素晴らしき茜空の会

感想を書きなぐります。仮面ライダー キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555→ディケイド

ウルトラマンジード 第5話「あいかた」

2017-08-05 23:00:00 | ウルトラマンジード
どんな傷もたちまち治す謎の“ヒーリング芸人”新井タカシ。その能力がリトルスターによるものではないかとタカシと接触するリクたち。ところが、それはタカシがひそかに匿っていた宇宙生物モコのものだった。モコのリトルスターを狙い、怪獣アーストロンが現れる。ピンチのモコを守ろうとタカシが走る! タカシたちを救うべく戦うウルトラマンジードに、新たな力が宿る!?


おそらくジードでもっとも短いタイトルになるであろう「あいかた」

冒頭のサメクジラにテンションあがりました。
少しずつ、過去ネタの引用もわかるようになってきましたよ。
しかし、Xのときは宇宙人に狙われるほど大人気だったのに
いまは不要だと捨てられてるとか、流行り廃りって怖いですね。

ピコピコ動くサメクジラを抱く瀬名先輩。
あれ、サメクジラを動かしてるのも先輩だよな?と舞台裏を想像して、勝手に萌えてます。

さてスタートダッシュの4話が終わり、脚本も監督も変わっての第5話。
アクロスマッシャー登場回ですが、ストーリー的には動きなし、かな?

思ったこと。

・モコ可愛いよモコ。
・保険のセールスレディと保健所の担当さん、
  なんとなく誤魔化せるんじゃね?とか思ったけど、さすがにダメか(笑)
・ゼロとレイトの入れ替わり一人芝居が忙しくて楽しい。すごいですね。
・ゼロ(レイト)の、人差し指を口にあてての「しーっ!」が格好よい可愛くて大変良い。
・しかし、別に「動物虐待」じゃないよね?ゼロに殴られるほどの悪いことじゃないよね?
・ただ、コスモスさんの力を使って金儲けしようという発想は良くないと思いました(小学生レベルの発言)
・タカシ、ギャグはつまらないけどそれなりに情のある彼が
  なんで「すぐ相方に逃げられちゃうらしいよ」だったのかな?と思いました。ギャグつまんないから?
・うちの小学一年生は爆笑してました。(おはヨーロッパ!恐ロシアwwwとかすごくうけてた)
・タカシ、本職も芸人さんかと思った(違った)

あとは。アクロスマッシャー。
登場して地上に降り立った瞬間、長男が「すげえぇぇぇ!静かだ!」と感動しており、
逆にあの静かな着地が、アクロスマッシャーのすごさを際立たせるっていう
逆転の発想すげぇなって思いました。

しかしコスモスの予備知識をまったく持たない夫は、その戦い方を見て
「え? なにこれ? これで終わりなの???」とキョトンとしていて、
私や長男などは「コスモスは慈愛の戦士なんだよ」などと知った顔で解説しましたが、
(ちなみにみんな本編未見、私だけオーブのオリサガで見た程度)
コスモスは毎週こんな、言ったらアレですが、テレビ映えしないような戦い方してたのか。
一度ちゃんと見ないといけませんな。

ともあれ。青くスタイリッシュで怪獣にも優しいアクロスマッシャーの登場により
街頭アンケートによる好感度調査の結果、「好き」が過半数を超えたことが判明。
こどもたちの声援を受けてるとは言え、ベリアルのことを知っている大人たちは
複雑な気持ちでジードの活躍を見守ってるんだろうなぁと思っていたので
「あ・・・好感度、意外と高いのね・・・」ってなりました。

自分の感覚だと、「好き/嫌い」ではなく
「感謝してる」なら85%くらいありそうなんだけど、
好感度で言ったら未だに「よくわからない・なんとも言えない」が
80%くらい占めそうな印象だったのだ。んで「好き」15%、「嫌い」5%くらい。
「好き」が多いのも意外だったけど、「嫌い」が多いのも違和感あったな。

ケイ。
以前の放送の発言からすると、彼の狙うウルトラカプセルはまだ2個ありそうな?
放送前に明かされていたジードの形態はすべて出揃いましたが、
オーブでも中盤でサンダーブレスターが追加されたので、
ジードもそんな感じかな。ベリアルは既出だし、どういうタイプが追加されるんだろう?

前のエピソード <<<     >>> 次のエピソード
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダー555 第44話 | トップ | 仮面ライダーエグゼイド 第... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL