乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【森友学園の闇】:国有地購入は「第六感」 理事長がラジオで大放言

2017-02-22 18:16:20 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:国有地購入は「第六感」 理事長がラジオで大放言

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:国有地購入は「第六感」 理事長がラジオで大放言

 大阪府豊中市の国有地が、日本会議の幹部が理事長を務める学校法人「森友学園」にタダ同然で払い下げられていた問題で、渦中の籠池泰典理事長が20日、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に電話で生出演。約1時間にわたって、仰天発言を繰り広げた。

グラウンド部分は「触ってない」と籠池理事長(C)日刊ゲンダイ

    グラウンド部分は「触ってない」と籠池理事長(C)日刊ゲンダイ

 まず、一連の報道について、土地の売却額について情報公開請求をした豊中市の木村真市議を「無所属のようですけど、新左翼」と決めつけ、木村市議が自分の名前を売るために、問題を最初に報じた朝日新聞など「保守でないマスコミ」と結託して、「日本の国を高めていこうとする学校の建設を潰そうとしている」と主張。南京大虐殺や慰安婦問題まで持ち出して、新左翼と朝日新聞の悪口に多くの時間を費やした。

 肝心の土地取引の経緯については、借地の段階から価格についての見積もりも何もなく、何と「第六感」で購入を決めたと説明した。隣の国有地が14億円超で売却されているのに、見積もりも予算もなく取得に手を挙げるなんて、なかなかブッ飛んでいる。

 「その土地がいくらするのかということは、そこまで考えていなかった」

 「金額的なものから言いますと、やっぱり高いと思いました」

 ■「私は悪いこと何もしておりません」

 土地購入は財政的に無理だと諦め、10年間の定期借地契約で小学校の建設を始めたのだが、工事を進めていくと、埋蔵物が見つかった。

 「(土地を掘って)悪いもんが出てきたから、『ちょっと安くしてくれるんではないか』と」

 「第六感が働きましてね。これはちょっとなんや、賃借料にしたらかなり安くなると」

 「これも自分の第六感ですが、それやったら、国の方が指示してくれる金額で購入さしていただきましょうかという感じを持ちましたですね」─―。

 理事長の“第六感”通り、国有地の鑑定評価9億5600万円からゴミの撤去費として約8億円が控除され、格安で手に入ったわけだ。だが、実際のゴミ処理にいくらかかったのか問われると、「全然、まだ存じ上げておりません」。しかも、ゴミを撤去したのは建物部分だけだという。グラウンド部分は「そのままでいいんです」「触ってないんだからそこにお金がかかることはありません」と断言。8億円もの控除は必要なかったと、自ら認めるような発言である。

 国会で説明する可能性については、「そんなん、呼ばれるような立場ではありません。私は悪いこと何もしておりませんので。民主主義の国ですよ。独裁国家ではないんです」と被害者意識丸出しだったが、民主主義の国だからこそ、国有財産の売却経緯には透明性が求められる。疑惑を払拭したいなら、ラジオで好き勝手言ってないで、公の場で説明すべきだろう。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月22日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【渦中の「森友学園」】:大阪の系列幼稚園で幼児虐待の疑い

2017-02-22 18:16:10 | 【子ども・子育て支援新制度、幼稚園・保育

【渦中の「森友学園」】:大阪の系列幼稚園で幼児虐待の疑い

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【渦中の「森友学園」】:大阪の系列幼稚園で幼児虐待の疑い

 “安倍晋三記念小学校”用地の国有地格安払い下げが問題になっている森友学園が経営する塚本幼稚園で、幼児虐待ともいえる行為横行していた疑い発覚した。民進党の玉木雄一郎議員が22日の衆院予算委分科会で明らかにした。

▲塚本幼稚園正面。神輿のような時計台が目に入る

         ▲塚本幼稚園正面。神輿のような時計台が目に入る

 玉木議員が同幼稚園に子供を通わせていた父兄らに話を聞いたところ、園児が大便を漏らした際に、大便を下着で包み、幼稚園バッグに入れて持ち帰らせていたという。父兄のひとりは「バッグには食器なども入っているので、とても不衛生だった」と話したという。

 玉木議員はこうした行為は「幼児虐待」にもつながると指摘し、松野文科相に調査するよう要求した。松野大臣は「幼稚園を所管する大阪府に状況報告を求める」と答弁した。

 愛国教育を標榜する森友学園の教育の実態がこれなのだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 社会 【話題】  2017年02月22日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と・・・

2017-02-22 18:16:00 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:安倍晋三記念小学校 この疑惑で居直る神経と幼児性に唖然

 “疑惑”の舞台を21日視察した民進党国会議員の目には何が飛び込んできたのか。

 安倍首相の妻である昭恵氏が名誉校長を務め、4月に開校を控えた大阪・豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)をめぐる国有地の激安払い下げ問題。

夫婦そろって…(C)日刊ゲンダイ

             夫婦そろって…(C)日刊ゲンダイ

 当初は大阪市の学校法人「森友学園」に隣地の「10分の1程度」で払い下げられた――と報じられたが、その後、隣地の「10分の1程度」どころか、2度にわたる地下埋設物の撤去費用を差し引くと実質的には“タダ同然”で引き渡されていたことが判明。

 さらに森友学園が新たな埋設物が見つかったと主張し、国交省大阪航空局が撤去費用として約8.2億円と積算したごみの搬出や土壌入れ替えについて本紙記者が現場を取材すると、「撤去」されるべきはずの建築廃材や生活ゴミがいまだに埋まっている可能性も浮上した。

 地下埋設物の「撤去費用」と「土地代」を帳簿上で相殺して激安で国有地を手に入れながら、実際は埋設物のごみはそのまま――。あってはならないことだが、仮にそうであれば許されるはずがない。誰でも元手ナシで簡単に国有地を取得できてしまうことになるからだ。

 一方、学校の設置認可を出した大阪府の対応も不可解さが指摘されている。森友学園から提出された新設小学校の認可申請書を審議した2014年12月の府私学審では、少子化が進む中での児童確保や資金繰りを懸念する声が出て「継続審議」となったにもかかわらず、わずか1カ月後の15年1月には一転して条件付きで「認可適当」の答申が出たからだ。一連の経緯を見る限り、国や大阪府の対応は不自然極まりないと言わざるを得ない。

 ■教育基本法よりも教育勅語を重視

 学校の理事長を務める籠池泰典総裁は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表。大阪市の私立塚本幼稚園の園長でもあり、〈園長の部屋〉と題したブログには、こう書いている。

 〈安倍晋三内閣総理大臣のように身近な人をモデルにし、偉人を手本とする〉〈日本の伝統文化を守り発展させようとする保守安倍晋三政権と、歴史と伝統の文化を崩壊し滅亡させようとする(日本衰退待望クーデター=民主・共産・社民)との攻防が今や最中である〉〈教育勅語的精神に基づく教育をする塚本学園が小学校を興す〉

 ハッキリ言って読むだけでクラクラするが、国のトップを「偉人」と大絶賛する姿勢は、どこかの将軍様の国とソックリではないか。ちなみに教育基本法の第14条(政治教育)は〈法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治活動をしてはならない〉と明確に規定されている。安倍礼賛や野党“口撃”は〈法律に定める学校〉として、明らかに法の趣旨に反しているのだが、教育基本法など屁のカッパらしい。「思想・良心・信教の自由」は憲法で保障されているとはいえ、「お国のために死ね」と滅私奉公を国民に刷り込み、戦前の日本が軍国主義化に突き進む基になったともいわれる「教育勅語」を前面に打ち出す右翼的思想の私立小学校が、国有地を“タダ同然”で手に入れ、スピード認可されたのだから、良識ある国民は「オイオイ」と思うだろう。京都精華大専任講師の白井聡氏はこう言う。

 「この国有地払い下げ問題の経緯は明らかに不自然です。まずは払い下げの過程において、国の担当者の誰が、いつ、どのように決裁したのかを明らかにするべきでしょう。おそらく背景に政治的な圧力があったと思いますが、それは一体、誰だったのか。学校設置の認可に至るプロセスも含めて徹底追及する必要があります」

許されるのか(C)日刊ゲンダイ

         許されるのか(C)日刊ゲンダイ

 ◆安倍首相の「議員辞職」答弁は、いつもの「逃げ口上」だ

 不可解な国有地払い下げを指摘されている学校の名誉校長を昭恵氏が務め、さらに「安倍晋三記念小学校」名目で寄付金募っていたとなれば、誰だって安倍政権と森友学園の「怪しい関係」を疑うのは当然だ。17日の衆院予算委で野党議員から追及された安倍は「私や妻が認可国有地払い下げに一切関わっていないことは明確にしたい」「私や妻が関係したということになれば間違いなく首相も国会議員も辞める」と色をなして反論していたが、安倍がわざわざ辞職を口にしなくても、仮に“口利き”があったとすれば内閣総辞職モノである。

 それよりも“口利き”以前の問題として問われているのは、疑念を抱かれている学校の「広告塔」に現職総理大臣のカミさんが就いていて、自分の名前を冠した寄付金募集が行われていたことを一体、どう考えているのか――という政治家としての良識だろう。

 ■現職総理詐欺片棒担ぐ

 少なくとも、マトモな感覚を持った政治家、それも総理大臣であれば、たとえ絶縁してでも即刻、カミさんを名誉校長から引きずり降ろすだろう。寄付金募集の件だって、国会の「初めて知った」という答弁が本当であれば、学校法人に対して厳重抗議はもちろん、名誉毀損で告訴するべきだ。総理大臣が全面バックアップ学校――と信じて疑わない人がカネを振り込んでいた場合、後になって「事実と違う」と訴えを起こしたらどうするのか。詐欺の片棒を担いだのではないか、と疑われる事態になるかもしれないのだ。ところが、安倍は野党の質問に真正面から答えようともせず、顔を紅潮させ、ムキになって「俺は悪くない」と言わんばかりの幼稚な態度だったから唖然ボー然だ。「超・反知性主義入門」の著者で、コラムニストの小田嶋隆氏はこう言った。

 「安倍首相は森友学園との関係や妻が名誉校長に就任した経緯などを粛々と説明すればいいのに、そういう話は一切なく、感情的に反論していて、とても一国の首相の態度とは思えませんでした。彼は、南スーダンPKOで自衛隊員に死傷者が出た場合の対応を問われた際も『辞任』を口にし、北朝鮮の拉致問題を『政治利用したのではないか』と質問された時も『私が言っていることが真実だ。違っていたら国会議員を辞める』とキレていました。おそらく『議員を辞める』という言葉は国会で追及された時の一種の逃げ口上なのでしょう。野党や国民に対して丁寧に説明する気はなく、『不退転の決意』を示すという支持者向けのポーズなのだと思います」

 本来は「不徳の致すところ」と謝罪し、夫婦そろって時代錯誤の右翼団体とはキッパリ縁を切ると宣言してもおかしくない。ところが、国民への説明もロクにしないまま、そろって居直っているから、神経を疑ってしまう。これが日本の最高権力の座にいる夫婦の姿なんて情けなくなるし、居座り続けられたら国民が不幸になるだけだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月21日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ

2017-02-22 18:15:50 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ 地検特捜は動くか

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ 地検特捜は動くか

 国会で関係者を証人喚問するべきではないのか。安倍首相の妻である昭恵氏が名誉校長を務め、4月に開校を控えた大阪・豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)をめぐる国有地払い下げ問題

ゴミは残る(建設中の瑞穂の國記念小學院の敷地内で)/(C)日刊ゲンダイ

  ゴミは残る(建設中の瑞穂の國記念小學院の敷地内で)/(C)日刊ゲンダイ

 疑惑の最大の焦点は、新設学校を管理・運営する学校法人「森友学園」が新校舎建設中に新たな埋設物が見つかったと主張し、その撤去費用として、土地を管理する国交省大阪航空局が約8.2億円もの金額を算出したことだ。この高額の撤去費用がなければ、土地価格(約9.5億円)との差し引きで約1.3億円の払い下げ――なんて激安の売買契約は行われなかったからだ。

 17日の衆院予算委で、財務省は「撤去費用は適正に算出された」と答弁していたが、民進党の福島伸享議員が指摘したように、積算根拠に基づけば、現場で入れ替えられた土壌の量は「ダンプカー4000台分」に相当する。隣地には公園もある市街地で、4000台のダンプカーが往来したら大問題になっていても不思議じゃない。学園は本当にすべての埋設物を撤去したのか。

 日刊ゲンダイの記者は19日、確認のために現場を訪れたのだが、新校舎裏の北東部の地表を見て驚いた。ナント! 茶碗や建築廃材といったゴミが今も散在している状況が確認できたからだ。18日、現場を取材したジャーナリストの田中龍作氏もこう言う。

 「私も建設現場を撮影しましたが、今も、茶碗のかけらや靴、マヨネーズの容器といった生活ゴミ、建築廃材が埋まっていました。いずれも、10~20年前とみられる年月が経ったものです。衆院予算委で、埋設物の中身を問われた財務省の佐川宣寿理財局長は、『生活ゴミ、プラスチック、廃材』と答えていましたが、まさに“そのもの”が埋まっていたわけです。現場を見る限り、学園側はゴミをすべて撤去していなかったのではないか――と疑ってしまいます。大体、ダンプカーが4000台も行き来すれば周辺道路は大渋滞になるのに、近隣住民に聞いたら、誰も『見ていない』と話していました」

 ■法的な問題は? 弁護士に聞いた

 予算委では、国が埋設物の撤去を学園に丸投げしていたことが分かっている。

 ゴミの「撤去費用」を土地代と相殺する形で売買契約を結びながら、実際は撤去せずにそのまま――なんて許されるのか。この理屈が通るのであれば、誰でも“タダ同然”で国有地を手に入れられることになる。法的な問題はないのか。元検事の落合洋司弁護士がこう言う。

 「直ちに関係者の詐欺などを問うのは難しいが、大阪地検特捜部が関心を持って情報収集などをしている可能性はあると思います。一般論として、仮に刑事事件になった場合、まず、国の担当者が撤去費用を過大計上し、国に損害を与えた――という背任が問われるでしょう。そして、共犯や贈収賄などで相手方(学園)の関与の有無を調べることになると思います」

 衆院予算委で安倍首相は、「私や妻が関係したということになれば、間違いなく首相も国会議員も辞める」と気色ばんでいたが、裏を返せば、この問題が相当、悪質で違法性が高いと認めたようなものだ。特捜部はここで動かないで、いつ動くのか。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月01日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑

2017-02-22 18:15:40 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:内閣も自民党も総汚染 「安倍晋三記念小学校」疑惑

 なぜ、大メディアは及び腰なのか。大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」にタダ同然で払い下げられていた問題は、内閣が吹っ飛んでもおかしくないスキャンダルなのに、メディアの追及は鈍い。

 この土地には今春、“日本初の神道小学校”をウリにした「瑞穂の國記念小學院」が開校する予定だ。小學院の理事長を務める森友学園の籠池泰典総裁は、安倍首相の支持基盤である右派組織「日本会議」の大阪幹部。そして、小學院の名誉校長にはファーストレディーの昭恵夫人が就任。しかも、当初は「安倍晋三記念小学校」というフザケた校名にする予定で、寄付金を募っていたことも分かっている。

ヘイト文書の学園と共鳴(右は建設中の”安倍晋三小学校”)/(C)日刊ゲンダイ

  ヘイト文書の学園と共鳴(右は建設中の”安倍晋三小学校”)/(C)日刊ゲンダイ

 「国有地は国民の財産です。それが、不可解な経緯で、首相に近い団体の幹部に『実質ゼロ円』で供与されていた。こんな分かりやすい話はありません。本来なら、テレビのワイドショーが飛びつくネタのはずです。しかし、北朝鮮の暗殺事件や、都政の小池劇場に時間を割くばかりで、安倍政権を揺るがす重大疑惑を取り上げようとしない。

 この土地問題は、掘れば掘るほど、埋蔵ゴミの量を上回る疑惑が出てくるのに、新聞も社会面でアリバイ的に事実関係を報じるだけで、背後に日本会議の人脈があるという核心には触れたがらない。あまりに深刻な問題だからこそ、日本会議に支えられた安倍政権遠慮して報道を控えているとしか思えません」(政治評論家・本澤二郎氏)

 安倍晋三記念小学校という名称について国会で質問された安倍は、「いま初めて知った」とトボけたが、「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」「私の考え方に非常に共鳴している方から、『安倍晋三小学校』にしたいというがございましたが、お断りした」とも言っていた。少なくとも、打診があったことは認めたわけだ。

 ■「こんなに軍国じみていたとは……」

 一方の籠池理事長は「週刊文春」や「しんぶん赤旗」の取材に、安倍晋三記念小学校の名称は「内諾を得ていた」と証言していて、どちらの言い分が本当なのかは知らないが、それにしても、「考え方に共鳴している」という安倍の発言は聞き捨てならない。

 森友学園が運営する塚本幼稚園は昨年、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した文書を保護者向けに配布。ヘイトに当たると問題視した大阪府は今年1月に籠池理事長らから事情を聴き、行政指導を行う必要があるか検討することにしている。

 そもそも塚本幼稚園は、園児に教育勅語を暗唱させ、五箇条の御誓文や愛国行進曲などを教え込む“軍国教育”で有名だ。18日付の東京新聞「こちら特報部」は、「愛国教育を重んじるのも、しつけのためならば良いかと思ったけれど、こんなに軍国じみていたとは……」と困惑する保護者の言葉を紹介している。

 塚本幼稚園のHPを見ると、「園長が防衛大臣賞を受賞いたしました」と、稲田防衛相の名前で昨年10月22日に贈られた感謝状の画像が掲載されている。感謝状は理事長室に飾られているというが、そこには「永年にわたり防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献されるところ大なるものがありました」と書かれている。「防衛基盤の育成」って何なのか。愛国教育によって、国のために命を捧げる若者を社会に送り出すという意味か。

 そういうヘイトと軍国教育に熱心な学園の総裁と「共鳴している」と、安倍は言ってのけた。教育基本法に反する戦前教育を施す学校法人にお墨付きを与えたようなものだ。

軍国幼稚園に感謝状(C)日刊ゲンダイ

         軍国幼稚園に感謝状(C)日刊ゲンダイ

 長い時間をかけて歴史修正主義首相を育成した日本会議

 「籠池理事長、安倍夫妻稲田防衛相麻生財務相、そして払い下げ当時の下村文科相や、小学校の新設をスピード認可した大阪府の松井知事……。登場人物は、みな日本会議の関係者です。極右思想を共有する仲間内で、国民財産を私物化し、便宜を図ったとみられるのが当然なほど、役者が揃っている。日本のメディアは、韓国の朴大統領の親友による国家介入でサムスン電子副会長が逮捕された事件は大々的に報道していますが、構図は同じですよ。小沢一郎の時は、正当な土地取引の単なる“期ズレ”を大犯罪のように騒ぎ立て、メディアが事件をでっち上げたのに、今回はダンマリなんて筋が通りません。安倍政権や日本会議が絡んでいる疑惑は追及できないとすれば、由々しき問題です。安倍政権では、大半の閣僚が日本会議の関連団体に名を連ねている国家運営の黒幕は、戦前回帰を目指す日本会議ということになります」(本澤二郎氏=前出)

 自民党で幹事長などの要職を歴任した故・加藤紘一氏は第1次安倍政権が発足した06年、朝日新聞のインタビューに答えて、「安倍政権の背後には日本会議がある。だから安倍政権は今までの自民党政権とは異質で極めて危険だ」と指摘していた。この時から、すでに自民党は日本会議に乗っ取られていたのだ。

 ジャーナリストの魚住昭氏が言う。

 「加藤氏は日本会議の危険性をいち早く察知していた。国民が気づかないうちに、日本会議は政権中枢を汚染していった。政治に働きかけて、元号法制化や国旗国歌法の制定など、自分たちの政策を着実に実現してきた日本会議が、長い時間をかけて育成したのが安倍首相です。その拠点になったのは、94年に発足した『歴史・検討委員会』や、97年に結成された『日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(「教科書議連」)』などで、もともと安倍首相に右派的な気分はあったのでしょうが、それを歴史修正主義に持っていった。そうした積み重ねの集大成が、日本会議の悲願である憲法改正なのです」

 ■戦前よりひどい全体主義国家になる

 共著「愛国と信仰の構造―全体主義はよみがえるのか」で、ナショナリズムと宗教の結びつきに警鐘を鳴らした政治学者の中島岳志東工大教授は、日刊ゲンダイのインタビューにこう語っている。

 〈偏狭な愛国心が、宗教と深く結びついたときになにが起こるのか。戦前の日本では、国家神道などの宗教が、天皇や日本という祖国を信仰の対象とすることで、ナショナリズムを過激化させ、全体主義の時代になだれ込んでいき、大きな戦争にまで突入した〉〈(日本の現状は)ここで選択肢を誤ると、立憲主義も民主主義も根こそぎになり、戦前以上にひどい全体主義国家になってしまうのではないか。そのくらいの危機感を持っています〉

 安倍政権は、式典での国旗掲揚と国歌斉唱を国立大に要請。文科省が14日に公表した幼稚園の教育要領案でも、「我が国の国歌に親しむ」の文言が加わった。保育所を管轄する厚労省も同日、3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を盛り込んだ保育所保育指針改定案を公表した。愛国心の強要を推し進める主体が日本会議であり、国家権力と結託して、教育にまで侵食してきているという事実に戦慄を覚える。

  くだんの塚本幼稚園の運動会では、「日本を悪者にする中国や韓国は心をあらためて安倍首相がんばれ」と園児選手宣誓させる映像が残っている。籠池理事長は、週刊文春の取材に対して「安倍総理政治家というより偉人」と語っていた。もはや、国家神道でもなく、「安倍晋三教」と言っていい。そこから、安倍晋三記念小学校などという狂った発想が生まれ、それに付随して、疑惑まみれの国有地払い下げ事件が起きた。

 さすがに安倍も、払い下げで直接の指示を下すようなヘマはしないだろう。だが、首相を支持する日本会議の影がチラつく上に、昭恵夫人まで名誉校長として関わっているとなれば、何も言わなくても忖度して便宜を図る連中がいる。直接の口利きよりも、こういう状況の方が危機的なのだ。安倍を崇拝していれば、どんな不正も「愛国無罪」でおとがめなしというのなら、もはやこの国は民主主義国の看板を下ろすしかない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月20日  18:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ

2017-02-22 18:15:30 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:安倍晋三教という邪教蔓延のおぞましさ

 ウラで何か怪しい力が働いていたのではないか」――。民進党の福島伸享議員が17日の衆院予算委で取り上げた、大阪市の学校法人「森友学園」が4月に開校する予定の私立「瑞穂の國記念小學院」(豊中市)の土地をめぐる国有地払い下げ問題。安倍首相の妻である昭恵氏が名誉校長を務めるからなのか、大新聞チョボチョボ在京テレビアリバイ程度にしか報じていないが、この問題は内閣総辞職に発展してもおかしくない大スキャンダルだ。

安倍首相(C)日刊ゲンダイ

              安倍首相(C)日刊ゲンダイ

 あらためてコトの経緯を振り返ると、ざっとこんな流れだ。森友学園は豊中市内の国有地(約8700平方メートル)に私立小の建設・開校を計画。申請を受けた「国有財産近畿地方審議会」は2015年2月に可否を審議した結果、土地は「売り払い」が原則にもかかわらず、〈10年間の事業用地定期借地権による時価貸付及び売買予約による時価売払〉と「定期借地契約」でGOサインを出した。そして同5月に森友学園は近畿財務局から土地を借り受けて学校建設に着手した。

 一方、土地を管理していた国交省大阪航空局は16年4月、地下にあった環境基準を超える鉛やヒ素などの有害物質や埋設物の撤去費用として約1.3億円を森友学園に支払ったものの、その後、学園側が新たな埋設物が見つかったと主張したため、大阪航空局は新たな埋設物の撤去にかかる費用を約8・2億円と算出。結局、土地の価格(約9.5億円)との差額約1・3億円で払い下げられたのである。

 つまり、最初に支払われた埋設物の撤去費用約1.3億円を含めると、森友学園は国有財産を「ゼロ円スマホ」のように“タダ同然”で手に入れたワケだ。それだけじゃない。新設小学校の建物は、国交省の「サステナブル建築物等先導事業」に採択され、約6200万円の補助金交付を受けているから、実質的には「国有地」プラス「ウン千万円」のカネもゲットしたのだ。

 ■埋設物の撤去費用はダンプカー4000台分に相当

 福島議員は予算委で、約8.2億円もの撤去費用が適正だったのかどうか――などをただしたが、財務省側は学校が開校を1年後に控え、国で撤去するには入札なども考えると「時間がかかると考えた」とノラリクラリ。しかし、大阪航空局の撤去費用の積算根拠は、地下の土壌約1.2万立方メートルを入れ替えた場合の想定で、福島議員によると、この量は「ダンプカー4000台分」にも相当するという。とてもじゃないが、一般住宅や幼稚園、公立の小中学校が立ち並ぶ住宅街で、4000台ものダンプカーが往来すれば、地元で大騒ぎになっていただろう。常識的に考えれば撤去費用は高過ぎるし、こうした不自然な中身を精査するのが財務省の役割なのに、なぜか「スルー」したのだ。

 予算委では、学校設置認可にかかわる不自然な経緯も追及された。認可権限を持つ大阪府の基準では、学校の土地は「自己所有」と決められているにもかかわらず、当初は「借地契約」だった森友学園にスンナリ設置認可が出ていたためだ。まさに疑惑のオンパレードで、福島議員が「何か特別な力が働いたのではないか」と語気を荒らげたのもムリはない。新設小学校が開校すれば、今後、さまざまな補助金や私学助成金支払われることになる。可否を判断するのは国や都道府県などの行政機関だ。その私立学校の名誉校長に現職総理大臣の妻就いているのは、どう考えてもおかしいだろう。

 昭恵氏名誉校長就任のあいさつで『普通の公立学校の教育を受けると(略)芯が揺らいでしまう』などと公教育を否定するような発言をしています。これはファーストレディーが私学を斡旋しているようなもの。国有地の払い下げ問題も大事ですが、こういう状況が果たして正常なのか考えるべきです」(「日本会議の研究」の著者・菅野完氏)

今春開校予定(C)日刊ゲンダイ

             今春開校予定(C)日刊ゲンダイ

 実際の戦争を知らずに戦前を礼賛するタチの悪さ

 森友学園の新設小学校をめぐる「闇」は、国有地取得の不可解なカネの流れだけじゃない。籠池泰典校長は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表。学校案内のパンフレットには〈教育の要〉として〈教育勅語素読・解釈による日本人精神の育成〉が掲げられ、〈宿泊研修(予定)〉先に〈靖国神社〉などが載っている。

 1890(明治23)年10月30日に発布された教育勅語は、各学校に「下賜」され、戦前は祝祭日や入学、卒業式などの行事のたびに「奉読」が義務付けられた。戦後、日本を占領下に置いたGHQは、教育勅語が日本の軍国主義化や国民に絶対服従の精神を植え付ける「聖典」の役割を果たしたとみて廃止。国会も1948(昭和23)年に衆院が「教育勅語等排除に関する決議」を、参院が「教育勅語等の失効確認に関する決議」をそれぞれ採択し、代わって現行の教育基本法が制定された。そんな戦前回帰のアナクロ教育を前面に打ち出す小学校が、戦後70年余り経った今、新たに開校するのだ。「思想・良心・信教の自由」は憲法で保障されているとはいえ、クビをひねる国民は少なくないだろう。

 ■幼稚園児に国歌斉唱を強要

 〈私や妻が認可、国有地払い下げに一切かかわっていないことは明確にしたい

 安倍首相予算委で、薄ら笑いを浮かべてこう答弁していたが、学校側は新設学校名を「安倍晋三記念小学校」と命名して寄付を募っている自分のカミさん名誉校長という「広告塔」に使い、教育カリキュラムの基本は「教育勅語」。さらに総理大臣の名前を冠した小学校名で寄付の振込用紙を配っていたのだ。マトモな歴史観を持った政治家なら激怒どころじゃ済まない。学校側に厳重抗議するのはもちろん、名誉毀損で訴えたって不思議じゃない。それなのに安倍がヘラヘラ笑っていたのは、安倍政権自身教育保育現場への政治介入を強めているからだ。

 文科省が新たに公表した幼稚園の教育要領案。唱歌やわらべ歌とともに示されたのが「国歌」(斉唱)だ。厚労省も保育所の運営指針の改定案に「国旗、国歌に親しむ」と明記したが、国旗・国歌法が制定された1999年、国は「強制したり義務化したりすることはない」と説明していた。ところが、安倍政権内では国立大の入学式や卒業式でも国旗掲揚と国歌斉唱を求める声が強まり、一昨年には文科省が「適切な対応」を要請する事態に発展。今回の幼稚園の国歌斉唱もこの流れで、戦前と同様に国家統制を強めているのだ。政治評論家の森田実氏がこう言う。

 安倍政権は、戦前の国家主義的思想を現代に取り入れようとしているわけですが、安倍首相も日本会議実際戦争を知らず、観念だけで動いているだけにタチが悪い。森友学園の問題も、このまま放置すると、安倍政権さえバックに付ければ、違法・脱法行為は何でもアリということになりかねません。新聞・テレビが徹底的に追及しないと今後、とんでもない事態になります」

 こういう国家主義的な思想を持つ政権だからこそ、共謀罪なんて絶対認めてはダメなのだ。戦前の治安維持法のように法案が成立した途端、あ~だ、こ~だと理屈をつけて国民を弾圧するのだ。金正男暗殺事件で、あらためて北朝鮮の狂乱独裁ぶりがクローズアップされているが、「安倍晋三教」というイカレた邪教が広がり始めた日本も他人事ではない。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月18日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【特報】:大阪・国有地売却問題の「闇」を追う

2017-02-22 18:15:20 | 事件・犯罪・疑惑

【特報】:大阪・国有地売却問題の「闇」を追う

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特報】:大阪・国有地売却問題の「闇」を追う

 大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」(大阪市)に格安で払い下げられ、国会でも取り上げられた。同学園は小学校建設のために土地を購入したが、名誉校長は安倍晋三首相の妻昭恵さん、校長を務める同学園の籠池泰典理事長は「日本会議大阪」の運営委員だ。さらに当初は「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付を募っていた。同学園が経営する幼稚園が、ヘイトスピーチまがいの文書を保護者に配布していたことも発覚した。何が起きているのか。 (安藤恭子、池田悌一)

 ◆格安で? 国有地払い下げ 大阪の学校法人 4月開校小学校

 
大阪市の北のベッドタウン、豊中市の住宅地を歩くと、真新しい茶色の建物が目に入った。外壁には「瑞穂の國記念小學院」の浮き文字看板。森友学園が4月に開校する小学校だ。木造の校舎はほぼ完成し、作業員が窓枠の取り付けなどに精を出していた。

 「教育勅語の書かれたポスターが工事現場に貼られており、変だと思って財務省近畿財務局情報公開請求したら
売買価格が黒塗り。『国民の財産なので公開すべきだ』と言っても『法人の正当な利益を害する』 『非公開の要望がある』
と暖簾に腕押しだった」
 
 そう証言するのは、今回の問題を明るみに出した木村真・豊中市議である。 木村市議は2月8日、財務局に開示を求めて大阪地裁に提訴し、新聞TVが報道。すると財務省は10日、一転して公表に踏み切った。 実に不可解な対応だが、財務省が民進党に提示した文書によると、「森友学園から『地下埋設物の存在が知られれば、風評リスクが懸念される。金額は公表しないように』と要請があったため控えていた。しかし報道を受け、学園が『国有地を不当に安く取得したという誤解を受ける恐れがある』と公表に同意した」というのが理由だ。

 ◆追及の豊中市議 「1億円超、あまりに安い」

 
売却された土地の面積は8770平方メートル、公表された売買価格は1億3400万円。木村市議はこの激安ぶりに驚く。
 「隣に、今回よりやや広い国有地があったが、近畿財務局が豊中市に売った価格は14億円超だった。 なぜ今回は10分の1程度なのか。あまりにも安すぎる」

 もともとこの土地は住宅地だったが、1974年、伊丹空港の騒音対策区域に指定され、国土交通省大阪航空局が移転補償事業として土地を順次購入。その後、騒音対策が進んだことで区域指定が解除され、まとまった土地に生まれ変わった。
 長年更地のままだったが、2013年、大阪航空局の依頼で近畿財務局が買い受け先を公募。森友学園が取得に動き、当初は定期借地契約が結ばれた。

 土壌改良工事に取りかかっていた森友学園から「地下埋設物がある」と財務局に連絡があったのは昨年3月だ。その13日後、森友学園は「借地ではなく、購入したい」と要望。財務局の依頼で不動産鑑定士が弾き出した評価額は9億5600万円
だったが、大阪航空局は「地下のゴミの撤去に約8億円かかる」と算出し、昨年6月、撤去費を差し引いた1億3400万円で売買された。

 一連の取引を「国有地売却問題」と位置付ける民進党は、財務省や国交省の担当者から連日事情を聴いている。「除去に8億円かかったことを確認したのか」などと追及するものの、国交省の担当者は「うちは積算しただけで確認はしていない」と回答。財務省の担当者も「相手のある話なので・・・・」と歯切れが悪い。

 ◆幼稚園では教育勅語 差別問題も 保護者「軍国じみてる」

 「瑞穂の國記念小學院」とは、どんな小学校なのか。開校準備室のHPによると、「日本初で唯一の神道の小学校」を銘打ち、教育理念に「日本人としての礼節を尊び、愛国心と誇りを育てる」と掲げる。

 名誉校長の昭恵さんは「優れた道徳教育を基として、日本人としての誇りを持つ、芯の通った子どもを育てる」とのメッセージを寄せている。

 愛国教育を志向していることは分かるが、HPだけでは具体的なイメージが湧かない。

 参考になりそうなのが、森友学園が大阪市内で運営する「塚本幼稚園」だ。国に尽くすことを定めた戦前の教育勅語を園児に暗唱させることで知られ、府によると、昨年5月時点で150人余りの園児が通っている。

 園長は小学校の校長にも就く籠池。安倍の支持基盤である右派組織「日本会議大阪」の運営委員でもある。日本会議に詳しい著述家の菅野完氏は「籠池が日本会議の中で重きをなしているとは思えないが、塚本幼稚園は、日本会議の事務局を担う日本青年協議会周辺の会報などに頻繁に登場する」と指摘する。

 特報部は、塚本幼稚園を退園した元園児の複数の母親に話を聞いた。幼稚園では小学校開校に向けた寄付を繰り返し要求された。1回2万円以上のケースもあったが、その際に配られた銀行への払込取扱票に印字されていたのが「安倍晋三記念小学校」の文字だ。

 園が昭恵さんを招いた講演に参加した母親は「園長は自信に満ちていて、政治との結び付きは深いと感じた」と振り返る。

 園の運営を取り仕切っていたのは、籠池の妻の副園長という。「愛国教育を重んじるのも、躾のためならば良いかと思ったけれど、こんなに軍国じみていたとは・・・・」と別の母親。

 園では教育勅語にとどまらず、軍歌も教える。
 皇族が大阪を訪問の際は、空港などで日の丸の旗を持って出迎えるのが恒例だった。
 自宅からの近さや給食や通園バスの設定、充実した習い事への期待から
入園を決めたが、次第に違和感を覚えた。

 ■極め付きは園側の差別発言だった。

 
自身は日本国籍だが、韓国出身の両親がいる。出自を明らかにした上で「日本が大好き。でも韓国人として生まれて来て誇りに思っている」と手紙を書いたところ、副園長から「私は差別していません。しかしながら心中、韓国人と中国人は嫌いです」との手紙を返され、退園を決意した。

 塚本幼稚園は昨年、「邪な考え方を持った在日韓国人や支那人」と記した文書を保護者向けに配布。

 ヘイトに当たる恐れがあると問題視した大阪府が1月に園から事情を聴いた。府私学課の担当者は「指導すべきかどうか対応を検討する」と話す。

 特報部が学園に問い合わせたところ、「他のメディアに取材で答えてきたが、邪な意図で書かれ、マトモに取り上げてもらえない。東京の新聞に答える必要はない」などと言われ、一方的に電話を切られた。

 塚本幼稚園も直撃したが拒まれ、担当者が「お咎めを受けることはしていない。政治的な便宜は全くない」とのみ答えた。

 17日の衆院予算委員会では、民進党の福島伸享氏が「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付が募られた経緯に触れ、
「首相が利用されたのでは」と迫った。安倍は「妻を通じて私の考え方に非常に共鳴している方から『安倍晋三小学校にしたい』と言われたが断った。現役の政治家である以上、相応しくない。私も妻も一切、認可にも国有地の払い下げにも関係していない」と強調。
 「もし関係しているということであれば、首相も国会議員も辞めるが、全く関係ない」と語気を強めた。

 元園児の母親の1人は訴える。「愛国主義でも中国や韓国への差別でも、やるのなら考え方をきちんと明らかにし、
私塾として運営すればいい。こうした教育を幼稚園や小学校でやるのが許されるのか」

 【デスクメモ】
 東京新聞は2006年7月の紙面で、塚本幼稚園の教育勅語暗唱について伝えている。記事の中で文科省の担当者は「適当ではない」と批判しているが、園側は改めるどころか、今度は小学校だ。しかも名誉校長は首相夫人である。教育勅語の復活も荒唐無稽な話ではない。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【特報】  2017年02月18日  06:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院予算委員会】:安倍晋三首相、民進議員にブチ切れ!

2017-02-22 18:15:10 | 事件・犯罪・疑惑

【衆院予算委員会】:安倍晋三首相、民進議員にブチ切れ! 「もし関わっていたら辞める」 大阪の私立小設置・国有地払い下げ関与指摘で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院予算委員会】:安倍晋三首相、民進議員にブチ切れ! 「もし関わっていたら辞める」 大阪の私立小設置・国有地払い下げ関与指摘で

 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、昭恵夫人が名誉校長に就く今春開講予定の大阪府豊中市の私立小学校について、設置認可や敷地の国有地払い下げに関与したのではないかとの指摘を受け、「私や妻、事務所は一切関わっていないもし関わっていれば首相も国会議員も辞める」と述べた。民進党の福島伸享氏の質問に答えた。

安倍晋三首相=17日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

   安倍晋三首相=17日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 福島氏は小学校が国有地を格安で取得し、設置認可にも疑義があると追及。「何か裏で怪しい力が働いたのではないか」とただした。首相は、昭恵夫人が名誉校長に就くことを承知していたと認めた上で、払い下げなどへの関与を全面否定。「誤解を与えるような質問の構成だ」と反論した。

 福島氏は小学校側が「安倍晋三記念小学校」との名称で寄付金を集めていたことも取り上げたが、首相は「『安倍晋三小学校にしたい』との話があったが、断った」と述べた。

 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治  【政策・国会】  2017年02月17日  18:11:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【学校法人「森友学園」】:小学校建設の国有地問題、解明へ 売却の真相、

2017-02-22 18:15:00 | 事件・犯罪・疑惑

【学校法人「森友学園」】:小学校建設の国有地問題、解明へ 売却の真相、弁護士団体が表明

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【学校法人「森友学園」】:小学校建設の国有地問題、解明へ 売却の真相、弁護士団体が表明

 大阪府豊中市で私立小学校建設を計画する学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に、評価額の14%で払い下げた国有地の売却額を国が非開示にした問題で、弁護士団体「自由法曹団」が15日、大阪市内で記者会見し、「売却経緯の真相を解明したい」と表明した。

 大阪府豊中市の国有地売却問題を巡り、記者会見する「自由法曹団」の渡辺輝人弁護士(右)と村山晃弁護士=15日午後、大阪市の司法記者クラブ

 大阪府豊中市の国有地売却問題を巡り、記者会見する「自由法曹団」の渡辺輝人弁護士(右)と村山晃弁護士=15日午後、大阪市の司法記者クラブ

 会見で村山晃弁護士は、「売り払う過程に不自然な点が多い」と強調。国が地下のごみ撤去に8億円余りかかると見積もり、評価額9億5600万円から差し引いたことについて「費用の算定根拠が示されていない」などと疑問を示した。

 小学校は4月開校予定で、名誉校長は安倍晋三首相の夫人昭恵さん。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・大阪府豊中市・学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)による私立小学校建設を計画】  2017年02月15日  20:44:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:HPでヘイト連発 塚本幼稚園長の“反中嫌韓”・・・

2017-02-22 18:14:50 | 【ヘイトスピーチ(憎悪表現)問題】:

【森友学園の闇】:HPでヘイト連発 塚本幼稚園長の“反中嫌韓”トンデモ言行録

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:HPでヘイト連発 塚本幼稚園長の“反中嫌韓”トンデモ言行録

 園長は筋金入りの差別主義者なのか。9.5億円相当の国有地を実質タダで払い下げを受けた大阪府の「森友学園」。経営する教育勅語暗唱の「塚本幼稚園」が保護者に「よこしまな考え方を持った在日韓国人・支那人」との文書を配布して問題となったが、この学園ではヘイトスピーチが日常茶飯事のようだ。

 幼稚園のHPに設置された「園長の部屋」なるサイトは、学校法人理事長を兼ねる籠池泰典園長の“トンデモ言行”のオンパレード。

籠池泰典園長の「園長の部屋」/(塚本幼稚園HPより)

          籠池泰典園長の「園長の部屋」/(塚本幼稚園HPより)

 〈名古屋の塾から小学校を興した人も市内の高校を買収した人も在日ですから、この学校では勉強はできても国家観はズタズタになり反日の人間になり得る〉(2014年2学期)

 〈(沖縄)現知事は親中華人民共和国派、娘婿も支那の人である。もともと中共に従いたいと心から思っているので、中共の手先かもしれない〉(15年2学期)

 こんな調子で反中・嫌韓感情ムキ出し、根拠不明なヘイト文書をネット上に拡散している。

 安倍首相を〈偉人〉とあがめながらも、〈TPP条約締結などもってのほか〉(11年2学期)、〈ロシア(中略)は、国際信義にもとる非情なことを臆面もなく行う〉(12年7月23日)とTPP推進・対ロ接近の安倍路線とは真逆の主張を展開するのは意味不明だが、園長の「泰典」という名前は“通名”で、本名は「康博」。過去には「靖憲」と名乗った時期もある。

 「かつて民族主義傾向の強かった新興宗教『生長の家』の元信者で、今も創始者の谷口雅春氏の熱心な信奉者。妻も元信者らしく、現在の学園は彼女の父・森友寛氏が経営した学校法人を死後に引き継いだもの。生長の家が3代目となってリベラル色を強めて以降はたもとを分かち、『日本会議』の活動にのめり込んでいきました」(知人)

 登記簿によると、豊中市の自宅の土地・建物に設定された債権額計5000万円の抵当権が、2年前にキレイさっぱり消えている。問題の国有地に小学校を建てるため、保護者に寄付を募るなど、もっとも物入りな時期だったはず。ちなみに、幼稚園の土地・建物に学園名義で設定された極度額5億円の根抵当権は今も残ったままだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月21日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園】:系列の幼稚園がヘイト文書配布“よこしまな在日”

2017-02-22 18:14:40 | 【ヘイトスピーチ(憎悪表現)問題】:

【森友学園】:系列の幼稚園がヘイト文書配布“よこしまな在日”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園】:系列の幼稚園がヘイト文書配布“よこしまな在日”

 大阪市淀川区の学校法人・森友学園が運営する「塚本幼稚園」が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した“ヘイト文書”を保護者向けに配布していたことが分かった。大阪府は、憎悪表現に当たる恐れがあると問題視し、法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いている。

昭恵首相夫人が名誉校長(学校法人森友学園のHP)

        昭恵首相夫人が名誉校長(学校法人森友学園のHP)

 昨年12月、元園児の保護者から情報提供を受け、1月12日、大阪府の職員が園を訪れて籠池園長や妻の副園長と面会。大阪府は、行政指導を行う必要があるか検討することにしている。

 塚本幼稚園は、園児に「教育勅語」を暗唱させるなど、戦前のような教育をしている。籠池園長は、日本最大の右翼組織「日本会議」の幹部。「森友学園」は、今年4月、豊中市に小学校を開校する予定で、名誉校長安倍首相夫人昭恵さんが務めている。小学校設立の寄付を呼びかけた際は、「安倍晋三記念小学校」なる名称を用いていた。安倍政権深く結びついている学校法人だ。塚本幼稚園には15年度、4000万円もの補助金が交付されている。

 また、小学校を建設するために取得した国有地は、評価額の14%という激安で払い下げられていたことが発覚し、国会でも「経緯が不可解だ」と取り上げられている。

 国有地の取得の裏になにがあったのか、なぜ「ヘイト文書」を配ったのか、安倍政権とどんな関係があるのか、国会で解明する必要がありそうだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 社会 【話題】  2017年02月17日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【学校法人森友学園】:幼稚園で保護者向けにヘイト文書 大阪府が聴取

2017-02-22 18:14:30 | 【ヘイトスピーチ(憎悪表現)問題】:

【学校法人森友学園】:幼稚園で保護者向けにヘイト文書 大阪府が聴取

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【学校法人森友学園】:幼稚園で保護者向けにヘイト文書 大阪府が聴取

 大阪市淀川区の学校法人森友学園が運営する「塚本幼稚園」(同区)が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した文書を保護者向けに配布し、憎悪表現に当たる恐れがあると問題視した大阪府が法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いていたことが16日、分かった。

 大阪市の「塚本幼稚園」が保護者向けに配った冊子の一部

 大阪市の「塚本幼稚園」が保護者向けに配った冊子の一部

 府私学課によると、昨年12月に元園児の保護者から情報提供を受け、1月12日、職員が園を訪れて籠池氏や妻の副園長と面会。籠池氏は文書を配布したことを認めた。(共同)

 元稿:東京新聞社 主要ニュース 社会 【話題・学校法人森友学園・憎悪表現に当たる恐れがある文書を保護者向けに配布した問題】  2017年02月16日  17:38:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【北朝鮮】:影武者か? 世界の諜報機関が注目する“金正恩死亡”の怪情報

2017-02-22 15:04:30 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【北朝鮮】:影武者か? 世界の諜報機関が注目する“金正恩死亡”の怪情報

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【北朝鮮】:影武者か? 世界の諜報機関が注目する“金正恩死亡”の怪情報

 金正男殺害事件の発生から1週間あまり。首謀者とされる北朝鮮籍の男たちはすでに帰国し、真相はいまだヤブの中だが、裏で糸を引いたとされる金正恩委員長をめぐる不穏な情報まで世界レベルで駆け巡っている。「金正恩死亡説」が流布されているのだ。

アップじゃない点も怪しい(C)共同通信社

        アップじゃない点も怪しい(C)共同通信社

 「金正恩はすでに生存しておらず、このところ表舞台に姿を現しているのは影武者だといわれています。米国やイスラエルの諜報機関はその情報を確認済みともいう。その根拠が“耳の異変”で、以前の金正恩とは形が違うそうなのです」(朝鮮半島事情通)

 警察や公安、諜報関係者がターゲット特定の手掛かりを耳の形状に求めるのは知られた話。整形や体重の増減で簡単に変容する顔と違い、ゴマカシがきかないからだ。

 「北朝鮮は核ミサイルの開発技術をイランに売り渡している疑いが濃厚で、中東の情勢変化に敏感なイスラエルも金正恩の動向に目を光らせています」(前出の事情通)

 例えば、日米首脳会談直後の2月12日に試射された新型弾道ミサイルの視察シーンだ。労働新聞HPに複数枚アップされている。大半が引いた写真のため詳細は分かりづらいが、言われてみれば金正恩の特徴的な「立ち耳」が鳴りを潜めた雰囲気はある。元韓国国防省北朝鮮情報分析官の高永喆氏(拓殖大客員研究員)はこう言う。

 「金正恩死亡情報は、金正男殺害の発覚直後に流れ始めたようです。現状で真偽は不明ですが、身の危険を感じた金正恩委員長が影武者を使い回していても不思議ではありません。なにしろ、これまでに約140人の軍幹部や党高官を粛清し、その大半を公開処刑している。祖父の金日成主席も、父親の金正日総書記も粛清を行いましたが、ここまで残忍ではなかった。その上、異母兄の死に関与した可能性が高い。周囲の不安や不満がさらに強まり、命を狙われるリスクも高まっている。3月に予定される米韓合同軍事演習で斬首作戦が実行されるとの臆測も、相当なプレッシャーになっているはずです」

 金正日をめぐっては、暗殺とクーデター未遂が2回ずつ起きている。死亡説も流れた。11年に後継者となった金正恩は、少なくとも12年と13年に暗殺未遂に遭っている。いつ何が起きるか分からない国だ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月22日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【「少額領収書」安倍政権徹底追及】:金田法相事務所 政治資金で・・・

2017-02-22 15:04:20 | 【政治とカネ、政治資金・政務調査・活動費

【「少額領収書」安倍政権徹底追及】:金田法相事務所 政治資金でハーゲンダッツ“爆買い”の仰天

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【「少額領収書」安倍政権徹底追及】:金田法相事務所 政治資金でハーゲンダッツ“爆買い”の仰天

 「共謀罪」の国会審議でマトモに答弁できず、炎上中の金田勝年法務相(67)。政治資金の使い道もマトモじゃなかった。支援者からの“浄財”で「高級アイス」を爆買いしていた。

ハーゲンダッツを買いあさっていた(C)日刊ゲンダイ

       ハーゲンダッツを買いあさっていた(C)日刊ゲンダイ

 日刊ゲンダイは、金田が代表を務める資金管理団体「勝永会」の収支報告書(2012~14年分)に添付された、1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書」の写しを入手。中身を精査すると、アイスクリーム「ハーゲンダッツ」を買いまくっていたことが分かった。

 〈ハーゲンダッツバニラミニカップ 277×3 ¥831〉――13年2月1日付の領収書にはこう印字されていた。12年に2枚だったハーゲンダッツの領収書は、13年に8枚、14年は7枚と拡大。金額は計約3万円で、支出は全て「備品・消耗品費」に計上されていた。

 購入場所は全て金田の事務所が入る衆院第二議員会館内のコンビニで、一度に購入した個数はおおむね1~5個。ひょっとして金田本人や秘書らが「ちょっと一息」と舌鼓を打ったのか? 総数106個のうち81個がなぜかバニラ味。こうなると、個人の味の嗜好さえうかがえるのだが、金田事務所に購入目的を問い合わせると、「ご指摘の物品については、当事務所に来られたお客さまに対して、お茶菓子としてお出ししたものになります」と答えた。

 確かに公職選挙法では、国会議員が来客者に「通常用いられる程度の茶菓子」を提供することを認めているが……。

 「来客用の飲食物なら本来『事務所費』に計上するのが一般的で、『備品・消耗品』はふさわしいとは思えません。また、13年からの件数急増にも違和感を覚えます。自民党が12年末に与党復帰したことで献金が増え、“懐”に余裕ができた。その結果、政治資金のムダ遣いに走ったのではないか」(政治資金に詳しい上脇博之・神戸学院大教授)

 そもそもアイス代くらい自腹を切ってほしい。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月22日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【習近平「アジア皇帝」への野望】:国家主席の初恋の人 キーパーソンが・・・

2017-02-22 15:04:10 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

【習近平「アジア皇帝」への野望】:国家主席の初恋の人 キーパーソンがワシントンに飛んだ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【習近平「アジア皇帝」への野望】:国家主席の初恋の人 キーパーソンがワシントンに飛んだ

 「今月下旬、北京からキーパーソンが、ワシントンへ向かう。その目的はズバリ、習近平主席の訪米の調整だ」

 こう明かすのは、ある中国の関係者だ。そのキーパーソンとは、李小林・中国人民対外友好協会会長(63)である。

 故・李… 、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

 

近藤大介
 近藤大介 「週刊現代」編集次長

 1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年02月22日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加