Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


プレアデス+地球をひらく鍵~第4章 地球はあなたの家です(1)

2017-08-05 23:20:24 | “プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック

第4章 地球はあなたの家です

Ф地球を理解し、地球の内部に横たわっている秘密を理解するためには、あなた自身のなかにある謎を解くことが必要です。とくに、あなたの潜在意識における自我の根底にある謎を解く必要があります。

あなた方が旅を続けるなかで、人間としての本質のルーツは、あなた方が家として選んだこの地球にあるということを発見するでしょう。

まもなく、数多くの不思議な生命形態とこの地球という家を分かち合っていることを理解するでしょう。

その生命形態は現在あなた方が気づいているものではなく、合意しているものでもありません。

この地球に貯蔵され、記録され、感じられているあなた方の人間としてのルーツと星のルーツを探求することによって、さらに豊かな成長と向上の機会が得られるでしょう。

この時点において私たちは、非常に豊かで、かつ他の多くの現実と親密なつながりのある遺伝子系列をもった、地球の住人としてのあなた方に話しています。

あなた方の家であるこの地球には、これまであなた方が教えられてきたものよりもはるかに多くのものがあるのです。

種族と文化の集合体としてのあなた方についての物語に心を開いてください。

あなた方が思っているよりも、ずっと多くの共通点をあなた方はもっています。

 

あなた方は旅をする存在として、地球を探検するよう召喚されて地球にやってきました。

地球は太陽系のなかで、生命が展開する舞台として、また祖先のコードを保つ家としての役割を果たすことになっているのです。

私たちは地球のことを生きた図書館であるといってきました。

生きた図書館とは、膨大な量のデータが、生命を創造するため比類ない翻訳されるべき材料または道具として貯蔵されている、生物発生のセンターという意味です。

このデータは、現在のあなた方にはとうてい掌握しようのないパターンとして存在しています。

地球は生命が創造され、体験される出産の場所です。

これまでは、あなた方の惑星で親になるということは、異なった性をもつ二人の人間が合体して生命を創造する生物的なプロセスを意味しました。

しかし、あなた方はいまや、実験室で生命を創造するという実験をしています。

したがって、あなた方は思考の拡大を迫られ,ひょっとすると親として生命を創造するのに別な方法もあるのかもしれないと考えざるを得なくなっています。

 

ゲームマスターは概念化という手段によってさまざまな文明の親になっているという事実を、ちょっとのあいだに思い出してください。彼らは思考形態を創造し、かつてその思考形態を維持し、さまざまな計画をとくに説明もせずただ割り当て、意味のある生命体の誕生を促すのです。

彼らは存在の網の目を、知的で反応力をもった力・無限の意識の磁場として体験します。

このような説明をすると、あなた方は根本創造主のことを想像するかもしれません。

思い出してください。

私たちは最善をつくしてさまざまな物語をつむぎ出し、それによってあなた方が進化できるよう意図しているのです。

あなた方の見えないルーツの仮説から解放するためにさまざまな考えを提供します。

人間のルーツに関する仮説は信念として受け継がれただけのもので、その真実性に問いだされたことがありません。

地球について抱いているあなたの考えを、どうぞ拡大してください。

地球においては生命を生み出すことができるのですから、地球は実にユニークな惑星なのです。

また、だからこそ地球は魅力的でもあるのです。

おそらく、あなた方は地球を観察し、現実と遊ぶ体験をするために地球にきている存在を知っていると思います。

これはあなた方が自分自身を認識しているということなのです。

あなた方はゲームマスターとしての自分を認識しつつあリ、自分がつくった地球を先住民として体験しているのです。

ゲームマスターがさまざまな文明をつくり出し、彼らがつくった現実に埋没し、それからその真実に目覚めるという考えを思い出してください。

 

時間という観点からすれば、地球はきわめて古いもので、長いあいだ埋められ、隠されてきた地球についての物語がたくさんあります。

現在明かになりつつある祖先の系譜は、約50万年前にさかのぼる誘因および出来事と関係があります。

これらの誘因および出来事は、その後もさまざまな体験のなかにあらわれつづけました。

シュメールの記録は、さまざまな目的を持った天体の存在たちが役者として地球を訪れ、非常に長い期間にわたって地球という舞台に栄光を与えてきたと主張しています。

これらの古い記録は何十万年も前の時代に、エンキとエンリルという支配階級に属する2人の兄弟が「地球プロジェクト」を担当していた時代について語っています。

 

アヌンナキとよばれる訪問者が天体から地球にやってきて、神のようにふるまいました。

彼らは自分自身の意図にもとづいて、自分が望むものを地球上につくりました。

とりわけ、彼らは黄金を探していました。

地球から別の惑星にもっていけば、価値が非常に高くなるものが地球にはたくさん在るということを理解してください。

地球は銀河系の鍵をたくさん保有しており、あなた方の家であるだけではありません。

地球に住むあなた方は地球の世話をする人たちなのです。

 

天体の神々、アヌンナキは地球にやってきて、地球でつくられたものを彼らの星へと持ち帰りはじめました。

彼らの目的は生命の実験をして、地球に住む人間をつくることでした。

これらの神々があなた方の古代の生みの親であり、彼らは自分がもっている影響力を使って、地球の遺伝子系列野ひとつのヴァージョンの種子を蒔いたのです。

あなたが地球に住むことを選択するとき、そのプログラムのひとつは生物発生に関する宇宙的な実験のなかで、自らの主権と自由意志を発見することである、ということをあなたは知っています。

 

数多くの人類学上の発見は、古代の頭蓋骨によって、あなた方の過去についてのさまざまな手がかりを与えてくれます。

これらの頭蓋骨のかたちは、過去数百万年のあいだの人間の変化をアルバムのように見せてくれます。

こうした考古学上の発見は、科学者が人間の発達ないしは人間の進化とよぶものの、さまざまな段階を描写してくれます。

その際、科学者たちは人間の生命形態はどこでも同じであったという仮定にもとづいて考えています。

しかし実際は、神々は地球に貯蔵されている遺伝子の材料を用いていろいろな実験をしたのです。

この存在局面の最大の特徴は、可能なものの探求です。

あなた方が考えなければならない本最も重要なことは、神があなた方の親であるという概念です。

現在さまざまな星のエネルギーがその存在に気づいてほしいと思っていますが、そういう星のエネルギーとあなた方の関係についてだけではなく、彼らはいったい誰なのか、ということをよく考えてください。

 

地球を理解し、地球の内部に横たわる秘密を理解するためには、あなた方の内部にある謎を解く必要があります。

重要なものを地球の大地のなかに隠すこともできますが、あなたという存在のいくえにも重なったエネルギーのなかに隠すことも可能です。

地球はあなた方の家であると感じてみてください。

そして地球をよりよい場所にするための行動を起こしてください。

生物的な存在であるあなたには、地球とあなたを結びつけてくれる感情、情緒、直感的な知識があるということを承認してください。

生物としてもあなたの存在の本質は、あなたと本来のあなたを結びつけてくれる根っことなっています。

あなたが地球と波長を合わせられるようになると、さまざまな変化が起きるのが感じられるでしょう。

地球は、あなたが自分自身のルーツについての認識を拡大して生命の本質と接続するための機会を提供しているのです。

 

あなた方がどこからやってきたのでしょうか。

あなた方を創造した親とはだれなのでしょうか。

だれがあなたのことを考え出し、そして創造したのでしょうか。

シュメールの人々は星からやってきた訪問者のことを理解していました。

彼らは何十万年ものあいだ、地球に影響を及ぼし、地球上のそれぞれの大陸で生命の実験をやっていたのです。

代表的な実験と実験のあいだでの意図的な交流、商業的なやりとりは、多くの場合制限されていました。

これらの神々は大陸から大陸へと移動し、名前を変え、新しい音をつくり出し、何が可能であるかを見るために生物発生のメカニズムを変えました。

神々は地球上に自分たちがつくり出したものと一緒に生活し、因果の法則を通して彼ら自身の教育を学びました。

 

シュメールの文化は多くの専門家によって、諸文明のゆりかごであると見なされていますが、約6千年前にチグリス川とユーフラテス川のあいだに位置するメソポタミアとよばれる地に栄えました。

現在のイラクとクウエートにあたる場所です。

この文明は19世紀に再発見されました。

この文明が栄えた地は20世紀後半の地球において政治的な紛争の地になっていて、権力をめぐる戦いが執拗に繰りひろげられ、大切な命が失われています。

シュメール文明は星からやってきた存在・爬虫類によって方向を与えれていました。

彼らはふたたびひとつの文明を確立し、地球の生物的な力を使って何が可能であるかを知るために、ひとつの実験を始めたのです。

 

何十万年前の神話や伝説には、大蛇や龍や爬虫類の動物が空から地球を訪れるという話があります。

長いあいだ、これらの創造の物語は世代から世代へと口伝えに伝えられてきました。

重要な出来事は、祖先のドラマを聞いたり見たりしようと集まっている人たちに、話し言葉で伝えられ、語りつがれてきました。

それからずっと後には、シュメールの人々は特別な瞬間でとらえて、有名な円筒のシールに描き出しました。

これは現実のさまざまな側面を選んで、絵にして記録するというものでした。

今日はこれらのシールは、重要なシンボルに対する手がかりを提供してくれています。

シンボルは加工物として円筒のシールに描かれましたが、実際は鍵であり、さらに意図にもとづいた言語を明かにしているのです。

 

世界の文明には、一般の人々には理解されていない内的な真実があります。

これは他人を支配するためでした。

神々はすべての人々に力を与える代わりに少数の人々に権限を与えることによって、自分の権力を保持したのです。

これは人々のあいだに、序列による分割をつくり出しました。

それが今日もあなた方を苦しめ続けている誤解の原因でもあるのです。

 

あなた方の惑星に住むすべての人々、アボリジニの人々、マヤの人々、インカの人々、北アメリカや南アメリカの先住民、ヨーロッパ大陸の人々、アフリカ大陸やアジア大陸の人々はみな、龍や大蛇が生命の創造者であるという考えを受け入れています。

龍は口から火を吹くことができる存在であり、恐れられる場合もありますが、力と繁栄と生命をもたらす存在として評価されています。

長い時間の経過のなかで、神話や物語は、だれが支配しているか、あるいはどのような目的を達成しようとしているかによってさまざまに変えられ、書き直されてきました。

これらの物語が人々を力づけているか、それとも少人数の人が多数の人々を支配している印象を与えているかを見ることによって、神話の登場人物の性質を理解することができます。

 

現在のあなた方の時間ではかれば何年という時間がほんの一瞬にすぎないような、無限の時間のなかに住んでいるあなたを想像して見てください。

あなただったら、時間つぶしに何をすると思いますか。

ときどきのぞいては楽しむ虚像の現実をつくるとすれば、どんなものをつくりますか。

もしあなたに遺伝学の鍵にアクセスする能力があり、生命をつくる能力があるとしたら、それだけの自由な暇と時間と知識を使って、何をするでしょうか。

続く・・・ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マザー・セクメト : 14万4 千... | トップ | 観音菩薩伝~第38話 永蓮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

“プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL