎ取り、スペインの強豪セビリアを撃破。大岩監督は「粘り強く守り、積極的に攻撃をやり続けた結果だ」とねぎらった。

 収穫の一つは、途中交代で出場した若手の活躍だった。後半27分、18歳の安部が鋭いドリブルで2人をかわしてゴール前へ。パスを受けた21歳の鈴木が左足で流し込み、先制した。鈴木は終了間際に頭で押し込み2得点。前半からボール支配率で圧倒された流れを、がらりと変えた。

 「強さをまざまざと見せつけられた。手応えはない」と大岩監督。新シーズンに向けて調整段階の相手に、試合内容では劣勢に立たされた。それでも世界レベルを経験できたのは、成長著しい選手にとって好材料だ。「得意なプレーが通用した。あいつらより、うまくなりたい」と安部。この白星を弾みに、昨季王者はJ1後半戦に臨む。 (対比地貴浩)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・サッカー・国際親善試合、明治安田ワールドチャレンジ】  2017年07月23日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【高校野球】:【西東京】早実・清宮「最後の最後で」パパ誕生日に105号 

2017-07-18 05:31:00 | 時事ニュース

【夏の高校野球】:【西東京】早実・清宮「最後の最後で」パパ誕生日に105号 公式戦初満弾

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【夏の高校野球】:【西東京】早実・清宮「最後の最後で」パパ誕生日に105号 公式戦初満弾

 早実・清宮幸太郎内野手(3年)が17日、第99回全国高校野球選手権大会西東京大会4回戦の都芦花戦で、公式戦7戦連発となる高校通算105号の満塁本塁打を放った。17日はラグビートップリーグ・ヤマハ発動機の監督を務める父・克幸氏の50回目の誕生日。愛する父に贈ったバースデーアーチで16強進出を決めた。

  スポニチ <早実・都芦花>7回1死満塁、本塁打を放つ早実・清宮

  スポニチ <都芦花・早実>7回1死、満塁弾を放ち感情を爆発させる清宮(左から2人目)

 フォロースルーが大きい。7回1死満塁。清宮が外角直球を左方向へはじき返した打球は、低い弾道のまま芝生席で弾んだ。悠然とベースを一周した大砲を塁上を埋めていた野田、橘内、西田、そして次打者・野村の4人が笑顔で出迎えた。


 「(父の)誕生日だというのはもちろん分かっていたので、最後の最後で打てて本当にホッとしています」

 7月17日。父の誕生日は、いつも夏の大会中に来る。ただ、1、2年時は試合がなかった。最終学年で訪れたチャンス。克幸氏は指揮を執るヤマハ発動機の夏季合宿で北海道にいた。北の大地に向け、快音を響かせた。

 この試合2度目のフルベース。5回2死満塁の場面では二飛に倒れていた。「みんなから絶対回すからと言われていたし、まして、また同じ場面。同じ結果だと悔しい」。目の色を変えて臨んだ最終打席。公式戦での満塁弾、左方向への一発はいずれも初だった。

 常に家族を大事にする父の背中を見てきた。そして、何よりも言葉を大事にする父の影響を受けてきた。克幸氏は「アルティメット・クラッシュ(究極の破壊)」のスローガンを用いて早大を06年にラグビー大学選手権連覇に導いた。清宮も主将就任時に「Go Go Go」の親しみやすいスローガンを用い、チームをまとめた。

 早大、サントリーで清宮監督の下でプレーし、幼少期から清宮を知る早大ラグビー部の山下大悟監督(36)は、「外向けにもインパクトがあるし、内向けにもプレーを象徴したり、精神的にも響く言葉。幸ちゃん(清宮)も間近で見ているので凄く影響していると思う。言葉を大事にして勝っていった記憶はある」と振り返る。抜群の統率力を誇った父のように。清宮も主将として「試合前の円陣はラグビー流でみんなを奮い立たせるようにしている」と2季連続甲子園出場を狙う早実を統率している。

 高校通算最多とされる神港学園・山本大貴が持つ107本塁打にもあと2本に迫った。「高1、高2の時は(左方向への打球は)入ってないと思う。練習を積み重ねている成果」。次戦21日の相手は法政。大記録へ、聖地の出場切符獲得へ、まだまだ打ちまくる。 (東尾 洋樹)

 元稿:スポーツニッポン新聞社 主要ニュース スポーツ 【話題・2017年夏の高校野球】  2017年07月18日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【陸上日本選手権】:200mもサニブラウンV 疲労した体で自己新の圧勝

2017-06-26 06:15:20 | 時事ニュース

【陸上日本選手権】:200mもサニブラウンV 疲労した体で自己新の圧勝

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【陸上日本選手権】:200mもサニブラウンV 疲労した体で自己新の圧勝 

 ◇陸上日本選手権<最終日>

 世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、200メートルの男子は18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒32で初優勝して代表に決まった。100メートルとの2冠は2003年の末続慎吾以来。

 女子は市川華菜(ミズノ)が23秒63で100メートルに続いて初制覇。7連覇を狙った福島千里(札幌陸協)は5位だった。

男子200メートル決勝20秒32で優勝したサニブラウン・ハキーム(右端)=ヤンマースタジアム長居で

写真

 女子5000メートルは鍋島莉奈(日本郵政グループ)が参加標準記録を突破する15分19秒87で勝って代表入り。男子の110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒45、走り高跳びは衛藤昂(たかし=AGF)が2メートル25、三段跳びは山本凌雅(りょうま=順大)が16メートル29で勝ち、いずれも代表に決まった。

 女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒12で5度目の優勝。男子の5000メートルは松枝博輝(富士通)が13分48秒90で制し、砲丸投げは畑瀬聡(群馬綜合ガードシステム)が6連覇した。

 トラック・フィールド種目の世界選手権代表は26日の日本陸連理事会を経て同日に発表される。日本選手権3位以内の選手が今後、標準記録を突破した場合などは追加の可能性がある。

    ◇

 ゴールの瞬間、思わず顔がゆがんだ。今大会5本目となるレース。喜びよりも疲労感が上回る。「レース前は疲れがたまっていてどうなるか不安だった。最後はいっぱいいっぱい。疲労が抜けていれば、もっといいタイムを出せた」。サニブラウンは自己ベストの20秒32にも納得していない。末続慎吾以来、14年ぶりとなる100メートル、200メートルの2冠にも平然としていた。

 「200メートルは大好き」という得意種目。疲労が残る体と相談して戦略的に走った。通常ならコーナーを回り、ギアを上げていく。しかし、今回は「150メートルしかもたないので前半から飛ばす」と決断。序盤から全力で走り、コーナーを抜ける手前でトップに立った。前半で勝負あり。「自分の体を考えて最高の選択ができた。それが収穫」。終盤は思うように足が回らなくても、貯金を生かして余裕の逃げ切りだった。

 大舞台でも重圧に負けず、冷静に力を発揮する。秘訣(ひけつ)は「楽しむ気持ちが一番大切」と語る。「速く走るとすごく気持ちがいい。ハイレベルになればなるほど楽しいと思う」。圧勝にも笑顔がないのは世界の舞台を意識しているからこそ。日本は通過点にすぎないのだろう。

 100メートルでケンブリッジ、桐生、山県に勝ち、200メートルでは飯塚を寄せ付けなかった。リオデジャネイロ五輪400メートルリレーの銀メダルメンバー全員を破り、新時代の到来を告げた3日間。「やっと終わったという感じ。早くおいしい物が食べたい。ラーメンでも食べようかな」。18歳はそう言って無邪気に笑った。 (森合正範)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・陸上競技】  2017年06月26日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【バドミントン】:奥原、決勝で山口破って優勝 熱戦制し復活「自信に」

2017-06-26 06:15:17 | 時事ニュース

【バドミントン】:奥原、決勝で山口破って優勝 熱戦制し復活「自信に」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【バドミントン】:奥原、決勝で山口破って優勝 熱戦制し復活「自信に」 

 ◇バドミントン オーストラリア・オープン

 【シドニー=共同】スーパーシリーズ(SS)オーストラリア・オープン最終日は25日、当地で各種目の決勝が行われ、日本勢対決となった女子シングルスはリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)が第3シードの山口茜(再春館製薬所)を2-1で破り、昨年の全英オープン以来通算4度目のSS優勝を成し遂げた。

 ダブルスの女子はリオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、男子は園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が勝ち、SSで全5種目のうち日本勢初の3種目制覇を果たした。

 高橋礼、松友組は五輪決勝と同じ対戦で銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)を2-0で退け、8度目のSS優勝。園田、嘉村組はヘンドラ・セティアワン(インドネシア)タン・ブンホン(マレーシア)組を2-0で下し、2度目のSS制覇。

    ◇

 最後はネット付近からコート奥に押し込んだショットが決まると、奥原が満面の笑みを浮かべた。女子シングルス決勝は1時間超えの大熱戦。2歳下の山口に粘り勝ち「けがの後、一歩一歩良くなってきた。とてもうれしい」。銅メダルに輝いたリオデジャネイロ五輪後に右肩故障に泣いたが、復活を告げるスーパーシリーズ制覇となった。

 この日地震があった故郷の長野県に向け「いいニュースを届けたかった。高いレベルの日本人同士の試合を見せたかった」という。山口のスピードを封じるため、奥深くに高く返球するラリーを徹底。仕掛ける場面では前からネット際に落とす「ヘアピン」ショットがネットに当たって入って相手を崩し、最終ゲームは17-17から4連続得点と集中力の高さも見せた。

 今季の序盤は感覚を取り戻せずにいたが、今大会の1回戦で五輪女王のマリン(スペイン)を破り、勢いに乗った。「けがから優勝まで戻って来られたことを自信にしたい。(8月の)世界選手権で結果を出したい」と気を引き締めた。 (共同)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・バドミントン】  2017年06月26日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【陸上日本選手権】:驚速進化 サニブラウン 雨中の激戦制す 10秒05でV

2017-06-25 06:15:20 | 時事ニュース

【陸上日本選手権】:驚速進化 サニブラウン 雨中の激戦制す 10秒05でV

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【陸上日本選手権】:驚速進化 サニブラウン 雨中の激戦制す 10秒05でV 

◇陸上日本選手権(第2日)

 世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートル決勝は18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が追い風0・6メートルで10秒05の大会タイ記録で初優勝し、代表入りを決めた。多田修平(関学大)が10秒16で2位、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が3位となり、代表を確実とした。桐生祥秀(東洋大)は4位、山県亮太(セイコーホールディングス)は6位だった。

男子100メートル決勝10秒05で優勝したサニブラウン・ハキーム=ヤンマースタジアム長居で

写真

 女子の100メートル決勝は市川華菜(ミズノ)が11秒52で初制覇し、福島千里(札幌陸協)は11秒58の2位で8連覇を逃した。やり投げは海老原有希(スズキ浜松AC)が60メートル64で2大会ぶり9度目の優勝をした。

 男子の400メートルは北川貴理(順大)が45秒76で、400メートル障害は安部孝駿(デサント)が49秒32で勝ち、代表に決まった。やり投げは新井涼平が4連覇、800メートルは川元奨(ともにスズキ浜松AC)が5連覇した。

 200メートル予選では飯塚翔太(ミズノ)が参加標準記録を突破する20秒40の予選3組1着となり、25日の決勝に進出した。サニブラウンは20秒61で2組1着だった。110メートル障害は増野元太(ヤマダ電機)が予選で大会新記録の13秒40を出した。

                                ◇

 日本の男子100メートルの勢力図を完全に塗り替えても、サニブラウンはひょうひょうとしていた。「ここは通過点と考えている。これを自信として、世界選手権でいい結果を残せるようにしたい」。見据えるのは世界との戦い。そう言い切るだけの力を示した。

 日本人初の9秒台の期待が高まった決勝。直前に雨が降り出すあいにくのコンディションも、豪快な走りで問題にしなかった。得意のスタートで先行した多田を、190センチの長身から大きなストライドを刻んで猛追。70メートル付近で先頭に出るとケンブリッジらの追随も許さず、ただ一人10秒0台をたたき出した。

 優勝候補に挙がっていたのは、桐生とケンブリッジ、山県に、急浮上の多田。大会前の自己記録で及ばないライバル相手にも動じなかった。「すごいメンツ。楽しみで仕方なかった」と23日の予選と準決勝に臨み、10秒06をそろえて周囲の度肝を抜いた。

 精神面だけでなく、技術の進歩が躍進を支える。高校を卒業した今春から拠点をオランダに移し、海外の指導者から緻密な指導を受けている。例えば足の運び。最初の3、4歩を踏む位置を頭にたたき込み、スムーズな飛び出しを意識した。

 あとは条件が整えば。雨中の好走で、9秒台への希望も広がってきた。「自分が一番になれたらうれしい。9秒台で走れたら気持ちいいだろうな」。若きスプリンターは、早くも一つ上のイメージを思い描いている。 (佐藤航)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・陸上競技】  2017年06月25日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【陸上日本選手権】:桐生、山県 代表入り絶望

2017-06-25 06:15:17 | 時事ニュース

【陸上日本選手権】:桐生、山県 代表入り絶望

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【陸上日本選手権】:桐生、山県 代表入り絶望

 男子100メートルをけん引してきた両輪は個人種目での代表入りが絶望的となった。10秒01の自己記録を持つ桐生は4位となり「今は3人が上。悔しい」と語り、6位に終わった山県は「このレースに懸けてきた。結果を残せなかった」と声を絞り出した。

4位と敗れた桐生祥秀

写真

 桐生は得意の中盤で伸びず、前を走る多田を捉えられない。後半にはサニブラウン、ケンブリッジにもかわされた。今季は春先から数多くのレースをこなし、10秒0台を3度マークするなど順調だった。「世界選手権の準決勝、決勝に残るために練習してきた。代表を取るのは当然、そういう気持ちがあった。その前で足をすくわれた」

 スタートが得意な山県は序盤から精彩を欠き、本来の走りからは程遠かった。3月末に右足首を痛めて2カ月間練習をできず、調整不足は明らか。「体調管理が足りなかった。ただ、ここまで最大限できることをやってきたので後悔はない」

 二人はゴールを駆け抜けると、自然と歩み寄り、握手を交わした。桐生は「世界選手権をテレビで見て『やっぱり桐生が速い』と言われる存在になって帰ってきたい」と雪辱を誓い、山県も「一からやり直して、9秒台を最初に出すつもり。来年の日本選手権では絶対に勝ちたい」と前を向いた。 (森合正範)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【エトセトラ・陸上競技】  2017年06月25日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加