(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

JAL123便墜落事故-真相を追う-セミナー開催報告(091212)

2009-12-15 01:18:03 | JAL123便墜落事故
----- 本記事は12月15日午後に加筆訂正されています-----


12月12日(土)、都内某所で開催されたB氏の月例セミナーにて、1時間半程度の時間枠をお借りして、JAL123便事故に関する最新の研究内容を報告いたしました。

報告内容の主な項目は以下の3点です。
(1) 羽田-静岡までの飛行ルートの分析
(2) S氏が現場で拾得した航空機材の公開
(3) 1998年の橋本-エリツィン会談と日航機事故の関連性について

(1)では、事故犠牲者の1人である小川哲さん(あるいは同氏のお嬢様)が撮られた写真、および事故調査報告書に掲載された、海上で回収された尾翼写真を厳密に解析することにより、事故調査報告書に記された飛行ルートがまったくのデッチアゲであることを証明、及び、垂直尾翼は御巣鷹の尾根より、偽装工作のためにわざわざ運搬されていた可能性が極めて高いことを解説しました。以上よりわかった事実を箇条書きにします。
 ・123便は、早くから要撃(航空機による追撃)の回避行動を行っている
 ・垂直尾翼は墜落直前まで失われていなかった
 ・垂直尾翼の操舵は墜落直前まで可能であった
 ・事故調発表の飛行ルートに準拠するボイスレコーダー(CVR)及び、
  フライトレコーダー(CFR)は著しく改竄されている

(2)においては、事故現場付近に落ちていた以下の機材破片を、セミナー参加の皆様に、実際に手にとってご確認いただきました。
 ① UH-1Hの機体 フレーム破片 (米陸軍MP、または警視庁・警察庁)
 ② F-4EJファントム 機体破片 (航空自衛隊)
 ③ MIG-25 機体破片(旧ソ連)
 ④ F-117 機体破片(米空軍)
読者の皆さんにとっても驚きでしょうが、何を隠そう、一番驚いているのは、国際軍事を専門にしているB氏であり、私自身です。S氏の手によるこの驚異の発見により、以前より私たちが想定していた「米空軍説」についても、大幅な修正が余儀なくされました。

(3)橋本-エリツィン会談が行われた、伊豆半島東海岸の川奈(かわな)は、私たちの現場調査と資料分析の結果、JAL123便の実際の飛行ルート直下と判断した場所です。ここで(2)のMIG-25が交渉材料として使われたことは、状況証拠などから充分にその可能性が伺われ、北方領土の2島返還寸前まで交渉が進んだと言われる同会談の背景に日航機事故の真相が潜んでいることを明らかにしました。会談に臨んだ橋本龍太郎元首相は、1987年に公布された事故調査報告書の最高責任者(運輸大臣-当時)でもあります。


(2)の写真と解説については、下記をご覧ください。(1)飛行ルート分析と(3)川奈会談の背景については、別テーマとして当ブログで取り扱う予定です。何だか後回しの宿題がすっかり多くなってしまいましたね、ごめんなさい。


■公表資料の解説

写真1は同セミナーで公開した航空機材の破片(4点)です。各破片について、B氏による鑑定を基に、簡単な解説を加えます。


写真1:公開した破片

① UH-1H
その青い塗装から、米陸軍のMP(Military Police)所属のヘリコプターであると解説しましたが、同色の塗装は日本の警視庁、及び警察庁のヘリコプターにも施されています。事故現場に対して警察が調査用のヘリを出すのは極めて当たり前のことで(そうでないと困りますよね)、このフレームの機材は必ずしも米軍のものとは限定されません。事故現場、「招魂の碑」の近くにはかなり立派な警視庁による救難活動の碑も建立されており、何か深い意味を感じさせます。やはり戦乱に巻き込まれた、警察関係のものだったのでしょうか?


写真2:警視庁のUH-1H 写真は救助活動で活躍した警視庁の「おおとり」

② F-4EJ
アルミ合金と思われますが、ぶ厚くて重く、手にずっしりときます。この合金は、機体重量の重さに難が指摘されているF-4特有のものであり、リベット径から旧型であることも判定できます。また、かなり退色しているもののベージュ系の塗装跡が確認され、明らかに航空自衛隊の機材であると断定できます。

自衛隊機が落ちていたということは、この事故への自衛隊の関与に関して深い示唆を私たち与えます。仮に撃ち落されたとしたなら何故彼らは黙っているのか?また事故で墜落したとしても、それを沈黙したり、隠す必要はどこにあったのか?自衛隊を犯人扱いする諸説が溢れているのに、自衛隊のとっている行動は奇妙としか言いようがありません。


写真3:航空自衛隊のF-4EJ (Wikipediaより)

③ Mig-25
B氏によると、この機体の出現については想定範囲であったそうです。米軍・自衛隊による乱戦が発生しているような状況では、旧ソ連がハバロフスクから最速の偵察機(Mig-25R)を送り出し、現状視察を行うことは想像に難くないとのこと。それにしても、簡単に落とされていることに対しては、素直に驚きを覚えます。判定の決め手となったのは、破片がやや黄色味を帯びたニッケルを含んだ鋼材であったこと。耐熱用の鉄鋼であり、世界広しとはいえ、このように素朴な素材を戦闘機の機体に用いているのはMig-25以外に有り得ません。

ただし、B氏の偵察機説に対しては、私は若干異論があり、このMig-25こそが相模湾上空に現れた未確認航空機でないかと推察しています。そうだとすれば、航続距離の短い戦闘機タイプであり、ハバロフスクから飛来して作戦実行するのはかなり難しいことになります。しかし、当時、日本から最も近い東側の国はどこかと考えた時、私は「北朝鮮」がMigの発進に関与した可能性があることも考慮しておくべきだと思っています。角田四郎氏の著書「疑惑」では、日航職員が犠牲者の家族に向かって「北朝鮮のミサイルに撃ち落された」と語っていたことが紹介されていますが、薮から棒に「北朝鮮」の名前が出てくるのはかなり不自然であり、その時の日航職員が北朝鮮に関する何らかの情報を得ていたと考えるのが、最も自然なのではないでしょうか。

加えて、川奈会談の交渉材料がMig-25Rの日本国内墜落だけでは、北方領土の2島返還の決め手として強いとは思えず、やはりMig-25戦闘機が相模湾上空で123便に直接関与したからこそ、エリツィン元ロシア大統領に対して橋本元首相は強気で責められたのでないかと推察されます。もちろん、伊豆の川奈という地を、交渉場所に選んだ最大の理由も、おそらくそこにあったのでしょう。


写真4:旧ソ連軍の Mig-25 (Wikipediaより)


写真5:Mig-25で使用されている3重の燃料配管
   「設計思想が西側戦闘機と根本的に異なる。Mig-25のものに間違いない」by B氏


④ F-117
この機材の出現は私たちを最も悩ませました。「気になる怪説(2)」でバッサリと切り捨てた手前、何とも切り出しにくいのですが、こうやって実物を見せ付けられると、観念して認めざるを得ません。S氏は以前から「F-19(F-117と同じ)が落ちている」と主張しておりましたが、「いくら何でもそんなことは有り得ない」と意に介してなかったのは私やB氏です。固定観念に囚われていたのは間違いなく私たちで、S氏にはこのブログを借りてお詫びの意を伝えたいと思います。

さて、特殊なステルス機材を採用しているため、本機の判定は極めて容易です。柔軟性のあるガラス繊維が翼面に採用されており、ハニカム構造で強度を高めた上にハニカム内に軽量金属を充填している。占める面積に比べて非常に軽く、航空機の機体素材として全く異質なものです。事故当時、その存在すら公表されていなかった米空軍の F-117 に間違いありません。

困ったのは、現在「そしてミサイルは発射された」シリーズで書きかけの「謎の黒い戦闘機」に続いて、F-117と、米空軍の戦闘機、それも当時最新鋭の機材が惜しみなく投入され、しかも落とされている(墜落かもしれませんが)その事実そのものについてです。このまま米軍、自衛隊の関与を考えているだけでは、全体の背景説明を行うことはたいへんに困難です。もはや旧ソ連(+北朝鮮)の積極的関与と、'事変'隠蔽のために動いた何らかの国内組織の存在を想定することは避けられないと私は考えます。そして、その組織とはおそらく「グリコ森永事件」、「松本サリン事件」など、日本の怪事件に大きく関与しているグループでしょう。思い返してみれば、これらの事件でよく噂される黒幕とは、「CIA」や「米軍」はもちろん、「北朝鮮」であり「ロシア」であり、そして「自衛隊」です。日航機事故の一件もこれら怪事件の系統につながるとは言えないでしょうか?


写真6:米空軍のステルス戦闘機 F-117 (Wikipediaより)


写真7:F-117の翼面素材(柔軟性のあるガラス繊維)、④の裏面


* * *

それほど深く考えずに付けたブログタイトル「(新)日本の黒い霧」ですが、日航機事故に関する「黒い霧」が、まさかこれほど深く暗いものだとは思いもしませんでした。最近になって、私の身辺でもたびたび黒い霧を見かけるようになりましたが、世の中を明るく照らす街灯はいったいどこに行けばあるのでしょうか。


ADHUC MULTA HABEO VOBIS DICERE SED NON POTESTIS PORTARE MODO

管理者
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAL123便墜落事故-真相を追う-... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追う-... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変言い出しづらいのですが (123)
2009-12-15 16:41:26
F-117の昔のwikimedia写真は↓でした。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b2/US_Air_Force_F-117_Nighthawk.jpg/300px-US_Air_Force_F-117_Nighthawk.jpg
背景はどう見ても伊豆です。
この写真は、123便とF-19の関連がささやかれ始めた2007年頃、あわてて
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/01/8b/fd10645cf9c3c91483344674ad0656c7.jpg
に張り替えられました。
当方の立場上、言い出しづらいのですが、伊豆でF-117も関与していたと言わざるを得ません。
・123便が回避飛行していた伊豆熱川のバナナワニ園にバナナ・ワニの他に「亀」が意味深に展示されている。
・清水港のみやげ物屋で「亀まんじゅう」が名物で、種類も多い。
イランへのシュガーを運搬したわけですから (123)
2009-12-15 17:09:23
123便はイランへのニューシュガーを積載していたわけですから、イラン=ソ連 からミグ25が積荷の護衛に出ることは想定できます。
また、伊豆・御巣鷹の特殊性から、伊豆と御巣鷹でF-117が出ていたことも容易に想定されます。

123便機内爆破、ミグ、F-19の間で何か問題が発生したと想定されます。
途中からU○○が出てしまって、U○まで出たものの、人類がだれも123便撃墜を止められなかったのかもしれません。
結果的に、積荷のニューシュガーは第2の東京大空襲(3月10日=砂糖 シュガー)となり、今日もなお、東京を蝕んでいます。

また、あまり関係ないのかもしれませんが、電子部品関連の仕事の案件ですが「岡本」様より以下のコメントをいただいております。岡本天命氏の一二三神示もありますので無視できないと思います。
「懐かしいICが出ましたね。SN76477N
http://www.asahi-net.or.jp/~rz3t-ysn/SAN0867_thumb.JPG
簡易アナログシンセサイザーのICです。この写真の物の製造ロットは、おそらく1979年の36週目ですね。インベーダーゲーム全盛の頃、類似品に使用されていた記憶があります。今となっては使いにくいICですが、久しぶりに何か作って遊んでみたいですね。
インベーダーではUFOの出てくる音にしか使っていいませんでした。一音にIC1個でオルガンでも作るかな。うれしいですね。あのICは、インベーダーでもUFOの出てくる所しか使えなかった物で、ブッブッブッと言う独特な音は3900と言うノートンアンプ(オペアンプの一種)で作っていたほどです。昔作りたくて到底出来なかったポリフォニックアナログシンセサイザーを作るのには、一音に何個も必要なので、100個でも不安でした。また注文させて頂きます。」
この、岡本様は大阪の方でお会いしたこともあるのですが、神がかった方と見ています。3900→ミグも出てきます。

なお、機内爆破を唱える元SR機長の村岡氏の本も「天命の陳情」となっていまして天命つながりで無視できないと思います。
Unknown (Unknown)
2009-12-23 00:00:10
しかし話が全くの根拠無しになってきたな。
セミナーでバカを釣って金巻き上げるつもりなのが見え見え。
この国産技術で226事件酷似の自衛隊一派武装蜂起が発生したのが日航ジャンボ123便爆破撃墜だ (123)
2009-12-29 09:07:48
目玉は、国産巡航ミサイルの開発だったのです。そして日本は
、独自に光学ミサイル管制技術を開発したのです。
 米国はこの日本の技術を自国の巡航ミサイルの中心部分に組み込み、あの「トマホー
クミサイル」を完成させたのです。レーガン政権は、日本に対し、石油資源のルート確
保を担わせるため、シーレーン防衛の名のもとで、日本の自衛隊を強化しようとしてい
たのです。そして、とくに日本に求めた技術開発は、ミサイル誘導装置の開発なのです

 このミサイル誘導システムの精度をチェックするために使われるものに「無人標的機
」というものがあります。
http://intec-j.seesaa.net/article/51851668.html
Unknown (Unknown)
2010-01-27 03:06:45
 しかし、そんなに多くの飛行機が墜落していたんでしょうか?
 「ステルス」の方はすでに耳にしてましたけど、さすがに「ミグ」は初耳な上に不意を突かれました。さらに、自衛隊の戦闘機や警視庁のヘリまでとは初めて知りました。

 特に、何で「ミグ」が日本海を越えて首都圏の山の中まで入り込めたのかが全然理解できません。「ステルス」なら韓国から出撃することはできても、「ミグ」の場合となると、日本領空を“侵犯”する必要が出てきますから、誰か旧ソ・北朝鮮と強いパイプがある「かなり上からの指示」があったとしか思えません。
 ここからも、日本政府の中に、旧ソ・北朝鮮寄りの大物政治家の存在が裏付けられると思います。
管理人さんは誰も信じないほうが安全だ!御巣鷹の尾根に誘導したのは白い半透明の煙のようなものを出しながら飛行する物体だ! (FBI)
2010-02-16 01:18:45
やはり、恩が有るので書いておきます。
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”
Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→

↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。

この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸:Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!確実だと、全てが確認できますから!!
しかし本当に分からない“事故”ですね・・・・ (Unknown)
2010-02-26 04:15:54
 しかし、管理人さんが扱っている日航御巣鷹山事故ほど“北斗神拳”的な事故も、今までに見たことも聞いたことも無いと思います。

 まず、その特徴として「後から効果が表れる」という点です。「胸に7つの傷の男」に育てられた私達の世代では、御巣鷹山のような「墜落後20年も経ってから効果が現れる」理解し難い事象には特に興味が湧いてくるのです。

 というのも、最近になって分かったのですが「北斗神拳≒原子力」であるということです。
 これは、「体の内側から崩壊する」、「時間的に遅れて効果が表れる」、「通常では出せない強大なパワーを扱う」、「冥王星の属性がある(暗闇、運命、死神、原子力など)」などの属性を持つからであり、これらは全部「原子力の属性」に該当するのです。

 ですから、最近「御巣鷹山の放射線量が急増している」という不可解な事実が発覚してしまい、それにより「キノコ雲証言」や「中性子爆弾説」まで浮上してきています。恐らくこれによって、管理人さんの目に止まったのではないかと思われます。

 そして、管理人さんが調べていくうちに、思いもよらなかった物的証拠・証言などが発見されたり、それを妨害すべく活動する“国営テロ組織”が出没してしまったなど、「絶対に何かある」としか思えない状況になってしまっているようです。

 本当に謎が多過ぎる“事故“ではありますね・・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。