プロジェクト○川

学生に本を読んでもらおうという,ただそれだけのはずでした

トランプ対応

2017年01月30日 | つぶやき
みなさんトランプの扱い方を間違っていると思うんですよ。

横暴だとか、知性がないだとか、そんな批判をしてもしょうがない、というより、それでは彼「ら」の思うツボ。

仮にもアメリカの大統領になった人の発言を、天然だと受け止めるなんて、ナイーブに過ぎます。

あんなもん、計算づくに決まってるでしょ。現に菅官房長官も、あのツイートは、側近たちと検討してから出していると聞いたとかって、発言してるくらいで。

そうであるからには、その狙いを考えなくてはならないし、批判するなら、その狙いを打ち砕く方向でないと、文字どおり意味がない。

で、一連の暴言の狙いの一つは「トランプは制御不能だ」という印象を植え付けることでしょう。

その印象は、このあとの様々な交渉にプラスになるもの。だって、オバマよりトランプの方が怖いじゃない、何するかわからないから。人は怖いやつの言うことの方をよく聞くものです。

メキシコの壁も移民排除も、問題が出てきたら撤回すればいいと思っているんでしょう。大統領令が違憲判決を受けたって、それも想定内というか、予定だと思う。

ポイントは「トランプはやると言ったことはやる」って思わせることのはず。

違憲判決が出たって、「最高裁は国益を理解していない」とでも言えば、この路線にたいした傷はつかない。

トランプを批判しようと言うのなら、彼の言うことをまともに取り合ってはいけない。欧米のメディアには、そんなことわかってる人はいくらでもいると思うんだけど、奴の立場が立場だから、取り合わないわけにもいかない。その意味で、メディアは戦略を試されているのだと思う。

日本のメディアなんて、その戦略の蚊帳の外だろうけど、いまみたいに暴言を「宣伝」することは国益になんないよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全豪2017決勝 | トップ | 個性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。