Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


モミの木ってどんな木?

2017-04-25 19:52:56 | 超古代・アトランティス・ムー・縄文・先住民・諏訪・御柱・カゴメ

森や山にはたくさんの木が生えていますね。

大きく分けると針葉樹と広葉樹があります。針葉樹はすぎ、ひのき、まつの木、広葉樹はさくら、けやきなどがあります。もみの木は針葉樹になります。

momi004.jpgモミの木は学名をアビエスと言ってラテン語で「永遠の命」という意味です。世界中に生えていて1000年以上も生きているものが多くあって、高さは60m以上、幹の太さは1m50cm程度まで成長します。比較的寒いところに生えていてあたたかいところでも植林すれば育ちます。自然林は少なくなりましたが、東京の皇居の森にも生えています。カナダやヨーロッパ、ヒマラヤ、メキシコなど高い地域や寒い地域には今でもたくさんの自然林があります。

もみの木はどんな使い方をされてる?

もみの木から抽出されるモミ製油はロシア、ドイツなどで昔から風邪薬、入浴剤、リュウマチ、洗剤など健康のために利用されています。板などはギターやピアノ、ヴァイオリンなどの楽器に使われています。

momi003.jpgクリスマスツリーというのはみなさんご存知だとおもいますがもみの木 ということは知っていましたか?クリスマスツリーは、病気退治のため家の中に入れたのが始まりと言われております。日本では食品用としてかまぼこの板、そーめん箱など食品用保存箱や神社のお札や願いことに使う絵馬などにつかわれています。

 

ドイツのシュバルツバルト(黒い森)って何??

momi002.jpg

シュバルツバルトは、もみの木、黒松、スプルースやブナなどの混生林です。もみの木は成長して森の高さから頭を出すと、強風など災害時 に倒れて、森を傷めることがあるので、大きくなりすぎたもみの木を森林保護官が選んで伐採します。つまり森林保護のための間伐です。

 

モミの木の過程

 IMG_24341.jpg

 ドイツから届いた原木の山積み風景 

 sasa 0221.jpg  2Mに玉切りされたもみの原木 
 sasa 0191.jpg  根玉と二の玉(奥)に選別された原木 
 sasa 0261.jpg  乾燥ののために皮むきをされているところ(二週間)
 sasa 0251.jpg  皮むきをし乾燥を待つ原木 
 sasa 0291.jpg  
 sasa 0301.jpg  柾目挽き用に製材され乾燥を待つ半製品の山 
 sasa 0361.jpg  もみの製材の様子 
 sasa 0371.jpg  柾目挽きに製材をしているところ。
 sasa 0111.jpg  モルダーから出てくる製品を検品しているところ。 
 sasa 0311.jpg  丸太の芯材は割れ癖があるので製品には使用不可 
 sasa 0441.jpg  一枚、一枚検品してるところ  
 IMG_24481.jpg  天然乾燥を手作業で行っているところ
 sasa 0101.jpg

 乾燥後の仕分けされた半製品の山 

 sasa 0141.jpg   左半分は塗装をして乾燥しているところ  
 IMG_24321.jpg  出荷待ちの製品倉庫の一部  
 sasa 0051.jpg  高さ1.5メートルのもみの幼木、樹齢は約15年 
 sasa 1251.jpg  高さ40メートル、樹齢300年のもみの木
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイスで行われたベーシック... | トップ | 異次元の別世界は存在してい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

超古代・アトランティス・ムー・縄文・先住民・諏訪・御柱・カゴメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL