それでも・・

ここに日々の全てを記す

毎度のやっつけ作業でSXオイル交換

2018-01-17 16:02:00 | 整備系
オイルの注入量は850mlなんだよ。

でもさぁ

排出してみると

絶対そんなに残ってないんだな・・





半分もないんじゃない。

よく燃えてるなぁ


空冷エンジンの
30年ものなんて
そんなもんだよな、

リングも替えたしステムシールも入れ替えてても
相変わらずだもんなぁ

まぁ組み方が悪いから
仕方ないって言われたら
何にも言えないが

俺のせいだな・・

でも、よく焼き付かないで走ってるもんだ。
強いというか

クリアランスが大きくてもどうにかなっているというか


まぁ燃えるっていうか
無くなるっていうのを前提で
交換サイクルを早めで乗っていれば
乗れなくはないからなぁ

行けるところまで行きましょう


この記事をはてなブックマークに追加

アフィではないですが

2017-12-17 16:30:38 | 整備系
ちょっとした宣伝になってます。

しかし、
俺には一円も入りませんが・・・


色々詳しく書くとそれはそれでマズイので

こうなった経緯を書くのは止めておきますが

まぁ

前から買わないとなぁ、と思っていた物を

お金のない今、買うことにしました。


そんな話です、


何を買ったか、

それはジャンプスターター、というものです。

車にはほぼ必ずバッテリー、というものが
積んであります。

昨今のモーターで走る車は別として
エンジンで走る車には
一般的なバッテリーというものが付いているんですが

これは主にエンジンを初めに始動するために付いているんです。

いや、それ以外にも使っているだろうって
普通の人は思われるんでしょうが
実際は
この据え付けのバッテリーのみで動かしているのは
初めの一発、

エンジンを始動させる時のスターターモーターを回すためにバッテリーを
使っていると言っても
過言ではないんです。

それ以降はエンジンが動けばその回転エネルギーで
ジェネレーター、発電機、
まぁ車業界ではオルタネーターと言うんですが
これが電気を発電してそこから電気をバッテリーへ送っています。

つまり、オルタネーターがバッテリーを常に充電している状態にあるということで
それプラス、それ以外の電気の使用も賄っている、と言えます。

なので

バッテリーがトラブルを起こす場合、

バッテリーが上がった場合、
バッテリーの寿命もしくは
人為的なミスが無い場合は

オルタネーターの故障も考えられるということを
頭に入れておくことも重要です、

って、それは今日の本題ではないんですが・・・


本題は上がってしまった時の話で

今までならば
ジャンプコード
っていう
プラスとマイナスのケーブルを持って来て
誰かの他の車なりバッテリーを
接続することで
初回の始動だけをすることで

とりあえず走らせることは可能になるという原理で
上がった人は
ジャンプコードを探し回ったりしていましたが

今の時代は
携帯型のバッテリー

モバイルバッテリーっていうやつです、
スマホとかを充電するアレです。

アレでこの車のバッテリーの一発の始動に使えるという
物が販売されているんです。

まぁ確かに何十発もセルを回せるかといえば
それは無理でしょう、

容量の問題もあるし

そもそも、このセルを回すっていうのは相当な出力が要るので
俺はそこら辺が大丈夫なのかって
思うんですが

まぁ緊急で使えるのならば
揃えておきたい物の一つかな、と思っていたのは確かです、

で、

まぁ詳細は書けませんが

いつかは買おうとは思っていたんだけど

流石に今日は買えと言われているような事案に直面しまして

仕方なくポチリました。


まぁ原チャリとかもね、
今のスクーターってキックついてないでしょ

そうなるとバッテリー上がると押し掛け出来ないんだよね。

バッテリーのターミナルが剥き出しに出来るかっていう
問題はあるにせよ
これ持ってれば最悪バッテリーが出先で上がっても
帰ってこれるってのがあるから

持ってて損はないんだな。



この記事をはてなブックマークに追加

JF03 スペイシー バルブクリアランス調整 再び

2017-12-06 16:51:35 | 整備系
昨日も書いたけど

整備書通りにやってもエンジンがかからないという状況になって

やる前の位置に戻したんだが

多分、完全に前の位置にはなっていなかったんだと思う。

そのせいで
エンジンの不調になっていると
思われて

今回

ネットをあれこれ調べたら
スペイシーじゃなくて

フュージョンのエンジンのバルブクリアランス調整も
同じシステムを使っているっぽかったから
それで書かれているやり方を真似てやってみることに


作業自体はいたって簡単なので

あっさり終わるんで


特に写真とかも沢山あるわけでもなく

30分作業なんだけど




白のマジックで始めにやる前の値に印を付けた。

で、


どっちからでも良かったんだけど

IN側のアジャスターのロックボルトを

エンジンをかけた後、緩めた。

アジャスターは左一杯に動いて

お馴染みのバルブタペット音、
カチカチ音全開になった。

そこからアジャスターを右方向へ動かしていくと
ある地点から音が消える、

で、消えた点から一目盛り右方向へずらして
ロックナットを締めた。

そうしたら
マジックで印をつけたところとほぼ一緒だった。

IN側はズレてない。


同様にEX側もやってみたが

どうもこっちは違ったみたい、

そしてこっちが俺のバイクには問題だったみたいね。

まず、こっちのアジャスターをキツくするとすぐエンジンがストールする。

どちらかというと
タペット音がするくらいの方が調子いいかも

まぁそれでも一応音が消えたところから一目盛りいくかどうかくらいで
設定

やっぱり
始める前の値よりも半コマズレていた。

これの設定をすると

今度はアイドリングが高すぎな状態に

それは俺自身がこの不調になった時に
アイドルアジャストスクリューをいじったからであって

本当の不調の原因を直したから
こちらも元に戻さないと


で、

どんな感じか

試走したけど

まぁ特に問題はなかったと思う。

夜の寒い時間帯に乗っていないので
完璧とまでは言えないから

今夜仕事へ通勤してみて
問題なかったらこの話は終了かな


キャブまでばらさなくて良かった。




この記事をはてなブックマークに追加

酷すぎて言葉にならないんだわ

2017-12-02 15:33:16 | 整備系
前から予定していた、

パジェロミニのリアガラス右、左、後ろと
窓枠のシールがボロボロなんで

剥がしてシーリング、しようと思ったわけだが

道具は全部買い揃えてあった、

シーリング剤、マスキングテープ、充填ガン、ヘラ。


で、


まず




こんな感じだったって

ところね。


ゴムはぼろぼろ


で、
剥がして





これもきちんと剥がれないんだわ

ピックツールとかで
引っぺがして

それでも切れちゃったりして
完全に剥がせていない部分もあった。


まぁとりあえず剥がすだけ剥がして

そのあと、洗浄機とかも使って隙間を洗ったけど

これも全部きれいには出来ないね、


それなりに洗浄したあと

マスキング







ガラスの方はそれなりにきちんとマスキングできるんだけど

車体側はどこまでシールを入れるかイマイチ分からないから

どこまでマスキングするべきか難しいんだよね。


まぁ、ただね。


ここまでは一応てきとーと言えど
順調だったんだ、

ここまでは失敗しないだろ


問題はココからなんだよ。

まぁピックツールで結構ボディに傷作ってはいたけど


シール剤を

ガンでどんどん盛っていくわけだけど



盛る量がわからん。


つまり


仕上がりがガラスと面一にするのか

それとももっと浅い面で終わりなのか

その辺のさじ加減で迷って

とりあえず全周盛って

ヘラで整える。

なんてやっていたら

リア窓の左

既に硬化が始まっていた。


均す間もなく
硬化してるって

ヘラを一回もあててないのに
硬化したら変な形になるに決まってるじゃん・・

それを無理やり直したりしたもんだから
めちゃくちゃ

そして他の部分もどこまで盛っていいもんか

逆を言うと
どこまでヘラで均したらいいのかが
ハッキリしないから

均し過ぎちゃってシールがガラス面よりもだいぶ下がっちゃってるんだよね、

それじゃ逆にダメだろうって思って
もう一度シール入れたりなんて
やっていたら

更に見栄えがどうにもならなくなり


手が付けられなくなった。

という結果


もう目も当てられない結果になりました。


やる前の方がマシだったな。











特に左後ろ、
最後の画像のは均すことも出来ていないので
最悪の仕上がり


シール剤自体は大した値段じゃないから
やり直すって手もあるが

もうなんだかなぁ・・

何度やってもそんなに上手く出来る気がしない。

センスないんだろうな。

ガッカリする。


出来れば1枚1枚やりたいところなんだが

シール剤が使い切りだと思うんで
損なんだよね、



この記事をはてなブックマークに追加

SXのナンバーを補修

2017-11-27 18:01:02 | 整備系
調べてみると結構ナンバー裂けている人、いるみたいで

ネジの締めすぎも原因みたいね。

俺の場合は

バイクを家から出す時に壁にナンバーが引っかかって
それで裂けたのがきっかけだと思うんだけど

ちょっと裂けると振動でドンドン裂け目が大きくなって行くのも
特徴らしい、


で、

現状は

こんな感じ





さすがにネジ穴が完全にくり抜かれるレベルだったら
再発行も考えたけど

そこまでは行ってないので

とりあえずアルミ板を買ってきて
後ろに当てることに


でも、買ってからあれこれ調べたもんだから

失敗したと思った、

普通にナンバーサポートみたいなもの売ってるよね、

そっち買った方が確実だったな・・




切るの面倒だし




穴開けるのもやっつけ


まぁ
これで暫くは大丈夫でしょう。


この記事をはてなブックマークに追加

延ばし延ばしのオイル交換を

2017-11-25 16:04:15 | 整備系
昨日も結局鹿沢まで

往復で400kmくらい走っていると思うんだが

だいぶ走っているのにオイルを替えていなかった。


いい加減替えないとってことで

記事としてはどうでもいい記事になってしまっているが


この車になってからほとんど下抜きで替えたことがない。

今回も上抜き





もうすぐ10万キロ行くね。

この冬で行ってしまうだろう、

果たしてあと何年乗るんだろうな、


ここんところのガス代の高騰がかなり痛い、

何も山シーズンになってここまで普通に上がらなくても

サラッと140円とか出ているとビックリだわ、

前なら130円超えたらニュースでやったもんだし

暴動起きそうな勢いだったけどな

どんだけ人って慣らされていくもんなんだろうな


ま、特に問題なくオイル交換終了で

車関連としては

洗車しろって感じか

それにガラスのコーキングがボロボロになってきているので
手を打たないとならないかな


この記事をはてなブックマークに追加

暗くなるのが早すぎ

2017-11-23 18:24:36 | 整備系
群馬、長野

天気情報を昼前から見ていたが

多分、大丈夫だろうが
一応
どこのスキー場も

スタッドレスでお越しください、を
謳っている。


う~ん、
微妙


オイル交換を先にやりたかったんだが

タイヤの方が先みたい、


ってことで

急いで家に戻ってきて

とりあえずタイヤ交換




暗くて全然ピンが合わない。

ボケボケ

とりあえず、替えるだけは替えたけど

一本エアが抜けきっていたのが怪しい

流石に
オイル抜く電動ポンプうるさいから

交換するのは止めた、

帰ってきて日中の明るい日に改めてやろう。





この記事をはてなブックマークに追加

リアキャリア交換 JF03

2017-11-03 18:47:51 | 整備系
前オーナーが

リアキャリを切って貼ってをしたみたいで

貼ってって言っても
接着したわけじゃないよ。

溶接したみたいで

ノーマルの位置とは違うところに付いていたんだよね。

ところが

経年劣化なんだろうね、

溶接した部分が錆びて折れてしまったんだわ。


最終的に何本かは俺自身が折ったんだけど




こんな状態になってまして


でまぁ


オークションでキャリアを用意して

付け替え


作業自体は簡単作業なんで

小一時間で終わったけど





こんな感じで
ネジ4本だけなんで

あとはカウルを付けて

で、

問題はリアのケースね。

このキャリア

前は気が付かなかったんだけど

耐用加重5kgとか書いてあるのね。

おいおい、
あのケースじゃ20kgは軽く入れていると思うぞ

そりゃ折れるし、
ひっくり返りそうだな・・

とりあえず
付けてはみたけど



蓋が当たって完全に開かなくなったな。

まぁ仕方ないか

8割方開くから

なんとか出し入れは出来るかな


この記事をはてなブックマークに追加

何故?意味わからないっす

2017-09-30 15:18:28 | 整備系
まぁ

そもそものところから言って

このバルブの調整の仕方自体が意味が分からないから

やっていることがどういうことなのかも
さっぱり分かっていないんだが


とにかく、

前にやったJF03
スペイシーのバルブ調整の続き


前回圧縮上死点が分からないから
調整できないっていうところから

昨日買ってきた、
マイクロスコープなら
見れるだろうってことで

続きね。


早速、スマホに装着して

穴へ挿入~

う~ん

黒いツブツブがボヤ~って映るだけで

なんのことかさっぱり・・・


それを数分繰り返しました。


あ、あああ

入れる穴間違えてた

プラグホールに入れて燃焼室を見ていました、

ピストンのヘッドをずっと接写して見ていたようです。


そら、見えねーわ


気を取り直して

今度こそサービスホールへ


おお、なんか違う所があるぞ




この写真、分かりにくいけど

奥から

ベアリング、スナップリング、で一番手前がカムシャフトの切り欠き

その手前はシリンダーヘッドカバーのサービスホールのネジ穴ね

わかるじゃん。


調整できるぞ~~





こんな感じね


で、


マニュアル通りに

この状態にして

勿論、ただの上死点じゃなくて
圧縮上死点で合わせてだよ。

アジャスターを一番外側に開いて
そこから内側に一目盛り戻せ、と
書いてあるんだが

一応、その通りにやったと思うんですけどねぇ


やった写真撮ってないけど、

で、

結果を書くと

その通りに調整してエンジンかけたら

全くエンジンがかからないのよ。


どゆこと?



オート調整だとしたら
今の値が正常値なわけだから
原点に戻すとやっぱりダメなのかね

この仕組み自体が理解できていないバカなもんで

とりあえず、
動かないんじゃしょうがないから

元に戻したよ。

そしたら普通にエンジンかかった。

う~~~ん、


やらない方がいいことってあるのかな・・





いじる前は
この位になっていたんだ、

でも、これはネジを締めているから
初めにこういう設定にしないと
後から自動で動くって訳じゃないんだよなぁ

う~~ん

わからん。


実は別のバイクのロッカーアームとかバルブとか組んであるとか?

なわけないよなぁ

理解不能


とりあえずね、

マイクロスコープはいい感じ。

でも、マクロはキツイかもね、

レンズがピント合わないかも

ある程度距離がいる、
ピント合うためには





この記事をはてなブックマークに追加

JF03 整備した話の筈が

2017-09-23 13:55:30 | 整備系
前々から気になっていたんだ。

スペイシーのバルブタイミング、

調整の仕方は載っているものの

いつ調整しろとは全く書いてない、

燃費があまり良くなくなってきているのと
最高速があまり出なくなってきてる、

まぁあちこちヘタっているので
どうにもならないのは確かなんだが

とにかく

SXはしょっちゅうバルタイ診ているんだけど
こいつは一回も診ていないから

とりあえず、やってみることにしたんだけど






まず、

サービスホールがねぇ

かなり位置が悪いのよ



既にエアクリボックスの留まっているプラ部品は破損して
留まっていない。

ステーを外すとヘッドカバーのボルトが外れちゃうのね。

で、
なんとか

サービスホールは開けたんだけど


ごめん。


俺バカなのかな?


圧縮上死点が合わせられないんだわ・・・


いや、もっと細かく言うと

上死点に合わせられません。



助けて


整備書に書いてあることが理解できません。


合マークをあわせる。

お決まりの文句が書いてあるんだけど

カムシャフト側の合マークって

全然わからん。


わからんよ~~


でも、

一つ、思い出したことがあって
倉庫を漁ったんだ。

そしたら出てきた、

何がって


JF03のカムシャフト






現物が見れるなんて
なんて運が良いんだ。

って、言っても

これ、実はSXのカムをネットで探していて
間違えて買った代物

そう、SXのカムを探していたつもりが
何を思ったかJF03のカムを買ってしまっていた。

勿論返品なんか効かないから
買ってから箱からも出さないで
倉庫に放っておいたっていう物

おかげで切り欠きは判ったけど

正直、こんなところに切り欠き付いててもねぇ

さっぱりですわ。

サービスホールから確認できるのは
ベアリングとスナップリングだけ

その前に切り欠きがあったのは
この現物見て知ったよ。




この穴から

一番手前の切り欠きを探せって言われたってねぇ


ピックツールとかを入れて
触感で感じたりもしたけど

ハッキリ、ココって言う感触が得られません。

更に言うと

圧縮上死点を探さないとならないので

また2回に1回はハズレです。

まぁプラグホールからバルブのリフトは見えたので
多分こっちっていうのは
判るんだけど

上死点がハッキリしないから
調整する意味がないというか

やって失敗すると今よりも状態が悪くなる可能性もあるから

下手に触れない。


結局いじったにはいじったんだけど

手が付けられず

何も出来ないまま閉じました。


見えないのは俺がバカなの?



この記事をはてなブックマークに追加