平々凡々のあれやこれや

なんてこともないおしゃべりだけで
情報などはなにもありません。





あくまのでんししょせき

2017-03-20 | Weblog

女城主とか虎とかいう語感に引き寄せられて数十年ぶりに、

今年の大河ドラマ「女城主・直虎」をみてるところ。

そのあたりのことすっかり忘れていて物語の進行にイラつく。

だもんで、電子書籍で戦乱時代のややこしい歴史小説を購入。

電子書籍は恐ろしい、クリック一発ですぐ手元にきちゃう

作家ってすごいと思いながら読んでしまった。

直虎さんは前線で勇猛な武将になり大暴れするわけではない。

壮絶な時代をなんとか生き抜ぬきつなげた人々の物語。

若い時代に読んだ歴史小説を今読むと深く気が付くことがある。

正統な血筋の男子の意味がよくわる。

現代でも狙われるという立場になるのは男子。

ロマンとかファンタジックだなんて簡単に言えない。

せっかちだから連続ドラマはめんどくさい、すぐ展開を知りたい。

電子書籍は悪魔のようだよ~簡単購入で読みやすい、こらえなきゃ~

映画のDVDも観たいし、月額娯楽費がかさむ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かかとおとしのけっか | トップ | なにもかもそんたくだらけ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む