Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


時差ビズ」始まる=混雑緩和へ260社参加―都

2017-07-11 12:05:08 | 軍事産業・ブッラク企業・巨悪医療・秘密結社

7/11(火) 10:23配信

時事通信

 首都圏の通勤電車の混雑緩和に向け、出社時間を早めたり遅らせたりする「時差ビズ」が11日、始まった。

 東京都が提唱している運動で、通勤時のストレスを減らし、働く意欲の向上につなげるのが狙い。25日まで、参加する約260社が時差出勤や職場外で働くテレワークなどに取り組む。

 小池百合子知事は都営大江戸線新宿西口駅で、参加企業による応援イベントを視察。その後、訪れた東急線二子玉川駅で記者団に「企業が働き方を変え、生産性を上げて、満員電車から少しでも解き放たれるということがポイント。働きやすさという共感が広がれば定着していくのではないか」と述べた。小池氏は昨年7月の知事選で「満員電車ゼロ」を公約に掲げていた。 

  • ツイート
  • シェアする

最終更新:7/11(火) 11:28
時事通信

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バシャール:駆け足 | トップ | 6月23日:マイク・クインシー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

軍事産業・ブッラク企業・巨悪医療・秘密結社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL