弁当日記

ADACHIの行動記録です。 
青年海外協力隊で2006年4月からバングラデシュに2年間住んでました。

ベンガル語キーボード

2006年08月22日 | バングラデシュで(JOCV)
8月22日 火曜日

授業では英語キーボードを使用しているけれど、よくお店にはベン
ガル語を入力できるキーボードをおいている。

いまのところ、ベンガル語はWindows標準では入力できないので、
ベンガル語入力用の専用ソフト Global Office や bjoy といった
ソフトウェアを使うことになる。

バングラデシュのICTプロジェクトを司る、Bangladesh Computer Council
(BCC)で、キーマップの統一を計ったので、いちおうキーボードは共通
となっている。

が、非常に入力しにくい。

ベンガル語は母音と子音を組み合わせて1文字となる。
また、合成文字と言う1文字に複数の発音が含まれる文字もある。
(日本語では漢字が1文字で複数の発音を持ちますよね。)

キーボードを見ながら打とうとしても、なかなか配置が覚えられないなぁ。

ちなみに、携帯電話の機種によってはベンガル語入力も出来る。

でも、相手の携帯電話が表示できるとは限らないので需要はどうなんだろう?
3文字打つのに10数回ボタンを押す必要があるので、僕の周りで
使っている人はいないです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ベンガル語
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« バングラデシュの野菜はおいしい。 | トップ | シャプラを食べる? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL