Adap2005

次の目標は、横浜マラソン。

ローカル私鉄を訪ねて~流鉄流山線編~

2017年07月17日 20時33分06秒 | Adap鉄道

ADP_2029ADP_2029 posted by (C)adap

毎日、毎日、暑い日が続きますね。
今回は、千葉県の流山市流山と松戸市馬橋を単線で結ぶ、
路線延長5.7キロの流鉄流山線を訪れました。

ADP_2010ADP_2010 posted by (C)adap

まずは、流山駅。開業当初はこの先、関宿まで伸びる計画もあったが、
東武野田線や武蔵野線、つくばエクスプレスなど開業により、
流鉄が延伸する必要はなくなり、線路はここで止まっています。

ADP_2014ADP_2014 posted by (C)adap

仲村トオルが産まれた、流山は、18世紀頃から
江戸川の水運のための河岸ができ、みりんの製造で栄えていました。

幕末期に置かれた新撰組が本陣など、
駅周辺には歴史的な名所も結構あります。

ADP_2055ADP_2055 posted by (C)adap

プラットホームには、流星号を
まねた自動販売機が止まってます。

ADP_2060ADP_2060 posted by (C)adap

この駅にある車庫では、菜の花号が休憩してました。

ADP_2087ADP_2087 posted by (C)adap

これは、今月いっぱいで引退する「流馬号」。
この列車に乗って、馬橋までの旅に出ます。

ADP_2098ADP_2098 posted by (C)adap

列車はワンマンで、運転手が駅に着くたびに
忙しそうにドアの開け閉めを行なってます。

ADP_2104ADP_2104 posted by (C)adap

途中の小金井城跡で、馬橋から来た「流星号」とすれ違います。
線路は直線のようで、微妙にクネクネと曲がっているので、
流鉄の電車は結構揺れます。

ADP_2118ADP_2118 posted by (C)adap

つくばエクスプレスが出来て、沿線では都市化が急速に進んでいますが、
流鉄には無人の踏切もあり、のんびりした雰囲気の中を列車は進みます。

ADP_2128ADP_2128 posted by (C)adap

常磐線の線路が見えてくると、もうすぐ終点の馬橋。
駅員が列車を迎えます。

ADP_2146ADP_2146 posted by (C)adap

これが、終点馬橋の改札口。
スイカと自動改札が当たり前の現代で、
有人改札口はちょっと懐かしいです。

ADP_2200ADP_2200 posted by (C)adap

皆さんも、都会からすぐ行ける、
手軽なローカル線旅してみませんか?


OVER



↓よろしかったらクリックお願いします
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年初の江戸川ハゼ釣り | トップ | 青春18切符でどこへ行く? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Adap鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL