岡本は日本のテコンドーのパイオニアとしてトップをひた走りながらも、

2017-08-09 17:40:32 | 日記

オリンピック競技としての歴史は1988年のソウルオリンピックにおける公開競技に始まり、2000年のシドニーオリンピックから正式競技となっている。

http://www.sharedmemo.com/adhghnn/ そのシドニーオリンピックの女子67kg級で岡本依子が日本人初の銅メダルを獲得した。

 以来、岡本は日本のテコンドーのパイオニアとしてトップをひた走りながらも、競技団体の分裂と統合に翻弄されるという苦い経験を持っている。

 現在は、一般社団法人全日本テコンドー協会の副会長として競技力の向上、普及、人材育成に尽力している。

 さて、その岡本の「あの負け」とは……
夢を探しにアメリカへ そこで出合ったテコンドースピリット

 「競技人生最大の負けは、道場を破門になったことです」

http://y-watch.net/member/adhghnn/ https://sns.beamie.jp/?m=pc&a=page_h_home&target_c_member_id=76892 とゆっくりだが快活な関西弁でその経緯を話し始めた。

 岡本は大阪の四天王寺高校を卒業後、早稲田大学に進学。3年生のときに「自分の夢を見つけたい」と交換留学生としてアメリカのオレゴン大学に1年間留学した。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | ほんま、いい教えやなと思っ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。