腹話術人形けんちゃんの日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

太宰治著・「斜陽」のあらすじ・2017年5月26日(金)

2017-05-26 06:44:05 | 日記
      NHKテレビテキスト 100分で名著 太宰治の24ページからの転載です。

 戦争が終わった昭和20年。没落貴族となったうえ、当主であった父を失った

かず子とその母は、生活が苦しくなったため、東京の家を売って伊豆の小さな山荘

で暮らすことになる。その一方、南方の戦地から行方不明だった弟の直治が戻ってくる。

 直治は重いアヘン中毒になっていた。直治は、家の金を持ち出し、そのまま東京に住む、

既婚者で無頼派の作家・上原のもとへ行き、彼を師と崇めながら荒廃した生活をおくるのである。

 やがて、母は結核にたおれる。ひとりになったかず子は、ある決心をする。

 なにもかも一からやり直すのだ。思えば、貴族の末裔だったかず子は、なにも

できない女だった。周囲に勧められるままに結婚し、死産し、家に戻された。

そして、気がつけば三十を前にして、いままで働いたことさえないのである。

財産もない。生きてゆく能力すらない。そのとき、かず子の脳裏に

一度しか会ったことのない上原の姿が思い浮かんだんだ。

まるで、それが義務であるかのように、世間の常識とは反対の行動をとりつづける上原に、かず子は

心惹かれていた。そして、かず子は、「あなたの子供を産みたい」という手紙を送るのである。

けれど、返事は来なかった。そして、ついに、母が亡くなる日がやって来る。

かず子は決心する。行こう、あの人のもとへ。

 かず子は東京の上原のもとに向かう。運命のように結ばれたふたりだったが、

その翌朝、直治は自殺していたのである。

 かず子と上原は共に暮らすことにはならなかった。上原は去り、新しい生命を宿したまま

かず子はほんとうにひとりになる。けれども、かず子には希望があった。

シングルマザーとして生きてゆくこと。ひとりで、子どもを産み、

育ててゆくこと。そのことの中に、未来がある、とかず子は信じた。

そして、決別の手紙を上原に書くのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドレミの会(米山さやか先生... | トップ | 「ユダヤ・ジョーク集」から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL