新・空間歩行人の人生 私が主人公

確かに自分で選んだ以上 精一杯生きる

こういう見方は在りなのか?

2017-07-06 17:51:06 | アニメと特撮
たまたま某ニュースサイトでセブンの記事がありましたが「それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ」というモロボシ・ダンの名セリフに物言いされる人もいるんですね。

「だが私には非常に傲慢な台詞に聞こえる。
人類や大半の宇宙人よりも優れた力を最初から持っているウルトラセブンが、「俺様が守ってやるだけで十分だから、人類はこれ以上強くなろうと努力するなよ!」と圧力をかけているようにしか、私には感じられない。」

「込められた真のメッセージを分析するのは、確かにフィクションに対する高度な鑑賞法である。そしてそのメッセージに感動するのも自由である。だが、それと作中における登場人物の発言の正当性の強弱とは別の問題であるという事を忘れてはならない。」

私はいたって単純ですのでストーリーに感動すれば、それがどういう意図であろうと構いませんがねぇ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通りすがりのアジサイ | トップ | Z、マイナーチェンジかよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメと特撮」カテゴリの最新記事