乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【話題】:「黒いの」に抗議文…アフリカにルーツの子供ら

2017-12-15 07:47:30 | 【人種差別、人権、生存権】:

【話題】:「黒いの」に抗議文…アフリカにルーツの子供ら

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【話題】:「黒いの」に抗議文…アフリカにルーツの子供ら

 前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員(福岡10区)がアフリカ諸国との交流に関し、「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言した問題で、アフリカにルーツを持ち、NPO法人「アフリカ日本協議会」(東京)が運営するクラブで活動する日本在住の子どもたちの有志が14日、山本氏宛てに抗議文を送付した。

 抗議文では、発言を「差別的で、蔑(さげす)んでいるようにしか聞こえない」などと批判。その上で、「発言を反省し、アフリカ系の人々、差別に反対するすべての人に対して真摯(しんし)に謝罪するよう求めます」としている。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】 2017年12月15日  07:47:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:「アフリカを蔑視」山本氏発言に研究者ら抗議文

2017-12-03 00:21:30 | 【人種差別、人権、生存権】:

【政局】:「アフリカを蔑視」山本氏発言に研究者ら抗議文

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:「アフリカを蔑視」山本氏発言に研究者ら抗議文

 前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員(福岡10区)がアフリカ諸国との交流に関し、「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言した問題で、アフリカ研究者らでつくる日本アフリカ学会(事務局・京都市)の有志は2日、反省と謝罪を求める抗議文を山本氏宛てに送付した。

 抗議文では、山本氏の発言を「アフリカを蔑視(べっし)し差別する許しがたいもの」などと批判。山本氏が発言を撤回し、人種差別の意図を否定した際に使った「黒い大陸」などの表現についても、「差別的なため現在は使わないのが一般的。無意識に使うこと自体、アフリカとアフリカ人に対する敬意を欠いた誤った認識に基づく」などと指摘した。

 同学会会長の太田至・京都大教授は「無自覚のまま差別を助長しており、きちんと反省すべきだ」と話した。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題・前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員がアフリカ諸国との交流に関し、「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言した問題】  2017年12月03日  00:21:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【春秋】:あれからまだ4年もたっていない。

2017-11-27 03:30:10 | 【人種差別、人権、生存権】:

【春秋】:あれからまだ4年もたっていない。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【春秋】:あれからまだ4年もたっていない。

 ロシアのソチで開かれた冬季オリンピックの開会式を、米欧主要国の首脳が欠席した。同性愛の「宣伝」を新法で禁じたプーチン政権への反発が最大の理由だ。日本語で宣伝というと商業的な広告を思い浮かべるが、この場合は違う。

 ▼本紙記事によれば「非伝統的な性的状況を作ること」につながれば、広く処罰される可能性がある。街頭デモやメディアでの権利擁護も含むという。政権による締め付けを嫌い亡命者も増えた。つまり、同性愛を敵視する国は歴史の歯車を逆転させる存在とみなされ、窮屈な国からは国民も逃げ出しかねないということだ。

 ▼毎年5月、同性愛者など性的少数者への理解を深めようと「東京レインボープライド」という催しが代々木公園一帯で開かれる。今年も10万人以上が集まり、出店や行進に大手企業がこぞって参加した。イメージの向上だけでなく、人材獲得や市場開拓には性的少数者を大事にした方が圧倒的に得という現実も背景にある。

 ▼自民党幹部から、国賓のパートナーが同性なら天皇、皇后両陛下による晩さん会の出席に反対するとの発言が飛び出した。もしそうなれば日本や皇室を見る世界の目はどうなるだろう。拒否の理由は「日本の伝統」だという。招く側が客の文化や心のあり方にケチをつけることこそ、おもてなしの国に合わない気もするが。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【春秋】  2017年11月27日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:山本前地方創生相また失言「なんであんな黒いのが好きなんだ」

2017-11-26 05:36:00 | 【人種差別、人権、生存権】:

【政局】:山本前地方創生相また失言「なんであんな黒いのが好きなんだ」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:山本前地方創生相また失言「なんであんな黒いのが好きなんだ」

 自民党の山本幸三前地方創生担当相(69)が23日に北九州市で、同党の別の衆院議員のアフリカ支援活動について「なんであんな黒いのが好きなんだ」と発言したことが25日、分かった。また、同党の神谷昇衆院議員(68)が14年の衆院選の選挙期間中にも岸和田市議側に現金10万円を渡していたことが判明。若宮健嗣前防衛副大臣(56)は事務ケース名目で模型を購入していたことが分かった。続々と自民議員の問題が浮上した。

      共同  山本幸三氏

 山本氏の問題発言は、三原朝彦衆院議員の会合で飛び出した。出席者によると、山本氏は三原氏が長年取り組んでいるアフリカとの交流を紹介した上で「ついていけないのがアフリカ好きでありまして、何であんな黒いのが好きなんだ」と述べた。黒人差別とも受け取られかねない発言。今後、批判が出てきそうだ。

 山本氏は25日、福岡市内であった自民党会合で「アフリカを表す“黒い大陸”ということが念頭にあり、とっさに出た」と記者団に説明。「人種差別の観点は全くない。表現が誤解を招くということであれば、撤回したい」と述べた。

 出席者は「三原氏のアフリカへのこだわりを説明するための表現だったのではないか」と話した。

 今年2度目の失言騒動だ。地方創生担当相を務めていた4月、大津市で開かれたセミナーで外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言。その後、発言を撤回し、謝罪に追い込まれていた。

 10月の衆院選で圧勝した自民党だが7月には相次ぐ閣僚らの失言や安倍晋三首相の「こんな人たち」発言で内閣支持率が急落。12年の第2次安倍内閣発足後、共同通信の調査では最低水準の35・8%まで落ち込んでいた。8月の内閣改造と大勝した衆院選を経て11月の世論調査の内閣支持率は49・5%まで回復しているが所属議員の相次ぐ問題は足元を揺るがすきっかけになりかねない。

 元稿:スポーツニッポン新聞社 Annex 主要ニュース 社会 【話題・政局】  2017年11月26日  05:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【私設・論説室から】:世界に響け!アイヌ音楽

2017-11-24 06:10:15 | 【人種差別、人権、生存権】:

【私設・論説室から】:世界に響け!アイヌ音楽

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【私設・論説室から】:世界に響け!アイヌ音楽

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックは、スポーツだけではなく文化の祭典ともなる。日本が培ってきた文化を世界中から集う人たちに魅力的に伝えられるかどうか。

 そんなことを思いつつ、いろいろな音楽を集めて聴いていると、面白い「響き」と出会った。アライシアキラ、キラライラの男女で組まれた音楽ユニット「イチオン」。

 二人が目指すのはアイヌ民族の伝統音楽をベースにしたダンスミュージック。電気技師でもあるアライシが自作の電子楽器などで奏でる重厚なリズムと幻想的な音に、キラが透き通るようなボイス(声)を乗せていく。

 ボイスで発せられるのは、文字を持たないアイヌ民族が口伝で伝えてきた神話の世界だ。アイヌの少女で金田一京助氏の弟子となった知里幸恵(ちりゆきえ)さんが、大正時代に初めてローマ字で発音を書き写し、日本語に翻訳した「アイヌ神謡集」を題材にしている。

 知里さんは本の校正を終えたその夜に心臓病のため十九歳で急逝した。命に替えて伝えたのは、雄大な自然と共生するアイヌ文化の素晴らしさ。その文化に直(じか)に触れ、理解を深めたいという思いから、イチオンが今年発売したCD「銀のしずく降る降るまわりに」(ピンポイント)は北海道の阿寒湖、洞爺湖などの自然あふれる野外で録音した。

 三年後、二人の音は世界に響き渡るのか。そうなってほしい。 (鈴木遍理)

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【私設・論説室から】  2017年11月22日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説①】:対日人権勧告 聞きっぱなしにするな

2017-11-20 06:10:55 | 【人種差別、人権、生存権】:

【社説①】:対日人権勧告 聞きっぱなしにするな

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説①】:対日人権勧告 聞きっぱなしにするな

 五年ぶりとなる国連人権理事会の対日審査で、特定秘密保護法をはじめとする日本の人権状況に関する勧告が相次いだ。政府は謙虚に受け止め、改善に努めるべきだ。

 国連人権理事会は、全ての国連加盟国を対象に人権に関連する問題について、数年おきに審査している。日本が対象国となったのは今回が三回目だ。

 日本政府や、非政府組織(NGO)が提出した報告書を基に、今回、発言した国・地域は百六、勧告数は二百十八だった。

 日本弁護士連合会によると、女性や性的少数者(LGBT)、人種、民族的少数者などに対する差別の解消を求める勧告が六十以上、死刑制度の廃止に関連した勧告が三十以上あった。

 社会的弱者に対する日本政府の保護が、まだ十分でないと考える国が多いということだろう。

 また韓国と中国は、旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げ、誠意ある謝罪と補償、公正な歴史教育の実施を求めた。

 見過ごせないのは二〇一三年に成立した特定秘密保護法と、メディアとの関係だ。ブラジルとベラルーシは、特定秘密保護法が、メディアの独立性に影響を与えているとして懸念を示した。

 米国は、政府による放送局の電波停止権限の根拠となる放送法四条に関連し、「メディアに対する規制の枠組みを懸念する」と発言、政府から独立した監視機関の設立を提言した。オーストリアもメディアの独立性の保証を求めた。

 言論と表現の自由に関してはデービッド・ケイ国連特別報告者が六月に人権理事会で演説し、日本の報道が特定秘密保護法などで萎縮している可能性に言及して、法改正などを求めている。

 日本政府は「不正確で、不十分な内容」と反論したが、この問題に関心を持つ国は少なくない。

 勧告は、来春の人権理事会本会合で正式に採択される。

 人権理事会の勧告は、国連の総意ではなく、あくまで各国の意見表明を取りまとめたものだ。政治的な思惑を反映した発言が含まれる、との意見もある。

 それでも、勧告を聞きっぱなしにしてはならないだろう。人権問題を扱う法務省は、二〇二〇年の東京五輪に向けて「人権大国・日本」を掲げている。このスローガンに恥じないためにも、より多くの勧告に耳を傾け、改善に取り組んでほしい。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年11月20日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:ある男が神様に願をかけた。

2017-09-22 06:09:40 | 【人種差別、人権、生存権】:

【筆洗】:ある男が神様に願をかけた。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:ある男が神様に願をかけた。

 「明日は晴れにしてください。もし願いがかなえば、羊の頭をお供えします」。おみくじを引くと、願いはかなえられると出た▼別の男がやって来て願をかけた。「明日は雨を降らせてください。かなえば豚の頭をお供えします」。おみくじではやはりかなうと出た。神様は奥さんに告げた。「明日は天気なら羊、雨ならば豚が食べられるぞ」▼中国の笑い話という。相反する約束とは腹立たしい。その民主化運動指導者にはそんな「神様」になってほしくないのである。イスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題で対応を非難されるミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問である▼政府の治安部隊がロヒンギャの村を焼き払い、銃撃したとの報告もある。「民族浄化」。おぞましき指摘もあるが、スー・チー氏は沈黙する。「どこで暮らす人々も自由や平和を享受できる世界を」。ノーベル平和賞の受賞演説でそう語った人がロヒンギャに背を向ける▼対応が難しいのは分かる。国民の九割が仏教徒でロヒンギャには冷ややか。スー・チー氏は民主化推進の上でも、その支持を失いたくない。軍の反発も避けたい▼しかし、それでは、正反対の約束をして、平気な顔のあの神様になる。少数民族の血と叫び声。それに目をつむり、民主化を推進したところで、誰がそれを民主化と称賛するだろうか。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年09月18日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:②ロヒンギャ迫害 スー・チー氏は傍観続けるな

2017-09-21 06:05:40 | 【人種差別、人権、生存権】:

【社説】:②ロヒンギャ迫害 スー・チー氏は傍観続けるな

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:②ロヒンギャ迫害 スー・チー氏は傍観続けるな

 ミャンマーで、国際社会から「民族浄化」と指摘される人権侵害が深刻化している。実質的な政権トップであるアウン・サン・スー・チー国家顧問の責任は重い。

 発端は、西部ラカイン州で8月下旬、少数民族ロヒンギャの過激派とみられる武装集団が警察拠点を襲撃したのを機に、国軍や警察が掃討作戦を始めたことだ。

 戦闘の巻き添えを恐れた住民が隣国のバングラデシュに逃れ、その数は40万人を超えた。国軍などが集落の焼き打ちや民間人への銃撃などを行った疑いがある。

 グテレス国連事務総長が「深刻な懸念」を示し、軍事行動停止と難民帰還を促したのは当然だ。軍事政権下の民主化運動を主導したスー・チー氏に、ノーベル平和賞の返上を求める運動も起きた。

 国際的な批判が高まるまで問題を放置したスー・チー氏の対応は看過できない。

 19日の国民向け演説で、「全ての人権侵害や不法な暴力を非難する」と述べて、ロヒンギャ迫害をようやく認めた。ただ、国軍は行動規範に従っているとして、正当化する発言もあった。

 コフィ・アナン元国連事務総長をトップとする諮問委員会は、ロヒンギャの帰還などを勧告する最終報告書を出している。

 スー・チー氏は勧告を受け入れる姿勢を示したが、国民感情や国軍に配慮せざるを得ない立場から、実行は容易ではない。

 ミャンマーでロヒンギャは不法移民とみなされ、国籍が与えられていない。国民の9割を占める仏教徒の間では、イスラム系のロヒンギャへの排斥感情が強く、国外追放すべきだとの声が多い。

 現憲法は軍政時代に制定された。上下両院の議席の4分の1が「軍人枠」で、国軍が治安維持の実権を握っている。

 ロヒンギャ迫害を放置すれば、「イスラム国」などの過激派組織が住民の不満につけ込んで流入し、テロを煽(あお)りかねない。

 2年前の総選挙で、スー・チー氏は圧倒的支持を得た。軍や国民に対し、協力を粘り強く働きかける必要があろう。

 スー・チー氏が指導力を発揮するには、国際社会の国軍への圧力と難民への支援が欠かせない。

 河野外相が400万ドル(約4億5000万円)の緊急人道支援などを表明し、外務政務官を現地に派遣する考えを示したのは妥当だ。ミャンマーの民主化が後退しないよう、日本も関与を続けることが求められる。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年09月21日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地軸】:ヒロインは液体か?

2017-09-20 03:15:40 | 【人種差別、人権、生存権】:

【地軸】:ヒロインは液体か?

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【地軸】:ヒロインは液体か?

 「猫は固体か、液体か?」。インターネット上で目にした問いに、フランス人の学者は悩んだ。物理学に基づき導き出した答えは「液体にもなれる」▲

 猫がどんな小さなスペースにでも入る体の柔らかさに着目した。「液体は容器に合わせて形を変える」との定義を引き合いに、猫がグラスの中に丸く収まっている姿で「立証」。ユニークな研究に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」物理学賞を受賞した。くすっと笑えるテーマに研究者は真剣に取り組む▲

 本家のノーベル賞ではなおさら。だが91年前の医学生理学賞「がん細胞の原因は寄生虫」に代表されるように、後に「誤り」とされるケースもある▲

 科学分野よりも物議を醸すのが平和賞。ベトナム戦争の停戦に貢献したとして受賞したキッシンジャー米元国務長官は「戦争を起こした国なのに」と批判を浴びた。そして今、ミャンマー民主化の「ヒロイン」とされるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に賞剝奪を求める声が上がる▲

 少数民族ロヒンギャを不法移民と扱い、ミャンマー国軍が迫害しているにもかかわらず、策を打ち出さないからだ。国際社会の批判を受け、ようやく人権侵害に厳しく対処すると言い出したが、政権に影響力を残す軍への配慮がみえる▲

 猫ではあるまいに、軍事政権という「古い器」に身を入れて目指す民主化の形を変えてしまったのか。器を新しくしなければ、真の民主化は遠い。

 元稿:愛媛新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【地軸】  2017年09月20日  03:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説②】:ロヒンギャの救済へ実行を

2017-09-18 03:30:35 | 【人種差別、人権、生存権】:

【社説②】:ロヒンギャの救済へ実行を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説②】:ロヒンギャの救済へ実行を

 ミャンマー西部に暮らす少数民族「ロヒンギャ」が、深刻な危機に直面している。武装勢力と国軍が衝突したあおりで、30万を超える人たちが隣国バングラデシュへの避難を余儀なくされている。

 アウン・サン・スー・チー国家顧問ひきいるミャンマー政府は、ロヒンギャへの迫害をすぐに止めなくてはならない。避難生活に苦しむ人たちへの支援を、国際社会は迅速に実行すべきだ。

 危機の発端は8月下旬に武装勢力が治安施設を襲撃したことだ。掃討作戦に乗りだした軍は、武装していないロヒンギャも攻撃した。国連のグテレス事務総長が軍事行動を停止するようミャンマー政府に求めたのは、当然だ。

 問題の根が深いことには注意が必要だろう。ミャンマーで多数派の仏教徒たちの間では、イスラム教徒のロヒンギャへの差別的な感情が際だって強い。

 国籍を与えないなど政府がロヒンギャを不当に扱ってきた背景には、そうした差別意識が横たわる。ノーベル平和賞の受賞者でもあるスー・チー氏が、ロヒンギャ保護をはっきり打ち出してこなかったのも、多数派の反発を恐れた面が大きいようだ。

 とはいえ、東南アジアで最も深刻といわれる人道危機に手をこまぬいていいわけはない。スー・チー氏はじめミャンマー政府は差別を打破する努力が求められる。

 国際テロ組織のアルカイダは最近、ロヒンギャ迫害を理由にミャンマーへの攻撃を呼びかけた。テロの拡散を防ぐためにも、ミャンマー政府が和解と共存の道に踏み出すよう、日本を含む国際社会は働きかけを強めるべきだ。

 今年の国連総会への出席を見送ったスー・チー氏は19日、首都ネピドーで演説する。迫害を終わらせるための、断固としたメッセージを期待したい。

 スー・チー氏が招いたアナン元国連事務総長をトップとする委員会は8月、ロヒンギャに国籍を認める制度の導入などを勧告した。まずはこの勧告の実行である。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年09月17日  03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【人権シンポ】:政府の圧力「市民にも」 山城さんが警告

2017-06-17 06:15:21 | 【人種差別、人権、生存権】:

【人権シンポ】:政府の圧力「市民にも」 山城さんが警告

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【人権シンポ】:政府の圧力「市民にも」 山城さんが警告

 【ジュネーブ=垣見洋樹】スイスのジュネーブで開催中の国連人権理事会で、日本の表現の自由に対する政府の圧力について懸念を報告したデービッド・ケイ特別報告者と、沖縄の米軍基地移設への抗議活動で長期勾留された沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長らが十六日、国連施設で開かれたシンポジウムに参加した。

 シンポジウムは山城さんを招いたNGO「反差別国際運動」(本部・東京都中央区)などが主催。

日本の表現の自由への懸念を語った山城博治氏(左)とデービッド・ケイ氏(右)=ジュネーブで(垣見洋樹撮影)

写真

 山城さんは当局が設置した有刺鉄線つきフェンスを切断するなどの微罪で五カ月勾留され、家族や仲間との接見を許されなかった体験を紹介。「仲間や私に加えられた圧力が一般の市民に加えられかねない」と述べ、政府による過度の圧力を抑制するため国際社会の監視を呼び掛けた。

 ケイ氏は「沖縄で基地反対運動をしている人に表現の場を与え、彼らを悪者にしないでほしい」と訴えた。

 東京の国会周辺で実施される大規模な抗議デモを挙げ「日本では表現の場が与えられているが、沖縄は違う」と発言。沖縄のように基地建設を巡る論争が激しい場所でも、表現の自由を与えるべきだと発言した。

 同シンポに参加した琉球新報社の島袋良太記者は、米軍ヘリパッド建設現場の抗議活動を取材していた記者が警察によって十五分間、狭い場所に閉じ込められた事例を紹介した。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題・国連人権理事会・日本の表現の自由に対する政府の圧力について懸念を報告】 2017年06月17日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【国連人権理事会】:放送法改善し報道独立を 国連人権理報告でケイ氏

2017-06-13 06:15:40 | 【人種差別、人権、生存権】:

【国連人権理事会】:放送法改善し報道独立を 国連人権理報告でケイ氏が日本に提案

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【国連人権理事会】:放送法改善し報道独立を 国連人権理報告でケイ氏が日本に提案 

 【ジュネーブ=垣見洋樹】スイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会で十二日、言論と表現の自由に関するデービッド・ケイ特別報告者が報告し、日本政府がメディアに対して圧力を行使できる状況に懸念を表明した上で、報道の独立確保のため放送法の改善などを提案した。ケイ氏の報告に対し、日本の駐ジュネーブ国際機関政府代表部の伊原純一大使は「わが国の立場に正確な理解がなく、遺憾だ」と反論した。

 ケイ氏は昨年四月に訪日して政府職員や報道関係者、人権活動家らと面会し、報告書をまとめた。

 ケイ氏は十二日、放送事業者に政治的公平を求め、違反した場合に総務省が免許の一時停止を命じることができる放送法の見直しを提案。報道規制につながることに懸念を示した。

 一方で、報道機関の側にもプロフェッショナルな立場で、社を超えた連帯を強めるよう求めた。

 ケイ氏は報告書で、二〇一四年に施行された特定秘密保護法に関し、秘密の漏洩(ろうえい)に対する罰則によってジャーナリストや通報者を萎縮させかねないとの指摘があることを紹介し、萎縮させないことを保障するための法改正を求めていた。

 日本の歴史教育をめぐっては、慰安婦問題など教科書に記載される歴史解釈に、政府が介入することを慎むよう求めた。米軍普天間飛行場移設に対する抗議活動をした沖縄平和運動センターの山城博治議長の長期勾留も不適切と指摘した。

 ケイ氏は、カリフォルニア大アーバイン校の法学教授。一四年八月に言論と表現の自由に関する特別報告者に任命された。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【欧州・スイス・国連人権理事会】  2017年06月13日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【国連人権理事会】:日本の報道、独立に懸念 人権理、国連報告者が演説

2017-06-13 00:41:30 | 【人種差別、人権、生存権】:

【国連人権理事会】:日本の報道、独立に懸念  人権理、国連報告者が演説

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【国連人権理事会】:日本の報道、独立に懸念  人権理、国連報告者が演説

 【ジュネーブ共同】言論と表現の自由に関するデービッド・ケイ国連特別報告者は12日、国連人権理事会で演説し、日本政府に対し報道の独立を確保するため放送法の見直しなどを求めた。日本に関する調査報告書で指摘した通り、特定秘密保護法や教科書検定などについても改めて懸念を示した。

 ※(写真):12日、国連人権理事会で演説するデービッド・ケイ国連特別報告者=ジュネーブ(共同)


 12日、国連人権理事会で演説する伊原純一駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使=ジュネーブ(共同)

 ※(写真):2日、国連人権理事会で演説する伊原純一駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使=ジュネーブ(共同)

 伊原純一駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は「わが国の説明や立場に正確な理解のないまま記述されている点があることは遺憾だ」と反論した。

 ケイ氏は演説で、メディアの自由に関し政府に3項目の勧告を検討するよう要請。放送法見直しのほか記者クラブ制度が情報の広範なアクセスを妨げていると述べた。

 元稿:共同通信社 47NEWS 国際 【欧州・ジュネーブ・国連人権理事会】  2017年06月13日  00:41:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:「忘れられた人々」という言葉を使って、変革の理念を語ったのは、

2017-05-28 06:10:25 | 【人種差別、人権、生存権】:

【筆洗】:「忘れられた人々」という言葉を使って、変革の理念を語ったのは、フランクリン・ルーズベルトである。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:「忘れられた人々」という言葉を使って、変革の理念を語ったのは、フランクリン・ルーズベルトである。

 大恐慌に米国民があえぎ続けていたとき、大統領の座を目指していた彼は一九三二年春の演説で、「経済的なピラミッドの底辺にいる忘れられた人々」のための政治を説いた▼大統領となった彼は矢継ぎ早に政策を打ち出した。大型公共事業で雇用を生み出し、労働者の権利や最低賃金を保障し、「忘れられた人々」の力を復活の原動力にした▼この歴史的重みのある言葉を大統領選の勝利演説で使ったのが、トランプ氏だ。半年前、彼は上気した顔で宣言した。「忘れられた男たち女たちが忘れ去られることはもはやないだろう」▼そんな言葉を忘れたのかどうか。このほど発表された「予算教書」では、国防費の増額などが盛り込まれる一方で、貧しい人たちへの支援は大幅に削減する構えである▼一九三〇年代には、政治に使い捨てにされた人々の思いを代弁したこういう歌があったという。<私の忘れられた人を覚えていますか…/彼を戦場に送り出したのはあなただ/「万歳!」とあなたは叫んだ/それなのに今の彼を見てみよ!>(シュレーズ著『アメリカ大恐慌』)▼失業などにあえぎ、既存の政治への憤りから、トランプ氏に投票した「忘れられた人々」も、「私たちを見てみよ」と叫び始めるかもしれぬ。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年05月27日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:一本の安打は一本の安打にすぎない。

2017-05-06 06:10:02 | 【人種差別、人権、生存権】:

【筆洗】:一本の安打は一本の安打にすぎない。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:一本の安打は一本の安打にすぎない。

 されど、その一本にはどれほどの思いや願いが込められていたことか▼カブスのベテラン左腕が投げ込んだカットボールをあざやかにセンター前へと弾(はじ)き返した。ピッツバーグ・パイレーツのギフト・ヌゴペイ内野手(27)。南アフリカ出身の選手として先週、初めて大リーグの試合に出場し、初安打を記録した。アフリカ大陸による初安打である▼「十歳のときから、この日が来るのを夢見ていた」。こらえきれずに涙ぐんだが、無理もない、ここまでの困難な道程である▼少年時代は野球場で暮らしていた。それほどまでに猛練習をしたという比喩ではない。苦しい生活。母親は地元の野球チームの料理人の仕事を見つけ、一家で野球場内の小さな部屋で生活していたそうである。南アフリカで野球の人気はさほどでもないが、少年が野球と出会った事情もここにある▼欧州駐在のスカウトに見いだされ、米球界入りしたが、なかなか芽が出ず、大リーグ昇格までは約十年かかった。その長い日々が、あの一本の安打の裏にある▼初安打に地元ヨハネスブルクは大騒ぎという。一九九四年、アパルトヘイト廃止後、初の総選挙が行われたことを祝う、「自由の日」の時期とも重なった。あの野球場のお母さんは残念ながら、その歴史的な一本の安打を見ていない。二〇一三年に亡くなっている。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年05月01日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加