素晴らしき茜空の会

感想を心ゆくまで書きなぐります。仮面ライダー キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555

仮面ライダーエグゼイド 第7話「Some lie の極意!」

2017-06-19 09:20:00 | 仮面ライダーエグゼイ...
入院患者の誉士夫がゲーム病を発症。永夢と飛彩は、エグゼイド、ブレイブに変身。2体のバグスターに分離するが、またもゲンムに邪魔をされバグスターを逃がしてしまう。


7話です。私がエグゼイドにドハマりした、問題の7話です。
初見時は衝撃受けたし、何度見ても未だに胸が痛くなる。貴利矢さん。



仮面ライダーが「ライダー」であるならば、
主人公はやはりバイクに乗っているのが正しい姿であるべきで。
永夢と貴利矢が手を組んでともに戦っているのが、正解なんだよな、本当は。

「おい、患者を救いたいなら信じろ。
 今日の自分に嘘はない」




監察医だから、治療より調査・研究を優先する。そう断言していた貴利矢が、
永夢と手を組むことを選択する。
患者に病名を告知する永夢の姿に、ゼロデイ時の自分の姿を見たから。

貴利矢は、永夢を信頼したからこそ、「自分を信じろ」と言ったんだろうし、
永夢もそんな貴利矢を信じた。黎斗の言うように永夢が水晶の持ち主であるならば
貴利矢の心を映し出していたんだろう。

なのに。

「今日の自分にウソはないって、言いましたよね。
 本当のあなたはどこにいるんですか?」


永夢の水晶ですら、貴利矢の心を見失ってしまった。

「真実を伝えることが正しいとは限らない。
 真実が人を人生を狂わせることだってあるんだよ!」


「・・・はははっ。のせられちゃった? 少しは人を疑え。
 でないと、意外なところで足をすくわれるかもよ」


この貴利矢の言葉は、偽り、だまし、陥れるためのものではなく、
永夢を心配してなげられたものばかりなのに。
それなのに。

「みんなだまされちゃダメだよ!きっと何か企んでるにきまってる!」

「こいつの言葉に真実などひとつもない」

「運命っていうのは、パズルだ。
 ピースひとつ入れ替えれば、真実すらも闇の中」
「あぁ。これでレーザーを信じるものは誰もいない




掛け違えたボタン。ずれていく歯車。

「ほら。貴利矢は嘘をついたから、みんなから信用されなくなっちゃったんだよ」

だから嘘をついたら良くないね、と夫が子供たちに言い聞かせる言葉に、
もうマジその通りなんだけど、そうだけど、そうなんだけどさあぁぁぁ!と
ソファの端で血の涙を流していましたね、オンエア当時。

何度見ても、チームワークばっちりで戦った直後の
乾いた笑い声をあげる貴利矢っていう落差が、切ない。

しかし、ギリギリチャンバラ。ガシャコンスパローが格好良いな。
Lv.3同士の対決だと、ゲンムもかなり押され気味だよね。




前のエピソード <<<     >>> 次のエピソード
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーエグゼイド 第... | トップ | 仮面ライダーエグゼイド 第... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL