乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:「幽霊病」にかかると、体が少しずつ消えていく。

2017-11-24 06:10:35 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【筆洗】:「幽霊病」にかかると、体が少しずつ消えていく。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:「幽霊病」にかかると、体が少しずつ消えていく。

 まず指、両手、両腕。両脚。そして声までも。かろうじて口から母音だけを絞り出すことができる。心配させてしまったか。野田秀樹さんのお芝居『足跡姫』である▼「い、い、あ、い」。その病にかかった母親は最期にそう言って死んだ。娘にはそれが「死、に、た、い」としか聞こえなかった。「でも、姉さん」。弟がいう。「僕の耳には、こんな音になって聞こえる」「『い、い、あ、い』は『生、き、た、い』さ」▼会員制交流サイト(SNS)には「い、い、あ、い」があふれていると昨日の夕刊が伝えていた。残念ながら、「死、に、た、い」の方である▼あるNPO法人によるとツイッター上の「死にたい」などのつぶやきは一日一万件を超えているという。どこまで本心かは分からないが、その絶望の言葉を書き込みたくなるほどの悩みと疲れた孤独がある▼「死にたい」と書き込んでいても本当は「生きたい」なのかもしれぬ。少なくとも「生きたい」のかけらはきっと残っている。書き込んでいるのは生きたいがため、誰かからの救いの手を待っているのだろう▼「い、い、あ、い」に耳を澄ませ、受け止める方法を見つけたい。その母音を「生きたい」や「(どこかに)行きたい」「言いたい」「聞きたい」という生あるがゆえの希望の言葉に変える方法を。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年11月23日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:世界では、一年間におよそ八十万人が自ら命を絶っているという。

2017-11-11 06:10:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【筆洗】:世界では、一年間におよそ八十万人が自ら命を絶っているという。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:世界では、一年間におよそ八十万人が自ら命を絶っているという。

 四十秒に一人、世界のどこかで誰かが自死していることになる。その中には、死にたくないのに、自殺を強いられた子どもたちもいる▼ナイジェリア北東部に住むハディザさん(16)は、かの地でテロを繰り返すイスラム過激派組織ボコ・ハラムに誘拐された。幹部に「最も幸福な所に行かせてやる」と言われて、彼女は帰宅できるのかと喜んだが、違った▼爆弾が付いたベルトを腰にきつく巻かれ、人混みの中で自爆するように命じられた。そうすれば、多くの人の命を奪うことになる。一緒に自爆を命じられた十二歳の少女に「どうするの?」と聞いたら、こう答えたそうだ。「どこかでひとりきりになって、自分を吹き飛ばす」▼国連などによると、ボコ・ハラムによる子どもを使った自爆テロは今年になって急増し、既に百人以上の子が「自殺」させられ、数百人もの犠牲を出しているという▼自らの機転と周囲の助けで自爆をまぬがれたハディザさんらの貴重な証言を集めた米紙ニューヨーク・タイムズの報道によれば、人混みを避け、自爆しようとする子も少なくないそうだ▼自爆テロで何十人もが犠牲になれば、ニュースになって、世界中で報じられる。しかし、他人を巻き込まぬため、たったひとりでの死を選んだ少女たちのことは、まず報じられぬ。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年11月10日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【話題】:自殺志願、サイトからツイッターへ…削除進まず

2017-11-09 16:57:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【話題】:自殺志願、サイトからツイッターへ…削除進まず

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【話題】:自殺志願、サイトからツイッターへ…削除進まず

 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が遺棄された事件で、白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)は、ツイッターの自殺志願者の投稿を見て接近し、自宅に誘い込んでいた。

 インターネット上の自殺志願者が集う場は近年、「自殺サイト」から、ツイッターなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に移行している。自殺募集の投稿は警察庁の分類で「有害情報」にあたるが、削除しきれないのが現状だ。

 ■#自殺募集

 「一人で死ぬのは怖い。一緒に逝ける人いますか」「死にたい。一緒に首つりしませんか」。11月以降も、ツイッター上には、自殺仲間を募る投稿が毎日のように書き込まれている。文頭か末尾には、「#自殺募集」という単語が表示される。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題・自殺志願者のツイッターへの投稿】  2017年11月09日  16:57:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【春秋】:日本の1年間の自殺者数は1998年に初めて3万人を超えている。

2017-11-02 03:30:45 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【春秋】:日本の1年間の自殺者数は1998年に初めて3万人を超えている。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:日本の1年間の自殺者数は1998年に初めて3万人を超えている。

 前年より8500人近くも増えたためだ。当時、要因についてさまざまに指摘されたが、97年に相次いだ銀行や証券の破綻の影響をあげる見方も強かった。働き盛りの男性で急増していたからである。

 ▼2012年にようやく2万人台へ戻り、16年はピークより1万2千人減った。自治体やNPO法人が見守りや声かけを主導してサインを早期に発見したり、啓発を進めたりした成果であろう。ボランティアによる電話相談の役割も大きい。孤立し心が弱りきった人をぬかるみから助け、共に歩む。努力が実を結びつつある。

 ▼こんな地道な取り組みの中、聞くもおぞましい展開になってきたのが神奈川県座間市で明るみに出た死体遺棄事件だ。逮捕された男は死を急ぐ人の心理を逆手に取り、ゆがんだ欲望の対象にしていたらしい。部屋には切断された多くの遺体があったという。自殺を志願する人らを次々呼び入れて、殺害していたのだろうか。

 ▼ここでも舞台はネット空間である。交流サイト(SNS)には「一緒に死んで」といった投稿があふれる。こんな状況を放置したことが、わずか2カ月の間の凶行の連鎖を招いた面はなかったか。人生に絶望し、最後に頼った相手にも裏切られる。被害者の無念は察するに余りある。再発を防ぐ手立てこそ応える道だろう。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2017年11月02日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:福井中2自殺 寄り添う心を欠く怖さ

2017-10-29 06:10:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説①】:福井中2自殺 寄り添う心を欠く怖さ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:福井中2自殺 寄り添う心を欠く怖さ

 教師は絶大な権力を持つ。一方的に振りかざせば、生徒は追い込まれてしまう。福井県池田町で三月、中学二年の男子がその犠牲になった。生徒に寄り添う心を欠いた指導は、教育とは呼べない。

 精神的に追い詰められ、逃げ場を奪われたその男子生徒は、生徒会室前の廊下にかばんを残して校舎三階から飛び降り自殺した。

 自殺の原因について、池田町の調査委員会の報告書は「担任、副担任の厳しい指導叱責(しっせき)にさらされ続けた生徒は、孤立感、絶望感を深めた」と結論付けた。生徒の痛みを理解できない教師像を強くうかがわせる。

 母親は手記に「『教員による陰険なイジメ』で息子は尊い命を失ったのだと感じています」とつづった。生徒の声なき訴えに、全国の教師は耳を傾けねばなるまい。

 一学年一学級の小規模校。隅々にまで目が行き届くはずの環境下で、なぜ悲劇は起きたのか。報告書からは、まるで教師の暴言を当たり前のようにみなす独善的な学校の様子が読み取れる。

 マラソン大会の準備が遅れ、担任は校門前で大声で怒鳴った。周りが身震いするくらいだったという。職員室の前で「おまえ辞めてもいいよ」と、生徒会役員だった生徒に大声を出しもした。

 忘れた宿題を執拗(しつよう)にとがめる副担任の前で、土下座しようとしたり、泣きだして過呼吸の症状が出たりしたこともあった。だが、管理職にも家族にも伝えなかった。

 担任、副担任の双方から厳しく責め立てられては、生徒は心のよりどころを失ってしまう。校長ら管理職も二人の振る舞いを知っていたという。適切な対応を怠った学校の責任は極めて重大だ。

 福井県は全国学力テストで常に上位の成績を上げる。それは評価できるとしても、学力重視に傾き過ぎて、子どもの思いや気持ち、特性を蔑(ないがし)ろにしていないか。

 教師の体罰や叱責の犠牲となった子の遺族らは「指導死」とも呼ぶ。二〇一二年に大阪市の高校生が部活動顧問から体罰を受け自殺した。二月には愛知県の中学生が「担任に人生を壊された」とのメモを残して命を絶った。

 文部科学省調査では、教職員との関係に悩んで自殺したとみられる小中高校生は〇七年度からの十年間で十六人に上る。問題の担任は指導方法を助言した同僚に「手加減している」と返したという。

 子どもの身になって考え、感じる力が欠かせない。「指導死」という言葉などあってはならない。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年10月27日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:②福井・中2自殺 指導に名を借りたいじめだ

2017-10-20 06:05:40 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説】:②福井・中2自殺 指導に名を借りたいじめだ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:②福井・中2自殺 指導に名を借りたいじめだ

 教師が教え子を絶望へと追い詰める。指導に名を借りたいじめだと言わざるを得ない。

 福井県池田町の町立池田中で3月、2年生の男子生徒が校舎3階から転落して死亡した。自殺だった。

 「担任、副担任から立て続けに強い叱責(しっせき)を受け、精神的なストレスが大きく高まった」。それが自殺の原因だと、弁護士らで構成する調査委員会は結論付けた。教職員や生徒、保護者に聞き取りなどを実施した結果だ。

 生徒を守り、育むことが教師の務めである。最悪の結果を招いた責任は極めて重い。

 担任だった30歳代の男性教師は、職員室や校門の前で、「お前(生徒会役員を)辞めてもいいよ」などと大声でどなった。行事の準備の遅れなどが理由だった。「身震いするくらい怒っていた」という目撃証言がある。

 他の生徒に対しても、大声で叱ることがあった。「階が違っても聞こえた」「叱責が原因で学校を休んだ生徒がいた」という。

 生徒の尊厳を傷つけるような叱責を繰り返す。教師としての資質が問われよう。教頭や同僚の教師から注意されることもあったが、「それだけ言わないと(生徒は)分からない」と抗弁した。

 30歳代の副担任の女性教師は、自殺した生徒が小学生の頃に、家庭科の指導をした。居残りを命じたこともあった。中学で再び指導する立場になると、課題の未提出などを理詰めで叱ったという。

 担任と副担任のいずれかが生徒に厳しく接する場合、もう一人は生徒の話に耳を傾け、励ますのが基本ではないか。双方に責められて、生徒は、土下座をしようとしたり、過呼吸の症状を訴えたりすることがあった。

 家族には「何を言っても言い訳と決めつける」「僕だけ強く怒られる」と訴えていた。逃げ場のない苦しい心情がうかがえる。

 学校全体で問題に対処する姿勢を欠いた点も看過できない。

 山間部にあるこの中学の全校生徒は約50人、教師は10人余りだ。担任は、男子生徒本人や保護者とのやり取りを校長や教頭に報告しないことが目立ったという。

 それでも、問題の深刻さは、マンモス校よりも容易に把握できたはずだ。校長の責任で、適切な指導法に改めさせるべきだった。

 2006年度からの10年間で、教師との関係などを苦に自殺した中高生は13人に上る。悲劇を繰り返さないよう、教師一人一人が指導法を顧みてもらいたい。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年10月20日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【春秋】:鎌倉時代に起源を持つ国の重要無形民俗文化財「水海の・・・

2017-10-19 03:30:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【春秋】:鎌倉時代に起源を持つ国の重要無形民俗文化財「水海(みずうみ)の田楽能舞」を今に受け継ぐ福井県池田町。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:鎌倉時代に起源を持つ国の重要無形民俗文化財「水海(みずうみ)の田楽能舞」を今に受け継ぐ福井県池田町。

 執権・北条時頼が当地を訪ねた際に、村人が田楽の舞で歓待し、時頼が礼に能舞を授けたと伝わる。あまたの高名な能面師を輩出した「能楽の里」からの悲しい報である。

 ▼町の教育委員会は、町立中学校で今年3月に2年の男子生徒(当時14)が校舎から転落死したのは、担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表した。教育長は「学校の対応に問題があった。深く反省している」と謝罪。県教委は校長らを対象に、再発防止の研修会を開いたという。

 ▼以前、学校でのトラブルが原因で、子供を自殺で失った親たちの会を取材したことがある。そこで耳にしたのは「二次被害」という言葉。学校側の誠意を欠いた対応や、「家庭に問題がある」といったネット上の心ない書き込みに深く傷つく。同じ苦しみを背負った家族が、語らい励まし合う。そんな人々の連帯を知った。

 ▼能には離別した子を探し求める母を題材にした演目が多い。観阿弥、世阿弥親子の「百万」に「人は雨夜の月なれや、雲晴れねども西へ行く……」という謡がある。「仏に願う人の心は雨の夜に月を見たいと思うのと同じ。でも信じて祈ろう」という意味だろう。ご遺族の無念は晴れまい。が、祈りを分かち合う人はいる。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2017年10月19日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【福井県池田町】:担任らの厳しい指導で自殺 福井の中2男子、教委報告書

2017-10-16 00:27:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【福井県池田町】:担任らの厳しい指導で自殺 福井の中2男子、教委報告書

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【福井県池田町】:担任らの厳しい指導で自殺 福井の中2男子、教委報告書

 福井県池田町教育委員会は15日、町立中学校で3月に2年の男子生徒=当時(14)=が校舎から転落死したのは、担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表した。内藤徳博教育長は「学校の対応に問題があった。深く反省している」と謝罪した。

 記者会見で謝罪する福井県池田町教育委員会の内藤徳博教育長(右)ら=15日午後、同町

 記者会見で謝罪する福井県池田町教育委員会の内藤徳博教育長(右)ら=15日午後、同町

 町が再発防止などのために設置した調査委員会がまとめた報告書によると、男子生徒は課題提出や生徒会活動を巡り昨年10月以降、担任と副担任から厳しい指導を受けるようになった。

 30代の男性担任は今年1~2月ごろ、生徒会の役員を務めていた男子生徒に「おまえ辞めてもいいよ」と大きな声で叱責。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故・校舎から転落死したのは、精神的ストレスによる自殺】  2017年10月16日  00:27:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【話題】:始業式前後、中高校生の自殺相次ぐ…3人死亡

2017-09-02 06:15:00 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【話題】:始業式前後、中高校生の自殺相次ぐ…3人死亡

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【話題】:始業式前後、中高校生の自殺相次ぐ…3人死亡

 8月30日から今月1日の3日間に、東京都と埼玉県で中高校生の男女4人が建物から飛び降りたり、自宅で首をつったりしていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 このうち3人は死亡した。警察当局はいずれも自殺とみている。例年、子どもの自殺は夏休み明けの新学期が始まる前後に集中しており、専門家は、学校や家庭に注意するよう呼びかけている。

 1日午前11時半頃、東京都八王子市の市立中学校の校舎脇で、2年生の女子生徒(13)が倒れているのを教師が見つけ、119番した。女子生徒は腰の骨を折るなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。警視庁は4階の教室から飛び降り自殺を図ったとみている。

 同庁や市教育委員会によると、女子生徒は休み時間に「(無料通話アプリ)『LINE』のメッセージを友達に読んでもらえない」と友人に悩みを相談していた。同校は8月29日が始業式だったという。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題・自殺】  2017年09月02日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:いじめ自殺 遺族に寄り添い調査を

2017-08-28 06:09:40 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説①】:いじめ自殺 遺族に寄り添い調査を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:いじめ自殺 遺族に寄り添い調査を

 子どもの自殺といじめの関係が疑われる重大事態に直面したとき、なぜ遺族に寄り添った調査がされないのか。学校や教育委員会、そして第三者調査機関の振る舞いが不信を招く事案が相次ぐ。

 例えば、二年前、茨城県取手市の女子中学生が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した事案では、市教委の無知と事なかれ主義が浮き彫りになった。

 市教委は第三者機関を設ける前に、学校はいじめを確認できなかったとして「重大事態ではない」と議決していた。頭からいじめを否定する姿勢が、遺族の怒りを買ったのは当然だ。

 いじめ防止対策推進法は、いじめが疑われれば重大事態ととらえ、教委や学校の下に組織を設けて調べ、情報を提供するよう定めている。ましてや、遺族は同級生の目撃証言を自力で得てもいた。

 国の指導を受けて、市教委は調査から撤退した。遺族の要望に沿って、県が新たに第三者機関を置く。二度と失敗は許されない。

 誰のために、何のために重大事態を調べるのか。教育行政や第三者機関の側と、遺族ら被害者の側とで、その認識が食い違っていては不毛な結果しか生まない。

 第三者機関の任務は、自殺の背景にいじめがあったとの前提に立ち、事実を解明することだ。「真相を知りたい」と願う遺族の心情に寄り添い、それに誠実に応える調査でなくてはならない。

 そのためにも、遺族が構成員の人選に参加し、加害者側はもとより、教委や学校からの独立性を担保することが重要だ。調査の目的は、あくまで悲劇を繰り返さないための教訓を学ぶことにある。

 自殺に至る過程には、多様な要因が複雑に絡み合っている。だが、家庭環境や個人的発達のありように不用意に踏み込めば、遺族の信頼を失う恐れがある。

 一年前、青森市の女子中学生が自殺した事案では、市教委の第三者機関がまとめかけた結論に遺族が反発し、棚上げ状態に陥った。

 いじめは自殺の直接の引き金とは言い切れず、思春期うつだったとされたからだ。これでは自己責任に帰するに等しい。

 第三者機関には、いじめとは無関係の領域を子細に分析する権限はあるのか。また、なぜその必要性があるのか疑問が拭えない。相手の刑事、民事の責任を追及するための調査ではないはずだ。

 いじめがなければ、死なずにすんだかもしれない。その切実な問いへの答えこそが望まれている。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年08月21日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:いじめ自殺 教委は真摯に事実と向き合え

2017-08-16 06:05:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説】:いじめ自殺 教委は真摯に事実と向き合え

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:いじめ自殺 教委は真摯に事実と向き合え

 いじめを苦に生徒が自殺した事態に、真摯(しんし)に向き合っていない。教育委員会や学校の無責任な対応が、不信を招くケースが相次いでいる。

 典型例が、茨城県取手市立中3年の女子生徒が2015年に自殺した問題だ。県が、調査委員会を新たに設置する。市教委を信頼できない、という遺族の求めに応えた異例の措置である。

 いじめ防止対策推進法は、いじめで心身に重大な被害を受けたと疑われる場合を「重大事態」と規定する。学校の設置者などによる調査を義務づけている。

 取手市教委は、生徒の自殺を「いじめによる重大事態に該当しない」と議決した上で、調査委を設置していた。学校がいじめを確認できなかったためだという。

 女子生徒は日記に「いじめられたくない」と書き残していた。両親は、いじめを目撃した級友から話を聞いていた。

 重大事態と認定しなかったことは、明らかに不適切である。当初からいじめを否定する姿勢は、調査の中立性に疑念を抱かせる。文部科学省の指導を受け、市の調査委が解散したのは当然だろう。

 悲劇を繰り返さないために、今秋にも設置される県の調査委は、卒業生から聞き取りを重ねるなど、調査を尽くすべきだ。

 仙台市立中2年の男子生徒が今年4月に自殺した問題では、この生徒が教師2人から体罰を受けていたことが判明した。

 女性教師が口に粘着テープを貼った。自殺前日に、男性教師が後頭部を拳でたたいた。同級生の保護者の指摘で、学校が初めて把握したことも看過できない。

 学校が全生徒に行ったアンケートで、複数の生徒に「くさい」「死ね」などと言われていた実態も分かった。体罰がいじめを助長した面はないか。有識者らの調査委による厳正な検証が必要だ。

 11年の大津市のいじめ自殺を機に、教委や学校の隠蔽(いんぺい)体質を一掃しようと制定された法の趣旨が浸透していない。文科省は重大事態の事例集を作成するが、重要なのは教委の意識改革である。

 いじめを早期に把握する態勢作りも欠かせない。文科省は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した相談を始める。第三者の生徒からの情報提供も期待できよう。

 いじめを傍観せず、教師や親に知らせることが大切だ。夏休み明けには、10代の自殺が増える傾向がある。大人は子どもの様子に日頃から目を配りたい。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年08月14日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:自殺対策新大綱 社会の「生きづらさ」取り除こう

2017-08-13 03:14:35 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説】:自殺対策新大綱 社会の「生きづらさ」取り除こう

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:自殺対策新大綱 社会の「生きづらさ」取り除こう

 政府の自殺対策の基本方針となる自殺総合対策大綱が、5年ぶりに見直された。

 14年前に3万4千人を超えた自殺者は、昨年2万1897人に減少。2007年策定の初の大綱の目標「10年で自殺死亡率(人口10万人当たり自殺者数)20%減」は達成した。それでも新大綱は「非常事態はまだ続いている」と宣言、「10年で30%減」とさらに高い数値目標を掲げる。国として、対策加速の必要性を明示した意義は大きい。きめ細かな具体策を拡充し、一人も命を絶たずに済む社会の実現を目指さねばならない。

 現状において、最も注力すべきは「若者」と「仕事(長時間労働)」への対策であろう。

 過去の対策は中高年中心で、行政と接点を持ちにくく孤立しがちな若年層への働きかけが弱かった。自殺死亡率は、経済的理由で多かった40代以上が減った半面、30代以下は減少ペースが鈍化し、10代はほぼ横ばい。15~39歳の死因の1位が自殺という危機的な状況を、一刻も早く食い止めねばならない。

 新大綱は、学校現場での「SOSの出し方教育」のさらなる推進などを掲げる。だが、必死に出されたSOSも周囲が受け止められなければ、悲劇は防げない。いじめ問題は決してゼロにはならないとの認識を学校や行政、地域がまず共有し「逃げてもいい」「相談場所がある」ことの周知を徹底したい。学校外の「居場所」の確保、匿名相談サイトの拡充も急がれる。

 長時間労働も、殊に若者にしわ寄せが及びやすい。新大綱は電通の過労自殺問題を受け、問題企業への監督指導の強化や、職場でのメンタルヘルス・パワハラ対策の推進をうたった。だが、国や経営側の意識改革が伴わねば実効性は上がらない。

 例えば、国が労働者50人以上の事業所に年1回の実施を義務づけた「ストレスチェック」の実施状況が先月末、初めて公表された。実施率は82.9%だがうち2割は分析をしておらず、チェック後に何らかの職場環境改善をしたのは4割にも届かない。「調査するだけ」では、労働者側も本音を言いづらく、ストレスは増すばかりだ。

 政府の「働き方改革」も、過労死ラインの月100時間未満の残業を容認。「残業代ゼロ法案」も併せて成立を狙うなど、より安く便利な働かせ方を助長する「改悪」に等しい。モノが売れず、目に見える成果が出にくい今になって評価基準が曖昧な成果主義を言い立てても、職場の士気も意欲も上がるまい。「命より大事な仕事などない」という過労死遺族の言葉に耳を傾け、方向性を抜本的に改めなければ日本の未来は暗い。

 自殺は「心理的に追い込まれた末の死」であり、その対策とは「生きることの阻害要因を取り除いていくこと」―大綱はそう定義する。国や自治体の取り組みによってさまざまな「生きづらさ」を社会から取り除き、自殺者の減少につなげたい。

 元稿:愛媛新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年08月05日  03:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【宮城県】:「くさい」「死ね」日常的に…仙台の中2自殺

2017-06-08 07:18:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【宮城県】:「くさい」「死ね」日常的に…仙台の中2自殺

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【宮城県】:「くさい」「死ね」日常的に…仙台の中2自殺

 仙台市青葉区で、いじめを訴えていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が4月に自殺した問題で、学校が全生徒を対象に行ったアンケート結果が7日、分かった。

 「髪の毛に消しゴムのかすがのっていた」「持ち物などを菌扱いする」など、いじめと捉えられる具体的な状況が記載されていた。

 アンケート結果は、同日の市議会代表者懇談会で市教育委員会が報告した。

 それによると、回答で最も多かったのは悪口や言い合いに関するもので、「くさい」「死ね」「来るな帰れ」などと、複数の生徒から日常的に言われていたという。こうした言葉が生徒の机に書かれていたとの回答や、物を投げられたり、仲間外れや無視をされたりしたとの記載も複数あった。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・自殺】  2017年06月08日  07:18:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:いじめ問題 教育現場の責任逃れ許されない

2017-06-06 03:15:35 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【社説】:いじめ問題 教育現場の責任逃れ許されない

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:いじめ問題 教育現場の責任逃れ許されない

 いじめ防止対策推進法の公布から4年がたった。にもかかわらず、教育委員会や学校にいじめを過小評価し、隠す体質がいまだに残っていることに強い憤りを覚える。

 茨城県取手市の中学生が2015年11月、日記に「いじめられたくない」と書き残して自殺した。両親も独自に同級生に聞き取り、いじめを裏付ける証言を得ていたが、市教委はいじめの有無が確認できないとして、防止法に基づく「重大事態」に該当しないと議決。文部科学省の指導を受け一転、先月末に撤回した。市教委や学校には被害者や遺族に寄り添う姿勢が全く見えず、保身のため責任逃れを決め込んでいたのではないかと疑わざるを得ない。

 防止法は、いじめの事実が確認できなくても、心身に大きな被害が生じた可能性があれば重大事態と認定して、第三者委員会を設け調査を進めるよう教委や学校に課す。重大事態と判断しなかった理由を「当時は認識不足があった」と釈明する市教委は、責任感があまりにもなさ過ぎる。

 指導が自殺から1年半後となった文科省の対応も遅きに失している。遺族の心をより深く傷つけ、真相究明を困難にした。加害者に反省を促し、再発を防ぐ教育に向き合う責務を放棄したことは看過できない。

 教委などがいじめを認めないケースは他にも多い。東京電力福島第1原発事故で横浜市に避難した中学生が、同級生に遊興費などとして約150万円を取られたとの訴えを、市教委は当初、いじめと認定しなかった。

 愛媛県内も同様に深刻だ。内子町教委が、小学生からのいじめの訴えを、重大事態と判断したのは教委の諮問機関の答申を受けてからだった。東温市教委は、小学生がいじめで心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したと診断を受けた7カ月後、ようやく重大事態とした。過ちを繰り返す教育現場の対応は許し難い。

 今治市の中学校では、娘のいじめを相談した保護者に学校は「周囲への聞き取りで娘さんがつらくなる」と伝えたという。被害者を思う姿勢を示しながらも、事実を公にしない「いじめ隠し」の典型例だ。

 このような、閉塞(へいそく)下で隠蔽(いんぺい)がまかり通る事態を防ぎ、調査の公平・中立性や透明性を確保するためにも、第三者委の報告書や委員名の公表が必要だ。文科省は「特別な事情がない限り公表が原則」とするが、共同通信の調べでは、15年度設置分の半数近い18件が非公表だった。プライバシーに配慮しながら、公表するルール作りを一刻も早く進めるべきだ。

 いじめ防止法は「いじめを絶対に起こさせない」との強い決意の下、成立した。教育関係者は法の理念を常に胸に刻み、児童生徒に向き合わなければならない。現状のままでは、苦しみにあえぐ児童生徒を救うことはできない。

 元稿:愛媛新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年06月04日  03:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【いじめ自殺】:中学は「重大事態」 茨城市教委に報告

2017-06-05 19:26:30 | 【自殺、自殺対策基本法、自殺遺児、遺族】

【いじめ自殺】:中学は「重大事態」 茨城市教委に報告

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【いじめ自殺】:中学は「重大事態」 茨城市教委に報告

 2015年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、学校がいじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」として報告したにもかかわらず、市教委が重大事態に該当しないと議決していたことが5日、分かった。市教委が市議会議員全員協議会で明らかにした。

 同法の規定では、いじめの事実が確認できなくても、いじめにより心身に大きな被害が生じた可能性があれば重大事態と認定できる。矢作進教育長は協議会で「自死につながるいじめかどうかで判断してしまった。当時は法的認識が甘かった」と謝罪した。

 元稿:北海道新聞社 主要ニュース 社会 【話題・茨城県取手市立中学3年が自殺した問題】  2017年06月05日  19:26:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加