素晴らしき茜空の会

感想を書きなぐります。仮面ライダー キバ→ブレイド→アマゾンズ→クウガ→アギト→龍騎→響鬼→カブト→555→ディケイド

仮面ライダー555 第31話

2017-07-17 21:45:00 | 仮面ライダー555
デルタのミサイル攻撃で辺り一面が炎に包まれるも、辛くも逃げ延びた巧と勇治。だが、2人の心は再びお互いへの不信感にさいなまれていく。それが巧妙に仕組まれた雅人の罠であるとも知らずに。一方、真理は澤田にはまだ人間の心が残っているはずだと、巧に主張する。


こう見えて実は2周目なんですが(自分でもその設定をよく忘れている)
1周目の記憶ですごく心に残ってるのが
「なんで!そんな大事なことを!よりにもよってこの3枚目ペアに伝言ゲームさせるかなあぁぁ!」
ってことです。それがこの回でした。うおおお感慨深いな!

「じゃあ。ひとつだけ頼んでもいいかな。
 乾くんに伝言を伝えて欲しい。君は、本当に僕をだましたのか。
 このままじゃ本気で戦うことになってしまう。何かわけがあるなら教えて欲しい。
 そう、伝えてもらえないかな」

   ↓
「は!そういえば木場のヤツから乾巧に伝言があったっけな~」(※内容は不明)
   ↓
「えっと・・・そんなんじゃ、生きていけないって・・・」

どうして!!! そうなった!!!

「お前を信じた俺がバカだったと・・・そう伝えてくれ」

もうさ、面倒臭いからお前ら直接話し合えよ!!!
とか思うわけです。
これですね。これこそが井上脚本の「居酒屋2時間コース(飲み放題付き)に突っ込め」っていうヤツです。
まぁいいや、もうこの二人は面倒な相思相愛カップルという認定でいいや。

真理とのデートを夢見る澤田。
もう。デートさせてあげようぜ!!!

草加。

「ふっ・・・悪いけど、君には仲間を作って欲しくないんだ。
 君に、いま以上の力を持ってもらっては困るんでね」


思わせぶりです。

「俺と君とは、友達というわけではないが、少なくとも今まで一緒に戦ってきた仲間だ。
 そんな俺より、木場勇治の方を信じるというのかな? だとしたら、ガッカリだ。
 さびしいよ」


ってさぁ。草加も今はそれなりの仲間っぽい行動とってるけど、
序盤はひどかったよね?
信じてもらえないなんてガッカリ~とか言う資格ねーぞ!

ところでなんだか妙に存在感のある今回の敵キャラは
ググったところ、鳥人戦隊ジェットマンの裏次元伯爵ラディゲさんだそうです。
ジェットマンもいつかちゃんと見たいな。

wikipediaによると
「近所の子供からは通るたびに石を投げられ、さらには実の息子からもしばらく絶交され、
 脚本家である井上敏樹を恨んだことがあったという」
とあって、もう本当に井上御大は伝説に事欠かないよな(笑)

刀を壁が床にひきずりながら獲物を追い詰めるの図、大好物です!
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーエグゼイド 第... | トップ | 仮面ライダー555 第32話 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL