自らが率いる「都民ファーストの会」が東京都議会議員選挙で圧勝し、8月7日には側近の若狭勝衆院議員が政治団体「日本ファーストの会」を設立するなど、いまや政界の最重要人物となった小池百合子東京都知事。仮に小池知事が率いる新党が国政進出した場合、どのくらいの議席獲得が見込め、そして現在の国政にどのような影響があるのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏に聞いた。(取材・文/清談社)

小池新党の国政進出は確実!
50議席は獲得可能

 与野党を超えてその動向に注目が集まる小池新党。盟友の若狭氏が目指す国政政党、小池新党とは一体何なのか。

7月の東京都議会選挙で圧勝した「都民ファーストの会」。小池氏の国政への進出は既定路線だが、実際にはどんな戦い方をするのだろうか? Photo:Rodrigo Reyes Marin/AFLO

「小池知事が国政に進出することはハナから分かっていました。シナリオ通りということです。その裏付けは、都議選の得票数にあります。『都民ファースト』は、公認候補だけで約188万票を獲得しましたが、総選挙になった時に、その票はどこに向かえばいいのでしょうか。大敗した自民党や民進党は言わずもがな、公明党や共産党に向かうわけもありません。必ず受け皿が必要という議論になり『都民ファースト』の国政版を作らなければという話になるのは目に見えていたことです。だからこそ若狭氏は早くから離党して備えていたし、小池知事ももちろん考えていたと思います」(鈴木氏、以下同)

 では、実際に小池新党が衆議院選に進出したとして、どのくらいの議席数を獲得する可能性があるのだろう。いくら都議選で勝利したとは言え、しょせんは一地方選挙、国政も同じようにいくとは思えないのだが。

「都議選で獲得した188万票をベースに考えると、現状でも全国で50議席前後の獲得は見込めると小池知事周辺の選対関係者は話しています。東京だけでも衆議院の議席は、小選挙区で25、比例で17。もし25の小選挙区すべてに候補を擁立した場合、比例でも6~8議席は獲得が見込め、20議席近くになり、他の地域での議席も含めれば、50議席前後は固いという計算です。参考になるケースとしては、橋下徹前大阪市長が『日本維新の会』を結成し国政進出した2012年の衆院選です。このとき『日本維新の会』は、地元の大阪を中心に、54議席を獲得しています」

国政進出なら
公明党との関係はどうなる?

 今回の都議選で「都民ファーストの会」は、公明党と選挙協力を行い、一人区を中心に戦いを優位に進めた。が、国政選挙では、自公は長年の協力関係にある。もし小池新党が国政進出した場合、公明党との関係はどうなるのだろうか。

「これも参考になるのは、2012年の衆院選での『日本維新の会』の大阪での戦い方です。大阪では公明党の候補者が出馬する小選挙区が17のうち4ありましたが、その選挙区には『日本維新の会』は候補者を立てませんでした」

「その代わり、公明党が候補を擁立していない他の13選挙区では、お互い干渉し合わないということで住み分けました。そういう地域限定の個別の選挙協力ならば、東京でもできます。東京では、公明党の代表も務めた太田昭宏氏が12区から出馬しますが、この選挙区だけ小池新党が候補者を擁立しないことで、公明党との良好な関係はキープできるでしょう」

 もう1つ注目されるのが、小池知事本人が知事の職を投げ出して、再び国政に転出するかどうかだ。

「小池都知事の国政転出はないでしょう。ですが、小池新党が知事の別動隊のように見られたら、印象としては逆効果。それに小池知事あっての国政新党ですから、やはり、小池知事が代表として前面に立つべしとの声は出てくると思います。その場合も『日本維新の会』方式が参考になります。あの時は、橋下徹氏と石原慎太郎氏が共同代表になり、石原氏が知事を辞職し国政に転出する一方、橋下氏は大阪市長のままでした。だから小池新党の場合も、小池知事のほかに、もう1人、看板となるような議員を共同代表に迎える可能性があります」

 若狭氏が精力的に準備を進める小池新党への参画を検討している議員としては、渡辺喜美氏、松沢成文氏、長島昭久氏などの名前がこれまでに挙がっている。

細野豪志氏とタッグを組む!?
ささやかれる共同代表の人選

「実は、小池知事と親しい野田聖子氏が共同代表になるのでは、との情報もありました。ですが、野田氏は今回の内閣改造で総務大臣として入閣しました。衆院選前に大臣を辞任し、自民党を飛び出して、新党の共同代表に就任するのはさすがに難しい。他の候補では、民進党を先日離党した細野豪志氏の名前も取り沙汰されていますが、若狭氏は『まだ未定』としています」

 安倍総理も、その動向をかなり警戒しているといわれる小池新党。果たして国政進出後は、どのようなスタンスの政党になるのか。

「元々、小池知事は保守的な考え方の持ち主。新党が安倍総理の進める憲法改正に協力する場合もあります。しかしそれでは、単なる自民党の補完政党になってしまい、新党のインパクトは弱い。若狭氏も『第二自民党にはならない』と言っていました。第三極を志すのか、それとも野党も巻き込んだ形で政権交代可能な二大政党の一翼を狙う方向へ行くのか、状況を見ながら定まるのはもう少し後でしょう」

「新党の方向性を考えるうえでポイントになるのは、小池知事の日本新党での経験です。自民党に離党届を出した直後の記者会見でも『出発点は日本新党だった。25年で原点に戻った感じ』と語っていますが、日本新党を立ち上げて、細川政権をつくり、8ヵ月で瓦解した経験こそ小池知事の政治の原体験。この日本新党での経験が、これから国政政党を作るうえでの基本軸になるかもしれません」

 国政に進出した小池新党は、本当に50議席を取るのか。そして25年ぶりの日本新党の再来となるのか。あるいは維新の党のように自民党の補完勢力で終わってしまうのか。これからの小池知事の動きから目を離せそうにない。