乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【臨時国会】:28日召集決定

2017-09-22 15:15:50 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【臨時国会】:28日召集決定

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【臨時国会】:28日召集決定

 政府は二十二日、持ち回り閣議で、臨時国会を二十八日に召集することを決めた。これに先立ち、菅義偉官房長官は衆参両院の議院運営委員会理事会で、召集を伝達した。安倍晋三首相は所信表明演説をせず、臨時国会冒頭で衆院を解散する意向を固めている。民進、共産両党など野党は冒頭解散に反発し、「国会の議論から逃げるための解散だ」と、安倍政権を批判した。

 自民党の二階俊博幹事長は党総務会で、二十五日午後に臨時役員会、自公党首会談、首相記者会見が開かれると報告した。会見で首相は衆院解散の考えを表明する。

 民進党の議運委理事は、抗議の意思を示すため二十二日の理事会を欠席した。松野頼久国対委員長は国会内で記者団に「国会をないがしろにしている。加計(かけ)学園や森友学園問題を封殺するための解散だ」と述べた。菅氏は会見で、北朝鮮情勢が緊迫する中での解散への批判に関し「政府そのものが解散するわけではない。国家安全保障会議(NSC)をはじめ、防衛省などがしっかり対応する」と強調した。

 衆参両院の議運委は当初、理事会を二十一日に開き、菅氏が二十八日召集方針を伝える段取りだった。しかし、民進党が出席しなかったため見送り、衆院の佐藤勉、参院の山本順三両委員長が職権で二十二日開催をそれぞれ決めた。

 自公両党の幹事長は東京都内で会談し、二十六日に衆院議運委理事会を開き、臨時国会冒頭で解散に至る流れを決める方針を確認。日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した北朝鮮を非難する国会決議に関しては、解散前に間に合わない可能性があるとの認識で一致した。参院は二十六、二十七両日に議運委理事会を開く。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【政局・国会・臨時国会】  2017年09月22日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【安倍首相】:臨時国会28日召集決定、25日に解散表明

2017-09-22 11:33:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【安倍首相】:臨時国会28日召集決定、25日に解散表明

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【安倍首相】:臨時国会28日召集決定、25日に解散表明

 政府は22日の持ち回り閣議で、臨時国会の28日召集を決めた。安倍晋三首相は臨時国会冒頭に衆院を解散し、10月10日公示―22日投開票の日程で衆院選を実施する方針を固めている。25日午後に自民、公明両党の党首会談を開いたうえで首相が記者会見を開いて解散の意向を正式表明する。解散する理由などを説明し、国民の理解を得たい考えだ。

民進党の理事が欠席するなか開かれた衆院議運委の理事会(22日午前、国会内)

        民進党の理事が欠席するなか開かれた衆院議運委の理事会(22日午前、国会内)

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は22日午前、都内のホテルで会談し、衆院選に向けた日程を確認。来週にも両党の政調会長や選挙対策委員長も交えた会合で選挙協力などについて協議する。同席した公明党の大口善徳国会対策委員長は、記者団に「25日の首相会見を受けて、色々なことに備える形で結束していく」と語った。

 菅義偉官房長官は22日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会に出席し、28日の臨時国会召集を正式に伝えた。政府・与党は開会式や首相の所信表明演説を実施しない方針。民進党はこれに反発し、議運委理事会を欠席した。同党の松野頼久国会対策委員長は記者団に「安倍内閣はどこまで国会をないがしろにすればいいのか。憤りを禁じ得ない」と批判した。

 政府・与党は臨時国会の冒頭で弾道ミサイルの発射などを繰り返す北朝鮮に抗議する決議の採択を検討している。野党は首相の所信表明や各党代表質問を実施せずに解散することに反発しており、決議の行方は不透明だ。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・臨時国会】  2017年09月22日  11:33:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【国会】:臨時国会、28日に召集…「働き方」焦点に

2017-09-15 22:20:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【国会】:臨時国会、28日に召集…「働き方」焦点に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【国会】:臨時国会、28日に召集…「働き方」焦点に

 政府・与党は臨時国会を今月28日に召集する方針を決めた。

 自民党の二階幹事長が15日、与野党の幹事長・書記局長の会談で伝えた。安倍首相の所信表明演説は28日に、衆参両院の代表質問は10月2~4日にそれぞれ行われる予定。会期は12月上旬までになる見通しだ。

 最大の焦点は、長時間労働を是正する働き方改革関連法案で、与野党の攻防が激しくなるとみられる。政府は、一部の専門職を労働時間などの規制から外す「脱時間給」(高度プロフェッショナル)制度の創設なども盛り込み、労働基準法や労働契約法など計8本の法律を一括改正したい考えだ。労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)は15日、同法案の要綱を「おおむね妥当」とし、加藤厚労相に答申した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 政治 【政策・国会・臨時国会】  2017年09月15日  22:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:知人が激白 豊田真由子議員の「告白」は保身のためのウソ

2017-09-13 07:16:00 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【政局】:知人が激白 豊田真由子議員の「告白」は保身のためのウソ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:知人が激白 豊田真由子議員の「告白」は保身のためのウソ

 「違うだろーー!」と思っている人もいるようだ――。「このハゲェーー!」の絶叫と暴行パワハラ騒動で時の人となった元自民党の豊田真由子衆院議員。8日に発売された月刊誌「文芸春秋」(10月号)での「独占告白」が話題を呼んでいる中、元政策秘書の男性が被害届を出していた埼玉県警に、豊田議員が事情聴取を受けたと報じられた。

豊田真由子氏(C)日刊ゲンダイ

               豊田真由子氏(C)日刊ゲンダイ

 県警は7月に被害届を受理し、傷害などの疑いで捜査を始めていたが、事件をめぐる豊田議員の“弁明”には疑問が残されたまま。豊田議員の「独占告白」を読んだ古くからの知人はこう言う。

 「自分の暴言や暴力を正当化するためにウソをついているのでしょう。記事の中で、辞めた秘書は15人程度と言っていますが、私の知る限りではもっと多い。『バースデーカードの宛先ミス』は、渦中の男性元秘書が発端というより、別の公設秘書と事務員が送付者の名前と宛先を間違えてしまった。間違いを指摘しなかった点は男性元秘書に責任があると思いますが、彼だけのせいではない」

 告白記事で豊田議員は、「元秘書のAさん」について<六月十八日に退職されましたが、最終日も『機会があったらまた代議士と一緒に働くこともあるかもしれませんし、地元に応援演説にも来ます』とおっしゃっていたので、すぐ後に『週刊新潮』の記事が出たときには、何を信じていいのか分からなくなりました>と語っている。

 「私は男性元秘書から話を聞きました。彼は、国会議員として地元に良い顔をする豊田議員の裏には、人としてあるまじき暴力的な面があることを有権者に知ってもらうべきだと考えたようです。二面性を知ってもらって国民の審判を仰ぐべき、ということです。その上で、豊田議員が有権者から改めて選ばれたなら『喜んで代議士のお手伝いをさせていただく』と彼は言っていました。豊田議員は、こうした前提を記事で語っていません」(前出の知人)

 暴行された元秘書も豊田議員も、事件の詳細については警察の捜査に委ね、多くを語っていない。果たしてどちらの言い分が有権者に「違うだろーー!」と言われるのか……。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月13日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:言い訳記事で姑息に様子見 豊田議員“活動続行”意向の厚顔

2017-09-12 07:15:50 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【政局】:言い訳記事で姑息に様子見 豊田議員“活動続行”意向の厚顔

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:言い訳記事で姑息に様子見 豊田議員“活動続行”意向の厚顔

 何が何でも議席にしがみつくらしい――。

 「このハゲー!」でおなじみの豊田真由子衆院議員(42)が今月中に会見を開き、議員活動続行を表明すると報じられた。豊田氏は発売中の「文芸春秋」で秘書に謝罪をしながらも、「(秘書が)わざとかとも思えるほど多くのミスをしていました」と説明。ミスのせいで地元の人たちとの信頼関係が崩れると思い、「その恐怖で、パニック状態に陥ってしまったのです」と言い訳した。

どう転んでも辞職しかない(C)日刊ゲンダイ

          どう転んでも辞職しかない(C)日刊ゲンダイ

 この記事に続く第2の矢として会見を開き、イメージ回復を企んでいるようだが、世間はどう評価するだろうか。

 「記事の次に会見とは順番があべこべです」と苦笑するのは政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏だ。

 「豊田さんは政治家なのだから、文芸春秋の取材を受ける前に会見を開いて有権者にお詫びと説明をするのが筋です。ところが『入院加療中』を口実にいまも姿を隠し、“秘書が悪い”と言わんばかりの主張をしている。謝罪しながら他人に責任を押し付けるのはいかにも官僚的な論理。あれだけ明瞭な音声テープがある以上、有権者が彼女に同情し、言い分を全面的に信じるとは思えません」

  文芸春秋で謝罪と言い訳を表明し、世間の反応を見ているとしたら、ズルいやり方だ。

 明大講師の関修氏(心理学)は豊田氏の地元・埼玉4区の女性有権者をはじめ世間一般の女性から反発を受けると言う。

 「女性は暴言や暴力に敏感です。世間の主婦は豊田さんのせいで、自分たちが夫を“このハゲー!”と嫌悪していると誤解されてしまうことを心配し、インテリのキャリアウーマンは“私と豊田さんを同一視しないで”と一線を画そうとするでしょう。女性にとって豊田さんは“同じ女と思って欲しくない忌まわしい存在”なのです。SMクラブの女王サマならまだしも、弱い立場の人を恫喝し引っぱたくのは人間としての人格上の問題。会見で何をどう言いつくろっても、女性たちは“この暴力オンナー!”と絶叫するでしょう」

 待ち受けるのはイバラの道のようだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月12日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:月刊誌で弁明 「このハゲェー!」豊田議員が“壊れた”理由

2017-09-10 07:05:20 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【政局】:月刊誌で弁明 「このハゲェー!」豊田議員が“壊れた”理由

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:月刊誌で弁明 「このハゲェー!」豊田議員が“壊れた”理由

 日本中のハゲを震え上がらせた元自民党の豊田真由子衆院議員(42)の暴言パワハラ騒動から約2カ月半。会見も説明も一切せず、“精神的に参って”入院しているらしい豊田議員が、一連の騒動について口を開いた。

 8日発売の月刊誌「文芸春秋」(10月号)でインタビューに応じ、全8ページに及ぶ“告白”の中で「元秘書のAさん」に対してお詫びするとともに、騒動について弁明した。

議員続投に意欲的(C)日刊ゲンダイ

            議員続投に意欲的(C)日刊ゲンダイ

 豊田議員は<このたびは元秘書のAさんには、大変なご迷惑をおかけいたしました。心より深くお詫び申し上げます>と始め、<反省と後悔で、胸が張り裂ける日々です>とインタビュー冒頭で語っている。

「このハゲェーー!」の勢いはどこへやら。ひたすら反省と後悔の弁を半ページにわたって話しているのだが、事件の全容を問われると、逆に自分が元秘書から与えられた“恐怖”について語り始めた。

 自分が異常なテンションになったのは、男性元秘書の「忘れ物」「高速逆走事件」「バースデーカードの宛先ミス」など度重なる失敗が原因だとし、「このハゲェーー!」が飛び出た理由についてこう言った。

<私が積み重ねてきた地元の方々との信頼関係が次々と崩されていってしまう。その恐怖で、パニック状態に陥ってしまったのです。ミュージカル風の節をつけて『次はどんな失敗が来るのかな~』と言ったのも、ふざけているのではなく、本当に次はどんな目にあわされるのか、恐怖のあまりのことでした>

 渦中の男性元秘書は、騒動発覚後の7月、日刊ゲンダイに「非を認め謝罪されたとしても、私は示談に応じるつもりはありません」と言っていた。豊田議員の「独占告白」を読んで果たしてどう思ったのか。元秘書本人に心境を尋ねたところ「捜査の段階なので多くは語れませんが」と前置きした上でこう続けた。

 「紙面では反省とお詫びを示していますが、報道以降、私には何の連絡もありません。(豊田議員が)自分と暴力を正当化する状況にあるようなので、残念だな、と思いました。事件の事実は捜査において、また、政治家としての是非は国民が判断されることと思います」

 豊田議員は、今後の身の振り方について<国のため地元のため、引き続き、必死で働き続けることで、償っていきたい>と議員続投に意欲的だ。

 それなら早く公の場に出てきて、有権者に向けて説明したほうがいい。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年09月09日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:町議が豊田真由子氏秘書を辞職 青森・板柳、兼職に批判

2017-09-01 12:10:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【政局】:町議が豊田真由子氏秘書を辞職 青森・板柳、兼職に批判

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:町議が豊田真由子氏秘書を辞職 青森・板柳、兼職に批判

 青森県板柳町の松森俊逸町議(61)が1日、秘書への暴言や暴力行為が報じられ、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)の政策秘書を辞職した。豊田氏の事務所のある埼玉県新座市と青森県は500キロ以上離れており、町民から兼職への批判が出ていた。

 豊田氏の関係者によると、松森氏は1日午前、衆院事務局に「解職届」を提出、受理された。板柳町議会の葛西清人議長は「一連の報道で町民に迷惑を掛けた。松森氏から説明や謝罪をしてほしい」と話した。

 松森氏は、豊田氏の問題が明らかになった後の6月30日付で「公設第1秘書を務める妻を支える」と政策秘書に就任した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 政治 【政局・自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)の政策秘書】 2017年09月01日  12:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

2017-08-30 16:50:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

 衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会は30日午後の閉会中審査でそれぞれ「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」を全会一致で採択した。両院とも、29日に発射されたミサイルが北海道上空を通過して太平洋に落下したことを「これまでにない深刻かつ重大な脅威」だと指摘。核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮の挑発行動を強く非難した。

 ※(写真):北朝鮮への抗議の決議を全会一致で採択した衆院安保委。後列手前は河野外相(左)と小野寺防衛相(30日午後)

 今回のミサイル発射が累次の国連安全保障理事会決議や日朝平壌宣言に違反していると強調。「国際社会は、結束した外交努力を展開し、平和的解決を模索すべきである」と訴えた。日本政府に米国や韓国など各国との連携を促し、「北朝鮮に対する一層厳格な措置」や「我が国独自の制裁の徹底及び強化」を求めた。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース アジア 【アジアニュース・政策・国会、対北朝鮮】  2017年08月30日  16:50:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

2017-08-30 16:50:00 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【閉会中審査】:衆参両院委が北朝鮮抗議決議 全会一致で採択

 衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会は30日午後の閉会中審査でそれぞれ「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」を全会一致で採択した。両院とも、29日に発射されたミサイルが北海道上空を通過して太平洋に落下したことを「これまでにない深刻かつ重大な脅威」だと指摘。核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮の挑発行動を強く非難した。

北朝鮮への抗議の決議を全会一致で採択した衆院安保委。後列手前は河野外相(左)と小野寺防衛相(30日午後)

  北朝鮮への抗議の決議を全会一致で採択した衆院安保委。後列手前は河野外相(左)と小野寺防衛相(30日午後)

 今回のミサイル発射が累次の国連安全保障理事会決議や日朝平壌宣言に違反していると強調。「国際社会は、結束した外交努力を展開し、平和的解決を模索すべきである」と訴えた。日本政府に米国や韓国など各国との連携を促し、「北朝鮮に対する一層厳格な措置」や「我が国独自の制裁の徹底及び強化」を求めた。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース アジア 【アジアニュース・政策・外交、朝鮮半島・北朝鮮】  2017年08月30日  16:50:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【HUNTER】:政権の疑惑 機能しない「国政調査権」

2017-08-13 10:43:20 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【HUNTER】:政権の疑惑 機能しない「国政調査権」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【HUNTER】:政権の疑惑 機能しない「国政調査権」

gennpatu 1864410756--2.jpg 改造で閣僚の顔ぶれが変わり、急落していた安倍内閣の支持率が上向いた。いわゆるご祝儀相場である。批判の対象となっていた防衛相、文部科学相、特区担当相も交代。政府は、自衛隊の日報問題や加計学園の獣医学部新設疑を巡る疑惑に幕引きを図る構えである。
 だが、日報の隠蔽に稲田朋美前防衛相が関わっていたかどうかの結論は出ておらず、首相と“腹心の友”が招いた加計疑惑は依然として闇の中。いずれの問題でも関係者の証人喚問が実現していないことに加え、真相解明に必要な「公文書」は、役所のパソコンに隠されたままだ。
 国会の「国政調査権」は、機能しているのか?

 ■国政調査権
 国政調査権は、国会が職責を果たすための重要な機能。日本国憲法は、「両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる」と定めている。自民党が頑なに拒否している“証人喚問”は、国政調査権に基づくもの。「議院証言法」が細則を規定しており、直近では森友学園の籠池泰典前理事長を喚問している。

 記録の提出については、「国会法」に規定があり、同法104条には次のように定められている。

 各議院又は各議院の委員会から審査又は調査のため、内閣、官公署その他に対し、必要な報告又は記録の提出を求めたときは、その求めに応じなければならない。

 戦後、国会法104条に基づいて行われた記録提出は22件。直近では平成22年に、海上保安庁が撮影した尖閣諸島中国漁船衝突事件におけるビデオ映像が提出されている。

 ■問われる安倍政権の覚悟
 日報問題や加計、森友両学園の疑惑を解明するためには、関係者の証人喚問と関係官庁及び自治体の記録提出が絶対条件。偽証した場合は罪に問われるという状況の中で、森友の国有地払下げ問題では安倍昭恵首相夫人、加計学園の獣医学部新設問題では加計孝太郎同学園理事長を、厳しく追及すべきだろう。自衛隊の日報問題では、隠蔽の当事者である稲田前防衛相が国会で語るのが当然。政治家である以上、逃げまわることは許されまい。

 記録について提出が求められるのは、関係する役所に残された文書やデータ。とりわけ獣医学部の新設を特区申請した愛媛県今治市が非開示扱いにしている出張関係文書や加計学園側との協議記録などは、真相解明に不可欠の文書なのである。下に、国政調査権に基づいて国民の前に明らかにすべき事項をまとめた。

1-国政調査権.png 国政調査権は、国会が国民の負託に応えるために与えられた重要な機能。証人喚問や記録の提出は、衆参の関係委員会が決定し、議長経由で事を進めれば可能だ。国の機関に対する記録提出の要求なら、理事会の決定だけで委員長が行うことができ、決してハードルが高いわけではない。要は、自民党の姿勢次第。疑惑を解明し、国民の不信を一掃しようという覚悟があれば、証人喚問でも記録の提出でも賛成すべきだろう。疑惑の解明が一向に進まないのは、政府・与党の責任。安倍政権の覚悟のほどが問われている。

 元稿:HUNTER 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2017年08月08日  10:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【江崎沖縄・北方相】:国会で「役所の原稿朗読」 

2017-08-07 00:49:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【江崎沖縄・北方相】:国会で「役所の原稿朗読」 

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【江崎沖縄・北方相】:国会で「役所の原稿朗読」 

 内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相が、国会答弁で誤った発言をしないように「役所の原稿を朗読する」と述べていたことが分かった。北方領土問題については「素人」と語った。関係者が6日、明らかにした。謙虚に説明するとの趣旨から出た発言だが、国会軽視だとして野党が反発しそうだ。

江崎鉄磨沖縄・北方相

                          江崎鉄磨沖縄・北方相

 5日に地元、愛知県一宮市の事務所で開かれた支援者らによる就任祝賀会合後、記者団の質問に対し、述べた。〔共同〕

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相】  2017年08月07日  00:49:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【自民党】:稲田氏招致を拒否 閉会中審査

2017-08-01 06:15:57 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【自民党】:稲田氏招致を拒否 閉会中審査

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【自民党】:稲田氏招致を拒否 閉会中審査

 自民党の竹下亘国対委員長は三十一日、民進党の山井和則国対委員長と国会内で会談し、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡る閉会中審査に関し、民進党が求めていた稲田朋美前防衛相の参考人招致に応じない考えを伝えた。野党は「最悪の隠蔽工作だ」と反発した。一方、稲田氏は防衛省での離任式で、自身の責任に触れず、謝罪しないままだった。 (新開浩、我那覇圭)

防衛省を去る稲田前防衛相=31日午後

写真

 先に公表された特別防衛監察の結果は、陸上自衛隊が日報データを保管していた事実を隠したことに稲田氏が関与したかどうかを曖昧にしていた。野党は閉会中審査で稲田氏を追及する構えだったが、自民党は稲田氏の辞任で幕引きとする姿勢を鮮明にした。

 竹下氏は会談で、閉会中審査は八月三日にも行われる内閣改造後に行いたいと提案。具体的な日程には言及しなかった。稲田氏の招致拒否については「(辞任という)一番重い責任の取り方をした。辞任した閣僚を国会に呼び出すことはやってはいけない」と記者団に説明した。

 これに対し、山井氏は「稲田氏を国会に出さないのは疑惑隠し、稲田隠し以外の何物でもない」と記者団に語った。共産党の小池晃書記局長も記者会見で「稲田氏の辞任は結局、最悪の隠蔽工作だったと言わざるを得ない」と批判した。

 辞任した閣僚を在職中の職務に関し参考人招致したのは、二〇〇二年二月、衆院予算委員会の田中真紀子元外相の前例がある。

 一方、衆院安全保障委員会は理事懇談会で、八月一日の理事懇に防衛監察本部の担当者を呼んで特別防衛監察結果に関し質疑することを決めた。理事懇は非公開で公式な議事録は残らない。

◆日報問題 離任式で謝罪なし

 稲田朋美前防衛相は三十一日、防衛省で開かれた離任式であいさつした。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題に関し、防衛省の不適切な対応で国民不信招いたことを認める一方、謝罪言葉なかった

 稲田氏は幹部職員を前に隠蔽問題に関し「防衛省・自衛隊に対する国民の信頼を揺るがし、隊員の士気を低下させかねないという点で、極めて重大かつ深刻なものだった」と指摘した。

 さらに「危機感を持って再発防止策をしっかり実施していかなければならない」と強調。「いかなる困難な状況にも対応できるようにしてもらいたい」と呼び掛けた。

 事務方トップの豊田硬事務次官はあいさつで「国民の皆さまに深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政局・自民党・国会・閉会中審査】  2017年08月01日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閉会中審査】:追及にシドロモドロ 安倍首相“1月20日”虚偽の決定的証拠

2017-07-26 07:14:50 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【閉会中審査】:追及にシドロモドロ 安倍首相“1月20日”虚偽の決定的証拠

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【閉会中審査】:追及にシドロモドロ 安倍首相“1月20日”虚偽の決定的証拠

 加計疑惑を追及する国会の閉会中審査2日目。参院に舞台を移した25日午前中の審議で、安倍首相の決定的なウソが明らかになった。安倍首相は完全にアウトだ。

 24日までの殊勝な態度が崩れ、安倍首相がシドロモドロの答弁で論理破綻をきたしたのは、民進党の蓮舫代表の質問の時だった。

安倍首相と蓮舫代表(C)日刊ゲンダイ

       安倍首相と蓮舫代表(C)日刊ゲンダイ

 24日、安倍首相は、加計学園が国家戦略特区の獣医学部新設に関わっていることを知ったのは、今治市とともに行った申請が決定された「今年1月20日」だったと答弁していた。しかし、これについて、「過去の答弁との矛盾がある」と蓮舫代表が問いただしたのだ。

 実際、今年6月16日の参院予算委員会で社民党の福島瑞穂議員が質問した際、安倍首相は「構造改革特区で申請されたことについては承知していた。その後に、私が議長を務める国家戦略特区に申請するとすれば、私の知り得るところになる」と答えている。また、6月5日の参院決算委員会で民進党の平山佐知子議員の質問の際には、「国家戦略特区になって今治市が申請した時に知った」という趣旨の答弁をしている。つまり「1月20日」よりずっと前から知っていたことになるのである。

 ここを突かれると、安倍首相は「(あの時は)急な質問だったので混同した」と驚くべき答弁をし、否定したのだが、平山議員は質問通告もし、文書も提出している。「急な質問だったから」という言い逃れは通用しない。

 さらに、決定的だったのは、蓮舫代表の後の民進党・桜井充議員の質問。福島瑞穂議員が「首相は加計学園が今治市に獣医学部を新設したい意向を知ったのはいつか」と主語を「首相」とし、「加計」の文字をハッキリ書いた質問主意書を出していたことも追及。これに対し政府は、「第2次安倍政権の2013年、14年、15年の構造改革特区申請に書かれている」と答えていて、これは閣議決定されている。2013年には、安倍首相は加計の計画を知っていたという動かぬ証拠である。

 これを突き付けられると安倍首相は、「過去の事実をお答えに代える場合もある」と、自分が知っていたのではなく、「政府が把握していた事実」というすり替えで逃れようとしたが、どう考えてもムリ筋だ。

 1月20日まで「加計の計画は一切知らなかった」という安倍首相の立場は完全に崩れ去った。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年07月25日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閉会中審査】:驚くべき安倍首相と周辺の鉄面皮 激烈な支持率下落が必要

2017-07-26 07:14:40 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【閉会中審査】:驚くべき安倍首相と周辺の鉄面皮 激烈な支持率下落が必要

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【閉会中審査】:驚くべき安倍首相と周辺の鉄面皮 激烈な支持率下落が必要

 安倍首相出席の閉会中審査が24日から始まったが、初日でハッキリ分かったことがある。「丁寧に説明する努力を積み重ねたい」という言葉とは裏腹に、安倍政権には、本気で国民に納得してもらおうという真摯な気持ちなどまったくないという事実だ。政権に対する疑惑も不信感も一層強まったというのが多くの国民の実感ではないか。



 衆院の審議で安倍は、野党の質問に対しても、「妻が名誉校長を務めていたのは事実なので、国民から疑いの目を向けられるのはもっともだ。私の答弁にも至らない点があった」と反省を口にした。いつもの感情的な反論を封印し、殊勝な態度をアピールしたのだが、「“腹心の友”のために行政を歪めたのかどうか」という核心部分については知らぬ存ぜぬの一本やり。納得できる説明はゼロだった。

 仰天したのは、加計学園の獣医学部新設計画を知ったのが「今年1月20日だった」という答弁。国家戦略特区の諮問会議に加計が正式に申請するまで知らなかったという意味で、さすがに野党が、「構造改革特区で15回も落選しているのに、親友が聞いていないはずがない」と反発したのには誰もがうなずいてしまう。


                     疑惑の首相(C)日刊ゲンダイ

 実際、獣医学部新設が加速した去年の夏以降、安倍は加計孝太郎理事長と6回も食事やゴルフを共にしている。そのうえ食事代については、「友人だから」と平然と「奢ったり奢ってもらったりする」と言ってのけた。

 野党議員が「公務員は利害のある者と食事するのも禁止だ」と憤っていたが、こうした恥知らずだからこそ、安倍という人物は信用できないのである。

 「加計学園が特区申請していたことを今年1月まで知らなかったというのは、普通の感覚なら納得できませんよ。むしろ親友なら、事前に伝えた上で『お互い慎重にやろう』というような話をするんじゃないですか。知らないと否認しすぎたことで、疑惑が深まったように思います」(政治学者・五十嵐仁氏)

 ■「記憶にない」は「あった」という意味

 疑惑拡大といえば、首相の側近官僚たちの答弁もヒドかった。前川前文科次官に「加計問題のキーパーソン」と名指しされた和泉洋人首相補佐官。「総理が言えないから私が言う」と発言したとされる一件を全面否定したが、その理由は「記憶にない」。さらに、一昨年4月に今治市の企画課長が官邸を訪れた際の面会相手ではないかと疑われている柳瀬唯夫首相秘書官(現・経産審議官)も、「記憶にないので覚えていない」を連発した。今治市の黒塗り資料には面会相手の名前が記載されている以上、いずれ、黒白はハッキリする。それでも、逃げの答弁の連続なのだから呆れてしまう。

 政治評論家の野上忠興氏がこう言う。

 「『記憶にない』は事実があったという前提で、しかしそれを言えない時に使う否定語。つまり、暗に『あった』と言っているようなものです。森友問題の国会審議で矢面に立った財務省の佐川理財局長が『知らぬ存ぜぬ』で野党の追及を乗り切り、安倍首相と財務省を守ったことで国税庁長官に栄転した。これを目の当たりにした官僚は、自らの出世や保身のため、佐川氏に“右へならえ”なのでしょう」

 現在、経産省ナンバー2ポストの柳瀬氏は、ここで頑張れば、次官の目がある。そんな計算もあるのだろうが、官邸による醜悪な霞が関恐怖支配がここにも影を落としている。

  
                      「怒」は拡大中/(C)日刊ゲンダイ

 ◆ウソとマヤカシの悪辣政権に支持率1ケタの悪夢を

  安倍やその周辺は、どうしてここまで鉄面皮でいられるのか。

 いまや内閣支持率は30%を割り込み、22、23日に行われた毎日新聞の調査ではついに26%! 「沈没水域」に突入し、もがいても浮上できないでいる。もはやレームダック同然なのに、錯乱首相はまだ政権にしがみついている。どんなに「丁寧に」と繰り返しても、納得できる説明をできない以上、国民の目には「アベは黒」が歴然。それでもスットボケ答弁で開き直るのは、閉会中審査の2日間、「嵐が過ぎる」のを耐えれば、その後はなんとかなると思っているのだろう。

 前日の23日、日本青年会議所の会合で、「どの条文にするか、この夏に汗を流しながら絞っていく」と話し、臨時国会での自民党の改憲案提出にあらためて意欲を示した。党内から「年内提出は困難」の声が出ているためムキになっているのか、改憲スケジュールでリーダーシップを取って政権の再浮上につなげようとしているのか、鼻息が荒かった。

 「話題を改憲にもっていくことで、世間の関心を加計疑惑一色から少しでもそらしたいという焦りもあるのでしょう。安倍首相は、『加計問題に対する答弁姿勢の批判が支持率下落の要因にある』と言っていました。支持率30%割れの一報を耳にした際、あまりの衝撃に『エッ』と声を漏らしたそうです。安倍首相にとって、何よりもダメージとなるのが支持率の悪化です。しかし、あんな答弁では、さらなる支持率下落は避けられないでしょう」(野上忠興氏=前出)

 大手メディアで最初に30%割れの結果が出たのは時事通信の世論調査だが、2000年以降、支持率がいったん20%台に落ち込んだ内閣は、例外なく退陣まで30%台に戻ることはなかったというデータがある。安倍も同じ運命をたどることになるだろう。そして安倍は第1次政権時、支持率が30%を割ってから、わずか2カ月で辞任を表明した。いよいよその再来である。

 ■目に見える民意を突き付ける時

 ウソとごまかしとマヤカシ。解釈改憲で平和憲法を事実上、なきものにし、インチキなアベノミクスで「トリクルダウン」の幻想をまき散らした。この4年半、国民は悪辣な政権にだまされてきた。「過去の自民党の中でもこれほど酷い政権はない」と識者が口を揃えて批判する。そんな安倍政権に対し、今こそ世論が決定的な退場勧告を突き付ける時である。



「特定秘密保護法や安保法成立後に支持率がいったん下がっても戻した過去があり、安倍首相は国民を甘く見ていたと思います。今回は、50%が40%、そして20%台と3連続で急降下という今までにない落ち方でさすがに苛立っていますが、本質的には国民を見くびっているし、そもそも感度の悪い人なので、民意を数字でハッキリ見せないと伝わらないでしょう。支持率がさらにガクンと下がり、あらゆる選挙で自民党系候補が負ける。世論離れが目に見える結果となれば、安倍政権は持たなくなるはずです」(五十嵐仁氏=前出)

 2001年に退陣した森喜朗内閣のラストは、支持率1ケタだった。安倍にも、同じ悪夢を見てもらおう。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年07月25日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閉会中審査】:柳瀬審議官 野党の質問にまたも「記憶をたどる限り」連発

2017-07-26 07:14:30 | 【国会、衆議院・参議院・予算委員会】:

【閉会中審査】:柳瀬審議官 野党の質問にまたも「記憶をたどる限り」連発

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【閉会中審査】:柳瀬審議官 野党の質問にまたも「記憶をたどる限り」連発

 24日に衆院で行われた閉会中審査で「記憶にない」を7回連発して、ひんしゅくを買っている柳瀬経産審議官は、25日の審査2日目でも苦しい言い逃れに終始した。

苦しい言い逃れに終始(C)日刊ゲンダイ

         苦しい言い逃れに終始(C)日刊ゲンダイ

 当時、首相秘書官だった柳瀬審議官は、一昨年4月に今治市の企画課長らが官邸を訪れた際の面会相手ではないかという疑惑が持たれている。民進党の桜井議員からそれを問われると、「私の記憶をたどる限り、お会いしていない」と答弁。

 これを2度繰り返したため、桜井議員が「それは否定と考えていいのか?」「事実として否定か?」と聞いたが、「私の記憶をたどる限り、お会いしていない」とオウム返しするばかりだった。否定なら否定すればいいものを、そう言えないのは、やはり「会った」からだろう。

 こうなったら、今治市に面会時の黒塗り資料を明らかにしてもらうしかない。民進党は今治市長の参考人招致を要求している。自民党が否定しているというが、白黒ハッキリさせるべきだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年07月25日  15:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加