(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL123便墜落事故-真相を追う-そしてミサイルは発射された(6)

2009-11-19 23:53:55 | JAL123便墜落事故
このところ「ミサイル」ネタから脱線しており申し訳ありません。これまで「そしてミサイルは発射された(5)」や「オバマ大統領訪日に寄せて」で、現地に散乱している米軍機と思われる破片の数々、戦乱の跡などについて報告させていただきましたが、このような夥しい物証の中で、123便がミサイルに撃墜されたか否かの論証を行うこと自体に、もはやそれほど大きな意義はなくなりつつあります。

結論を先に言えば、ミサイル、あるいはそれに類する軍事兵器による撃墜以外の原因は考えられないのであり、後は現場調査・物証レベルで、どのような状況下でどのようなミサイルが発射され、どうやって同機が墜落に至ったか、そのメカニズムを具体的に考察する段階に来ています。

ここまで米軍機のことを表に出してしまった手前、今回は、この事故が常に米軍の関与するところのものであることを示す一例をお見せしましょう。ただし、「米国が日本の旅客機を撃墜したのだ!」と、「日本 vs 米国」のような短絡的な結論を導くことだけはないようにお願いします。24年に渡る事実隠蔽を成し得たのは、日本側の協力体制なしには有りえないこと、また、事故当夜に米軍同士が激しく衝突している事実もありますので、この'事変'を巡る背景については、123便の直接的な墜落原因以上に、より慎重に検証していかなければなりません。


■米国事故調査スタッフに紛れ込んだ軍人

過去の記事でも紹介した、この写真(写真1)を見てください。


写真1:米国事故調査スタッフ

青い服装の人物が、いわゆる「ロッキード社の技術者」でないかということで、胸のワッペンがロッキード社の先端技術開発チーム「スカンクワークス」のロゴマークに似ていると報告しましたが、実際はそれ以上の情報がこの写真の中には含まれて居ます。次の写真(写真2)はこの人物を拡大したものです。


写真2:青い服装の米国人

前回の記事では敢えて全情報の開示を控えていたのですが、真実を知る人々の口が相変わらず重いようなので、今回はこの人物について本当の事を報告します。なお、これらは国際軍事評論家のB氏の指摘によるものです。

(1)サングラスをかけているので目付きまでは分かりませんが、他のスタッフが暑さでバテているのに、この人は背筋が伸びて、周囲の状況をしっかりと監視しています。体躯も鍛えられた軍人のそれです。

(2)この青い服装は、当時の米国空軍の夏用制服です。

(3)胸についた赤い帯に見えるもの、これは「略綬(りゃくじゅ)」または「略章(りゃくしょう)」と呼ばれる、ジャラジャラとした勲章の代わりにコンパクトにその人物の軍歴を示すものです。

(4)はボヤけてよく見えませんが、「スカンクワークスのロゴ」よりはV字型に翼を広げた鷲:米国空軍のロゴマーク(図1)の方が近いと言えそうです。


図1:現在のデザイン化された米空軍ロゴ(当時はリアルな鷹の絵柄だったはず)


(1)~(4)の事実が示すもの、それは、この人が全くの米国空軍の軍人だということに尽きます。なぜ、こんなバレバレの格好をするのか、B氏に尋ねたところ、次のような回答を得ました。
 ・多くの人間を動かす場合、自分の地位と権限をはっきりと周囲に誇示する
  必要がある。そのために民間人に偽装しなかったのだろう。それにしても
  露骨過ぎるので、日本をかなり見くびっている面もあるようだ。

そして、この軍人がどれ位の地位の人間かについてもお聞きしたところ
 ・略綬の数からいって、左官、それも中佐クラスの人物。ペンタゴン(米国防総省)
  から直接派遣された技官であろう。この人が黙って右手を略綬に当てれば、一緒
  に来ている民間の調査員などは、頷いて命令に従うしかないだろう。

なお、軍事産業の技術者が同時に軍属であることなどは、米国社会では珍しくないので、この人物が、噂通りに「ロッキード社の社員」であっても矛盾は生じません。

1985年8月17日に米国事故調査団として事故現場に入った空軍の高級軍人が、いったい何の目的で現れ、何を指示していたのか?偶発的に起きた事故調査のためにわざわざ米国防総省から派遣されて来たと思うなら、あなたはかなり幸せな発想の持ち主です。


SED UNUS MILITUM LANCEA LATUS EIUS APERUIT ET CONTINUO EXIVIT SANGUIS ET AQUA

管理者
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAL123便墜落事故-真相を追... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
http://araic.assistmicro.co.jp/araic/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119.pdf (123)
2009-11-20 14:27:21
調査報告書
http://araic.assistmicro.co.jp/araic/aircraft/download/pdf/62-2-JA8119.pdf
のどこを見るでしょうか。
そうです。「正誤表」ですね。

写真を撮った方は、プロカメラマンレベルですから、誤った記載をしているということは、そこで情報をながしているということになります。

あからさまなアメリカ軍人を「ロッキード」と指摘しているのですから、アメリカ軍のロッキード社の軍機が撃墜されたことを誤った記載を通して指摘しているわけです。

単なる嘘、誤りと見るか、内部情報をリークしていると見るかにより、成果が大きく異なってくると思います。
Unknown (Unknown)
2009-11-22 22:18:55
どんどん話がお笑いネタになっている。
ミサイルで落としただ、軍人だ、頭おかしいな(笑)
0さむ (流転屋)
2009-11-23 03:48:35
 お笑い だー とか おかしい など                         子供君は 少しは 控えたら どうだねえ                        当時は 何歳なんだあー、ふむふむ と                        思慮 深く 眺めて から 思考して                         投稿しなちゃーーあい 。     
Unknown (シェロ)
2009-11-23 08:19:10
初めてコメントさせていただきます。JAL123便事故に関しての記事、大変興味深く読ませていただきました。

ただ、この記事について少々気になる点があったので、一応私見であるとお断りした上で、少し書かせていただきます。

写真の分析についてなのですが、この人物の胸にあるものが略綬だとされていますが、私にはそう見えませんでした。

略綬とされている赤の部分を見ると、服の前の合わせ目のあたりから左のわきの下まで伸びているように見えます。しかし私の知る限り、略綬はこのような並べ方をしません。参考に、以下のページの米海軍提督の写真をご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%A5%E7%B6%AC
略綬の数が多くなってきた場合、普通はこのように上下の段数を増やして、余り左右に広がらないように並べます。下の日本軍人のようにある程度までは横に並べますが、少なくとも服の合わせ目にかかるまで横に並べた例を私は知りません。本当に略綬でしょうか。

それに、略綬を身につけているなら、どうして階級章をつけていないのかというのも気に掛かります。作業服などに階級章だけで略綬をつけないことはよくありますが、略綬をつけているのに階級章をつけない事は普通ありません。略綬は地位を明示しないからです。以下のページをご参考下さい。
http://www.militaryuniforms.sakura.ne.jp/ribbon_device.html
このように、軍曹の階級にあるものであっても、ベテランなら佐官と同じ数の略綬を身につけることがあります。略綬の数では階級はわからないのです。地位を明示するためというなら、少なくとも階級章もつけていなくてはおかしいはずです。

さらに、色も異常です。中央部の白っぽい部分を除き、全体的にほとんど赤色です。しかし、略綬というのは勲章の代わりですから、それぞれの勲章を区別するために個々に様々な色が使われます。見分けがつかなくては困りますから。そして、同じ勲章が授与された場合は略綬の上に星の数を追加するそうです。ですから同じような赤色の勲章があんなに並ぶことはありません。

以上のような観点から、私はこれが略綬でないことは明白であると考えました。

失礼なことを承知でお聞きしたいのですが、これを略綬であると判断し、さらに階級まで推定した国際軍事評論家のB氏は、一体どのような根拠に基づいておられたのかが非常に気になります。よろしければ返答いただければと思います。
Unknown (Unknown)
2009-11-23 21:27:42
国際軍事評論家…
胡散臭い肩書きですね
Unknown (anon)
2009-11-23 21:28:16
http://img441.imageshack.us/img441/930/56844640.png
http://img8.imageshack.us/img8/4349/18128555.png

and it's easy to find who he is, i think he's not a mystery.
http://www.linkedin.com/pub/ron-schleede/6/900/538
http://www.isasi.org/reachout_members.html
anon氏のリンクを参照すると (百千万)
2009-11-23 23:08:23
略綬ではなく R SCHLEEDE とネームが入っており。
この人物は当時、米国国家運輸安全委員会に所属の Ron Schleede氏で。
その経歴は、
米国空軍パイロット 1965年10月 ― 1971年2月 (5年5ヵ月)
国家輸送安全委員会 1972年10月 ― 2000年7月 (27年10ヵ月)
であり。
航空安全性の専門家として、事故調査の為にこの写真に写っていても特別に不思議は無いであろう、ということの様ですね。
しかし (百千万)
2009-11-24 01:53:34
この写真では、米軍や国防総省が関与しているという証拠にはならない様ですが、だからといって全く否定してしまう証拠にもならないでしょう。
その詳細は知りませんが、米国側から修理ミス・圧力隔壁破壊説を持ち出してきて事故原因と断定し。それを日本側の事故調査委員会が、製造国の言うことだからと唯々諾々と受け入れて済ませているらしい。
急減圧は(故に隔壁破壊も)極めて疑わしく納得できないものです、何事か真実を隠蔽しているのではないかと素人目にも疑念を抱かざるを得ませんね。
それに対する事故調のいいわけの口ぶりが「アメリカがそう言うんだから、何だかよく分からないけど、それに間違いないんだ」というブザマらしく。
なんとも奇怪千万。

しかし、疑惑はいくら深くても疑惑でしかないので。やはり、どこまで立証を積み上げていけるかが大事になってきます。
真実を追究することは大変なことですが・・
一言コメントで追求組をバッシングしている輩は公安に雇われた廃徒ですから、皆で叩きながら真実を公開してゆきましょう!ご遺族の方たちは多額な賠償金を戴いておりますので真実を語ることさえも政府との約束なので許されないのです!! (FBI)
2010-02-21 15:22:39
ご遺族の方たちは国から数十億円と云う多額な口止め料と賠償金を貰っていますので、悪を叩いたり政府をバッシングしたり出来ない条件になっているのです!だからNHKで泣き崩れるしかなかったのでした!!

やはり、恩が有るので書いておきます。

リチャードコシミズを唐突に大柄な態度で宣伝に来た奴(大笑)59歳だって(大笑)!!年取ってれば、年下の人達に大柄な暴言じみた言葉吐いても良いって、こう言う年配者が、かってに決めたんだろうか(大爆笑)変だし、何か?そう言うの、ゆるせないな!!
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”

サソウ様の証言につきまして。 (123)
2009-08-11 02:59:58
殺された元日航サソウ様ですが、他に以下の情報を喫茶店でお会いしてうかがっております。

・生存者の4人のほかにもう一人生存者がいて、ピンピンしていたため捕らえられ、007便のマクドナルト上院議員のように監禁されている。

・群馬長野県境で中性子爆弾で落とされている。


JAL123便墜落事故-真相を追う- 闇夜に蠢くもの(5)
目撃証言 (とおりすがり)2009-09-20 09:50:34
 あの日のことを昨日のように思い出します。あの機体後部の窓際にすわっていらした赤い服の、あの若い女性はだれだったのでしょう。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3)
の上部の方に書かれてあった↓
Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→
”↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。
この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸: 2007年からチップの侵略が日本で始まりました。公安は既に全員埋め込まれました。ブッシュ元大統領がYouTube内の動画で言葉すら操られている状況が掲載さているのをご存知ですか!これを埋め込まれると、もう反発することは不可能になります!あなたもチップには充分お気をつけ下さい!!
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!確実だと、全てが確認できますから!!
リチャードコシミズのページは静岡県内でしか開かれないHPなのに何、宣伝してるんだろうか(笑)おかしいともっぱらの評判です!
Unknown (遺族)
2010-05-22 14:34:59
JAL123の件を 笑い話にするような奴は
地獄に逝け

多くの子供の命を失った

ソレを笑うような奴に
血の通いは無い

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。