Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


第1章 ゲーム、コード、そしてマスターナンバー(3)

2017-05-05 19:14:55 | “プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック

 

5/5

あなた方に似ている他種の人間が存在していたこともありました。

彼らのDNAはある段階にあっては完全なもので、彼らは地球上にきわめて高度に進化した文明を発達させました。

彼らが存在したのはずっと昔のことで50万年以上も前のことです。

あなた方がレムリアとかアトランティスと呼んでいる文明の言っているのではありません。

レムリアやアトランティスは、私たちが現代人と呼んでいる人々が生きていた時代のことです。

私たちがここで話している文明は古代の文明のことで、雪を頂上に頂いた南極大陸の下に埋もれた文明であり、あるいはモンゴルのゴビ砂漠の砂の下に埋もれている文明のことです。

あなた方が神と呼んできたエネルギーが、地上に存在するすべてのものをつくりだしたのです。

彼らは創造物のすべてに偉大な知性を与えました。

地球に存在するすべてのものには意識があります。

つま先の分子に至るまで意識をもった存在であり、すべてが協力しあうようにできているのです。

意識は電磁場周波数の波動によってたえずコミュニケーションをしています。

これらの周波数は結合して力を合わせ、それぞれが全体の利益に貢献できるのです。

現在、地球が直面している問題は、本来協力し合うために地球に存在しているすべてのエネルギーと人間は、別々なものであると人間が信じていることにあります。

あなた方人間はそれぞれが別々に存在して入ると信じているために、存在の全体性を見ることもできなければ、存在の全体性にアクセスすることもできないでいるのです。

 

私たちが意図しているのは、地球に影響をおよぼしてきたプレアデスの実験についてあなた方にもっと広く知ってもらうことです。

地球を混沌と混乱が支配し、人類が抑圧されていたとき、プレアデスのさまざまなグループが地球のいろいろな場所にやってきて、非常に微妙な可能性の開きをつくっていきました。

彼らは極少数の意識にはたらきかけて、ごく少量のエネルギーを残していきました。

というのは、宇宙の多くの存在には、あなた方の惑星には大きな苦難と抑圧が訪れることがわかっていたからです。

 

地球はいま、非常な苦境に陥っています。

それは疑いのない事実です。

しかし、この混乱状態の真っただ中に大きな機会が横たわっているというのも事実です。

あなた方一人ひとりが肩をたたかれ、招集にこたえるようにとの要請を受けました。

多くの人々に招集がかけられていますが、未知の領域に喜んで足を踏み入れ人はわずかです。

一般の人々に支持されることはおそらくなく、それをすれば異端者と見なされるであろうことのために喜んで立ち上がる人は少ないのです。

未知の領域に入っていくことを選択したあなた方の意図に心から拍手を贈るとともに、あなた方一人ひとりに敬意を表したいと思います。

あなた方がこれまでわかっていると思いながら実はわかっていなかった、女性的な自分、男性的な自分というものをいま見つめようすることに対して敬意を表します。

あなた方がすでにもっているものをさらに豊かにしていくだけでなく,異なった可能性を探求使用とするあなた方の意欲もうれしく思います。

あなた方一人ひとりがそれぞれのあり方のなかで人々の注目をあびる時がきました。

エネルギーがあなた方の身体に入ってきたら、そのエネルギーを拡大するべき時がきました。

さりげなく光を自分の身体に入れ、そして地球に注ぎこむことによって、これらのエネルギーを多くの人々が入手できるようにしてあげるべき時です。

私たちはいつも笑って楽しいときを過ごすのが大好きです。

この遊び心に満ちたアプローチによって、あなた方一人ひとりの前進をさまたげているものがなんであるかを明らかにすることができるかもしれません。

続く・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月27日:ブロッサム・グッド... | トップ | 原発事業撤退 東芝の“誤算” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

“プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL