乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:ドラマ「想い出づくり」などの演出家、鴨下信一さんが・・・

2017-12-06 06:10:10 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【筆洗】:ドラマ「想い出づくり」などの演出家、鴨下信一さんが昭和の流行歌についてこんなことを書いている。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:ドラマ「想い出づくり」などの演出家、鴨下信一さんが昭和の流行歌についてこんなことを書いている。

 一九六〇年代の後半、フォークソングは古い流行歌の世界を内側から征服し、混じり合い、新しい歌の主流を形成していった-。例として、この曲を挙げている。六九年の「風」▼「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーで解散後は、その「風」「花嫁」などのヒット曲で知られる歌手のはしだのりひこさんが亡くなった。七十二歳▼今年四月のコンサートに車いすで出演し、フォークルメンバーだったきたやまおさむさんらと「風」を歌ったのが最後のステージになったと聞けばファンは悲しくてやりきれなかろう▼当時のフォーク歌手は古い歌謡曲の歌手から嫌われていたのか、はしださんが楽屋で騒いでいたら大物歌手から茶わんを投げられたときたやまさんが語っている▼それでいて、はしださんのヒット曲は当時のアングラ(アンダーグラウンド)志向のファンには不評で、あるフォーク集会では「帰れ」と非難された。双方からにらまれつつも、間に立って橋を渡し、それがやがて流行歌の新しい波になっていったか▼フォークルの長身お二人の間で歌う小柄なお姿の白黒映像が浮かぶ。昭和は遠く平成も残り少ない。振り返っても風が吹いているだけかもしれぬが、振り返らずにはいられぬ人との別れである。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年12月04日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【春秋】:映画好きにとって、今年届いたもっとも残念な訃報のひとつが、

2017-10-31 03:30:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【春秋】:映画好きにとって、今年届いたもっとも残念な訃報のひとつが、ジョージ・ロメロ監督の死ではないか。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:映画好きにとって、今年届いたもっとも残念な訃報のひとつが、ジョージ・ロメロ監督の死ではないか。

 1968年の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」に始まる一連の「ゾンビ」映画は熱狂的なファンを生み、世界で少なくとも何百本かの追随作品がつくられた。

 ▼死者が大挙してよみがえり、うつろな顔でゆらゆら歩き人を襲う。この設定を皆が知るからこそ多種多様な追随作が生まれ、ふだんの会話で比喩に使われる。経営は破綻したのに延命しているのは「ゾンビ企業」という具合。スマートフォンを見ながら歩く人を、ドイツではスマホとゾンビから「スモンビ」と呼ぶそうだ。

 ▼歩きスマホは世界共通だが、対処法にお国柄が垣間見える。米ホノルル市では先週、罰金の徴収が始まった。道路横断時の歩きスマホは初回の罰金が最大約4千円で、繰り返すと額が上がっていく。日本では注意の呼びかけが主か。ドイツやオランダではうつむいても赤信号が見えるよう、歩道に信号灯を埋め込み始めた。

 ▼ロメロ作品は社会風刺を盛り込んだ点も見る人を引きつけた。第1作でゾンビと戦うヒーローに当時としては珍しく黒人俳優を起用したのは、人種差別への問題提起と受け取られた。第2作で人々が籠城先にショッピングモールを選ぶのは消費至上主義への皮肉だ。スマホ人間の大量発生をロメロならどう料理しただろう。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2017年10月30日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

2017-10-19 06:15:48 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

 東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三(にしむろたいぞう)氏が死去したことが十八日、分かった。八十一歳。東芝の関係者が明らかにした。山梨県出身。死亡日時や死因など詳細は明らかになっていない。葬儀・告別式は近親者で行うとみられる。東芝は後日、お別れの会を開く見通しだ。 

写真

 慶応大卒業後、一九六一年に東京芝浦電気(現東芝)に入社。九六年に社長に就任し、カンパニー制や執行役員制導入の改革を進めた。半導体部門の不振や家電不況を受け、不採算部門の売却などリストラ策も断行した。

 東芝の会長を務めた後、東京証券取引所の国際化などを進める対外的な顔として、東証会長に就任。システム障害やライブドア事件の対応に奔走した。財界活動にも尽力し、経団連では二〇〇一~〇五年に副会長、〇六~〇八年には評議員会議長を務めた。内閣府の地方分権改革推進会議議長も歴任。日本と中国の有識者でつくる「新日中友好二十一世紀委員会」の日本側座長を務めたほか、戦後七十年談話に関する有識者懇談会の座長として報告書を取りまとめた。

 一二年には政府の郵政民営化委員会委員長となり、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が政府に認可申請した新規事業の是非も審議し、積極的に認める姿勢を示してきた。郵政業務に詳しいことから、一三年に日本郵政社長に就任、一五年十一月にグループ三社の上場を果たした。その後体調を崩して入院したことに伴い一六年に社長を退いた。東芝が不正会計問題で経営体制を一新したことを受け西室氏も相談役を辞めていた。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 経済 【企業・産業・訃報】  2017年10月19日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:東芝の光と影を体現 原発事業の原点 西室氏

2017-10-19 06:15:46 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:東芝の光と影を体現 原発事業の原点 西室氏

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:東芝の光と影を体現 原発事業の原点 西室氏

 東芝社長、会長を歴任した西室泰三氏が死去した。経営者、財界人として華麗な経歴を重ねた西室氏だが、原発事業の失敗などで東芝の経営危機が表面化すると、その元凶になったとの見方が噴出。晩年は批判を受けることもあった。

 西室氏が東芝で頭角を現したのは十四年間に及ぶ米国駐在の一九九〇年代前半、タイム・ワーナーの提携に成功したころだった。次世代VTRでDVD規格の一本化にも貢献。この時の交渉力が評価されて九六年に東芝社長に就任した。

2015年11月、日本郵政の上場の記念式典であいさつする西室泰三氏=東京証券取引所で

写真

 西室氏は東芝の社長時代、半導体などIT分野で成長する経営戦略を打ち出し成功を収めた。しかし社長退任後の西室氏は後継社長を次々と指名して強い影響力を発揮し「院政」を敷いたのは疑う余地がない。経団連会長になることに意欲を隠さなかった西室氏は二〇〇五年に東京証券取引所会長、一三年に日本郵政社長に就任するなど「政府従属」の姿勢を強めていった。

 原発推進も東芝に「国策」として遂行させる必要があった。後継の社長らを従わせられるのは西室氏だけだ。その意志を受け、東芝は原発事業にのめり込んでいったともいえる。

 東芝の経営危機の根幹は一六年に米原子力子会社ウェスチングハウス(WH)で発覚した巨額損失だ。東芝は〇六年にWHを五十四億ドル(当時の為替レートで約六千四百億円)で買収したが、一一年の東京電力福島第一原発の事故後、原発事業は失速。東芝の経営を根幹から崩壊させた。

 一六年二月に検査入院しその後に日本郵政の社長職、東芝相談役を退いた西室氏。以降、公の場に姿を見せず、東京都内の大学病院で入院生活を続けていた。

 西室氏を知る財界人によると、「(経営不振に陥った)東芝を何とかしてほしい」と行く末を案じていたという。東芝を永遠に名門にしたい、という強い思いが貫かれた、光と影を体現した経営者と言えるだろう。 (編集委員・中沢幸彦)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 経済 【企業・産業・訃報】  2017年10月19日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

2017-10-18 23:01:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:西室泰三氏死去 東芝、日本郵政社長を歴任

 東芝や日本郵政で社長を務めた西室泰三氏が死去したことが18日、分かった。81歳。東芝の関係者が明らかにした。山梨県出身。死亡日時や死因など詳細は明らかになっていない。葬儀・告別式は近親者で行うとみられる。東芝は後日、お別れの会を開く見通しだ。

 死去した西室泰三氏

 死去した西室泰三氏

 慶応大卒業後、1961年に東京芝浦電気(現東芝)に入社。96年に社長に就任し、カンパニー制や執行役員制導入の改革を進めた。半導体部門の不振や家電不況を受け、不採算部門の売却などリストラ策も断行した。

 東芝の会長を務めた後、東京証券取引所の国際化などを進める対外的な顔として、東証会長に就任した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業・訃報】  2017年10月18日  23:01:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:土山秀夫さん死去 長崎で被爆 核廃絶運動の理論的支柱 92歳

2017-09-03 06:15:25 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:土山秀夫さん死去 長崎で被爆 核廃絶運動の理論的支柱 92歳

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:土山秀夫さん死去 長崎で被爆 核廃絶運動の理論的支柱 92歳

 長崎の反核平和運動で中心的な存在だった、被爆者で元長崎大学長の土山秀夫(つちやまひでお)氏が二日、多臓器不全のため死去した。九十二歳。長崎市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

写真

 一九四五年八月九日に原爆が落とされた長崎へ翌日に入り、残留放射線を浴びて被爆。当時は旧長崎医科大付属医学専門部(現長崎大医学部)の学生で、負傷者の救護に奔走した。

 国内外の非政府組織(NGO)による国際会議「核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」を、実行委員長として四度開催。長崎の核廃絶・平和運動において、理論的支柱の役割を果たした。

 専攻は病理学。長崎大の医学部長などを経て、八八年から九二年まで長崎大学長。長崎市の平和祈念式典で市長が読み上げる平和宣言文の起草委員会委員を二十年以上務めた。

 長崎原爆をテーマにした山田洋次監督の映画「母と暮(くら)せば」(二〇一五年公開)では、主人公のモデルとなった。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【訃報】  2017年09月03日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:反核の柱、相次ぎ失う 盟友・谷口さん死去から3日

2017-09-03 06:15:20 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:反核の柱、相次ぎ失う 盟友・谷口さん死去から3日

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:反核の柱、相次ぎ失う 盟友・谷口さん死去から3日

 被爆地・長崎が、核兵器廃絶運動をけん引してきた被爆者の「象徴」を立て続けに亡くした。八月三十日亡くなった日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員の谷口稜曄(すみてる)さん=享年(88)=に続き、二日朝亡くなった土山秀夫さんは九十二歳。「理論の土山、感性の谷口」と称される二人は、核廃絶運動のまさに両輪だった。原爆投下から七十二年。精神的な柱を次々に失う現実に、関係者はショックを隠せない。

 谷口さんが亡くなった八月三十日、土山さんは入院先で取材に応じた。入退院を繰り返して足腰が弱り、リハビリ入院していた。ラジオで知った盟友の死を「片腕をもがれたような失望感」と強い言葉で表し「私と立ち位置や表現は違うが、互いに頑張りましょうといつも言い合っていた」と話した。ただ、自らについては「復帰して、早く読み、書く作業をしたい」と情熱をみせていた。

 原爆で赤く焼かれた背中をさらし、核廃絶の必要性を理屈抜きに訴えた谷口さん。一方の土山さんは原爆で身内を失い、自身も入市被爆後、医学者として、また被爆地を代表する学問の府・長崎大の顔として核廃絶の議論を国内外に起こした。核兵器禁止条約の採択は、「理論と感性」で訴えてきた二人の運動の成果ともいえる。土山さんが開設にかかわった長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の鈴木達治郎センター長(66)は「実体験に裏打ちされた二人には説得力があった。(土山さんには)条約の実効性を高めるための助言をいただいたばかりで残念でならない」と声を落とす。日赤長崎原爆病院の朝長万左男名誉院長(74)も「これまでの運動は二人三脚。被爆者がいつかいなくなる現実が迫っていることに、改めて恐ろしさを感じる」と漏らした。

 長崎市の田上富久市長は記者団に「大きな二つの柱を失った。生きている間に核兵器禁止条約を形にできたのは、せめてもの慰めだ」と述べた。 (西日本新聞・重川英介、沼口祐季)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【訃報】  2017年09月03日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【告別式】: 故・日野原重明さん、皇后さまが弔問

2017-07-29 17:12:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【告別式】: 故・日野原重明さん、皇后さまが弔問

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【告別式】: 故・日野原重明さん、皇后さまが弔問

 予防医療や終末期医療の普及に尽くし、18日に105歳で亡くなった聖路加国際病院名誉院長、日野原重明さんの告別式が29日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。医療関係者や親交のあった文化人ら約4千人が参列し、現役医師としての活動を続けてきた日野原さんに別れを告げた。

 祭壇には、101歳の時に撮影した白衣姿の遺影が飾られた。葬儀委員長の福井次矢・聖路加国際病院長は「医師としての価値観、人としての生き方についてもご指導いただいた」と振り返った。歌手の森山良子さんは葬儀後、取材に応じ「温かい励ましや、やわらかな気持ち、積極的な生き方を残してくれた」と話した。

 日野原さんは民間初の人間ドックや国内初の独立型ホスピスの創設など先進的な取り組みを進めた。00年には75歳以上の元気で自立した高齢者でつくる「新老人の会」を設立。高齢化社会を生きるモデル像ともなった。

 葬儀の前には日野原さんと長年にわたって私的な交流があった皇后さまが献花。遺族に「皆さんのために、立派なお仕事をなさってくださいました」と声を掛けられた。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 社会 【訃報・告別式・聖路加国際病院名誉院長、日野原重明さんの告別式】  2017年07月29日  17:12:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:平尾昌晃さん死去 「瀬戸の花嫁」「夜空」作曲

2017-07-23 06:15:26 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:平尾昌晃さん死去 「瀬戸の花嫁」「夜空」作曲

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:平尾昌晃さん死去 「瀬戸の花嫁」「夜空」作曲

 「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲で知られる作曲家で、歌手としても活躍した平尾昌晃(ひらおまさあき)さんが二十一日午後十一時四十分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。七十九歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。 

記者会見で五木ひろしさん(左)と写真に納まる平尾昌晃さん=2010年12月、東京都内で

写真

 米歌手エルビス・プレスリーに影響を受けロックンロールに傾倒。一九五八年に歌手デビュー、第一回日劇ウエスタンカーニバルに参加し、ミッキー・カーチスさん、山下敬二郎さんとロカビリー旋風を巻き起こした。

 カナダ出身の歌手ポール・アンカさんの「ダイアナ」などのカバーや「星はなんでも知っている」などで“和製プレスリー”として人気を集めた。

 六〇年代半ばから作曲家として活躍。布施明さん「霧の摩周湖」などで日本レコード大賞作曲賞を受けたほか、小柳ルミ子さん「瀬戸の花嫁」が日本歌謡大賞、五木ひろしさん「夜空」が日本レコード大賞を受賞した。

 歌手として活動も続け、畑中葉子さんとデュエットした「カナダからの手紙」がヒットした。

 NHK紅白歌合戦で二〇〇六年からエンディング曲「蛍の光」の指揮者を務めた。平尾昌晃ミュージックスクールを設立、新人歌手育成にも努めた。音楽活動の傍ら、少年院や福祉施設で慰問ライブを行い、チャリティーゴルフ大会を開くなどボランティアにも力を入れた。〇三年紫綬褒章。

 ◆「ぬくもり」作り続けた

<評伝> ぱっと情景が浮かぶ、ぬくもりのあるメロディー。二十一日に死去した作曲家平尾昌晃さんは、時が移ろっても人にとって心地よい音は変わらないと信じ、生涯を懸けて「人の心の中に入っていくような歌」を作り続けた。

 一九五八年に歌手としてデビューした平尾さんは「和製プレスリー」と呼ばれ、ロカビリーブームの立役者に。その後、数々の名曲を生み出す作曲家になったが、その転身は自身が望んだものではなかったという。

 「僕は体が弱くて、医者に『三年ぐらい肺を使っちゃいかんよ。作曲だったらベッドの上でもできるだろう』と言われた。それで歌うことを断念したんです」。二〇一二年に取材したとき平尾さんはこう振り返った。

 歌うことへの思いは強く、「白状するとね、自分が歌ったらどんなふうだろうって、(男性歌手に提供する曲は)自分に向けて書いているんです」とニコッと笑った。女性が歌う曲の場合は、歌手に似合う服装や季節を想像し、「プロデューサー的な感覚」で作曲していたという。

 大切にしたのは、心地よい音を瞬時に聞き分ける人の耳のほか、手作りによるぬくもりや温度。ヒット曲を分析し、機械的に作られた曲では感動させられないと断言した。「よこはま・たそがれ」「グッド・バイ・マイ・ラブ」…。歌い継がれる曲は、作詞家と気持ちが通じ、さらに歌手がその思いを共有したときに誕生したという。

 「洋楽、邦楽、民謡、童謡、何でも好き。楽しいものは全部取り入れちゃう」。分け隔てない音楽の好みは、ざっくばらんで気さくな人柄にも表れていた。写真撮影時に少しゆがんでいた襟をカメラマンが指摘すると、「気にしないで! 僕は優等生じゃないから」と笑い、冷めないうちにとお茶を勧めてくれた。

 音楽制作現場がデジタル化し、曲が“消費”される傾向が強くなる中、ラブソングが似合う人を育てたいと語った平尾さん。「ファンの人から歌ってと言われるような曲を作りたいな。そうすればいつまでも残るじゃないですか」。取材中、一番印象に残ったこの言葉は、後進への激励だったのかもしれない。(共同・不破浩一郎)

 ◆世に出してくれた

<歌手の五木ひろしさんの話> ただ驚いて、「まさか」という思いです。平尾昌晃先生と、(作詞家の)山口洋子先生のお二人が、五木ひろしを世に送り出してくださった。僕が今日あるのも「よこはま・たそがれ」をはじめ、いい曲をたくさん作っていただいたおかげで、本当に大恩人です。恩返しだと思って、歌い続けていきます。感謝の気持ちでいっぱいです。

 ◆本当に寂しいよ

<歌手で俳優のミッキー・カーチスさんの話> まーちゃん(平尾昌晃さん)とは進駐軍の仕事をしていた時代だから、十代の頃からの付き合いだった。(ロカビリー)三人男で日劇に出た時は、それぞれ、お互い良いライバルだったから楽しかったよ。けいちゃん(山下敬二郎さん)、まーちゃんと逝ってしまって残されちゃったね。本当に寂しいよ…。ご冥福をお祈りします。

  元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【訃報】  2017年07月23日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地軸】:いのちの時間

2017-07-20 03:15:40 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【地軸】:いのちの時間

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【地軸】:いのちの時間

 「野球で言えば、私の人生は九回だが、これから一番大事な人生が始まる」。そう語ったとき、御年95歳。続けて「延長十五回ぐらいまで、子どものためにやりたい」―言葉通り、長く濃い「いのちの時間」を存分に生ききった▲

 聖路加(せいるか)国際病院の名誉院長、日野原重明さんが105歳で旅立った。明治生まれで戦前から医師を務め、東京大空襲や地下鉄サリン事件の救護に当たり、よど号ハイジャック事件の人質にも。波瀾(はらん)万丈、生涯現役の類いまれな一生▲

 90歳を超えても執筆、演劇、講演と東奔西走。2年前は安全保障関連法案に「反対」の声を上げた。13年前に聞いた学会講演では「講演予定は10年先まで満杯」「長生きは人に恩返しするチャンス。罪深い人ほど長生きしなきゃ」。ユーモアとエネルギーに感嘆した▲

 予防からみとりまで命に丸ごと関わり続けた人でもある。「愛するあなた」として患者に寄り添えば「命を上手にランディング(着陸)させられる」―長さだけではない、それぞれの人生への敬意がにじむ▲

 よど号事件後「人生を誰かのためにささげようと決心した」という。「いのちは一人一人が持つ大切な時間」「時間を誰かのために使うことで生きることが意味を持つ」…。子どもたちへの「いのちの授業」に、人生の「延長戦」を惜しみなく費やした▲

 誰かのために生きた人は、皆の心に永く生き続ける。長い旅路の果ての見事な着陸に、拍手。

 元稿:愛媛新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【地軸】  2017年07月20日  03:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:「東海道中膝栗毛」の十返舎一九の辞世は<此世(このよ)を・・・

2017-07-06 06:10:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【筆洗】:「東海道中膝栗毛」の十返舎一九の辞世は<此世(このよ)をばどりやおいとまに線香の煙とともに灰左様なら>。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:「東海道中膝栗毛」の十返舎一九の辞世は<此世(このよ)をばどりやおいとまに線香の煙とともに灰左様なら>。

 線香の灰とのシャレでハイ、サヨウナラ。さっぱりしたものである▼名将は最期になんとおっしゃったか。勝負にかけた熱とこだわり。野球ファンなら、あっさりの「灰左様なら」ではなく、最期まであの言葉を口にしたと想像をするだろう。「あれはファウルだ」▼阪急ブレーブスを三年連続日本一に導いた名監督、上田利治さんが亡くなった。八十歳。ファウルとはもちろん、一九七八年、日本シリーズ第七戦である。ヤクルト大杉選手の左翼ポール際の本塁打に上田監督は「ファウルだ」と強く抗議。中断は、一時間十九分に及んだ。前代未聞である▼判定が覆るはずもない。あの時はなんとあきらめの悪いお人かと思ったが、そのあきらめの悪さと意地が懐かしい。うわっつらの物分かりの良さと、不興を買わぬことに汲汲(きゅうきゅう)とするご時世にあってはなおさらかもしれない▼不思議なことに関大でバッテリーを組んだ名投手、村山実さん(阪神)にも「ファウルだ」の場面がある。五九年の天覧試合。長嶋さんに打たれた左翼ポール際のサヨナラ本塁打をずっとファウルと疑っていた▼上空から左翼ポールを並んでながめるお二人を空想する。確認して、顔を見合わせこうおっしゃっているか。「やっぱり、ファウルだ」

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年07月06日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:故与謝野氏お別れ会で首相弔辞 「知性あふれる政治家」

2017-07-05 22:20:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【政局】:故与謝野氏お別れ会で首相弔辞 「知性あふれる政治家」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:故与謝野氏お別れ会で首相弔辞 「知性あふれる政治家」

 5月に死去した与謝野馨元財務相をしのぶ自民党・与謝野家合同のお別れの会が5日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。実行委員長の安倍晋三首相(党総裁)は弔辞で「知性あふれる政治家で、国会運営の達人でもあった。第1次安倍改造内閣の官房長官として私と内閣を全力で支えていただき、感謝の念は言い尽くせない」と生前の活躍を振り返った。

 与謝野馨元財務相をしのぶお別れの会で献花する参列者=5日午後、東京・南青山の青山葬儀所(代表撮影)

 与謝野馨元財務相をしのぶお別れの会で献花する参列者=5日午後、東京・南青山の青山葬儀所(代表撮影)

 与謝野氏がかつて秘書を務めた中曽根康弘元首相も車いすで参列。「国家の未来を見据えた高い政治能力を失うことは、誠に残念であり、寂寞の思いだ」との弔電が代読された。森喜朗元首相や大島理森、伊達忠一衆参両院議長らも出席した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・訃報・お別れ会】  2017年07月05日  22:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:故与謝野氏しのびお別れ会 首相「知性あふれる政治家」

2017-07-05 13:20:30 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【政局】:故与謝野氏しのびお別れ会 首相「知性あふれる政治家」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:故与謝野氏しのびお別れ会 首相「知性あふれる政治家」 

 5月に死去した与謝野馨元財務相をしのぶ自民党・与謝野家合同のお別れの会が5日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。実行委員長の安倍晋三首相(党総裁)は弔辞で「知性あふれる政治家で、国会運営の達人でもあった。第1次安倍改造内閣の官房長官として私と内閣を全力で支えていただき、感謝の念は言い尽くせない」と生前の活躍を振り返った。

 与謝野馨元財務相をしのぶお別れの会で弔辞を述べる安倍首相=5日午後、東京・南青山の青山葬儀所(代表撮影)

 与謝野馨元財務相をしのぶお別れの会で弔辞を述べる安倍首相=5日午後、東京・南青山の青山葬儀所(代表撮影)

 与謝野氏がかつて秘書を務めた中曽根康弘元首相も車いすで参列。森喜朗元首相や大島理森、伊達忠一衆参両院議長らも出席した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・訃報・お別れ会】  2017年07月05日  13:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:西武、森コーチにささげる勝利 恒例の握手、辻監督「心の中で」

2017-07-05 06:15:12 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:西武、森コーチにささげる勝利 恒例の握手、辻監督「心の中で」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:西武、森コーチにささげる勝利 恒例の握手、辻監督「心の中で」 

 ◇西武4-1日本ハム

 西武は一回に中村の2試合連発となる18号2ランで先行し、二回にメヒアの14号ソロ、三回は浅村の適時打で加点した。野上は6回1失点で5月23日以来の5勝目。九回は増田が抑え16セーブ目。日本ハムは借金15となった。

 森投手コーチにリーグ優勝を誓って臨んだ一戦で、西武は打つべき打者が打って効果的に得点を重ねた。

亡くなった森慎二氏のユニホームを手に、声援に応える西武・野上=東京ドームで

写真

 頼りになるのは4番中村だった。一回2死二塁で加藤の浮いたスライダーを逃さずバットに乗せると、打球は高々と上がり左翼席中段に飛び込む18号2ランとなった。2試合連続の一発に「甘い球をしっかり捉えられた」とベンチで目を細めた。

 二回にはメヒアが14号ソロ、三回には浅村が適時打と自慢の打線が序盤から機能した。通夜が営まれた前日3日に連敗を5で止め、2試合連続の2桁安打で勝利をつかんだ。辻監督は「タイミングとして勝てて良かった」と息をついた。

 辻監督は今季、白星を挙げた試合では、ブルペンを任せていた森コーチと最後に握手するのが勝利の儀式だった。「勝利するたびに思い出すと思う。心の中で握手したい」。再び一緒にグラウンドに立つことはできないが、今もともに戦っている。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【プロ野球・訃報】  2017年07月05日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【訃報】:上田利治元監督死去 「ええで節」選手乗せた

2017-07-03 06:15:09 | 【訃報・訃音・お悔やみ、死亡記事、死亡広

【訃報】:上田利治元監督死去 「ええで節」選手乗せた

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【訃報】:上田利治元監督死去 「ええで節」選手乗せた

 プロ野球阪急(現オリックス)の指揮を執り日本シリーズ3連覇を果たすなど名監督として知られた上田利治(うえだ・としはる)氏が1日、肺炎のため川崎市内の病院で死去した。80歳。徳島県出身。葬儀・告別式は6日午前10時から横浜市青葉区美しが丘2の21の4、公益社会館たまプラーザで。喪主は妻勝子(かつこ)さん。

1975年11月、日本シリーズ初優勝を決め、ナインと共にペナントを掲げる上田利治氏(右)=西宮球場で

写真

 負けたときには自分が矢面に立ち、勝ったときには選手を「ええで、ええで」と褒める。日本ハムの監督時代に取材した上田さんは、とにかく選手を大事にする人だった。代名詞となった「ええで節」に人柄が表れていた。

 自らが選手として成績を残せなかったからか。芽が出ない選手にチャンスを与え続けた。日本ハムでは2軍で苦しんでいた岩本勉、小笠原道大らを抜てき。小笠原を捕手から野手に転向させ打棒を開眼させたように、個性を伸ばし、ファンから愛される選手に育て上げた。

 「ベンチ裏でいつも選手を褒めていました。『ええで、ええで』と監督に乗せられて、活躍した選手は多い。チームが明るかった」と当時球団広報を務めた中原信広事業統括本部ディレクターは話す。上田さんは日本ハムでは優勝できなかったが、北海道移転後に強豪となった球団の礎を築いた。当時レギュラーだった片岡篤史、金子誠らはその後の球界を背負った。阪急の日本シリーズ3連覇を含め、上田さんがパ・リーグの、プロ野球の歴史をつくったといってもいい。

 指導力、情熱、気配り。上田さんを語る言葉は数多いが、一番は人としての温かさだったと思う。私事だが、父が関大野球部で上田さんと一緒だった。3年前に父が亡くなったときには電話とともに、心のこもった長い手紙をいただいた。体調が優れず、葬儀に出られないことをわびながら、「気を落とすなよ。頑張れよ」と励まされた。あの温かい声が今でも忘れられない。 (谷野哲郎)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース スポーツ 【プロ野球・訃報】  2017年07月03日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加