素晴らしき茜空の会

感想ブログ。仮面ライダー キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555→ディケイド→シャンゼ

仮面ライダー龍騎 第12話「秋山蓮の恋人」

2016-11-01 08:12:33 | 仮面ライダー龍騎
過去の記憶を求めて清明院大学へとバイクを走らせる蓮の脳裏に、断片的な想い出が甦る。一方、兄・神崎士郎が所属していたと思われる「江島研究室」について調べるために大学にいた優衣は、江島研究室の元メンバー・仲村に声をかけられる。


展開的に言ったら、
・北岡センセに覚悟の甘さを笑われる
・過去の記憶をもう一度見つめ直し、再び覚悟を決める
っていう流れですよね。こういう1エピソードごとの意義がしっかりしてるとこ、
本当すごいなって思うんですけど。

しかし「じゃあ目の前の城戸真司を殺せ」って言われると、
目の前で、すっかり油断しきってヘラヘラしてるわけでしょ?
しかも、勝手に蓮さんの身代わりになって殴られて、それでも笑ってるわけでしょ?
なんかもう、どうすんだよコレって気分になります。

せめて真司くんが悪いヤツだったら良かったのに。
いや、悪いヤツじゃなかったから、良かったのか?

けっきょく、蓮さんは恵里ちゃんとの約束に間に合わなかったのかな。
だとすると、辛い、蓮さんが悪い訳じゃないんだけど、蓮さんは自分を責めるだろう。
そして、共に戦ってるブラックウィングすら憎むべき相手という事実に切なくなってる。
向かうところ敵だらけだな蓮さん。なんという修羅の道。

そして、少しずつ明かされる1年前の事故。
うろ覚えなんですけど、うん、全ては優衣ちゃんのためだった。
だから「もう取り返しなんかつかない」「あんたのせいだよ!」
「本当に知らないのかよ、それじゃ、なんのための実験だったんだ」
っていう仲村さんのセリフ。なんかもう深く「わかる!」って思った。覚えてないけど。

靖子にゃんの作品では「過去は変えられない」っていうベースがあるって聞いて、
実際アギトでもそういうエピソードが靖子にゃんに割り振られていたんですけども
だとすると、この龍騎は「『過去を変える』という禁忌に触れた男の話」ではなかったか?

神崎士郎の一つの願いが、こうして多くの人の人生を狂わせているのが、すごく怖い。
ドミノで言ったら、最初の一手はとっくの昔に倒されていて、
いまはもうたくさんのドミノがバラバラ倒れている最中で、
止めたくてもどこを止めれば良いのかわからず、呆然と立ち尽くしてる感じ。
ただただ怖い。龍騎見てて、ほぼ「怖い」しか言ってない。
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダー龍騎 第11話... | トップ | 仮面ライダー龍騎 第13話... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL