広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

賃貸借契約の解除を認めなかった裁判例

2017-03-06 20:21:13 | 借地借家人の更新料問題の情報

東京地方裁判所 昭和50年9月22日判決(判例時報810号)

建物賃貸借契約において、更新料支払い義務を認めつつ、貸借人が裁判で更新料支払い義務が確定した場合支払う意思を有していると認められること、不払いの金額も賃料の1か月分相当の少額であることから、この更新料の不払いから直ちに当事者間の信頼関係が破壊されたとすることはできないとして、賃貸人の解除は信義則に反し無効とした。

--------------------------------------------------------------------------------------------

一般に、裁判例を調べるのは難しいけれど借地借家人組合に加入して、一緒に調べれば簡単です。借地、借家、に入る前に借地、借家の事を知ることが貴方の暮らしに役立ちます。

足立借地借家人組合

足立区千住1-26-7

問い合わせ番号

電話 03-3882-0055

☎  080-5378-1881

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンポイント解説「借地非訟... | トップ | 借地借家問題学習・交流会(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

借地借家人の更新料問題の情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。