素晴らしき茜空の会

感想を心ゆくまで書きなぐります。仮面ライダー キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555

仮面ライダーエグゼイド 第4話「オペレーションの名はDash!」

2017-06-15 09:00:00 | 仮面ライダーエグゼイ...
仮面ライダースナイプ・花家大我にガシャットを奪われ、仮面ライダーに変身できなくなった永夢。このままではゲーム病の患者を治すことができない・・・と落ち込む永夢の前に現れたのは監察医の九条貴利矢だった。奪われたガシャットを取り返す代わりに、天才ゲーマーである永夢の腕を見込んであることをお願いしたいというのだが・・・。


第4の男。九条貴利矢。

「彼は仮面ライダーレーザー、相棒の運転手が必要なの」

しかし相棒の存在が不可欠であるはずの彼は、だれが敵でだれが味方かわからない状況で、
バグスターウィルスの根絶のため、たった一人で戦っていた。
自らの本心を、嘘で塗り固めて。

というわけで。嘘つきキャラの貴利矢回ですが。
まぁなんていうか、嘘が下手なんだよね。
それは他人をだますためのものじゃなく、自分を隠すためのものだから。

「ゼロデイのとき、友達がバグスターの犠牲になった。
 もう二度と、あんな思いはしたくない」


からの。

「おい!なにすんだよ、俺たち友達だろ?」
「あー。全部ウソだから。ゼロデイで犠牲になった友達とかいないし。
 自分、監察医なんで、バグスターの謎をつきとめたいだ、け、さ」
「ハナからそれが目的で、俺を乗せたのか」
「あれ?その気になってノセられちゃった? ハハハ」


そんなこと。言わなきゃいいのにさああああああ!(絶叫)

嘘に嘘を重ねて本心を隠す貴利矢なんですが、
それをこの先、いいように弄ばれるという、涙なしには語れない展開が待ってますよ。
戦極凌馬も言ってたじゃないか。
「貴虎に教わらなかったのか? なぜ悪い子に育っちゃいけないか、その理由を。
 嘘吐き、卑怯者、そういう悪い子供こそ、本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ!」ってなぁ。

ともあれ。

「ノってくんなきゃ意味ないでしょお。
 せっかくガシャット取り返してやったのに、バグスター見失っちまったじゃないか」
「見失ってませんよ。だって、貴利矢さんのガシャットはレースゲームなんですから」
「・・・そうか。さすが名人!」
「さらわれた莉子さんは、このゲームのゴールにいます。
 ゲームに勝てば、西脇さんは助かります」


そこからの。倒れた永夢に手を差し出す貴利矢。その手を掴む永夢。
永夢の手を掴みなおし、力強く引き寄せて立ち上がらせる貴利矢。

「友達のニッシーを助けるために、俺と友達になってくれるか?」
「はい!」


何度見ても良いシーンだな、ここ。
このときの貴利矢の本心はわからないけれど、
やっぱさ、この言葉に嘘はなかったと思いたい。



ところで。序盤のポッピーは大我のみならず、
貴利矢に対してすごく不信感を露わにしてたんですが。
まぁ、脅迫まがいなやり方でゲーマードライバーを入手したこととか、
100%胡散臭い見た目や言動とか、確かに貴利矢は不審者要素満載なんだけども。

いまにして思えば、黎斗が貴利矢を煙たがっていたから
ポッピーはそれをダイレクトに受け取っていたんじゃないかな。
目の前の患者を治療するだけの永夢、飛彩や
「10個のガシャットを集める」というゲームに乗せられてる大我とは違って、
貴利矢だけは、バグスターウィルスのシステムそのものを根絶しようとしてたから。目障りだよねそりゃ。

その他。
今回も患者そっちのけで大我と戦う飛彩。
まぁ、永夢のガシャットを奪った(治療行為の妨害をした)ことで
大我を粛清する大義名分はできてるわけなんですが。それにしても、患者ピンチだから!
序盤から飛彩にとって、「ドクター<小姫ちゃん」だったんだよな。



いちおう幻夢の社長にも了解をとった感じではありますが、
黒いエグゼイドが二人の戦闘に割って入ったように、
ゲーム医療から大我を締め出したいと思っているのは飛彩だけなんだよね、現状。

「まさか俺たちのほかにも適合者がいたとは思わなかった」
「適合者・・・?」


永夢が「適合者」という単語を聞いたのは、これが初かな?

パラド。

「人間が勝つか、バグスターが勝つか。
 最高にエキサイティングなレースの始まりだ!」


クロニクル起動後とそっくりな言葉だ!

黒いエグゼイド。
シャカリキスポーツに乗ってる姿が格好よくて大好きです。
ゴースト最終話のエグゼイド客演回がもう一度見たいな。ブルーレイに収録してほしい。

今回はシャカスポLv.3に変身して、その威力を見せつけてのラストです。
これもさ、チュートリアルの一環だと思うと、なんかワクワクしますね。
「新しいガシャットはこうやって使うんだよ」っていう。チュートリアル親切。



前のエピソード <<<     >>> 次のエピソード
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーエグゼイド 第... | トップ | 仮面ライダーエグゼイド 第... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL