乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説】:[若年性認知症]就労の場広げる工夫を

2017-11-14 07:24:00 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【社説】:[若年性認知症]就労の場広げる工夫を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:[若年性認知症]就労の場広げる工夫を

 現役世代を襲う病だけに仕事を続けるための支援、福祉的就労など社会的居場所づくりが急務だ。

 65歳未満で発症する若年性認知症の人や家族を支援しようと県が配置した専門コーディネーターの下へ、4月からの半年間で延べ279件の相談が寄せられた。

 1番多かったのは、「利用できるサービスがない」である。

 認知症の場合、40歳から介護保険の申請ができるが、親ほど歳の離れた高齢者と過ごすデイサービスに心理的抵抗を感じる人は少なくない。日常生活では自立しているため、サービスを受けられないケースもある。

 「居場所がなく家に閉じこもっている」という声は切実だ。高齢者を中心に認知症対策が進む一方、社会保障サービスにつながりにくい若年性の問題が見えてくる。

 現役での発症は、経済的不安を招きやすいという点でも深刻である。仕事を続けることができなければ、その影響は家計や子どもの進学などに及びかねない。

 寄せられた相談で「仕事のこと」「子どものこと」「経済的なこと」が目立ったのも、働き盛り世代だからだろう。

 県が2013年から14年にかけて実施した若年性認知症実態調査で、発症時に働いていた人の約8割が「退職した」あるいは「解雇された」と答えている。

 支援のはざまに置かれた苦しい状況に目を向けたい。

■    ■

 40歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断された豊見城市の大城勝史さん(42)は、診断前から勤める会社で今も働いている。

 自動車販売会社の営業マンから自宅に近い店舗の洗車係へと仕事の内容は変わったが、「会社の理解と協力があれば配置転換などで働き続けられる」と、自著「認知症の私は『記憶より記録』」につづる。

 大城さんの場合、会社側と何度も話し合いを持ち、社員に対する勉強会を開くなど、周囲が認知症への知識を深めたことも大きかった。

 コーディネーターに寄せられた相談の中で「働きたいが、デイサービスを勧められた」という失望にも似た声が印象に残る。

 認知症になっても社会と関わりながら自分らしく生きたい、というのは自然な願いである。症状に合わせた支援と工夫で、働く場を広げていく必要がある。

■    ■

 厚生労働省の09年の推計によると、若年性認知症患者は全国に約3万8千人。平均発症年齢は51・3歳だ。

 働き盛り世代にとって人ごとではないのと同様、企業もよそごとと言ってはいられない。当事者の意思を第一に、働き続けるための支援や方策を積極的に詰めてほしい。

 認知症対策の国家戦略「新オレンジプラン」には、若年性認知症に関する取り組みの強化が盛り込まれている。

 例え企業での就労が困難でも、福祉的就労や仲間とともに活動する場を増やすなど、社会全体の理解を深めていくことも重要だ。

 元稿:沖縄タイムス社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】 2017年11月14日  07:23:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【社説】:②若年性認知症 就労と社会参加の支援拡充を

2017-08-10 06:05:00 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【社説】:②若年性認知症 就労と社会参加の支援拡充を

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説】:②若年性認知症 就労と社会参加の支援拡充を

 若年性認知症は、働き盛りで発症するだけに、家計への影響も大きい。高齢の患者とは違った支援が必要だ。遅れ気味の対策を拡充したい。

 39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断された仙台市の丹野智文さん(43)は、今も同じ会社で働きながら、講演などで体験や思いを発信している。

 仕事の手順や注意点を詳細にノートに書き留め、確認しつつ作業を進める。時間はかかるが、ミスはほとんどないという。

 「認知症=終わり」ではない――。診断時の絶望感を乗り越え、前向きに生きる様子を、読売新聞の医療介護サイト「ヨミドクター」のコラムにつづっている。

 65歳未満で発症する若年性認知症の患者は3万8000人に上ると推計される。発症の平均年齢は51歳前後で、男性に多い。

 現役世代で症状が表れると、経済的な困難に陥りやすい。発症時に就労していた人の7割超が自主退職や解雇により失職している、との調査結果もある。

 子供の教育や進路にも影響しかねない。介護者が配偶者に限られる場合が多く、配偶者の仕事も制約される。親の介護と重なることも少なくない。

 高齢者向けの介護サービスだけでは、生活を支えられない。就労や経済面も含めた総合的な支援体制の整備が求められる。

 政府は、認知症対策の国家戦略「新オレンジプラン」で、若年性認知症施策の強化を柱の一つに位置づける。市町村や福祉サービス事業所などとの調整役を担う支援コーディネーターを、今年度中に全都道府県に配置する計画だ。

 コーディネーターは就労支援にも取り組む。職場や産業医、障害者向け就労支援事業所などと連携して、本人の希望や能力に合った働き方を工夫する。

 受け入れ企業は、障害者雇用の助成金やハローワークなどの支援が受けられる場合もある。企業の理解を得ながら、就労先を広げていくことが大切である。

 就労が困難になっても、社会と関わり、役割を果たすことは、生きがいになる。患者に農作業の手伝いや清掃など地域の仕事を提供する介護事業所もある。患者や家族が集うサロンなども含め、社会参加の場を増やしたい。

 若年性認知症の初期症状は、意欲の低下など認知症に直接結びつかないケースも多い。受診が遅れたり、うつ病などと間違えられたりしがちだ。早期発見・治療のための啓発も重要である。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2017年08月05日  06:02:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【国民生活基礎調査】:介護の理由 認知症が初の1位 「老老介護」さらに

2017-06-27 15:15:54 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【国民生活基礎調査】:介護の理由 認知症が初の1位 「老老介護」さらに深刻

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【国民生活基礎調査】:介護の理由 認知症が初の1位 「老老介護」さらに深刻 

 ◆「老老介護」さらに深刻

 二十七日に公表された二〇一六年国民生活基礎調査では、高齢者らが介護が必要になった主な理由として認知症が18・0%を占め、初めて一位になった。高齢化や、診断を受ける人の増加が要因とみられる。前回の一三年調査では15・8%で二位だった。

 前回調査でトップの脳卒中が二位(16・6%)になり、三位は高齢による衰弱(13・3%)だった。

写真

 また、七十五歳以上の要介護者のうち、介護する人も七十五歳以上というケースが30・2%となり、初めて30%を超えた。六十五歳以上同士の「老老介護」全体も54・7%で、過去最高を更新した。

 介護を主に担う人が同居の家族という割合は58・7%で、前回調査より2・9ポイント減った。配偶者が25・2%、子が21・8%、子の配偶者が9・7%だった。

 介護する同居家族の性別は女性が66・0%、男性が34・0%。男性の割合は過去最高になった。

 
  元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【政策・二〇一六年国民生活基礎調査】  2017年06月27日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【改正道交法】:75歳以上のドライバー 認知症おそれ1万人超

2017-06-24 15:15:20 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【改正道交法】:75歳以上のドライバー 認知症おそれ1万人超

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【改正道交法】:75歳以上のドライバー 認知症おそれ1万人超 

 ◆改正法施行後 2カ月半で判定

 七十五歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が三月十二日に施行されてから五月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が一万一千六百十七人(暫定値)に上ることが二十三日、警察庁のまとめで分かった。この日に開かれた高齢ドライバーの事故防止策を検討する有識者会議で、同庁が明らかにした。

 警察庁によると、同期間に認知機能検査を受けた人は四十三万一千三百三十八人(同)。認知症の恐れと判定された人のうち、既に医師の診断を受けたのは千二百九十九人(同)で、認知症と診断されて免許を取り消されたのは十四人(同)。免許停止はいない。医師の診断に関係なく、自主返納したのは九百八十七人(同)だった。

 改正道交法は、七十五歳以上の免許保有者が三年ごとの更新時に受ける記憶力や判断力などの認知機能検査で、認知症の恐れがあると判定された場合、医師による診察を受けることを義務化。診察の結果、認知症と診断されたときは、免許の取り消しか停止となる。

 更新前でも、逆走など一定の交通違反を犯した場合は臨時検査が課せられる。

 認知機能検査で認知症の恐れがあると判定されても即座に運転できなくなるわけではなく、免許の更新は可能。その後、診断書の提出命令を受けてから、おおむね二、三カ月以内に医師の診断を受けなければならない。

 また警察庁は、改正道交法施行から五月三十一日までの八十一日間に、七十五歳以上による運転免許の自主返納が、五万六千四百八十八件(同)に上ったことも明らかにした。

 昨年は一年間での返納数が十六万二千三百四十一件だったといい、警察庁の担当者は「このペースでいけば昨年より大幅に増える。高齢者の交通事故がよく報道され、機運が高まったのではないか」と話している。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 社会 【話題】  2017年06月24日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【警察庁】:1万人超が認知症の恐れ、75歳以上のドライバー

2017-06-23 21:46:30 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【警察庁】:1万人超が認知症の恐れ、75歳以上のドライバー

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【警察庁】:1万人超が認知症の恐れ、75歳以上のドライバー

 75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。この日に開かれた高齢ドライバーの事故防止策を検討する有識者会議で、同庁が明らかにした。

 「もみじマーク」

 「もみじマーク」

 改正道交法は、75歳以上の免許保有者が3年ごとの更新時に受ける記憶力や判断力などの認知機能検査で、認知症の恐れがあると判定された場合、医師による診察を義務化。診察の結果、認知症と診断されたときは、免許の取り消しか停止となる。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行】  2017年06月23日  21:46:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【認知症】:不明者1万5千人 4年連続増、警察庁集計

2017-06-15 10:34:00 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【認知症】:不明者1万5千人 4年連続増、警察庁集計

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【認知症】:不明者1万5千人 4年連続増、警察庁集計

 昨年1年間に認知症か、その疑いが原因で行方不明になり警察に届けられたのは前年比26・4%増の1万5432人だったことが15日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた2012年の9607人から毎年増加し、1万人を超えたのも4年連続となった。昨年中に所在確認できなかったのは191人。

 認知症による行方不明者の推移

 認知症による行方不明者の推移

 厚生労働省の推計によると、認知症の高齢者は25年に約700万人になるとされる。警察も、全国で警察署員らが認知症の知識や患者との接し方を学ぶ厚労省の「認知症サポーター養成講座」を受講するなどして、対策に取り組んでいる。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・認知症】 2017年06月15日  10:34:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:東京ではサクラが見ごろである。

2017-04-06 06:10:45 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【筆洗】:東京ではサクラが見ごろである。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:東京ではサクラが見ごろである。

 日本人がサクラを愛(め)でるのとはちょっと違うのだろうが、スコットランドではアザミが大切にされる。国の花でありアザミのことを歌った「フラワー・オブ・スコットランド」が国の歌として奏でられる▼由来は中世の伝説である。かの地に侵入したバイキングがトゲのあるアザミの花をうっかり踏み、あまりの痛さに絶叫する。これで敵の侵入に気がつき、撃退できたと伝わる。国を救った花である▼スコットランドの人びとに加わって、アザミを称(たた)えたくなる話になるかもしれぬ。野草の「マリアアザミ」などから抽出されるポリフェノールの一種「タキシフォリン」。この物質に認知症のアルツハイマー病を抑制し、認知機能を回復させる効果があると国立循環器病研究センターと京都大などのチームが発表した▼アルツハイマー病はアミロイドベータという老廃物タンパク質が脳に蓄積し、神経細胞を死滅させることが原因とされるが、「タキシフォリン」はアミロイドベータの凝集を抑えてしまうというから、あの救国伝説のようである▼マウス実験の段階とはいえ、アルツハイマー病にかかったマウスに投与した結果、正常なマウスと同レベルの記憶力になったというから驚きである▼国の将来を揺るがしかねない病との闘いの中、その花は世界を救う花になるか。期待を抑えられない。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2017年04月06日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認知症に安心を 寄り添う図書館 困っている人に対応

2017-02-20 06:15:25 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

認知症に安心を 寄り添う図書館 困っている人に対応

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:認知症に安心を 寄り添う図書館 困っている人に対応

 図書館を、認知症のお年寄りが快適に過ごせる「居場所」にしようという取り組みが広がっている。認知症の人が興味を持ちそうな本を集めたコーナーをつくったり、困っている人への対応の仕方を職員が学んだり。介護サービスにつなげることを目指した動きもある。 (石原真樹)

「認知症の人にやさしい小さな本棚」を手掛ける川崎市立宮前図書館の舟田彰さん=淡路久喜撮影

写真

 「また同じ質問だ」。二〇一五年春ごろ、川崎市宮前区の宮前図書館係長の舟田彰さん(51)は、毎日のように一人でやってくる女性のお年寄りのことが気になった。中部地方の都市名を挙げて「電力会社の電話番号を教えて」と繰り返し尋ねられ、そのたびにパソコンで調べた番号を伝えた。やがて女性は姿を見せなくなったが「これでいいのか」ともやもやした。

 市の別の部署から赴任して一年。認知症の夫が迷子になったという女性が焦った声で「うちの人はいませんか」と電話をかけてきたこともあった。図書館の本を「自分が買った」と持ち帰った人もいた。

 厚生労働省の推計では、二〇二五年には認知症の高齢者は六十五歳以上の五人に一人、七百万人になる。図書館を訪れる認知症の人が増えるのは避けられない。

 「困ったね、と話しているだけではだめ。図書館だからこそ何かできないか」と思った舟田さんは一五年八月、期間限定で、バラバラに置いていた認知症や介護保険関連の書籍などを一つに集めてみた。その年の十二月には棚を拡充して常設に。介護の拠点である地域包括支援センターの案内や認知症を診る医療機関のリストを張った。職員研修も行い、支援が必要と思われる人がいたら情報をセンターに伝える態勢を整えた。

写真

 他の図書館でも、認知症の人に安心して使ってもらう方法の模索が始まっていたり、司書が高齢者施設に出張して、読み聞かせなどをしたりしている=表。舟田さんは「誰もが住み慣れた地域で暮らすため、身近な図書館だから役に立てることがある」と力説する。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題】  2017年02月20日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【認知症の交通事故】:216件 過去3年、増加傾向

2016-12-13 21:15:30 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【認知症の交通事故】:216件 過去3年、増加傾向

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【認知症の交通事故】:216件 過去3年、増加傾向

 警察庁は13日、認知症の人が車を運転して起こした交通事故が、2015年までの過去3年間で少なくとも216件あったことを明らかにした。13年は63件、14年は75件、15年は78件と増加傾向にある。

 事故後に医師の診断などで認知症と判明したケースのみで、運転手が死亡した例などは含まれていないが、認知症の人による交通事故件数が明らかになるのは初めて。

 15年の78件のうち27件が人身事故だったが、被害者が死亡した例はなかった。残り51件は物損事故だった。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・認知症の人が車を運転して起こした交通事故】  2016年12月13日  21:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【認知症の事故】:被害救済見送り 政府「範囲、財源に課題」

2016-12-13 21:10:30 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【認知症の事故】:被害救済見送り 政府「範囲、財源に課題」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【認知症の事故】:被害救済見送り 政府「範囲、財源に課題」

 認知症の人が起こした事故を巡り、厚生労働省、警察庁などの関係省庁連絡会議は13日、被害の弁償など、公的救済制度の創設を見送ることを決めた。愛知県大府市で2007年に起きた鉄道事故訴訟をきっかけに「認知症の人と家族の会」などが要望していたが、連絡会議作業部会は「救済範囲や財源などを含めた議論が必要で、直ちに制度的な対応をするのが難しい」と検討結果をまとめた。

 認知症の人が徘徊中に起こした事故などでは本人に責任能力がないと判断された場合、家族が損害賠償を求められるケースがある。5月末に設置された作業部会は、トラブルの実態把握や専門家へのヒアリングを実施した。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・認知症の人が起こした事故】  2016年12月13日  21:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【認知症】:感じて 端末使い疑似体験

2016-11-19 15:15:35 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【認知症】:感じて 端末使い疑似体験

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【認知症】:感じて 端末使い疑似体験

 仮想現実(VR=バーチャルリアリティー)の端末を使って認知症の人に近い日常を疑似体験する試みが注目を集めている。高齢者向け住宅を手掛ける東京の事業者が今年三月から体験会を開き、延べ千人程度が参加した。認知症の人が陥りやすい状況に身を置いて当事者の気持ちを実感し、どのように手を差し伸べれば良いかを考えてもらう狙いだ。

認知症を疑似体験するための映像の一場面(シルバーウッド提供)

写真

 十月、千葉県船橋市のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「銀木犀(ぎんもくせい)」で行われた体験会には、慶応大商学部の学生ら約二十人が参加。数分間のストーリーを三本視聴した。

 まずゴーグル型のVR端末とヘッドホンを装着する。映像が流れると自分が電車の中で座っている感覚に。景色に見覚えはない。「ここはどこで、電車はどこに向かっているのだろう」。思い出せずに焦る女性の心の声がナレーションで流れ、その女性になったような気持ちになる。乗客につられて降りた駅のホームでぼうぜんと立ち尽くしていると、乗客の一人が近づいてきて「どうかしましたか?」。ああ、助かった-。

 映像はサ高住を運営するシルバーウッド(東京都港区)が、認知症の人の経験や介護職員らの意見を取り入れながら制作した。同社の下河原忠道(しもがわらただみち)社長(45)が認知症の高齢者らと接するうち、多様な症状があるのに、病気としてひとくくりにしてしまうことに疑問を感じたのがきっかけだ。三六〇度見渡せる高画質の映像と音響が流れ、その場にいるかのような感覚を味わえるVRなら、本人の立場で理解できると活用を思いついた。

 一本目の「電車で現在地がわからなくなる」ストーリーに続き、二本目と三本目はそれぞれ「脳機能の低下で地面までの距離感覚が狂い、足を踏み出せない」、「時間も場所も分からなくなる」内容。

 終了後、学生らは「あんなふうに見えているのか」「認知症になると感情がなくなるのかと思っていたが、こんな状況に置かれたら不安になるだろうと思った」などと感想を語り合った。

 引率した慶応大の中島隆信教授は、障害者福祉と経済学を研究しており、「当事者の感じ方を知っておくことは将来役に立つ」と授業に取り入れたという。

 「レビー小体型認知症」を発見した小阪憲司医師もVRを体験。「言葉で聞いて想像するよりもリアルに見え、認知症の人が見ている風景を理解する助けになる」と評価。一方で、高齢者の精神医療に詳しい和田秀樹医師は「どんな助けが必要なのか家族が知る機会になるが、認知症の主な初期症状の記憶障害の再現は難しい」と指摘する。

 下河原社長は「認知症の人の行動には理由があるのに、症状だけを見て差別しないでほしい。VRの受け取り方は人それぞれなので、自分で接し方を考えてもらえれば」と訴える。今後は専門医の意見も取り入れ、発信を続ける予定だ。

 <仮想現実(VR)> 

 専用装置で五感を刺激し、コンピューターが生み出す映像世界にいるかのような体験をする技術。英語で「バーチャルリアリティー」といい、頭文字を取ってVRとも呼ばれる。ゴーグル型のディスプレーで3D映像や音声を疑似体験する仕組みが主流。最近は多くのメーカーが関連商品の開発に力を入れており、ゲームだけでなく観光や医療など幅広い分野での活用が期待されている。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 社会 【話題】  2016年11月19日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【サルにも自閉症】:遺伝子操作なしで初確認

2016-11-19 15:15:20 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【サルにも自閉症】:遺伝子操作なしで初確認

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【サルにも自閉症】:遺伝子操作なしで初確認

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが自閉スペクトラム症の特徴を持つニホンザルを確認したことが十九日、分かった。遺伝子操作をされていない動物での報告例はなく、世界で初めての確認とみられる。人間の発症者で見つかった遺伝子変異もあった。

写真

 自閉スペクトラム症は自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害の総称で、対人関係が苦手、特定の行動を繰り返すという特徴がある。詳しい原因は分かっておらず、ヒトの近縁であるサルの症例を詳しく調べることで、発症メカニズムの解明につながると期待される。成果は米科学誌電子版に発表された。

 チームは、理化学研究所(埼玉県和光市)で飼育されていた研究用のニホンザルで、人間に懐かなかったり、自分の爪を頻繁にかんだりする個体に着目。他者の行動を読み取る能力を調べるため、他のサルと対面で座らせ、交互に二色のボタンのうち一つを触らせる実験をした。

 当たりの色のボタンを触ると、二匹ともジュースがもらえるとのルールを設定。当たりの色はしばらく変えず、相手がどちらを選ぶか観察すれば、正解する確率が高まるようにした。しかし、このサルは相手の動きを見ずに選んでいた。

 脳の働きを詳しく調べると、他者の行動情報を処理する神経細胞が他のサルに比べ、非常に少なかった。また遺伝子解析では、自閉スペクトラム症と関連するとされる二つの遺伝子に変異があった。

 チームの地域医療機能推進機構湯河原病院(神奈川県湯河原町)の吉田今日子医師(脳神経外科)は「人間と同じ霊長類のサルで自閉スペクトラム症の特徴を持つ個体がいると分かり、病態研究に有用なモデル生物と示された」としている。

 中国の研究チームは一月、遺伝子操作による自閉症のサルの作製に成功したと発表している。

 <自閉スペクトラム症> 

 自閉症やアスペルガー症候群など発達障害の総称。対人コミュニケーションが難しいといった特徴を持つ人々を広く捉えようと新しく定義された分類。100人に1人程度いるとされる。遺伝的要因や環境要因の組み合わせによって発症すると考えられているが、詳しいメカニズムは分かっていない。

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 社会 【話題】  2016年11月19日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【犬の認知症】:人間並みに発症 8歳以上の2割が「疑い」5割が「予備軍」

2016-11-07 09:15:00 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【犬の認知症】:人間並みに発症 8歳以上の2割が「疑い」5割が「予備軍」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【犬の認知症】:人間並みに発症 8歳以上の2割が「疑い」5割が「予備軍」

 人間の50歳ほどに当たる8歳以上の飼い犬の約20%に、アルツハイマー病に似た認知症(認知障害症候群)が疑われる行動がみられることが、日本獣医生命科学大獣医学部(東京)の入交真巳(いりまじり・まみ)講師の調査で分かった。今後発症が懸念される「予備軍」も半数に達しているという。

愛犬が8歳以上になったら要注意

              愛犬が8歳以上になったら要注意

 全国の動物病院やドッグランを利用した飼い主に症状の有無をアンケート。疑い例のうち獣医師が診断したケースは17%にとどまり、症状が進んで夜間にほえたり攻撃性が高まったりしても飼い主が適切に対処できていない可能性がある。

 発症初期なら餌や生活習慣の改善で症状が治まる場合があり、入交さんは「高齢犬が急に年を取ったと感じたら、早めに専門の獣医師に相談してほしい」と話している。

 昨年と今年に961匹の飼い主に「睡眠のリズム」「排せつ行動」「飼い主などへの反応」など10項目を質問票で尋ねた。同大学院生の石井綾乃さんが回答を点数化して分析すると、8歳以上の547匹のうち116匹(21%)が「認知症疑い」、282匹(52%)が「予備軍」だった。

 過去の研究で「柴犬は認知症になりやすい」と指摘されているが、柴犬を含む上位5犬種を比較したところ、柴犬の平均点は高めだったが、4種とのはっきりとした違いはみられなかった。

 重い認知症の犬は鎮静剤や麻酔薬で症状を抑えるしかない。入交さんは「予備軍や症状が軽いうちに、運動やゲームで脳に刺激を与え、脳の老化を防ぐ働きがある専用のドッグフードなどを与えることで大きく改善する例もある」としている。

 【犬の認知症】 

 犬も高齢化に伴って人のアルツハイマー病に似た認知症になる。「おすわり」ができない、室内や屋外での排せつ習慣を忘れるなどの症状のほか、昼夜が逆転したり、攻撃性が増したりすることもある。対症療法だけで根本的な治療法はない。おやつやゲーム、運動などの刺激で症状の進行を抑えることができるとされる。専門の獣医師によるカウンセリングも受けられる。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2016年11月07日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

{社説②}:成年後見制度 誰のための利用促進か

2016-11-07 02:44:35 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

{社説②}:成年後見制度 誰のための利用促進か

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:{社説②}:成年後見制度 誰のための利用促進か

 認知症や知的障害などのため判断能力にハンディのある人の財産や権利を守るのが成年後見制度である。この制度の利用を促進する法律が通常国会で成立し、内閣府の委員会で具体的な方策が議論されている。

 認知症の人が増加し財産侵害などの被害は多発している。制度の重要性を国民が理解し、後見人の担い手を増やすことは必要だ。不正防止のため家庭裁判所を補完する機能の強化、親族や市民後見人を支援する仕組みの導入など、委員会では大事な改善策が検討されている。

 しかし、現行制度が抱える根本的問題については議論が足りない。後見人には認知症や知的障害のある被後見人の意思を尊重する義務が法律で定められているが、判断能力にハンディがある人の意思をどうやって尊重するかが現行制度には何も定められていないのだ。

 たとえ後見人が認知症や知的障害の特性を理解しておらず、本人の意思に反する判断をしたとしても、誰もチェックできていない。財産流用などの不正が発覚しない限り、後見人を代えたり、後見制度の利用をやめたりすることも事実上できない。

 選任件数が増えている弁護士や司法書士が後見人になると平均毎月2万~3万円の報酬を払い続けなければならないのにである。

 誰のための制度なのかという点に立ち返った見直しこそ必要だ。

 むしろ、現実は逆のことが起きている。入所施設を利用する際に後見人の同意が求められ、施設に入るために後見人を付ける人は少なくない。自由やプライバシーのない入所施設で何十年も暮らすこと自体が人権侵害だと欧米では考えられ、少人数での家庭的な暮らしを保障する流れが定着しているのだ。

 一方、日本では家族の意向や行政の判断で多くの障害者が入所施設におり、最近は後見人が本人の意思を確かめようとしないまま、施設入所を決めている例もよく聞かれる。

 利用者からすれば、報酬を払った上に権利を制限され、しかも自分の意に沿わないことを後見人に決定されているようなものだ。

 判断能力にハンディのある重度障害者の意思をどうくみ取るかという「意思決定支援」が最近は支援者の間で研究されている。海外では多数の実践例を蓄積し、本人の意思を中心にした福祉への転換を図っている国がある。日本でも通常国会で改正された障害者総合支援法に意思決定支援の必要性が明記されている。

 本人の意思を十分にくみ取った支援こそ成年後見制度に最も必要だ。財産管理が中心の現行制度を根底から見直し、本人が利用したくなる成年後見にしなければならない。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年11月06日  02:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【筆洗】:名前が思い出せない。お年を重ねれば、どうしても・・・

2016-09-20 01:30:40 | 【認知症・アルツハイマー病、徘徊、治療よ

【筆洗】:名前が思い出せない。お年を重ねれば、どうしてもそういうことがあろう。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:名前が思い出せない。お年を重ねれば、どうしてもそういうことがあろう。

 わが身にも兆候がある。俳優の名がなかなか思い出せない▼こういう場合はあきらめ てはならぬそうで、ア行からそれらしき名前を順に探るのだが、なかなか的中しない。ほら文学座の出身で俳句もやっていた。中村伸郎さんだった▼取って付け たようだが、その中村さんが老化現象についてこんなエッセーを書いている。買い物に行こうとすると奥さんにどこに行くのかと聞かれた。「11PM」。そう 答えた。コンビニの「セブン-イレブン」とかつてのテレビ番組の名と間違えたが、奥さんは奥さんで気がつかず、平気な顔で、「食パンを買ってきてくださ い」と頼んだそうだ▼続きがある。その「セブン-イレブン」の隣のたばこ店で中村さん、今度は「セブン-イレブンください」。店番のおばあさんは、黙って 「セブンスター」を差し出した▼昨日は敬老の日だった。悩んでいらっしゃる方を思えば、あまりのんきなことも言っていられぬが、なんと魅力的な会話か。さ さいな間違いに角が立つでも混乱するでもなく、なんとなく話は成立し、誰も困っていない。それが老いによる緩やかさや気楽さのようなものだとすれば、一種 の居心地の良さもあるだろう▼「セブン-イレブンください」。老いへのおそれを軽くするおまじないかもしれない。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2016年09月20日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加