それでも・・

ここに日々の全てを記す

また忘れるところだった。

2015-02-28 20:29:05 | 日記
危ない、
更新忘れるところだった。

週末は家にいる時間が短いから
更新するの忘れがちだな、

いよいよ月末か、

さっきテレビ見たら
もうナイターやってるのね。

まだ開幕まで一ヶ月近くあるんだけどなぁ

既に東京ドームで試合やっちゃうのね。

もう少し地方で試合してから
東京なりフランチャイズで開催すればいいのにね、

そこら辺は集客なのかね、


いい加減ボードも終盤かな。
あちこち
関東圏はシャバってきているって
書かれるようになってきたし

先週は北に居たから全く感じなかったけど
次あたりは厳しいのかもなぁ

まぁ次は間違いなくコブ狙いなんで
雪質的にはシャバってくれた方が俺はいいんだけどね。


ここんところ
全然人と繋がっていないなぁ
なんて昨日辺り
書いたかなんか忘れたが
そう思った途端
連絡くる、

あちこち春なんだな

俺には多分、まぁ予定通りに行ってほしいが
今年の春は
大きな動きはないと思う、

いや、思いたい。

予想ではあったが
去年と今年2年はセットのような気がするんで、


この記事をはてなブックマークに追加

予想通り裏切られ

2015-02-27 16:51:10 | 日記
詳しくは書けないが
仕事のことで

どこぞのサイトに人を見たら泥棒と思え、
と書いてあったが

俺はお人好し

疑わない、信じることが結果として
こういう結果を生んでしまう。


まぁ心理系の大学へ行ったことで
いくつか学んだことはあるが

しっぺ返し、

なんて言う理論だったか名前は忘れたが
一度目は信じて裏切られたら反撃は一度だけするのが一番効率がいい、
みたいなことが研究結果として
出ているのを読んだが

まさにそれに習った今回

一度は信じてみるか。
ということもあって

多分ダメだろうな、とは思ったが
信じてはみたんだ。

そしてやはり騙された。

ということで
もう次からはこのパターンでは
絶対に信じない。

それが既に俺を騙した人という相手ではなくてもね、
俺はそのパターンが着たら
同じ行動は取らないだろう。

こうやって世の中の善意はどんどんなくなっていく、

と、俺は大きな世の中がつまらない方向へ行っていると実感するんだな、

ドラゴンボールでいうところの
魔人ブウみたいなもんだな、

初めの太ったブウは純粋な心を持っていたが
人間の醜さを垣間見て
本当の悪のブウが目覚めてしまった。

人の気持ちなんてものは
生まれもっての悪なんてほとんどない、
その後の形成された出来事によって
ほとんど変化したもの


人間は欲に弱い生き物


最近の俺が一歩引いてしまっているのも
仕方ないといえば仕方ないのかも

生い立ち、そしてその後の環境、進んだ道
経験

情緒的に考えられていた時期も過ぎて
やっぱり人間を科学的にというか
一つの生物としか見れなくなっているというか、

そうだなぁ、

たとえば獣医だったとして
倫理観の問題というか、

かたや死にかけているというペットを救うのかと思えば
その傍らで自分は生きるために
動物を殺して食う、
これはどういう感覚なんだろうな?

動物の種類で生かされるものと生かされないものが
存在してしまうと思うんだ、


まぁこういう深いことを考えれば考えるほど
いい加減
本来のこのブログのジャンルであったことの
悩みは消えていったというか、
答えは見つかっていたというかね、

結局人が生きているのなんて
その人のエゴに過ぎないんだっていうことなんだな。

たとえその人がどんなに重要な人間で
誰からも尊敬されていようが
それはあくまでその人が生きたいから勝手に生きているんだっていうこと

この感覚になれるかなれないか、っていうのが
まず前に進めるか進めないかの
差なんだと思う。

周りに認められないからとか
迷惑をかけているから・・・
って言っている人が多く見受けられるんだけど
自分が生きたいか生きたくないかだけなんだ、
結局

今の自分では生きたくない
って言う本人の意思が全てを邪魔しているんだと思うよ、
もちろん、それもエゴ

手がない自分では生きたくない、
足がない自分では生きたくない、と言ってるのと同じ

コンディションが完全でなければ何をやっても
意味がない、
それを待っていたら
人生終わってた、

そんなもんだろう。

俺はほとんどの物事は
見切り発車
とりあえずやれば何とかなるだろうと思って
ここまでやってきた、

だからこそ
あれこれが前に進んだんだろうな、

沢山失敗もした、でも
それで良かったと思っているよ。


なんか
最初と書いている内容がだいぶ変わってしまったな。

色々とちぐはぐなんだろう。
仕事期間なんだけど
ゲーセンに行ってみた。
無駄なあがきだ、
冒頭で書いた気持ちの持って行き所を散財って言う形で
癒そうとしている
そして
それでさえも上手く行かず
空中分解って感じなんだろう。



この記事をはてなブックマークに追加

通常営業ですが

2015-02-26 15:51:57 | 日記
帰って早速仕事で既に通常営業ですが

いくつか先に記しておきたいことが


まず、昨日書いたキロロのHP
帰ってきて見ると
温泉のこととか直ぐ見つかるし、

なんだろうねぇ

俺の調べ方の悪さというか。
いい加減だね、相変わらず。

そんで、

もう月末ですが
ようやくタカラッシュ、今月のパンドラの謎終わりました。

今月はちょっと苦戦した、
ビジュアル的に見て答える問題だったけど
なかなか
自分でこうと決めてしまうと
見方が変えられないというか、

ヒントが出るのを待っていたら
こんな時期になってしまった。

それに最後の問題も結局ヒント見ないと解けなかった。
まぁ
解答の場所は行った事はないんだが
よく知ってるところだったので
途中でピンときたけど


ってことで

札幌二日目辺りからおかしかった体調が
ようやく今日辺りで回復してきまして
元気になったかな、

昨日の午前中も結構キツイ状態で
ここを更新しながらも
微妙な感じで
騙し騙しというか
自分の様子を見ながらやっていて
最終的にはどうなるかわからなかったけど
頭痛薬も飲んだんだけど
効き目はさっぱりで
効果というか、副作用の胃の不快感というかむねやけみたいなのが
夜に出ていた。

頭痛薬は結構強いから胃がやられるのは
知っているけど
頭は回復しないで副作用ばっかり出るから
あまり飲みたくないんだよね。

そんな感じでとうとう札幌も終わってしまった、

残すところあとは
早割りの残しているチケットが一枚
湯沢エリアで終わり、

あとはもしかしたら一回行ったあそこへ
もう一度行くかもしれないが
それ以降の予定はない、
そこでシーズン終了かもな

終わりが近くなるとそれなりに寂しいもんでね、

でも、俺は頑張って7月の月山までとは思わないな、
5月のかぐらですらないから

残された課題は
コブ、コブ。コブ

春になったらやっぱりパウではないからね。

それにしても
春から夏にかけて
スゲー運気が悪いってどこぞの占いには
書いてあるんだが
一体何が起こるってんだ。
それを言うなら
もう既に今までで非常につまらない展開になってはいるけどな。

ほとんど人との繋がりはないし
ちょっとでも
気を抜こうもんなら
俺は何をやっているんだろうな~って
思考に支配されるから
頑張ってカラ元気でも楽しいことを考えて進んでいないと
飲まれるって感じだからな

人と繋がらないことが
良い点も悪い点もあるんだな、

良くも悪くもマイペース
ってことなんだろうから

自分さえコントロールしていれば
周りの影響で落ちることはないから


この記事をはてなブックマークに追加

なかなか家に辿り着かなかった。

2015-02-25 15:22:27 | 
旅も最終記事まで着ました。

やっぱりだいぶ疲れちゃってて
ギリギリまで滑る気にはなれなかった。

バスは決まった時間にしかないので

一日3便。

昼に帰らなかったので、あとは夕方5時にしかない。

なので早く止めてもやることないわけで

でも、
温泉には入ろうと思っていたので
15時前には止めた。

着替えにロッカーに行って
片づけをしている人に
話しかけてみた、

この旅では唯一フリートークした場面だったね。

やっぱり全部持って来る方がいいな、
車で空港まで来ているって言ってたけど
そこがネックでもあるんだよなぁ、

まぁ次回は少し考えようとは思ったが
とにかくケースがないからなぁ

少なくとも肩にかけるのは止めようとは思った。

コロコロが付いている方がいい。
肩が疲れない。


で、

ココさぁ

ちょっと愚痴ね。

キロロのホームページ
何度も見たんだけど
あ~んまり見やすくないんだよね、

必要な情報がイマイチ手に入りづらい。

まぁ散々調べたからリニューアルして
営業しているの知ってたけど
ここの敷地に温泉あるんだよね。

ただ、何処にあるのかがHPには全然書いてないんだ。

着いてからわかったけど
ホテルピアノの方にあるのね、

で、シャトルバスが無料で出ているから
ピアノへ移動して
温泉に入って

ここでゆっくりしていたら
バスの時間はあっという間だった。

長風呂しない俺でも結構いい時間だったから
決して余裕があるタイムスケジュールじゃないってことね。

まぁピアノからバスに乗らないで
一旦マウンテンのホテルの方へ戻ったりしたけどね、

で、
小樽での電車は結構ギリギリ
まぁ座れたから良かったけど

空港に来て
座席を確保して暫くしてから気が付いたよ。

1時間遅延って

21時の便が一時間遅延するって
それはつまり
羽田到着がほぼ0時ってことだよね。

俺は大して慌てないけど

やっぱりロビーでは慌てている人が多数だった。

宴会始まっちゃってる人も結構いたね。


いつも思うんだけど
到着機材遅れって
来る前の便が遅れているってことなんだよね?
つまり
その日の後になればなるほど
遅れる便が増えるってことなのかな?
その辺がよくわからないんだよなぁ

まぁ前の便が遅れているのが判ったところで
俺としては
別にどうしようもないんだけどさ、

振り替えるってたって
他社便を自腹で買ってまで乗りたいとは思わないし
結果
待つしかないわけで

こういうのがあるから
初めから電車で移動は考えていないし

たとえ羽田まで濡れてもバイクで来ているわけだしね。


ってことで

空港では豚丼



堪能しました。

ラーメンも追加でどこかで食べようかと思ったけど
本来ならもう
フライトはないから
店が閉まっちゃう時間なんだよね、

21時フライトでも
店が閉まるのは大体20時だから

あんまり遅くに空港に行っても
何もないってなるんだよね。

ってことで結局
出発ロビーで一時間待って
一時間遅れでフライト

あんまり意識ないうちに羽田に着いてて
予想通りのメットとグローブびしゃびしゃ

でも、札幌に居たからなのか
東京はそれほど寒く感じないで家まで帰ってきた。

まぁ体調は悪かったけどね。



この記事をはてなブックマークに追加

何を求めて

2015-02-25 14:54:53 | スノーボード
日本中にスキー場は沢山ある。

別にわざわざ1300kmくらい移動してくる必要性があるのか、と
疑問に思わなくもない。

でも、

確かにパウダーというものに乗りたい、

それを考えれば
北海道はそれを叶えてくれるスキー場があるんだろうな。

でも、
今回行ってみて

練習になったのは?と言えば
札幌国際のほうかな、

楽しいと感じたのは?と言えば
キロロかな

ただ、人間として
わがままというか

キロロで晴天を望むことは難しいというか、
そうなってしまうと
パウダーは出てこないだろうし
逆に荒天だと
滑ることすらままならないだろうし
更に言うなら行くことも帰ることもままならなくなるだろう、

正直難しいなぁとは思うね。

北海道と本州のスキー場との違いは
前にも書いたけど
こっちはボードよりもスキーの方が比率が多いと思う、

それと前から書いているけど
年がら年中雪が存在している所にいる人からすれば
決して雪があっても楽しいとは思わないんだろうね、
レジャー感覚はあまりないと思う、

だから楽しんでいる人は地元の人じゃない場合が多い、

スクールに入ってる人なんて
ほとんど居ない、
特にボードね。

更に言うなら回している人も皆無だし

アルペンのボーダーは一人だけしか見なかったな


上手く説明できないけど

前から散々書いているが
テクニカル好きな人たちは
どちらかと言うとカリカリを好むから
パウ嗜好な方向性のこっちのスキー場は
あんまり好んではこないのかもしれない、

パウ好きな人は
大抵地元の人だろうが他所から来ている人だろうが
目当てのものがなければ
来ないだろうから
前日降ってない日には来ないだろう。

そうなると結果として残るのは
観光客ってことか

ほとんどが一見さんなわけで

あとは
多分だけどコブとかも
出来るのはもっと後なんだろうな。

こっちは季節が少し後ろにずれているから
本州じゃもうすぐシャバってパウにはほぼ乗れない環境になるけど
北海道ではまだシーズンは中盤くらいって感じなのかもしれない。


この記事をはてなブックマークに追加

今もだけど

2015-02-25 14:37:14 | スノーボード
やっぱり俺の身体がどこかがおかしいんだろうな。

正確には覚えていないが
少なくとも
この日の午前中には明らかに調子は悪かった。

いつもの肩こり、頭痛がそこそこ起こっていた、

まぁ実際帰ってきて、今でも治っていないんだが

とにかく原因は考えられすぎるので
コレだっていう特定できるものが
ない、

で、

この時は微妙な感じのまま
あちこちのコースを滑っていたんだが

滑っているときはそっちに集中しているので
全く大丈夫なんだが
一度停まってしまうと
リフトとかゴンドラに乗ると気分が悪くなると言う
微妙な感じだった。

なので

とりあえず暖まって腹も満たそうと思って
開いて時間が経っていない山頂のレストランに

帰ってから知ったけど
結構有名なんだね、

俺はただ単に
ここで食わないと食えそうもなかったんで
あえてこれをここで食べたんだけど



スープカレー


まぁこっちに来て
スープカレーを食べて外れたことなんてないんだけどさ、
安定の美味しさだね、

いつもは野菜のを食べるんだけど
今回はそういう選択はないから
肉も入っていたけど
やっぱり肉が入っててもそれはそれで美味い。

少し元気が出て
再び滑った。



前日は降ってないと思うんだけど



当日の降りだけで

パウになっちゃうんだよね。


昼過ぎまでには全コース回って
林間には行ってないかな、
迂回コースっぽいのは行かないから

で、
やることあんまりなくなったんで

自撮りをしてた

まぁ予想はついたんだけど
前日は平気だったんだけど
この日は持たないだろうと思ったんだわ、

寒かったから
また電池ないとか言われて
シャットダウンするんだろうなってね。



まぁでも
2本は撮れた。

やっぱり電源落ちたけど

なんか右手の位置が微妙だなぁ
って
自分で見てて思うんだが




この記事をはてなブックマークに追加

キロロ

2015-02-25 14:06:11 | スノーボード
確かに
天気は晴れではなかったけど
小樽の市内に居たときは決して荒れてはいなかったと思うんだ。

でもキロロ行ってみたら凄かった。

まぁそれが
このスキー場が人気な理由なんだろうけどね。


前日の札幌国際と
ちょっと違うと思ったこと

日本人の旅行客が多い、

それとアジア系じゃない外国人も結構いる。

多分それが上で書いたことと関係があるんだろうね。

俺は
とりあえずレンタル。

いや、ロッカーに行って着替えて
それからレンタルね、

ここはバートンが出てきたね、

つま先のストラップが
ブーツの先にひっかけるタイプのバインは初めて使ったけど
違和感あるかなぁって
思ったけどそうでもなかったな。

正直、板が違ってどうのこうのと
考える余裕はなかった。
ていうか
そこまでシビアなものを要求されていない感じだった。

で、

早速左端のリフトに乗って上へ行ったんだけど



長峰
リフト動いていなかった。

終日運休で
上へ行くことは出来なかった。


前日より、更に強風で
そして前日は降ってなかったけど
この日は雪もかなり降っていた。

午前中の空いているうちに
ゴンドラで上へって思ったんだけど
結果から言えば

強引なのもあったが
一度もゴンドラ相乗りになることはなかった。

そんなに混んでない、
ってことなのか、
そうでもないと思うんだが

その辺は終わり頃にまた書くとして




山頂は完全に吹雪

正直ここまで吹いているのに
ゴンドラ動かしているのは
凄いと思うレベル、
多分ガーラだったら営業中止になっているかも

自分の滑りがどうとかっていうより
コースを把握するのがやっと

とりあえず出来るだけ全部のコースを
滑っておきたいって思いながら滑ったけど

思ったよりも緩斜が多いんだよね、
構成として

これは多分だけど雪が降りすぎちゃってるのも
あるのかもしれない

正面のゲレンデから見て長峰とか左側から帰ってくると
リフトとかゴンドラまで勢いが足りなくて届かないことが多い、
なので最後スケーティングが必要になったりする。

土地柄なんだろうけど
とにかく雪はよく降る

だからなんだろうけど
リフトはほとんどにフードが付いてて
ペアリフトにフード付いているのは結構珍しいんじゃないかな。

この日は一箇所リフトが動いていないところがあって
そのせいで
ゴンドラなしでは山頂へ行けなかったんだけど
あそこが動いていれば
ゴンドラなしでも山頂へ上がれるんだな、
そう考えると
妙に前日の札幌国際とダブってね、

そのせいで前の日の記憶がおかしくなってる。





この記事をはてなブックマークに追加

バスツアー

2015-02-25 13:40:17 | スノーボード
一日目結構クタクタになってて
携帯の充電以外ホテルで何もすることなく
即効寝た。

なのでやたら早く目が覚めたが
朝から結構ハード

ナビを見たら札幌の駅ではなく
桑園の駅へ行けとなっている、

また歩いて20分ちょい

そもそもその日の始まりが札幌なんだけど
その日の夜は家で寝ているんだって思うと
結構時間的にキツイよね。

で、

朝思ったのは
日中は問題ないんだろうけど
朝って電車の本数少ないんだね、

やっぱり札幌は車主体の地域だと思うよ。

でも、今回は
レンタカーを連続で借りるではなくて
バスツアーにすることにした、

連日で借りると駐車場代か2日分の料金を取られるから、
それなら
朝から行けるのであるなら
バスツアーの方が安く済むんで
そちらを選択、

ただし、札幌発にすると
バスが長くなるのと
帰りに札幌に戻ってこないとならなかったので
それは止めた、

二日目に行ったのはキロロ

位置的には札幌国際とは真裏というか
朝里岳挟んで反対側ってことみたいだけど

俺は小樽まで電車で出て
そこからバスで行くことにした。

駅で手ぶらパックを買って

まぁバスツアーと言っても
駅からキロロまでは路線バスだけどね、

札幌まで来たのと同じでフリープランみたいなもんだな、

やっぱりだけど
札幌からキロロの路線が主要路線みたいで
小樽からの便は空いている。

こちらにしたのは
バスに乗っている時間の短さと
快速エアポートの始発駅が札幌ではなくて小樽って言うところでね、

札幌でバスに乗ってしまうと
車も長い時間乗らないとならないし
エアポートもまず座れない、
そう考えると小樽回りにした方があれこれ
都合が良いと思った。

ってことで
キロロに着いたら
やっぱり人結構居たね。


この記事をはてなブックマークに追加

スケジュールびっちり

2015-02-25 13:03:06 | 
やっぱり1泊2日だとかなりタイムスケジュール的に
きついね。

結構はやめに止めて車に戻ってきて
片付けてスキー場を後にしたんだけど

温泉パックを買わなかったのもあって
定山渓は素通り

でも、ここで温泉入っていたら
ちょっと後が大変だったかもしれない、

ただ、
このままレンタカーを返してしまうと
もうあちこち移動するのが大変なので
できる事はしておかないとならない。

この日はぴーかんだったのもあって
道の雪はほとんどなかった、
だから
極端な話スタッドレスすらなくてもなんとかなったが
一度天気が悪くなれば
所要時間はもっとかかるんだろうから
早めに動いておいて間違いないね、

ちなみに主要道路はアスファルトになっているけど
裏道は除雪もしてない雪道だから
差が激しい。

で、

何故か旅に出るとほぼ必ず行くことになる
ダイソー
今回も行ったな。

ちょうど車を停めた時に電話が鳴って
保険屋だった、

すっかり忘れていたが
1月の事故の件が片付いたっていう連絡だった。

1泊だと
食事の回数も限られてしまうので
こっちへ着たら
必ず行きたいグルメに行けない可能性が
出てきてしまうので
これを先に行っておかないと

と思って

ふらっとトリトンへ
地のネタを少しだけ摘んで出てきた。


車を返してホテルへ
って
俺、この段階になって初めて
ホテルの位置を調べているくらい
全く気にしていなかった、
そりゃ予約取る時に
一応ホテルを調べてはいるんだけど
その時はほとんど実感ないから
てきと~に決めちゃうんだよなぁ、
で、駅からナビ見てびっくり

徒歩35分って出たのかな、

ああ、それはレンタカー屋からだったかな、

とにかく歩いて30分以上って出た時は参った。

この前来た時のアパからそんなに遠くないなぁとか思って
決めたんだけど
まぁ距離あったね、

ていうか、
そもそもすすきのからの距離で判断しちゃってるけど
普通に札幌の駅からで言うなら
地下鉄で2駅なわけだし、
そりゃ歩けばかなりあるよなぁ・・・

でも、地下鉄も市電も使わない俺
だって、ナビで検索すると
乗り物のっても5分しか違わないんだもん、
なら歩くわ

ただ、荷物がね。
それが全てだった、

今も調子が悪いのの一端になっている、
激しく重い荷物を
片方の肩にかけて移動する。

ダメだね、

で、ようやくホテルに着いて
ゆっくりしたかったが
まずやらないとならないのが
携帯の充電

そして
結構疲れていたが
それでもナビ起動

歩いて20分に
さすがに心が折れかかったが
頑張って行った。

これも前回行こうと思っていた、

信玄

の信州



写真だと伝わらないんだけど
この器のでかさときたら

さすがにこの前にすしを摘んでしまっているので
チャーハンもつけることはなかったんだけど
ライスをつけてしまった、

多かったね。

ベタでもなんでもいいんですよ。
俺は基本的に味噌らーめんが好きなんだから



この記事をはてなブックマークに追加

札幌国際

2015-02-25 10:51:54 | スノーボード
定山渓から一本道を上がって行って
札幌湖を越えていった先にあるスキー場

まだ二日前なのに
既に
頂上から右へ降りるコースの記憶が無くなりつつある。

多分一本しか行ってないからだな。

とりあえずレンタルの板を履いた感じで

スタンスがちょっと違うんだよなぁ~
って感じだった。

アングルじゃなくて
幅ね、

多分幅は変えられないから
これがメーカー推奨なんだろうけど
だから
板自体がこういう設定なんだろうね、

ちょっと俺からすると広いかなって感じだった。

でも、暫く乗ってると慣れちゃうんだけどね、


で、



ここのスキー場に来て
気がついたのは

ゴンドラに乗らなくても
全コース回れるのね。



風はねぇ
やっぱりめちゃ強かったわ。

そんなに激しいコースはなかったと思う、
ただ、
この日はガリだったんで
きっちり乗れてない人には難コースかもしれないとは思ったが

昼に着いたからなのかわからないが
上には人が少ない、

下には人が居るんだが
上の方のリフトはガラガラ




これがどこにあるのか
結構探した。

何のことはない、
ゲレンデの一番下にあったのね。


急いで来た割には
最後まで滑っていない、
疲れちゃったというのもあるが

何だろう、それほどここが楽しいって思うものが
なかったからなのかもしれない、

ちなみに一度もゴンドラには乗らなかった。


この記事をはてなブックマークに追加